食事制限するだけでは痩せないのはなぜ?効果がでやすいダイエット法をご紹介 |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

食事制限するだけでは痩せないのはなぜ?効果がでやすいダイエット法をご紹介

食事制限ダイエットしているのに痩せない理由


ダイエットの基本と言えば、食事の量を減らしたり間食を控えたりする食事制限が王道ですよね。でも「ガマンしているのにちっとも痩せない!」「痩せてほしい部分は全然痩せない」などの悩みを抱える人も多いのではないでしょうか?



正しい食事制限の方法と、多くの方が陥りがちな食事制限の落とし穴について、紹介していきます。


摂取カロリーと消費カロリーを正しく把握できていない


食事制限で思うような結果が出ない方に多いのが「まだ食べ過ぎている」という状態。私たちは食事から摂る摂取カロリーよりも、基礎代謝や日常生活で消費する消費カロリーのほうが少ないとエネルギー過剰で太っていきます。


摂取カロリーを少なく見積もっているか、自分の消費カロリーを正しく把握できていない、つまり食事制限をした”つもり”になっているだけかもしれません。


基礎代謝が低下し痩せにくい体になっている


安静の状態でも体が消費するエネルギー量のことを基礎代謝と言います。基礎代謝は年齢を重ねたり、筋肉量が減ったりすると比例して減少していきます。間違ったダイエットを繰り返すことで基礎代謝量が減少してしまっている人も多いです。


デスクワーク中心の方で、基礎代謝が消費カロリーに占める割合は60%程度だと言われているので、基礎代謝が低下している人はそのぶん摂取カロリーを減らさないとエネルギー過多になってしまいます。


油分や炭水化物を一切取らないなど偏った食事制限になっている


カロリーを気にして、1品ダイエットや野菜ばかり食べている人も食事制限の効果が思うように出ないことがあります。食事制限で極端に偏った食生活をしていると、エネルギーを消費する燃料不足でかえって脂肪が燃えなくなってしまいます。


身体の基礎代謝を維持するためにも、油分や炭水化物は最低限摂取するように心がけましょう。



お腹ぽっこりで痩せないのは食事制限で便秘に


食事制限を始めたら「お通じが3日に1回になってしまった」「ガスが溜まってお腹がぽっこりする」「冷えやむくみが酷くなった」という悩みが出てくる方も少なくありません。



間違った食事制限や極端な食事制限は、かえってダイエットに悪いことがあります。


極端な食事制限が体を省エネモードに


食事制限で便秘になる方は、食事量が減って便のかさが減っているだけでなく、身体がエネルギー消費を抑えようと省エネモードになってしまっている可能性があります。内臓機能全般、肝臓の代謝機能や胃腸の消化機能がぐっと落ちてしまうので、便秘になってしまうのです。


栄養バランスが悪く食物繊維や良質な油が少ない


便がスムーズに腸内を移動するための「油分」、便のかさを増やすための「食物繊維」も食事制限によって不足しやすくなります。特に食物繊維は、便のかさを増す不溶性食物繊維と便の水分量を増やす水溶性食物繊維の2種類をバランスよく摂らなくてはいけません。


水分がしっかり吸収されず腸がむくみ便秘に


また、代謝が落ちることで身体の巡りも悪くなってしまいます。消費エネルギーが減るだけでなく、血液や水分も滞ってしまい、むくみや冷えの原因となります。


むくみや冷えは見た目に表れるだけでなく、内臓でも起こります。胃腸がむくむことによって便秘の原因になったり、肝臓や腎臓などデトックスに関わる臓器がむくむと肌トラブルが起きたり疲れやすくなったりします。



食事制限でも痩せない体を自宅ジムの筋トレで改善


食事制限では筋肉が減りやすく、基礎代謝が低下する原因になってしまいます。



それを防ぐためには、適度なタンパク質を取って運動することが一番!続いては手軽にできるトレーニングをご紹介します。


インナーマッスルを鍛え代謝を上げることで痩せやすい体に


筋トレというと、太い腕や割れた腹筋を想像しがちですが、基礎代謝を上げるには私たちの内部筋肉(インナーマッスル)を鍛えることが近道になります。


インナーマッスルとは、筋トレして鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にある小さい筋肉。実は、インナーマッスルを鍛えることで、メタボも隠れ肥満も無縁のボディになれるのです

https://ameblo.jp/brillare-kurume/entry-12285709104.html

インナーマッスルは私たちの体全体に存在していて、体のバランスを取ったりキレイな姿勢を保ってくれています。鍛えておくと、日常生活を送るだけでどんどんエネルギーを消費してくれるので、普段から意識して鍛えたいですね。


スクワットが代謝を上げるには有効


インナーマッスルを鍛えるのに最適な動作は「スクワット」です。太ももの筋肉を鍛えるイメージのスクワットですが、きちんと行うと全身の筋肉を刺激することができます。


まずはスタートの姿勢です。足はお尻がすっぽり入る幅に開き、つま先は少し外側に向けて立ちます。お尻に力を入れ、ひざはつま先と同じ方向に向けて軽く曲げます。胸を張って肩が耳の下にくるように上体を保ち、目線は正面の遠くを見ます。

息を吸いながら、椅子に座るイメージでお尻を後ろに引き、ひざを曲げます。ひざの角度は90°を目安に曲げていき、息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻ります。このとき、腰を反らしたり、丸めたりせずに自然なアーチをキープしましょう。息を止めないことも大切です。

お尻を引く際は、ひざが前に出すぎたり、上体が前傾姿勢になったりしないよう気をつけてください。回数は1日おきに10回×3セットが目標です。

https://www.konami.com/sportsclub/method/fitness/futomomo.html

スクワットを行う際は全身の筋肉に意識を張り巡らせましょう。特に、腹式呼吸を行いながらお腹に力を入れるのが大切。正しくできていれば背中や腕まで刺激が伝わってきますよ。


正しい姿勢で腸腰筋を鍛え、座っている時もドローインなどで


日常生活で背筋をしっかり伸ばした正しい姿勢を心がけるのもインナーマッスルには効果的です。座る時も、歩く時も「骨盤を立てる」イメージを持つと腰回りの筋肉が鍛えられます。


また、日中座った姿勢が多い方はお腹と背中をくっつけるように凹ませるドローインというトレーニングが手軽に行えます。しっかり息を吸いながらお腹をへこませるので、呼吸が浅くなりがちな方にもおすすめです。



正しい食事制限と運動で痩せない体を変える


いかがでしたか?食事制限だけではかえって痩せにくい身体になってしまうリスクがあるので、適度に栄養を摂る事と運動で筋肉量を維持することが大切です。



すでに代謝が落ちてきている方にも有効なので、食事制限と同時に基礎代謝も見直してみましょう!