この記事が気に入ったらシェアしよう!

食事制限のストレスに勝つためのコツ!ダイエットで失敗しない方法

体重が減らないのは食事制限のせい?!ストレスが原因かも


食事制限をしているのに「体重が減らない!」と悩んでいませんか?



辛い食事制限をして一時的に体重が減ってダイエット成功と思っても、反動で食べ過ぎてしまいリバウンドした経験のある方がとても多いのは、実はストレスが原因かも知れないのです。


ストレスの原因はコルチゾール


食事を制限すると人は我慢をすることでストレスを感じてしまいます。すると、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが過剰に分泌されてしまい、空腹を感じなくても食べたくなる現象を引き起こし、過食へと導いてしまうことがあります。

このコルチゾールが増えると、食欲を抑える効果のあるセロトニンの分泌が妨げられてしまうため、より食欲が増してしまうのです。


基礎代謝低下


体重が減らないことを気にして、さらに食事量を少なくしてしまうのは、実はダイエット成功から遠ざかってしまう行為なのです。なぜなら、過度な食事制限をすると身体は生命に危険を感じてしまうからです。


危険を感じた身体は消費エネルギーを少なくしようとして、筋肉の分解を始めてしまいます。すると、筋肉量が減少し基礎代謝が低下し、脂肪を燃やしにくい体になってしまうのです。


また、食事制限により全身の血流が悪くなることで基礎代謝が低下し、体重が減らないという悪循環が生まれてしまうので気を付けましょう。



過度の食事制限はダイエット成功出来ない?ストレス発散のコツ


ダイエットを成功させるには無理な食事制限はせず、上手にストレスを発散するコツをつかむことも大切です。



食事量だけを減らすことに集中せず、コツを使ってダイエットを成功させましょう。


無理はしない!


何事もやり過ぎは禁物なように食事制限も例外ではありません。「ダイエットの基本は無理をしないこと!」です。


低カロリー食に慣れた体をさらに痩せさせるには、もっと低カロリーの食事にする必要があります。こうして無理をすればするほどその反動が大きく、リバウンドを繰り返すという悪循環に陥ってしまいます。


食べ過ぎに注意は必要ですが、バランス良く栄養を摂取することはとても大切です。行き過ぎた食事制限はしないようにしましょう。


歯磨きで紛らわす


どうしても空腹感を我慢できず、イライラしてしまうときは歯磨きをしてみましょう。意外に思うかも知れませんが、歯磨きには空腹感を軽減する効果があると言われています。


歯磨きと言えば食事の終了を脳に伝える合図でもあるため、脳に錯覚を起こさせるという方法を利用したものです。また、歯磨きによって口の中はスッキリとした爽快感で満たされているので、何かを食べたくなる気持ちを抑えることができます。


爽快感を強く感じることができるメンソールやミント系の歯磨き粉がおすすめです。



ストレスを溜めずに食事制限でリバウンドしないやり方


ダイエットを成功させるにはストレスを溜めないようにすることが大切です。



無理な食事制限をしてリバウンドすることがないよう、効果的なやり方についてみていきましょう。


1日5回食


ダイエットが続かない一番の原因は、空腹感に打ち勝つことができないことだと言われています。そのためには1日3食ではなく、1日5食にして食事と食事の時間を短くするやり方も1つの方法です。


食事と食事の間の時間が短いと、あまり空腹感を感じることがないため、ストレスも少なくお腹が空いてドカ食いをしてしまう危険性を防ぐことができます。


ただし、5回ともたっぷりの食事量を取っていたら太る原因となってしまいます。あくまでも3回分の食事量を5回に分けて食べるように意識することを忘れないようにしましょう。


好きなものを食べる日


ダイエットをしていても、どうしても甘いものを食べたくなる時がありますよね。まったく食べないとかえってストレスを感じてしまい、ダイエットの妨げにあることがあります。


ストレスを溜めないためにも、週に一度か二度くらいは好きなもの食べる日を設けて、その日は我慢せずに食べるのもおすすめです。そうすることで日頃の食事制限によるストレスを大幅に減少させてくれる効果があります。


食べないことをやめる


体重を減らすには食べることを辞めたらいいのでは・・・と単純に思ってしまう方も多いでしょう。そして、ダイエット効果を期待するあまり、全く食べないという手段に出る方もいるようです。


しかし、食べないこと自体がストレスとなり体重減少の妨げになることがあるのです。全く食べないということをやめることが、実はダイエット成功の秘訣だということを理解しておきましょう。



食事制限によるストレスは運動で発散?その効果とは?


運動がエネルギーを消費させたり、代謝を上げることでダイエットに効果的なのはよく知られていますが、食事制限によるストレスを発散させることにも効果的です。



ドーパミンが空腹感を紛らわす


運動をすると神経伝達物質であるドーパミンが分泌されます。このドーパミンには空腹感を感じなくする効果があるので、食事制限による空腹感を感じないためには運動をすることも効果的です。


いきなり激しい運動をしてしまうと身体を痛めてしまう原因にもなります。できれば習慣化できるような、身体にあまり負荷のかからないウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。


筋力アップで代謝維持


ダイエットのために食事制限をすると、筋肉量が落ちて基礎代謝の低下を招いてしまう恐れがありますが、運動をすることによって全身の筋力があがる効果が期待できるので、食事制限で起こりやすい基礎代謝の低下を予防することができます。


基礎代謝が落ちてしまうと太りやすい体質になってしまうので、特に食事制限中は運動によって筋力量が落ちないようにすることがおすすめです。


散歩で気分転換


運動と言っても様々なものがありますが、激しい運動はできないという方でも、近所を少し歩く散歩程度でも十分運動になるものです。また、散歩は気分転換になるし、リラックス効果もあるので、食事制限によるストレスの緩和にも役立ちます。