この記事が気に入ったらシェアしよう!

中年太りを解消!お腹ダイエットから始める50代おすすめ減量法

女性の中年太りの原因は?50代で解消


50代にもなると、若かったころに比べなんだか痩せにくいわ…。なんて思いませんか?実は女性は中年、特に更年期を迎えるあたりから消費できるカロリーが低下していき、基礎代謝も下がってしまうため太りやすく、痩せにくくなるのです。



また老化により筋肉量も若かったころと比べ低下するため、運動量の低下などの原因も含めさらに太りやすい体質へと変化しているのです。このままの状態が続けばさらに太ってしまい、老後の活動に影響が出てしまう恐れがあるため、これを機にダイエットをしてみましょう。


お腹周りのお肉を落とすだけでも体型の見た目も変りますし、モチベーションも上がり日々を楽しく過ごすことができるので、老後のため、楽しい未来のために中年太りを撃退しましょう!


女性ホルモンのバランスも崩れて脂肪がつきやすくなる


女性が太りやすくなってしまうのは女性ホルモンの分泌量の低下も原因の一つだと考えられています。女性ホルモンは年齢を重ねる毎にその分泌量が低下していきますが、中年あたりになると閉経を迎えることから女性ホルモン量が乱れ、バランスが崩れていきます。


ホルモンの量が減ってしまうと脂肪の分解量も低下してしまうため、特にお腹周りにお肉・脂肪がついてしまうのです。


50代にもなると更年期や閉経といった女性ホルモンの分泌量の乱れ・崩れが起こりやすい時期なので、他の年代に比べて脂肪燃焼量が低下することから太りやすいのです。


中年太りの原因は食べ過ぎが1番の原因


中年太りの原因として一番問題視されているのが「食べ過ぎ」です。女性ホルモンの量は低下しても、食べる量までも低下するとは限りません。そのため、脂肪燃焼量が低下しているのに、若い頃と変わらない量を食べていては太ってしまうのも当然といえます。


中年期は特に基礎代謝量も落ちているため、若い頃と同じ量の食事を続けていると体型が戻りにくくなり太る一方です。食事内容を見直したり、腹6分目~8分目あたりで食事を終わらせるように心がけましょう。



中年太りはお腹から解消できる!


お腹周りのお肉や脂肪には大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪の2つがあります。このお腹周りの脂肪である内蔵脂肪は、体内で血液中に溶けやすい性質があるので、皮下脂肪に比べると落としやすいのです。



そのため中年太りはまずお腹についてしまったお肉から落とすようにし、モチベーションを高めて他の部位のお肉を落とすダイエットをしていきましょう。


お腹周りの脂肪を落とすには内臓の活動を活発化させることが重要


お腹周りの脂肪を落とすには内臓の活動を活発化させることが重要です。内臓は他の部位に比べると活動量が約38%にも及ぶので、内蔵の活動量をアップさせた方がより効果的に脂肪を落とせます。


内臓の中でも特に肝臓が約27%ほども基礎代謝量が高いので、主に肝臓の代謝を活発にするようにしましょう。肝臓を含む内臓を活発化するには漢方や筋肉を付けるなどの方法がありますが、まずは手軽に始められる食事内容の見直しから始めてみましょう。


内臓を活発にする食事を取り入れる


内臓を活発化するには食事をきちんと摂りましょう。特にビタミン・ミネラル・食物繊維の栄養素を中心とした、バランスの良い食事を摂りましょう。基礎代謝を上げるためにはまず体温を上げる必要あります。


たんぱく質・ビタミン・ミネラルの不足が低体温を招きます。食事で摂るのが難しいという場合にはサプリメントで必要な栄養素を補うなどして栄養不足や栄養が偏らないように気をつけましょう。



中年太りは余分な皮下脂肪?解消のコツ


女性の中年太りは女性ホルモンが深くかかわっています。女性ホルモンの一つである「エストロゲン」は食欲を抑制する働きを持っていて、エストロゲンが減ると満腹ホルモンである「レプチン」が減少、空腹ホルモンである「グレリン」が増えて食欲がアップしてしまいます。



女性ホルモンの減少は大豆イソフラボンなどの女性ホルモンの性質と似ているもので代用が可能です。中年太りは食べ物でも解消ができるので食事から女性ホルモンの代わりができる栄養素を摂取するようにして中年太りにストップを掛けましょう。


高たんぱく低脂肪な食べ物を食べる


高たんぱく低脂質な食べ物はダイエットの基本です。しかし栄養バランスが偏りがちになってしまうので、1汁3菜を基本として油っこい食事や脂肪分の多い食事は避けるようにしましょう。


また良い油を摂取するようにしましょう。高たんぱく低脂質な食べ物で有名な鶏ささみ、牛ヒレや豚ヒレといった肉類がおすすめです。魚類では淡白な白身魚であるタラやキス、ヒラメなどもおすすめです。


女性ホルモンに関わる食材を食べる


女性ホルモンの低下はそれに代わるもので代用しましょう。女性ホルモンと似た性質をもつ栄養素として大豆イソフラボン・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンC・ビタミンB6がおすすめです。


食べ物でいえば、大豆製品全般(大豆イソフラボン)、アボカド(ビタミンBやミネラル)、ナッツ類(ビタミンE)、レモンなどの柑橘類(ビタミンC)、カツオやマグロ(ビタミンB6)です。


またキャベツは女性ホルモンを活性化させる「ボロン」という栄養素が含まれているので、上記の食材と同時に摂取するようにしましょう。



効果的なダイエット法!中年太り解消


中年太りは老化現象の一つです。基礎代謝が年齢とともに下がり、女性ホルモンの分泌量も減るので体内の中では血流が悪くなるだけでなく、老廃物を排出しにくくなるなどの現象が起こります。



血流が悪い、老廃物が排出されないことも太ってしまう原因なので、いくら腹筋などの運動を頑張ってもなかなか効果が出ないことがあります。中年太り解消には体内を綺麗にしながら効果的な運動をするようにしましょう。


1回30秒「ドローイン」でお腹だけやせる


お腹周りのお肉を落としたいなら1回30秒の「ドローイン」がおすすめです。お腹と背中をくっつけるようなイメージでお腹を引っ込ませ、そのまま呼吸を止めずに30秒ほどキープします。




ウォーキングとドローインを組み合わせると更に効果アップ


さらに効果的に痩せたいのであれば、ウォーキングとドローインを組み合わせてみましょう。ウォーキングとドローインを組み合わせることで、カロリー消費が約4割も上昇します。


ドローインをしながらウォーキングするのは最初はなかなか慣れないでしょうが、慣れれば効果的に痩せることができるので、実践してみましょう。



3キロ痩せて中年太りを解消


3キロ痩せるとお腹周りがすっきりしてきます。しかし3キロ痩せるためにはある程度の時間が掛かりますし、多少の運動は必要不可欠です。食事内容の見直しと運動を組み合わせながら、中年太りを解消していきましょう。



ドローインは気がついたら実践するなどして日常の中に取り入れていきましょう。


フラフープやバランスボールで中年太りを撃退


フラフープやバランスボールがあれば天気に左右されずに開き時間にテレビを見ながら行えるのでおすすめです。家のちょっとしたスペースさえ確保できれば簡単に実践できます。空き時間にテレビを見ながら、パソコンを操作しながらなどのながら運動ができます。




部屋の掃除をするときには面倒な方法を選ぶ


運動量を上げる方法として掃除を活用すると良いでしょう。部屋の掃除をするときはあえて面倒な方法を選んで実践しましょう。


例えば、掃除機を最初から使うのではなくほうきで掃除してから仕上げで掃除機を使ったり、拭き掃除は雑巾を使うなどして日常的に身体を動かす習慣をつけましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする