この記事が気に入ったらシェアしよう!

断食中に頭痛が・・!知っておくべき原因と対処法

断食中の頭痛・その原因は?


断食をしていると頭痛が起こって体調が悪くなる…なんて経験はありませんか?



断食中の体調不良として、頭痛は起こりやすい症状です。断食中は栄養不足により身体の中が通常とは違う働きをしています。さまざまな原因から頭痛や吐き気が引き起こされますが、対処するにはまず、どうして頭痛が起こるのかを知りましょう。


原因を知ることで正しい対処や予防もできるようになるので、断食を始める前に、もしもの時のためにもよく知っておきましょう。


①低血糖の影響


断食中は食事をしないため栄養不足に陥ってしまいます。特に脳のエネルギー源である糖分が不足すると低血糖状態となり、脳に必要な栄養が行き届かないため頭痛が引き起こされます。


低血糖状態になっても、長期間の断食を行わない限りは体内で糖新生が行われるため問題視する必要はないでしょう。しかし頭痛の傷みがひどい、頭が割れるくらい痛いなどの異変を感じた場合には断食を中断し、病院で診てもらいましょう。


②ケトン体の影響


体内では脂肪燃焼が行われますが、低血糖状態の時に脂肪燃焼が行われると不完全燃焼となりケトン体が発生します。このケトン体は体内で糖が不足した時に糖の代用として使われます。


しかし普段ケトン体は体内に溢れているわけではないため、急に代用として使うことに身体は慣れていません。そのため脳がケトン体をエネルギー源として受け入れないため、頭痛が起こると考えられています。


③ストレスの影響


断食中は空腹からストレスが溜まってしまいます。また断食中ではなくても、強いストレスや苦痛を感じると頭痛を引き起こしてしまいます。


ストレスを感じると自律神経が乱れてしまい、脳が緊張状態となり頭痛が引き起こされます。断食中のストレスは意欲を削いでしまう原因にもなるため、ストレスを溜めないような断食方法やストレス発散法を事前に用意しておいた方が良いでしょう。


④好転反応の一種


断食中の頭痛や吐き気は好転反応の一種として考えられています。この好転反応とは、身体が毒素を排出している最中に起る体調不良です。もっと簡単にいってしまえば、身体が老廃物をきちんと排出(デトックス)していますよ、というサインです。


そのため断食中に頭痛が起こったからといって身体に問題が起こったと心配になる必要はありません。しかし頭が割れるような強い痛みや不快感がある場合には他の病気の可能性があるため自己判断せずに病院で診てもらうようにしましょう。



断食中に頭痛が起きた時の対処法


断食中に頭痛が起こったら…。と考えると断食に意欲的になることができませんが、対処法さえ知っていればその心配もないでしょう。



急に頭痛が起こると催すと不安になるでしょうが、多くの場合はきちんと対処するだけで改善します。しかし頭痛とあわせて吐き気やめまがいが現れた場合には断食を中断するなど、状況に合わせ臨機応変に対処しましょう。


栄養分(糖分)を摂取


断食中に頭痛が起こった場合の対処法として、少量の糖分の摂取がおすすめですが、低血糖状態でいきなり糖分を取ってしまうと急激に血糖値が上がってしまう恐れがあります。


急激に血糖値が上がるとそれを下げようとしてインシュリンが分泌されるため、糖分を摂取したとしても低血糖状態に逆戻りしてしまいます。


断食中の頭痛対処には果物や食事よりも、はちみつがおすすめです。はちみつは果糖よりも血糖値が上がりにくく、ミネラルやビタミンなどの栄養素も含んでいるためはちみつを舐めるだけで数種の栄養素を摂取できます。


めまいや吐き気もあれば断食中断


もし断食中に頭痛以外にめまいや吐き気がある場合には、無理せずに断食を中断しましょう。主に断食中の頭痛や吐き気は好転反応なので心配はありませんが、体調がすごく悪くなるようでしたら無理をする必要はありません。


様子を見ながら消化の良いものを食べて元の食事に戻していきましょう。断食を中断するから、体調が悪いからと消化の悪いものや通常食を食べると胃に大きな負担を与えてしまいます。自分の体調と相談しながら断食を中断するか判断しましょう。



断食中の頭痛への対処・これには注意!


断食中の頭痛への対処法は必ず調べてから行いましょう。独自の対処法をしてしまうと血糖値を急激に上昇させてしまったり、血液が薄まってしまいさらに体調が悪くなってしまうので注意しましょう。



断食中は特に栄養不足から頭痛や吐き気が起こりやすいため、正しい対処法で乗り切り断食を成功させましょう。


水分での栄養補給


断食中は、脱水症状を防ぐため水分補給は必要ですが、摂りすぎには注意しましょう。一度に多くの水分を摂取してしまうと血液が薄まるだけでなく、腎臓に大きなダメージを与えてしまいます。


腎臓の尿を作るスピードよりも水分量が多いと水中毒になる可能性もあるため注意しましょう。


急にたくさんの糖分を摂取


断食中に頭痛や吐き気が起こった際や、中断するときに急にたくさんの糖分を摂取しないようにしましょう。また果物なども控えましょう。一度に多くの糖分や果糖を摂ると、血糖値が急激に上がってしまいます。


急な血糖値の上昇はそれを下げようとするインシュリンを大量に分泌させる原因になるため、結果として低血糖状態が改善されません。断食中の糖分摂取にははちみつで対処するようにしましょう。



断食中の頭痛に悩まされないために…


断食中の頭痛に悩まされないためにも、断食前には体調を整えておくようにしましょう。体調が悪いのに断食をしては身体に毒となりダイエットどころではありません。断食中の体調不良も状態がひどくなってしまうので、体調の管理はきちんと行いましょう。



また身体を冷やさないように注意してください。身体が冷えていると吐き気がひどくなったり、頭痛が悪化します。免疫力が向上するといっても、断食中は体調を崩しやすいので身体は冷やさず温めるようにしましょう。


正しい対処で断食を乗り切り、ダイエットを成功させましょう!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする