この記事が気に入ったらシェアしよう!

50代女性の結婚式での服装はどうすべき?おすすめドレスや選び方

50代知らない人は非常識!結婚式の服装の基本【親族側・ゲスト側】


年齢を重ねてからの結婚式の参列は、服装に迷うことも多いですよね。



結婚式にお呼ばれした時に役立つ50代女性の結婚式のマナーや服装について紹介していきます。


(主役)花嫁さんを立てる


結婚式の主役はやはり花嫁ですので、主役を立てるのがマナーです。お祝いの気持ちを添えて結婚式に相応しい服装を準備しておきましょう。


肌見せファッションは・・・


昼に行われる結婚式にお呼ばれした場合は、肩や胸元を露出しすぎるのは控えましょう。ショールやボレロを一枚持っていれば、肌寒い時期にも対応できます。


足下に気をつけて


結婚式ではストッキングを着用するようにしましょう。靴もパンプスが一番良いとされています。できればエナメルのパンプスなど、ドレスと合う華やかなものを選びましょう。


最近では、カジュアルな結婚式も多いですが、ミュールやサンダルといった靴は避けた方が無難です。ヒールがない靴は、カジュアルな印象になるので6センチほどのヒールがある靴を履くのがおすすめです。


結婚式の時間帯を意識する


お昼に行われる結婚式は露出を避ける方が無難ですが、夜に行われる結婚式では肩を出したドレスでも問題ありません。肩の大きく開いたイブニングドレスも夜の結婚式では良いとされています。


昼よりも華やかなドレスにするのがポイントです。濃いカラーのドレスやラメの入ったストッキングを着用しても華やかな演出ができます。


親族側はよりフォーマルに


親族として参列する場合は、よりフォーマルな服装が求められます。結婚相手のご両親にもご挨拶するので、上品な雰囲気のドレスやスーツを選ぶことがポイントです。



【50代チャペル(教会)結婚式の服装】ドレスよりもスーツがおすすめ


本格的な教会での結婚式では、ドレスよりもスーツがおすすめです。新郎新婦がクリスチャンの場合は教会での挙式が多いのですが、少しフォーマルなスーツにコサージュといった服装が無難です。



殺生をイメージするような皮や、ファーは避けましょう。


露出は極力控えるべし


宗派によっては女性の肌の露出を控えたほうが良い場合もありますので注意が必要です。ワンピーススーツでも問題ありません。


時季によっては羽織り物が必須


教会には冷暖房施設がない所もありますので、時期によっては羽織り物を持参するのがおすすめです。足元が冷える場合にも使えますので、1枚持っていきましょう。



【神式の結婚式に50代でお呼ばれ】服装はどうするの?


神式の結婚式はゲストであれば洋装・和装にこだわる必要はありません。



神式のマナーについてご紹介します。


洋装・和装どっち


晩婚化によって、神式の結婚式も増えてきました。参列の際、ゲストであれば、洋装でも和装でも浮くことはありません。親族の場合は、和を重んじた挙式スタイルであるため、着物であることが多いようです。こちらも殺生をイメージするような素材は避けるようにしましょう。


親族側は・・・?


親族側は着物での参列をお願いされることもあります。その際に着物を選ぶ基準ですが、留め袖か訪問着を着用することになります。柄や色は派手になりすぎないように気を配ります。淡い色の訪問着や色無地の留め袖がおすすめです。



【ガーデン結婚式に参加】ワンピース?50代の服装は?


最近では、緑の多いカジュアルなガーデンウエディングも好まれています。



服装の基準や寒さ・暑さ対策について紹介します。


服装の基準は同じです


ガーデンウエディングであっても、結婚式に参列する服装の基準は変わりません。別荘地やキャンプ場を利用した挙式では、平服で参列するように書かれている場合もあります。


そういった場合も、ボレロやワンピースといった服装で参列しても問題ありません。場所によっては、和服が浮いてしまう場合もありますので、時期や会場によって検討しましょう。


冬は防寒対策・必須


野外での結婚式の場合は、冬の防寒対策は忘れないようにしましょう。厚手のストッキングや、コートを持参し必要であればカイロを貼るなど対策してください。真冬であれば、マフラーを持参しても問題ありません。



50代で参加する結婚式の服装・色の選び方


結婚式に参列する50代に人気の服装や、避けるべきカラーについて紹介します。



避けるべき色


花嫁の色である白は、必ず避けるようにしましょう。できれば薄いベージュも避けましょう。年齢を重ねても似合うのがベージュですが、ベージュの服を着たい場合は、色の濃いものを選ぶようにしましょう。また、喪服を連想させる全身黒い服装も避けた方が無難です。


ビビットなカラーも花嫁よりも目立ってしまう恐れがあります。浮いてしまいそうな色も控えるようにしましょう。


与える印象で色を選ぶ


紺色は冷静さと誠実さの象徴ですので、上品でフォーマルな印象を人に与えることができます。グレーは従順で謙虚な色ですので、こちらも親族側の参列では好ましい色といえます。


ベージュはナチュラルで穏やかな印象になりますので、女性にはお勧めのカラーです。スーツのカラーについて悩んだ場合は、与える印象を考慮して選んでみてはどうでしょうか。


「自由区」はフォーマルも


50代の女性に好まれるのは、「自由区」のセレモニースーツといった服装のようです。



セレモニースーツは、結婚式以外にも幅広く活躍しますので購入する人が多いようです。コサージュや真珠のネックレスとの相性も良いので、結婚式の参列でも華やかさを演出することができます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする