この記事が気に入ったらシェアしよう!

脇汗対策にミョウバン水の効果はある?カンタンな作り方と使い方付き

脇汗はミョウバン水で防げる?その成分と効果


ミョウバンはナスなどを漬けるときに色落ちしないように入れる白っぽい結晶のことです。他にも煮崩れを防ぐなど食品を加工する際に利用されることが多く、スーパーや薬局で100円程度で購入することができます。



また、ミョウバンは世界最古のデオドラント剤と呼ばれており、古代ローマ人が制汗剤として使われていたといわれています。


自然界に存在する成分で薬湯にも


ミョウバンはカリウムや鉄、アルミニウムなどの金属イオンが結ばれてできています。市販されているものは人為的に合成されてつくられたものですが、自然界にも存在しており薬湯の成分としても有名です。


優れた抗菌作用と殺菌作用


ミョウバンは水に溶けると酸性になる性質があります。脇汗の特徴的なにおいは汗に細菌が繁殖することで起こりますが、においを発生させる原因となる細菌はアルカリ性を好む性質があります。


そのため、皮膚の表面に酸性のミョウバン水を塗っておくことで細菌の繁殖をおさえることができ、においの元を断つことができるのです。


さらに収れん作用と制汗作用も


また、ミョウバンには肌を引き締めてたるみやしわを予防する効果があります。そのため、多くの化粧品の成分としても使われています。また、優れた収れん作用により毛穴が引き締まることで汗を抑えてくれる働きもあります。



脇汗の臭いは消える?ミョウバン水の脱臭効果


ミョウバンは金属イオンからつくられています。


すそわきが 臭い

金属に脱臭効果があるというのは有名な話ですが、ミョウバンも例にもれず優れた脱臭効果があります。


アルカリ性の脇汗のアンモニア臭に効果的


ミョウバン水は酸性のため、アルカリ性であるアンモニア臭を抑える効果があります。汗のにおいだけでなくペットの尿の掃除などへの使用もおすすめです。


臭いの強い人には不向き


ミョウバン水はにおいに対して優れた効果を発揮しますが、肌に塗っても汗や摩擦などですぐにとれてしまいます。そのため、臭いが強い人の場合はすぐに臭いが復活してしまうのでミョウバン水を使った対策は不向きです。



脇汗に効果的なミョウバン水の作り方と使い方


使い方として一番簡単な方法はミョウバンの粉末を直接脇の下に塗る方法です。



これだけでも脇下の制汗作用が期待できますが、水に溶かすことで酸性になる作用を利用したミョウバン水を使用するのがにおい対策にはおすすめです。


水500mlにミョウバン大さじ1を溶かしたものを10倍に希釈


ミョウバン水の作り方はペットボトルなどに水を500mlとミョウバン大さじ1を入れるだけです。ミョウバンは水に溶けにくいので、溶けるまでに時間がかかりますが1晩おいておくと自然と溶けます。


ミョウバン水は冷蔵保存で1か月ほど持ちますが、新鮮な状態の方が効果も高ので1~2週間ごとに作り替えると良いでしょう。


スプレーボトルに入れて使用すると便利


使用する際は、スプレーボトルにミョウバン水の原液を入れ10倍に薄めて使うと良いでしょう。スプレーボトルを使用すると出し過ぎを防止できますし、体の色んな部位に振りかけやすいのでおすすめです。


水の代わりに緑茶で作るとパワーアップ


さらに消臭効果を高める作り方も存在します。それは水の代わりに濃い目の緑茶を使用すること。緑茶に含まれ、消臭効果のあるカテキンとミョウバンの相乗効果でさらに高い消臭効果が期待できます。



脇汗にはクエン酸とミョウバン水、どちらが効果的?注意点は?


ミョウバン水と同じように脇汗に効果があるとされているのがクエン酸です。



ミョウバン水と比べてどのような違いがあるのでしょうか。


クエン酸水→水500mlにクエン酸小さじ1を溶かす


水500mlに小さじ1杯のクエン酸を配合することでクエン酸水が完成します。このクエン酸水を手やコットンでパッティングして使用します。お風呂に入れてクエン酸風呂にするのも良いでしょう。


毛穴収れん作用のあるミョウバン水の方が効果的


クエン酸水にも脇汗の消臭効果がありますが、それはアンモニア臭を中和させるだけであり、ミョウバン水と違って殺菌作用があるわけではありません。また、収れん作用もありませんので制汗効果の期待もできません。


どちらも必ずパッチテストをする


人によってはミョウバン水やクエン酸水で肌がかぶれる人もいます。使用する前に腕の内側に少し吹きかけるなど、必ずパッチテストを行うようにしてください。脇の下は皮膚が薄いので症状が重く出てしまうことがあります。



脇汗対策!ミョウバン水VSデトランスα


デトランスαはデンマークで作られたわきがや足の臭いなど強烈なにおいに対する対策製品です。



エクリン腺とアポクリン腺をふさいで脇汗が出なくすることでにおいの原因を絶つことができます。


デトランスαは効果はすごいが肌の弱い人には不向き


デトランスαはにおいに対する効果が高く持続性もありますので、脇の強烈なにおいや脇汗が多い人などにおすすめできる製品ですが、非常に強力な商品のため皮膚の弱い人は使えないことがあります。


汗腺から汗が出ないようにぴったりとフタをしてしまうため、肌が弱い人の場合だと肌が赤くなったり痛みが生じることがあります。また、製品の特性上全身に使うことも難しいため全身の汗のにおいを抑えたい場合や、加齢臭などには効果が期待できません。


買いやすさ・安全性・効果的にミョウバン水がお勧め


使用後の強いベタつきや、副作用に対するマイナス意見が多い一方、デンマーク製品ですのでサポートが充実していないという欠点も存在します。肌に合わなかったり何かしらのトラブルがあったとしてもメーカー側からの回答を得られないことから安全性の低さも気になります。


また、使い方も少し面倒でお風呂上りに塗って就寝し、朝に起きたらふき取りを行う必要があります。朝のバタバタしている時間にこのひと手間は面倒ですよね。


それに比べ、ミョウバンは自然界に存在する成分ですので皮膚への刺激も少ないですし値段もかなり良心的です。効果と安全性、一吹きすれば使える手軽さから考えるとデトランスαよりもミョウバン水の方が優れているといえるでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする