この記事が気に入ったらシェアしよう!

【1日だけ】プチ断食ダイエットは成功する?口コミ付きで知れるやり方と効果

1日断食でダイエット!?期待できる効果


ダイエットをしているけどなかなか体重が落ちない・・・というあなた、思い切って1日断食してみませんか?


運動をしていないのに脂肪が燃えるってどういうこと?と不思議に思うかもしれませんね。私たちの体がエネルギーを消費する際には「血中→内臓→体脂肪」の順にエネルギーが使われます。


断食をすると無理なく血中の糖分が消費されるので、日常生活で体を動かすだけでも体脂肪が消費されてくれるのです。


便秘が改善される


食べ物を食べないと便が少なくなり、便秘になってしまうイメージがありますが、それは間違いです。現代人の私たちの内臓は四六時中働きづめで、排せつ機能が低下していまっている人がほとんど。


断食をして内臓を休ませてあげると内臓がデトックスモードに切り替わるので、便秘解消にはもってこいなのです!


代謝がアップする


また内臓が休まると、食べ物を消化することに専念していた内臓が、代謝にエネルギーを使えるようになります。体脂肪が燃えるだけでなく、栄養分が髪の毛やお肌にも行きわたるので、見た目も若々しくなれて一石二鳥です。



1日断食のやり方・気になる効果を口コミで!


それでは、1日プチ断食の方法をお伝えします。



きちんとした方法をとれば、強い空腹感や辛さを感じないそうですよ。


酵素ドリンク


固形物を取らずに、空腹感を感じたら酵素ドリンクを飲む、という方法です。野菜や果物の果汁を凝縮し、発酵させたドリンクを断食中に飲むことで、ダイエット中に不足しがちなビタミン、ミネラル、消化酵素や代謝酵素を補うことができます。


私たちの空腹感は「カロリー不足」ではなく「栄養不足」であることが多いと言われています。断食中でも低カロリーで栄養価の高いものを水分として摂ることで、無理なく断食が成功する方が多い方法です。


ヨーグルト


酵素ドリンクより低コストで手に入りやすいヨーグルトを断食中に食べるダイエットです。食事量を減らすとタンパク質の摂取量が減ってしまいますが、ヨーグルトのみOKとすることで筋肉量を減らさずに断食することができます。


ただし、糖分が入っているものは血中の糖分を増やしてしまうので食べないで。プレーンヨーグルトを少しずつ食べ進めましょう。


スムージー


満足感で言えば一番高いのがスムージーで断食をサポートすること。セレブが取り入れているアサイーやピタヤなどのスーパーフルーツでスムージーを作れば、アンチエイジング効果や、より高いデトックス効果が得られます。


自家製スムージーやコンビニスムージー、水で溶かして飲む粉末スムージー等いろいろな種類がありますが、どれも糖質が高めなので飲みすぎには注意しましょうね。


生姜紅茶


断食中に手足の冷えを感じたら、ぜひ生姜紅茶を取り入れてみて。断食中は食物を消化するときに発生する熱エネルギーが減ってしまい、体温が下がりがちになります。


生姜紅茶で内臓を温めてあげることによって、内臓の代謝機能を上げることができるので、断食の効果が表れやすくなります。甘みが無くて飲みにくいときは白砂糖ではなく、ミネラルたっぷりのはちみつを使いましょう。



1日断食・成功のカギは前後3日の食生活!


1日断食と聞くと、1日だけ頑張れば痩せる!と思いがちですが、実はそうではありません。いきなり食事を抜いたり、空っぽの内臓に重たい食事をすると内臓に大ダメージを与えてしまいます。



1日断食でも前後1日を含めた3日間が断食だと考え、胃腸になるべく負担をかけないように過ごしましょう。


前日の食生活


断食の前日は、断食当日のストレスを減らすように努めましょう。昼食は腹八分目夕食は普段の半分ほどに控えるのがベストですが、忙しかったり家族の都合がある方は最低でもアルコールは控え、寝る3時間前には食事を済ませておくようにしましょう。


断食日の食生活


断食当日は固形物を食べずに過ごしましょう。水分は2リットル以上取るようにし、どうしても空腹感が辛いときは、前述のドリンク類を食事の時間食事と食事の間の時間に少しずつ飲みます。


注意すべきことは、一気に水分を取らないようにすること。特に体を冷やすドリンクは内臓がびっくりして体調不良に繋がるので、常温~ぬるめのものをこまめに補給するようにしましょう。


翌日の食生活


実は断食で一番重要とされるのが「回復食」と言われる断食後の食事です。1日固形物を食べないと、内臓はしっかり休んでいる状態となり、肉や魚、ファストフード等の重たい食事は休んだ内臓にダメージを与えてしまいます。


断食後の朝食は消化の良いお粥がベスト。昼食もなるべくあっさりしたものを選びましょう。油、砂糖はたくさん吸収されるためNGです。



1日断食・ダイエット以外にもこんな効果が


ダイエット目的で断食を始めた方も、内臓を休めてあげることによる思わぬ効果があるよう。



美容と健康に効果あり!と嬉しい声が続々届いています。


美肌


油分の摂取量が減ると乾燥してしまいそうなイメージですが、1日断食を定期的に続けている方は、お肌の悩みが解消されているようです。


内臓が疲弊していると吹き出物やくすみ等のトラブルがつきもの。断食をして内臓が休まることによって、美肌に関する栄養素の代謝も促進され、新陳代謝が活発になる(美肌になる)効果が期待できるのです。


内臓の機能が活性化


糖質や脂質が多い食事を毎日取っている方は、内臓が「24時間365日働いている」状態。休ませる時間を取らないと、内臓が疲れて機能が低下してしまいます。


内臓を適度に休ませてあげると内臓の機能が向上し、体全体の動きが軽くなったり睡眠の質が向上したりして、いきいきと過ごせるようになりますよ。


コレステロール値が低くなる


「体重や腹囲は標準なのに、コレステロール値が悪い」というあなたは隠れ肥満と言って、血中の脂肪分が消費されないままに次の食事を摂ってしまっている状態です。

適度に断食を取り入れると、血中の脂肪分を消費してから次の食事を取ることができます。コレステロール値や中性脂肪値が改善し、血管の老化も防ぐことができます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする