ファイトケミカルの抗酸化作用がすごい!効果&摂取方法を解説 |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ファイトケミカルの抗酸化作用がすごい!効果&摂取方法を解説

植物が作り出す第7の栄養素ファイトケミカル!注目の効果とは?


健康のために野菜を積極的に摂っている方が増えてきています。野菜には食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富で美容と健康には欠かせない食品。そんな野菜には他にも注目の成分がたくさん含まれているんです!



近年注目を浴びているのが、野菜の色素やアクに含まれるファイトケミカルと呼ばれる成分です。免疫力アップやアンチエイジングに効果が高いとされるファイトケミカルについてまとめてみました。


血液サラサラ


ファイトケミカルのうち、香味野菜に含まれる辛み成分・香り成分は血液をサラサラにする効果があります。血中コレステロールや中性脂肪を下げるだけでなく、血液がサラサラになることで血液の循環が良くなるのでむくみも解消します。


血液サラサラ効果が高い野菜はたまねぎ・セロリ・春菊など香りの強い野菜やキノコ・大豆などが挙げられます。


動脈硬化予防


血液がサラサラになると血管に老廃物が溜まりにくくなるので、血管が固くなったり詰まったりする動脈硬化の予防にもなります。


血管に溜まった老廃物を排出する役割のあるシソや、食物繊維豊富で糖質や脂質の吸収を穏やかにするゴボウなども併せて摂取するとより効果的です。


デトックス


便秘がちだったりむくみがちだったりする人は体の老廃物が上手く排出されず、内臓やお肌に負担がかかっています。体の内側・外側ともに老化を防ぐためには、毒素や老廃物のデトックスが欠かせません。


ファイトケミカルはデトックス効果も抜群。セロリやクレソンなどの香味野菜は体内の一酸化炭素を除去する働きがあり、リンゴやキャベツなどの水溶性食物繊維が豊富な野菜は胃腸の働きをアップさせ、体のめぐりを良くしてくれます。


アンチエイジング


ファイトケミカルは女性にも嬉しいアンチエイジング効果が抜群。デトックス効果や血液サラサラ効果で内臓の機能がアップし、お肌の調子が良くなるだけでなく、シミ・シワの原因となる活性酸素を除去する働きがあるので老化を遅らせる事ができます。


活性酸素を除去する働きがある野菜はトマト・ブルーベリーなどの色素が濃い野菜です。トマトのリコピンやブルーベリーのアントシアニンは抗酸化作用と呼ばれるアンチエイジング成分として有名ですね。



ファイトケミカルの栄養素はポリフェノールやアントシアニン!その効果とは?


そんなファイトケミカルにはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。



代表的な成分と体内での働きを見ていきましょう。


ポリフェノール


ファイトケミカルのアンチエイジング成分のほとんどは抗酸化作用のあるポリフェノールです。ぶどうや赤ワイン、チョコレートなどに豊富に含まれる事で有名ですね。代表的なポリフェノールは以下の通りです。


代表的なポリフェノールと主な働き

  • アントシアニン(ブルーベリー・黒大豆など):肝機能向上、眼精疲労回復
  • カテキン(ぶどう・緑茶など):抗菌作用、高血圧予防
  • タンニン(赤ワイン・柿など):抗菌作用、殺菌作用
  • イソフラボン(大豆製品):血糖値上昇抑制、女性ホルモンと似た働きをもつ

他にも様々なポリフェノールが自然界に存在していますが、共通して抗酸化作用を持ち、疲れた時や代謝で生じた活性酸素を除去してくれる役割があります。


クロロフィル


もうひとつ注目のファイトケミカルが、ほうれん草やモロヘイヤなどの緑が濃い野菜に含まれるクロロフィルです。青汁でも注目されている成分で、高いデトックス効果と生活習慣病予防が期待できる成分です。


健胃作用や胃腸内の殺菌作用がある。毒性の強いものに特異的に吸着する性質があり、食物繊維の数千分の一の小ささのため、食物繊維では入れない小腸の谷間へ入り、小腸にたまっているダイオキシンなどの環境ホルモン、有害金属などに吸着し、排出する効果がある。

http://www.azabu-iin.com/expedia/75631.html


ファイトケミカルは強い抗酸化作用で活性酸素を無害化!ガン予防効果も!


ファイトケミカルは美容と健康に良い効果がたくさんあるとご紹介しましたが、注目されるようになったきっかけは「ガンが予防できる」という素晴らしい効果なんです!



いつまでも健康でいるためにもファイトケミカルを積極的に摂りたいですね。


強力な抗酸化作用


植物にとって、ファイトケミカルは”紫外線を浴びたときに発生する活性酸素を中和する作用”、”種を酸化から守る抗酸化作用”、あるいは”害虫から身を守る抗菌作用”など、いずれも植物が生きてゆく為に欠かせない作用を持っています。

http://www.azabu-iin.com/phyto/index.html

疲れや代謝によって生じる活性酸素は、私たちの細胞を酸化(老化)させるだけでなく、DNAを破壊して細胞を正常に分裂させられなくする事があります。異常に分裂して増殖したものの一つがガン。予防するためには活性酸素をなるべく除去することが大切です。


ファイトケミカルにはポリフェノールを始めとする抗酸化成分が豊富に含まれているので、ガン予防にはもってこい。ガン細胞が生まれるリスクを軽減してくれます。


免疫力アップ!


ファイトケミカルの中にはキャベツや大根に含まれるイソチオシアネートやバナナの香り成分であるオイゲノールなど、免疫細胞を増やしたり活性化させる栄養素があります。


体内の免疫力が高まると、たとえガン細胞やウイルスが体に侵入したとしても初期の段階で自分で撃退できますね。またガン予防だけでなく、アレルギー体質の人の症状を抑えたり、季節の変わり目などで風邪を引きにくくしたりする効果も期待できます。



ファイトケミカルはスープで効果的に摂取!ダイエットやアンチエイジングにおススメの食べ方を紹介!


ファイトケミカルは野菜全般に含まれる成分ですが、調理方法によってはせっかくのファイトケミカルが逃げてしまうので注意が必要です。



ファイトケミカルを余すことなく摂って、イキイキとした毎日を送りましょう!


スープで汁ごと!



ビタミン・ミネラルと同じようにファイトケミカルは水に溶けやすい性質を持ちます。そのため、野菜を洗う時は細かく切る前、さらに調理では茹でたスープを捨てないようにするのがベスト。


気になるかもしれませんが、ファイトケミカルが豊富に含まれるアクは取り除かないようにしましょう。


茹でるより蒸す


おひたしや温野菜にする場合も同様に、なるべく煮汁を捨てないように調理するよう心がけましょう。スチーマーや蒸し器を使ってふっくら温めてあげるとファイトケミカルが逃げないのでオススメです。また、ジャガイモやニンジンなどはなるべく皮ごと蒸しましょう


野菜ジュース


ファイトケミカルの中には加熱処理しても質が変わらないものがあります。もしも野菜不足を感じているなら青汁や野菜ジュースでファイトケミカルを補っても良いでしょう。無糖・無塩の野菜ジュースなら血糖値も上がりにくいのでオススメです。