この記事が気に入ったらシェアしよう!

キトサンを食品でとりたい!キトサンを含む食品一覧と食べ方

キトサンが多い食品を食べてダイエット!?


ダイエットサプリ、特に食事の前後に摂取するタイプのサプリメントに必ずと言っていいほど配合されているのがキトサン


ダイエット中コンビニのメニュー

食物由来の成分だそうですが、食品から摂取できたら一石二鳥ですよね。そこで、キトサンを食事で摂取するコツをお教えします!


キチンキトサンは・・


キトサンは甲殻類の殻から抽出される動物性食物繊維(キチン)由来の成分です。食事の脂肪分を吸着し、便と共に排出する役割があり血中のコレステロール値を改善したり、ダイエットをサポートしてくれたりします。


ダイエットサプリのキトサンはこのキチンキトサン(主にカニ由来)が配合されていることが多いです。


キノコキトサンとは・・


同じキトサンでもキノコ由来のキトサンはキノコキトサンと呼ばれます。脂肪の排出機能はキチンキトサンと変わりませんが、胃の中で水分を含み膨張するという作用も持ち、よりダイエット向きだと言えるでしょう。


キチンキトサンと比べ食事に取り入れやすいですが、水溶性であるために、調理で失われやすいといったデメリットがあります。


キトサンのデトックス効果


キトサンは脂肪分だけでなく、体内のあらゆる有害物質を排出してくれる役割も持っています。食品添加物やプリン体、微量な金属や放射性物質まで、腸をはじめとする体内をお掃除してくれるんですね。


デトックス効果を感じる方の中には便秘解消だけでなく、原因不明だった肌荒れや体調不良が改善する事もあるそうです。これはキトサンを積極的に摂っていきたいですね!



キトサンが多い食品は?


それでは、いよいよ食品からキトサンを摂取する方法を見ていきましょう。



普段の食事をバランス良く摂っているあなたも、キトサンは意外と摂れていないかもしれませんよ。


キトサンが多く含まれる食品


サプリメントに広く使われる「エビ・カニ」等の甲殻類の殻や、イカやタコ等軟体動物の骨格部分、貝類の殻等、普段良く食べる食品の「廃棄部分」に多く含まれています。


また水溶性のキノコキトサンはしいたけやしめじ等のキノコ類全般に含まれていますが、調理で失われやすいうえ、かなり量が少ないので、普段のおかずの量ではあまりダイエット効果は期待できません。


キトサンを食品から摂るのは至難の業!?


キトサンは前述のとおり甲殻類の殻キノコ類に含まれます。しかし、甲殻類の殻普段食べずに捨ててしまいますね。殻を丸ごと食べられる小さい甲殻類を選ぶか、殻をふりかけにする等、調理に工夫が必要です。


またキノコ類のキトサンは水溶性で、調理前に水洗いするだけでも簡単に流れていってしまいます。こちらも、調理でカットする前に洗う等、なるべくキトサンを逃がさないようにしたいですね。



それでもキトサンを食品で摂取したい!!食べ方は?


ダイエット効果の高いキトサンですが、普段の食事で補うことはとっても難しそうですね。



でも、諦めるのはまだ早い!なるべくたくさんのキトサンを摂取できる方法がないか探っていきましょう。


キトサンを含む加工食品


一番手軽にキトサンを摂取できるのは加工食品をうまく活用する事。キチンキトサンであれば、まるごと甲殻類をパウダーにしたものをスープに入れたり、桜えびや小カニの水分を飛ばしてふりかけにするのが良いでしょう。


キノコ類はさっと洗い、スープにすると無駄なくキトサンを摂取できます。キノコで一番含有量が多いのはえのきなので、数年前にブームとなった「えのき氷」を活用しても良いかもしれませんね。


簡単に言えば「エノキタケをミキサーでペースト状にして煮出して凍らせたもの」です。長期保存ができ「だし」としても使えます。どんな料理の中にでも簡単に入れられるので、楽々毎日の食事に取り入れられるのです。

http://www.iijan.or.jp/oishii/products/mushroom/post-1274.php

効果を得るのに必要な量


キトサンは1日当たり1,000mgを目安に摂取する事が推奨されていますが、実は私たちが1食まるまるエビやキノコを食べたとしても数%程度にしかなりません。他の食物繊維も含めたダイエット効果は見られるかもしれませんが、キトサンのみの効果はあまり期待できないでしょう。


サプリを活用


普段の食事があっさりしている方は食品からでも問題ないですが、やはりキトサンを食生活に取り入れるにはサプリメントも上手に活用したほうがベター。含有量も食品に比べて格段に多いので、確実にダイエット効果を得る事ができます。


摂取の際に注意すること


食品から摂取できるキトサンは微量なので、過剰摂取の心配はありませんが、甲殻類の殻をメニューに取り入れる際はアレルギー食あたりに注意してください。食あたりに関しては十分加熱すれば問題ないでしょう。


サプリメントでの摂取する場合、過剰に摂取してしまうと「脂溶性ビタミン」も一緒に排出されてしまう恐れがあります。できればビタミンB群のサプリメントも併用したほうが良いでしょう。