この記事が気に入ったらシェアしよう!

断食でリバウンドした!ファスティングダイエットでリバウンドしないための鉄則

断食(ファスティング)ダイエットでリバウンドしない方法とは?


短期間で成果が出るということから、誰でも手軽に取り組めるイメージの断食(ファスティング)ですが、短期間のダイエットにはリバウンドがつきものです。



なぜリバウンドしてしまうのか?原因を知れば、正しい断食(ファスティング)ができて、リバウンドもせずに安定するのです。


断食は最長でも2日間


断食(ファスティング)とは、ある一定の期間だけ食事を摂らないダイエット法です。食事を全く摂らないのではなく、代わりに野菜ジュースや酵素ドリンクを飲んで、必要最低限の栄養を摂りながら行います。


固形物を摂らないので、内臓を休ませながら脂肪を燃やし、体に溜まった老廃物や毒素を排出させるので、体に優しいダイエットなのです。断食(ファスティング)は気軽に取り組めるダイエットですが、無理に長期間続けるのは逆効果です。


心身の負担にならないように、2日間までがおすすめです。


何かに没頭する


断食中はお腹がすきますが、何もしないでいるとますます空腹を感じ、食べることばかり考えるようになります。空腹感を紛らわすためには、食べ物のことを考える暇がないように、適度な運動や、趣味に没頭する時間を作るのが良いでしょう。


楽しいことをしていると、あまり食べることを考えなくなりますよ。


飢餓状態にしない


断食と言っても、完全な絶食ではありません。酵素ドリンクを飲み、必要最低限の水分と栄養を摂りながら行うので、飢餓状態になることはありません。


全くの飢餓状態になってしまうと、食事を再開した時に普段以上のカロリーを蓄積することになるので、太りやすい状態になってしまい、その結果リバウンドしやすくなるのです。



断食(ファスティング)ダイエットでリバウンドする人には共通点があった!


断食(ファスティング)でリバウンドをしてしまう人には、3つの共通点があります。



断食(ファスティング)の日数が守られていない、断食(ファスティング)中、食べ物のことばかり考えてしまう、断食(ファスティング)開けの食事をおろそかにしている、ということです。


日数が守られていない


ダイエットの効果を期待しすぎて、2日以上断食(ファスティング)を続けてしまうと、体が飢餓状態と思い込み、食欲がどんどん強くなります。その結果、普通の食事に戻した時に、普段以上のカロリーを蓄積してしまうので、リバウンドしやすくなってしまうのです。


食べ物のことばかり考える


断食中に空腹が続くと、食べ物のことばかり考えてしまいストレスが溜まります。身体にもよくないですし、断食(ファスティング)から普通の食事に戻した時に、過食を招くことになり、リバウンドしやすくなるのです。


断食(ファスティング)を始める前に、断食中の過ごし方を計画しておくことをおすすめします。


断食明けに丼物


断食(ファスティング)明けに、いきなり丼などを食べることは危険です。炭水化物を摂取することにより、血糖値が急上昇します。血糖値は、急激に上昇すると急激に下がる性質があります。


血糖値が急激に変動すると、体は血糖値を元に戻そうとして糖質を欲しがるので、食欲が強くなり、また炭水化物中心の食生活に戻ってしまうので、その結果リバウンドしやすくなるのです。



断食後リバウンドを防ぐには回復食が大事!何を食べればいいの?


断食(ファスティング)中は内臓が休んでいるので、回復食は内臓に負担をかけないようにしなくてはいけません。



いきなり固形物ではなく、離乳食などのような柔らかい物を、満腹ではなく、腹八分目までにすると良いでしょう。


断食日数=回復食日数


食事を摂らなかった断食(ファスティング)よりも、実は回復食の方が大事なのを知っていましたか?回復食とは、断食(ファスティング)の後に、普通の食事に戻す前の段階の、準備用の食事のことを言います。


空腹に慣れてきた体から、また普通の食生活に戻すためには、最低でも断食と同じ日数が必要なのです。今まで休んでいた内臓に負担をかけないよう、消化に良い回復食から慣らしていきましょう。


1日目おかゆ


回復食の1日目はおかゆが良いでしょう。しっかりとよく噛んで、ゆっくりと味わうように食べるようにしてください。


2日目おかゆに温野菜


回復食の2日目は、おかゆにプラスして温野菜や野菜スープを食べるようにしましょう。ビタミンや食物繊維を補給するためにも野菜は摂りたいので、できるだけ消化に良い調理方法を選びましょう。


油物は取らない


回復食では、胃に刺激を与える消化の悪いものはよくありません。できるだけ油は避けるようにして、回復食が終わってからも、数日は油を控えた方が良いでしょう。


満腹になってはいけない


回復食では、お腹いっぱい食べないでください。今まで休んでいた内臓は、腹八分目でもびっくりします。まだ食べられるかな?というぐらいのところでやめておきましょう。



断食中に酵素を取り入れるとリバウンドしない?おすすめ酵素はこれ!


断食(ファスティング)に中に酵素を取り入れましょう。



栄養不足にならないので飢餓状態にもならず、効果的です。


酵素は代謝を維持


断食(ファスティング)中も生命維持のために水分の摂取は必要ですが、水分摂取を水だけではなく酵素飲料にすると、代謝アップの効果があり、ドリンクだけで満腹感を得られるのです。


固形物を食べていなくても必要な栄養素が補えるので、飢餓状態を防ぐことにつながり、断食(ファスティング)の健康を守ってくれるのです。


その結果リバウンドを防いで、断食(ファスティング)の効果を高めることになるのです!酵素選びも重要になってきますが、気になる3つの酵素ドリンクをご紹介します。


優光泉


断食(ファスティング)の専門家が開発した優光泉は、厳選した地元九州産の野菜を使用しています。


こだわりの60種類の素材(野菜・海藻・穀物)を発酵させて抽出した、嬉しい完全無添加の自然飲料なので、お子様からお年寄りまで安心して飲むことができます。エキスを薄めたりしていない原液100%です。


飲みにくい印象の酵素ドリンクですが、優光泉は美味しさにもこだわり、珍しいことに2種類の味が用意されています。安心の返金保証(30日)もありますよ。


ベルタ酵素


ベルタ酵素には、ダイエット専任担当サポートがあり、食事のレシピなども一緒に考えてくれます。業界最大の165種類という圧倒的な酵素数を配合したドリンクなので、栄養バランスも安心です。


ドリンク以外にサプリメントもあり、酵素数は620種類も配合!1粒あたり150億個の乳酸菌も特別配合しています。ドリンク、サプリ共に、美容成分成分であるヒアルロン酸やプラセンタ、ザクロを配合した、美味しいピーチ味です。


ベジライフ酵素液


ベジライフ酵素液は、20名を対象にダイエット評価試験を実施し、その結果は専門誌にも掲載されました。野菜・野草・果物・海藻類など、90種類もの原料を酵素の力で長時間かけて熟成発酵させた植物発酵エキスなので、栄養もしっかり凝縮されています。


沢山の自然の恵みがつまった、フルーティーでスッキリした甘味がとっても美味しい!なのにとても低カロリーなのです。30日間の返金保証付きもありがたいですね。