この記事が気に入ったらシェアしよう!

食物繊維が豊富なおすすめサプリはコレ!ダイエットの効果を比較!

食べ物だけじゃ足りない?サプリで食物繊維を摂る理由


便秘の解消に効果的だと言われる食物繊維。あなたはしっかりと摂取できていますか?食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維の二種類が存在します。食物繊維の多い食品は、穀物、いも、豆、野菜、果物、きのこ、海藻などです。


どちらにも便秘の解消に効果的なのですが、摂取の仕方が非常に重要です。とくに不溶性食物繊維だけを摂り過ぎるとさらに便秘になってしまうことも。


二つの食物繊維を効率よく摂取するのは食事だけではむずかしいです。そのため、サプリを使ってバランスよく取り入れることが大切なのです。


食物繊維の目標値


身体を健康に維持するために1日に必要とされている食物繊維の量は成人女性で17gと言われています。便秘の解消を目標とする場合20gの摂取が推奨されています。


また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のベストなバランスは水溶性1:2不溶性です。このバランスが大幅に崩れると便秘の解消どころか便秘を促進してしまう結果になりかねません。


野菜で摂ろうと思ったらどれぐらい食べないといけない?


便秘の解消に必要な食物繊維は約20gとお伝えしましたが、実際野菜で20gをとろうと思ったらどのくらいの食材を取る必要があるのでしょうか?


食物繊維が多いと言われるごぼう100gあたりに含まれる食物繊維の量は約5gです。ということは、ごぼうを400g食べる必要があります。ごぼう400gというと、通常サイズのもので2~3本程です。


他の食材で見てみるとレタスだと1日3玉。食物繊維が豊富なあずきならば1日1缶と比較的楽に取り入れられそうですが、量でいうと200gほど必要です。毎日これだけの食物繊維を水溶性・不溶性のバランスを考えながら取り入れることは現実的に考えても不可能に近いです。


足りない食物繊維はサプリで補おう!


食物繊維をバランスよく食事で摂るのは非常に難しいです。また、食事に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維が多いので頑張って毎日の食事で食べたとしても便秘が解消されないことも多いのです。


もちろん、毎日の食事に気を遣うのは健康のためにも必要なのでとても素晴らしいことなのですが、食物繊維に限って言えば食事のみでは難しいのが現状。そのため、足りない食物繊維をサプリの力を借りて摂取する方法がおすすめです。



サプリに含まれている食物繊維の種類別・便秘やダイエットにおすすめの理由


食物繊維によるダイエット効果は多くの研究所の研究により実証されています。主な効能としては腸内環境を整え、血糖値の上昇を抑えて余分な脂肪を排出します。


サプリに含まれるダイエットに効果的な成分とはどのようなものがあるのでしょうか。ひとつひとつ説明していこうと思います。


難消化性デキストリン


難消化性デキストリンは食事が欧米化してきた日本人に食物繊維を効率的に摂取させるためにジャガイモやトウモロコシから精製された食物繊維のことです。


様々な食品に応用することができ、水溶性食物繊維と同じ働きをします。水溶性食物繊維は糖質の吸収を緩やかにし、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えます。


サイリウム


オオバコ科の植物の種子の皮殻から精製した食物繊維です。大部分が水溶性食物繊維ですが、少量の不溶性食物繊維も含んでいます。給水作用・膨張作用・吸着作用・整腸作用・血糖値抑制作用・血中脂質調整作用があるとされており、ダイエット効果も非常に高い食物繊維です。


ポリデキストロース


トウモロコシから作られた水溶性食物繊維です。日本では食品としてドリンク剤や加工食品に使用されており、安全性も認められています。血糖値の上昇を防いだり、腸内の善玉菌を増やすことによる腸内環境の改善による便秘改善やコレステロール値を減らす効果もあります。



サプリで補いたい!食物繊維の腸への効果


食物繊維は人間の体内では分解できない成分です。そのため胃で消化されることなく小腸を通って大腸まで達することができる腸のメンテナンスを行える数少ない栄養素です。


多くの腸疾患や代謝性疾患に対する予防効果があり、腸内の発がん物質の生成を抑えるなど健康面で非常に大切な役割を担っています。


便秘の改善


不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむことで腸を刺激し蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで排便をスムーズに行うことができるようになることで便秘を解消します。


善玉菌が増える


水溶性食物繊維は大腸内で分解され、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあり、整腸効果が期待できます。腸の働きを活発化させる不溶性食物繊維と善玉菌を発生させる水溶性食物繊維の力で便秘が解消されるのです。


食べ過ぎを防止


水溶性食物繊維は胃の中で水分を含みカサを増します。これにより、満腹感を感じるので食べた量以上にお腹がいっぱいになるのです。食べ過ぎの防止につながり、ダイエット効果も得られます。



おすすめの食物繊維サプリ・成分からダイエットの効果を比較!


食物繊維のアプリといっても種類は様々です。たくさんありすぎて自分で比較するのも大変だしどう違うのかわからないとお悩みの方も多いはず。食物繊維のサプリの中でもおすすめの3点にしぼって価格や成分、ダイエット効果の違いなどを比較してみようと思います。


DHC 食物繊維


原材料に難消化性デキストリン、大豆繊維、オート麦繊維を含み水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく配合。二つの食物繊維が一気に取れるので便秘に効果絶大のサプリメントです。1日1包、30日分で1000円弱と優しいお値段も魅力です・


ファンケル 食物繊維


原材料としては難消化性デキストリン、チコリ抽出物、甜菜大根繊維と植物繊維が主で非常に自然に近い状態で食物繊維の摂取ができます。


1包でバナナ2.5本分もの食物繊維をとることができます。ほぼ無味ですが、ほんのりと甘みがありコーヒーに入れたり料理に使ったりと用途は様々。1か月分で1200円程度です。


小林製薬 イージーファイバー(R)乳酸菌プラス


難消化デキストリンのほかにフラクトオリゴ糖と有胞子性乳酸菌を含んでいます。この乳酸菌は酸や熱に強いため、生きたまま腸に届きます。また、フラクトオリゴ糖は善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。


1か月分約1600円と少し高めではありますが、食物繊維だけでは便秘が解消されないとお悩みの方におすすめの商品です。