この記事が気に入ったらシェアしよう!

断食中の筋トレは効果アップ?プロテインは飲んでいいの?

断食中の筋トレ効果は賛否両論!


今フィットネスブームで筋力トレーニングをする人が増えてきましたね!それを少し前に流行した断食(ファンスティング)に取り入れることで驚くほどの効果が得られるというのです!



しかし断食中の筋トレは本当に良いのでしょうか?専門家でも断食中に筋トレをするのは効果が出やすいとすすめているケースもあれば、逆に体内のエネルギーが究極に減っているため筋トレする意味がないという意見もあります。


ちゃんとした知識をもってやらないと驚くほどの効果どころか、体にとても危険ですので正しい方法で行いましょう。



断食中の筋トレがOKな理由


断食中にある程度の負荷がある筋トレOKの場合というのは、基本的に短い期間での断食に取り入れる筋トレです。1日〜2日のプチ断食に運動を取り入れるのは良いことです。



なぜなら断食中はエネルギー不足になるので、筋肉が落ちてしまい基礎代謝が低下します。基礎代謝が低下すると太りやすい体になってしまうので、筋肉を落とさないためのある程度の運動は大切です。


断食中でなくても、筋肉は何もしないと体が不必要だと感知し、どんどん落ちてしまうのです。



断食中の筋トレがNGな理由


長期間の断食を行っている場合は運動は極力軽めがおすすめです。



長期断食中は寒気、頭痛、腰痛、肩こり、微熱、ふらつきなども人によって起きるので、激しい運動やダンベルなどの負荷を用いた筋トレは危険です。止めておきましょう。



断食中の筋トレポイント


断食中の筋トレは賛否両論です。賛成派の理由は、断食中の筋トレによってブドウ糖を体内からなくし、ケトン体が主なエネルギー源となるのでダイエット効果が高くなるから。


せっかく断食をやるのならば、筋トレも取り入れてさらにダイエット効果をあげたほうがいい、ということです。



断食中筋トレの否定意見は、筋トレにはブドウ糖を使うので、断食によってブドウ糖補給ができない状態で筋トレをするのは意味がなく、さらに体に良くないのではということです。これらの賛否両論を理解した上で筋トレを行う場合のポイントを紹介しましょう。


激しいトレーニングは避ける


負荷が大きい筋トレは避けましょう。エネルギーが入ってこない断食中に激しい筋トレは体に大きな負担がかかります。有酸素運動は脂肪を燃焼させるうえ体の負荷が軽いので、有酸素運動のウォーキングや5km位の短距離ジョギングなどは断食中の運動としておすすめです。


毎日は筋トレしない


毎日の筋トレは断食中の体には負担がかかり過ぎます。また、ダンベルなどを使う大きな負荷はブドウ糖が体内に入ってこないので不向きです。腕立て伏せや腹筋など自分の体の重みを負荷にする自負トレーニングを1日おき位に少しづつ行うと良いでしょう。



プロテイン断食で筋トレの効果をアップさせよう!


プロテイン断食は断食中にプロテインを摂るダイエット方法の一つです。空腹感に慣れるといった意味でも、いきなり何も摂らない断食よりも朝食と夕食代わりにプロテインを摂る方が段々と体内に断食状態を導いていくので体に優しいですね。



また断食によってタンパク質が入ってこないと筋肉がどんどん落ちてしまうのでプロテインからタンパク質を摂るの方法は筋肉維持にもなります。


プロテイン断食のメリット①低カロリー


プロテイン断食のメリットは何といっても低カロリーなことです。せっかくの断食中に高カロリーなものは摂りたくないですよね。腹持ちもよく、味にもバリエーションがあるので美味しくいただけます。


プロテイン断食のメリット②体重減少が早い


断食を始めると体脂肪はすぐには落ちませんが体重はすぐに減ります。体重がすぐに落ちるのは体内の水分、胃腸の内容、糖質が減少するためです。


プロテイン断食の場合でも同じく体重はすぐに減りますが、プロテインを摂ることによってお腹が空っぽ状態ではないため、究極に辛い空腹感というわけではないのに体重はすぐに減った!というお得感が感じられるわけです。


プロテイン断食のメリット③タンパク質が摂れる


一般的な断食は肉や魚といったタンパク質を含む食品を摂ることはNGです。筋肉にはタンパク質が必要なため、断食により体脂肪も減りますが筋肉も著しく減少します。体脂肪と同時に筋肉が減少すると体のラインがたるんできたりハリがなくなります。


ダイエットしても病気で痩せたような体にはなりたくないですよね。体の内外ともキレイな体を作るのにプロテインからタンパク質を摂ることが必要です。さらにタンパク質を摂ると体温が上がりやすいので、断食による体温低下を抑えることができます。


プロテイン断食のデメリット・栄養が偏る


プロテイン断食のデメリットは、栄養が偏るということです。運動前や筋トレ前にプロテインを摂るなどして、タンパク質を上手に断食に摂り入れましょう。


プロテインの飲み方に注意!


プロテインを摂る時は飲み方に気をつけましょう。牛乳ではなく水で溶かす事!牛乳は断食で空っぽの胃腸に刺激が強いので向いていません。またプロテインを飲みすぎると脂肪を蓄える体へと働いてしまうので飲み過ぎには注意しましょう。


健康的なダイエットをするためにプロテインを摂り入れた断食で、適度な運動や筋トレを行い、キレイな体作りを成功させましょう!


この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする