この記事が気に入ったらシェアしよう!

女性40代からの体型の変化・体型崩れに注意!原因と維持する方法を徹底解説

40代女性の体形崩れの原因とは?


40代に入ってからというもの、年々崩れていくボディラインにため息しか出なくなっていませんか?全身ミラーで、自分のボディなんてもう見たくないと思っているのでは?


なぜ40代に入ると、これまでキープできていたボディラインをだんだんと維持できなくなっていくのでしょうか?その原因とは…。

体型の崩れ 40代

新陳代謝、基礎代謝の低下


人間は一般的に年齢を重ねるごとに新陳代謝が悪くなり、基礎代謝もそれに並行して低下してきます。新陳代謝が悪くなれば、体に老廃物を溜め込んでいる時間も長くなり、便秘や冷えなどを引き起こしてしまいます。


これによって血のめぐりが悪くなりますから、さらに体全体のエネルギーが燃えにくくなり、なかなか新しい細胞などが作られず、古いものが体の中に留まることとなります。


それでいて普段通りに食べるわけですから、脂肪になりやすくなって悪のスパイラルにハマるというわけなんです。


肥満 疲れやすい

また、じっとしていても消費するエネルギーの基礎代謝も低下してくるのが40代。以前と食べる量が変わらないままで基礎代謝以上のエネルギー量をとる生活していれば、自然と太っていってしまうのは想像がつくでしょう。


女性ホルモンが減少して脂肪が蓄積


40代ともなると更年期が始まる人もいます。女性ホルモンの1つ、コレステロール値の正常化、そして脂肪代謝をサポートしてくれるエストロゲンの働きが減ってしまうことによって、自然と女性の体は太りやすくなってしまいます。


姿勢の悪さで血行が悪くなる


猫背の姿勢って楽ですね。日本人の約9割の人は、自分が猫背だと自覚しているというデータがあります。長時間のデスクワークや立ち仕事による同じ姿勢のしすぎや、普段の何気ない姿勢の悪さが原因で、血のめぐりとどこおってしまいます。


猫背

血液の循環が悪くなってくれば、体は冷えやすくもなり脂肪もためこみやすくなるでしょう。猫背の姿勢はメリットはひとつもなく、見た目や体の不調に影響が出てくるばかりです。


骨盤の歪みがおばさん体型に

腰周りにお肉がついてくると、骨盤が開いてきてさらにそこにお肉がつくという悪循環に陥ることとなります。日常生活の中で骨盤は歪みやすいというのは聞いたことがある人も多いですよね。


骨盤は定期的に歪みを改善してあげないと、知らず知らずのうちに歪みがひどくなっていってしまうものなんです。


バックを片方の肩にかける、脚を組んで座るくせ、うつ伏せで寝る、ヒールのある靴をよく履くなど、他にも骨盤が歪みやすい行動を普段からよくするという人は、骨盤が歪んでいる可能性が高いです。要注意です。


筋力低下による原因


40代ともなると年齢的なものがあり、普段から意識して筋力アップトレーニングをしていないと、筋力というのは自然と低下してきてしまいます。筋力が低下してくると同時に低下するのが基礎代謝なんです。


基礎代謝の量以上のカロリー摂取をし続けてしまうと、体に溜まってしまう脂肪の量が増えて、結果太っていってしまいます。



40代女性の体形を維持する方法

40代 ブラ

なぜ40代になると体形が崩れていってしまうのか、その原因がわかったところで、ここでは、ボディラインを維持するにはどうしたらいいのかその方法について5つの観点からご紹介していきましょう。


バランスの良い食事を心がける


体型を維持するのに、食事内容の見直しをすることは基本中の基本です。40代からは炭水化物などの糖質や脂質のとり過ぎには注意が必要です。


女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少することによって、これまでのコレステロール値の安定化が崩れやすく、また脂肪の代謝も低下してしまいます。


そのため、これまでは高血圧とは無縁だったという人が、高血圧になることもあるんですね。すぐに体に吸収されやすい食べ物やスイーツなどにおいては、とり過ぎないようにしたほうがいいでしょう。


代わりにビタミンやミネラルの豊富な野菜や果物を多めに、そして大豆製品などのタンパク質、カルシウムなどの他の栄養成分もパランスよくメニューに組み込んた食生活を送るようにしましょう。


また、食べ過ぎや飲み過ぎは、内臓、特に肝臓に負担をかけてしまうため体の血のめぐりが悪くなり、むくみの原因にもなってしまいます。血液の循環がとどこおってしまえば、代謝が落ち脂肪がつきやすくなりますので、気を付けてください。


身体を動かす習慣を身につける


年齢とともに基礎代謝量が減ってくるので、それ以上のカロリー摂取をすれば自然と太ってきます。それを解消するには、基礎代謝をアップさせるしか方法はありません。


それには体を動かして、筋肉をつけることが一番です。家事をしながら、TVや音楽を聴きながら、はたまた勉強しながらでも、ながら筋トレをしたり、ある一定の時間をトレーニングに充てられるのなら、ガッツリトレーニングをしてもいいですね。


日常生活の中で短時間であっても筋トレや有酸素運動、その他エクササイズをする習慣をつけて基礎代謝量アップを目指しましょう。


ストレッチで肩こり解消

血行を良くするために体を冷やさない


40代であっても何歳であっても体の冷えには、気をつける必要がありますね。体を冷やすことで何一ついいことはありません。特に40代からは、女性ホルモンの減少にともなって体に変化が起きやすい時期となり、血のめぐりにも影響が出やすくなります。


そのため、バスタイムではシャワーだけで済ませず40℃くらいの湯船で半身浴をしたり、温冷浴をしたり、また夏場であればエアコン対策でストールやカーディガンを羽織るなど、とことん冷えから体を守る対策をとりましょう。


冷えは万病のもと、体が冷えるとむくみも出ますし老廃物が溜まりやすく、脂肪もつきやすくなってきます。


女性ホルモンを増やすために質の良い睡眠を


質の良い睡眠をとるようにすると、体にはいいことばかり。その中のひとつに、女性ホルモンの分泌が活発になることも含まれます。睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。このうちのノンレム睡眠をいかにとるかが重要ポイントなんですね。


ただし長くとればいいというものではなく、質のよいノンレム睡眠をとるということが大切なんです。そのためにできることは、睡眠環境を整える、寝る前のNG行動を取らないことです。


副交感神経が優位

ベッド周りに余計なものを置かず、清潔なファブリックを使う、蛍光灯でなくフロアーライトを使って過ごす、寝る1時間くらい前には、TVやスマホなどの画面を見ないこと、寝る4時間前には食事は済ませておくなど、体に負担をかけたり眠りを妨げるような行動をしないようにしましょう。


40代以降に、女性ホルモンの分泌量が減ってくるのは自然現象なので、誰にも避けて通ることができません。睡眠の質が悪ければそのホルモン量をさらに減少させることとなってしまいます。


年齢とともに、普段から睡眠のあり方を振り返ってみましょう。いつもなかなか眠りにくつことができなくてとお悩みの方は、睡眠サプリメントを摂取してみるのも一つの手ですね。


なるべくストレスを溜めこまない


目には見えないストレスは、心にも体にも知らず知らずのうちに悪影響を及ぼしてしまうもの。ストレスが溜まってくると、睡眠や食事に影響が出てくるようになります。


ストレスから食べるという行為に走って、かなりの量を食べるくせのようなものがついてくると、新陳代謝・基礎代謝が低下してくる40代以降はおばさん体型まっしぐらということになりかねません。


また、便秘や下痢に悩まされるようになる人も中にはいますね。イライラしたり、不安になったり情緒不安定な状態に陥る人も…。ストレスを溜めこんでしまうと自律神経のバランスがよくなくなってくるので、こうした症状が起きやすくなってきます。


あなた独自のストレス発散法で、ストレスを撃退しましょう。ただし、食べてストレス発散だけはしないようにしましょうね。



40代女性の体形変化を改善する方法


すでにおばさん体型になっていたら、若い頃のボディラインに戻ることはできないから諦めるしかないのでしょうか?答えはNOです。おばさん体型解消法はありますよ。


ただそこには、あなたの努力という2文字は必要不可欠ですけどね。努力の仕方が正しければ、自然と結果はついてきます。


お腹やせなら脂肪燃焼サプリ


サプリを飲んだだけでどんどん痩せてしまうような痩せ薬は、現実にはありません。でも、脂肪を燃焼しやすい効果が認められている機能性表示食品があります。


シボヘール 口コミ

シボヘールは、実際に97人の肥満だった人が試してみて効果があったという結果も発表しているサプリ!もともと被験者の全員がBMI25-30の肥満傾向だったのが、12週間飲んでみたところ、全員のお腹周りのサイズが平均20センチもダウンしたという優れモノ


シボヘール,ダイエット,

定期購入のお試し価格が980円で始められるので、かなりの話題となっています。シボヘールには、お腹の脂肪を減らすのを助ける機能性がある葛の花由来イソフラボンが入っていて、体重(BMI)・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)・ウエスト周囲系を減らすのに効果的なサプリなんです。


肥満対策に!内臓脂肪と皮下脂肪に効くサプリ 詳細はこちら


体型を戻すなら骨盤ダイエットが効果的


年を重ねるごとにボディラインは崩れやすくなってしまうもの。歪んだ骨盤に脂肪がつきやすくなり、それがさらなる歪みを引き起こしてしまい、どんどんおばさん体型に加速をかけることになりかねません。その歯止めをかけてくれるのが、骨盤ダイエットなんです。


一度はこの骨盤ダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は多いですよね。骨盤ダイエットの方法ですが、意外に簡単です。一日2分、1週間まず続けてみましょう。そして3日間お休みしてからまた1週間続けて3日間お休み、このサイクルを繰り返していきます。


消化を良くするために食べ物を良く噛む


何かを食べたらよく噛んで食べることを習慣にしましょう。よく噛んで食べると、少量であっても満腹感を得られるようになりますし、食べ物が細かく砕かれるので消化がよくなります。


食べる量が減ってくれば、骨盤の開きも少しずつ解消されてくるので腰周りのお肉も落ちてくるようになります。


ストレッチで体型を改善する方法


まずは、いすに深く座ります。そして骨盤を前傾に前の方に突き出す感じにしてしから、思いっきり下へ向きます。その状態を60秒間キープ。これだけのストレッチで、コリやおばさん体型の改善へとつながりやすくなってきます。一日何度やってもかまいません。


骨盤の歪みはフラフープ運動で改善


腰回しが骨盤の歪み解消につながるということを、聞いたことがある人もいるでしょう。お尻の筋肉はじっとしているだけでは落ちていくだけで、骨盤を守っている筋肉群を鍛える手っ取り早い方法は、腰回しなんですね。


腰回しはTVを見ながらでもできますからぜひやってみてはどうでしょうか。好きな音楽を聴きながらでもいいでしょう。そのときにフラフープを使えば簡単に楽しくできますよ。


フラフープを使うことで骨盤の歪みが解消されるだけでなく、インナーマッスル、体幹も鍛えることができるので一石二鳥です。


詳しい商品情報はこちら:http://item.rakuten.co.jp/purerise/hulahoop/


比べてみて!40代女性の体形の平均


40代になってからというもの体形に変化が見られるようになって、ショックを受けているという人や、痩せてはいるものの全体的なバランスがよくないという人、いろんな人がいることでしょう。


40代のあなたの今のボディを、世の中の40代女性の体形の平均値と比べてみてください。どうでしょうか?


40代女性の体重、身長の平均


平成26年度厚生労働省の「国民健康・栄養調査報告」によると、40代女性の気になる平均体重は、55.3kg。これは平均身長158.0㎝に対しての数値です。平均身長に対する平均体重の数値、あなたはどう思いますか?


40代女性のウエストの平均

あるデータによれば、40代前半の女性のウエストの平均値は71.1㎝、40代後半の女性の平均値は、71.6㎝です。0.5㎝の差はありますが大幅に変化があるというわけではないですね。


40代、年齢とともに筋肉量も落ち、それと同時に基礎代謝も減少。よって太りやすくなって体型の変化が現れやすくなってくる時期です。ボディラインの崩れに歯止めをかけることができるのは、あなたしかいません。


人間の体は年とともに体が衰えていきます。これは自然現象であってだれにも止めることはできません。ただ、この進行を遅らせていくことは可能です。


それは普段の生活の中でいかにあなたが意識して、自分自身の体のために努力するかにかかっていると言っても過言ではありません。


バランスのよい食事、筋肉トレーニング、骨盤の歪み矯正、ストレッチ、そして冷え対策、以上5つの点を重点的に意識することが、40代以降のボディラインの崩れ対策となるでしょう。


すでにおばさん体型になっているという人も諦めずに、今からできるものをスタートしてみてもいいですね。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする