この記事が気に入ったらシェアしよう!

プラセンタは黒ずみやたるみにも効果あり?部位や悩み別に解説

プラセンタで気になる黒ずみ・たるみを撃退!


年齢とともに増える悩みの一つに、「黒ずみ」「たるみ」があります。顔だけでなく、脇、股、デリケートゾーンなど身体の様々な場所にできるので悩まされている女性は多いです。身体全体の黒ずみやたるみは、プラセンタを使用することで改善する可能性があるのです。


黒ずみは、強い紫外線や摩擦などの刺激を受けることで皮膚にあるメラノサイトが刺激されて出来ます。メラノサイトが活性化するとメラニン色素が生成されてしまい、これが解消されずに蓄積されると色素沈着が起こり黒ずみができてしまいます。


ですから、紫外線を浴びやすい顔や、擦れやすい脇、下着の摩擦が起こりやすい股やデリケートゾーンに黒ずみが多いのです。肌のターンオーバーのサイクルが早ければ、メラニン色素ができても肌の外に排出できるので黒ずみを防ぐことができます。


プラセンタには肌のターンオーバーを正常にする効能があるので色素沈着が起こった黒ずみを皮膚から排出してくれるので、改善に役立つのです。


また、たるみも紫外線の影響や、加齢が原因でコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン、などの肌のハリを保つ成分がが減少してしまうことで皮膚の真皮層が緩んで水分を保持できなくなり、肌表面がどんどん下方へと下がることで起こります。


これを防ぐには、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン、などの肌のハリを保つ成分を補ってあげることが重要ですね。


プラセンタは、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン、などの美肌に欠かせない成分を作っている真皮にある「線維芽細胞」の働きを活性化させる効果があるので、肌のハリが正常に戻り、たるみの改善につながるというわけです。



黒ずみ・たるみの原因はターンオーバーの乱れ?プラセンタが効果的?


黒ずみやたるみは、肌のターンオーバーの乱れや、コラーゲンやヒアルロン酸不足などが原因です。新陳代謝やコラーゲンなどは年齢とともに減少していくので対策をしなければ誰にでも黒ずみ肌・たるみ肌になる可能性はあります。


黒ずみやたるみがひどくなってから対策するのではなく、まだ気になり始めの症状が薄いうちから対策をしておく方が改善しやすいので、悩みを早く解消するためには大切なポイントです。


年齢とともに長くなる周期


肌のターンオーバーの周期は年齢とともに長くなる傾向があります。周期が早ければメラノサイトが活性化してメラニン色素が増えてしまっても古い細胞や老廃物と一緒に表皮細胞に運ばれて体外に排出されます。


しかし肌のターンオーバーの周期が長くなるとメラニン色素の排出が滞ってしまい、色素沈着してなかなか消えないシミや黒ずみができてしまうのです。


そこでプラセンタを表皮の基底層に浸透しさせると、ターンオーバーが正常なサイクルに整って色素の排出を促すので、色素沈着してしまった黒ずみが早く抜くという効果があります。


プラセンタでコラーゲン生成


紫外線を長年浴び続けることや、加齢の影響で、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの肌のハリを保つ成分が破壊されてしまい、ハリが失われた肌はたるむようになります。


真皮は表皮の下にある部分で、肌のハリ・弾力を保持する働きがあるたるみ改善には重要な場所です。ここには、線維芽細胞と、繊維芽細胞から生成されたコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン、が存在しています。


加齢とともに線維芽細胞は減少してしまうので、コラーゲンなどを生成する働きが弱まってしまい、たるみの症状が引き起こされるのです。


プラセンタを摂ると、線維芽細胞を増やす効果があるので繊維芽細胞が増えることによってヒアルロン酸やコラーゲンが生成されて、肌のハリを取り戻し、たるみを改善してくれます。



肌の黒ずみ・毛穴のたるみの悩みはプラセンタで改善!


白くてハリのある透き通るような透明肌が女性の憧れですが、年齢とともに気になる肌の黒ずみやたるみに悩む人は多いです。黒ずみやたるみがあるだけで一気に老けた印象に見えてしまいますから、実年齢よりも上に見られることもあるのです。


そんな肌の黒ずみや毛穴のたるみにはプラセンタが有効です。なぜ毛穴のたるみが起こってしまうのかと、それを防ぐためにプラセンタがいい理由を見ていきましょう。


毛穴のたるみで老け顔に!


たるみの原因はすでに学習しましたので、軽く復習をしておきましょう。肌の真皮層には、保水効果のあるヒアルロン酸とヒアルロン酸を支えるエラスチン、コラーゲンが繊維状に存在してハリや潤いを保っています。


このヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが減少することが原因でたるみが生じるというわけです。毛穴が開いて近くで見るとブツブツしているようなたるみ毛穴になってしまうと、見た目の若々しさがなくなり老け顔に見えてしまいます。


毛穴のしまったツルっとした赤ちゃんのような卵肌が理想ですので、たるみ毛穴はコラーゲンで予防、改善しましょう。




メラニン色素?色素沈着?黒ずみとたるみにプラセンタ効果を

紫外線

黒ずみの原因は紫外線でメラニン色素が増えること、摩擦・強い刺激などで色素沈着が起こることということはわかりましたね。しかし、黒ずみが起こる原因の刺激や摩擦とは具体的にどのような行為によるものでしょうか。


それは、洗いすぎや下着との摩擦、ムダ毛処理の刺激、アイメイクの汚れ、などが具体的な原因です。毎日の生活の中で意識していないと自分では気付かぬうちに、自分で黒ずみの原因を作っていたということも多いのです。


ここからは、黒ずみの具体的な原因を知った上で、それぞれの対策としてプランセンタがどのように黒ずみに効くのかを探っていきましょう。


紫外線の浴びすぎ


原因の1つ目は「紫外線の浴びすぎ」です。紫外線の浴びすぎについては、ここまでも何回か解説した通り、紫外線を浴びるとメラニン色素が増えるので黒ずみができてしまうというわけですね。


紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が活性化してメラニン色素ができるのですが、これは肌が紫外線という強い刺激を感じたことで肌を守るために起こる防御反応としてメラニン色素の沈着という症状があらわれるのです。


紫外線の浴びすぎは肌に大きなダメージを与えることになるので、黒ずみだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸も破壊されてたるみも引き起こします。


プラセンタは、肌の新陳代謝を正常にする効果があるので、ターンオーバーのサイクルの遅れを取り戻して、紫外線の浴びすぎによって増えたメラニン色素の排出を促します。


メラニン色素が含まれている古い細胞を体外に押し出して、そこに新しい細胞を作り出し黒ずみやたるみのない肌に導きます。


蓄積されていたメラニン色素を一回で落とすのは不可能なので、即効性があるわけではありませんが、使い続けているうちに徐々に黒ずみが薄くなるのを実感できるようになります。


洗いすぎや下着との摩擦


「洗いすぎや下着との摩擦」は皮膚に刺激が加わりダメージになるので色素沈着が起きて黒ずみの原因になります。例えば、肌を洗う時は強くゴシゴシこするのではなく、優しく泡せ洗うのが良いと一般的に言われていますが、これは肌が他の皮膚に比べて刺激に弱いからです。


摩擦が起こることで肌に炎症ができ、綺麗に洗ったつもりが逆に肌トラブルを起こしてしまいます。顔の皮膚と同様に、黒ずみが起きやすいデリケートゾーンや陰部なども皮膚が薄く刺激に弱いのです。


皮膚がダメージを受けやすい場所なのに、毎日の下着の摩擦や洗いすぎが重なると、肌を刺激から守ろうと身体が反応して色素沈着が起き、黒ずんでしまうのです。プラセンタは肌のターンオーバーのサイクルを早めて色素沈着してしまった肌の黒ずみを薄くする効果があります。


プラセンタの効果で薄くはなりますが、毎日それ以上の刺激が加わってしまうとなかなか治りにくいので、プラセンタと合わせて黒ずみが起こりやすい場所は特に、色素沈着しないよう普段の生活から気をつけると早く治ります。


洗いすぎをやめて優しく洗う、下着は肌に良い天然素材の下着を使うようにして化学繊維でできている下着はつけないようにする、などちょっとした工夫だけでも肌の刺激は減らせます。


ピタっとした密着タイプのジーンズは股や陰部の辺りにも刺激が加わり擦れるので着用を控えてゆったりとしたズボンをはけば摩擦刺激を減らせるので普段の生活から工夫してみて下さい。


ムダ毛処理の刺激


意外に思う人も多い「ムダ毛処理の刺激」も、メラニン色素の沈着と大きく完成しています。


ムダ毛処理は女性の身だしなみマナーとも言われているので、毛抜き、カミソリ、電動シェーバー、などで自己処理をしますが、その際に肌にかかる負担はとても大きく、ダメージ肌を守ろうと皮膚が反応してメラニン色素が沈着し、黒ずみができるという可能性が高くなります。


プラセンタで、黒ずみ肌の新陳代謝を上げて徐々に黒ずみを薄くしていき、並行して自己処理の方法も見直すことが早く黒ずみを治すポイントです。


自己処理の際に、乾いた肌にそのままカミソリをあてるのではなく、クリームを塗って肌に直接刃が当たるのを防いで滑りを良くしたり、処理の後に化粧水や乳液で肌を潤したりするだけでもかなり変わってきます。


処理後にプラセンタを含んだクリームを塗ってあげることでダメージを受けた肌に直接浸透し、回復を早めるのでおすすめです。


アイメイクの汚れ


メイク落としをしないまま眠ってしまったり、メイク落としシートで軽く拭き取っただけでメイクが落としきれていなかったりすることで目まわりが汚れると、まぶたの黒ずみの原因になります。そして、皮脂とメイクが落とされない状態が続くと、目元のたるみも起こります。


アイメイクの汚れでまぶたが色素沈着を起こして黒ずみになると、疲れて見えるようになりますし、目元が黒ずむことで暗い印象に見えて見た目の印象も悪くなってしまいます。


アイメイクの汚れが残ったままでまぶたの黒ずみを起こしている状態で、さらに毎日アイメイクをするので、まぶたの黒ずみがどんどん悪化します。


マスカラやアイラインなどの目元メイクには金属成分や色素が含まれていて、これが目元にどんどん蓄積して染みついてしまうので、アイメイクの汚れは必ずきちんと落としてあげることが大切です。


金属は、ラメやパールのアイシャドウに多く含まれているので、キラキラメイクが好きな人はさっとメイクを落としただけではクレンジングで落としきれていないことも多く、それが原因でメイクを落としているつもりでもまぶたの黒ずみができてしまうので注意が必要です。


プラセンタで目元の黒ずんでしまった皮膚を外に押し出して排出しながら、日々のメイクもきちんと落とすようにすることで黒ずみを消すことができます。


まぶたの肌は卵の薄皮程度しかないのでメイク落としの時にまぶたをごしごしこすって落としてしまうと強い刺激が加わって逆に色素細胞を活発化させてメラニン色素が増えるので優しく時間をかけて落とすようにしてください。


また、アイメイクの汚れが溜まるとコラーゲン、ヒアルロン酸をつくる真皮の細胞活動が低下するので、たるみ肌にもなるので、プラセンタでしっかり黒ずみ、たるみケアをしましょう。



股と脇の黒ずみ・たるみにプラセンタ効果を!


股と脇も加齢とともに、黒ずみ、たるみが気になる場所です。脇は皮膚が薄いので、脱毛や日々擦れることが原因ですし、股も下着擦れやキツめのズボンなどで擦れやすいことが原因です。


擦れた場所はメラニン色素ができて黒ずみが起こり、刺激によってダメージを受けてコラーゲンやヒアルロン酸なども破壊され減少してたるみが起こります。


股と脇の黒ずみ、たるみにはプラセンタクリームで皮膚に直接塗って対策をしましょう。黒ずみ、たるみに効果的な成分のクリームの選び方を紹介します。


股の悩みには


股部分は下着擦れが起こりやすいので、それによってメラニンが皮膚に溜まって黒ずみが目立ってきてしまいます。股の黒ずみには美白効果のあるプラセンタクリームで黒さの改善に効果があります。


即効性なく時間はかかりますが、デリケートゾーンや股専用のプラセンタの美白クリームがあるので、数ヶ月間塗り続けると、メラニン沈着した部分の黒ずみが、プラセンタの肌のターンオーバーを正常にする効果で剥がれ落ち、黒ずみが薄くなりきれいな状態に戻ってきます。


プラセンタクリームで美白に注目した商品がいい理由は、美白成分がメラニン沈着を抑える効果があるからです。プラセンタの美白成分は厚生労働省が指定した医薬部外品に入っているので、高い効果が期待できます。


また、肌あれを防ぎ肌を整える「グリチルリチン酸」が入っているものを選べば、黒ずみ肌を整えて綺麗にしてくれます。


それから、保湿成分が含まれているものを選べば、肌の潤いを戻してたるみ改善にもなるので、黒ずみ、たるみを治したければ保湿成分が含まれているかも注目して選んでください。


脇の悩みには


脇は皮膚が薄くデリケートな上に、服擦れを起こしたり、脱毛の影響、蒸れ、歩くだけでも摩擦刺激を受けるので黒ずんでしまいます。夏になるとワキが見える服装を着る機会も増えるので、黒ずんだ脇は悩みの種ですよね。


脇が黒ずむ原因の多くはメラニン色素が沈着してしまうことと、毛穴などの汚れが詰まることで黒ずむことです。


また、常に刺激を受けているので強い刺激が肌に加わりコラーゲンなども減少してたるみも起こってしわしわの脇になてしまうこともありますから、脇のケアもしっかり行いたいですね。


脇におすすめのプラセンタクリームは、股同様に、肌の新陳代謝を正常化して古い角質を剥がし、新しい細胞に生まれ変わるので美白へと促す効果のあるものがおすすめです。


直ぐに取り除く効果はありませんが、使い続けていくうちに徐々に黒ずみが薄くなっていくのを実感できます。


また、脇は皮脂分泌も多く蒸れたり脱毛などで乾燥したりと肌の状態が安定しにくいので、しっかり保湿できるクリームを選ぶことで、肌にバリアを張ってくれるのでおすすめです。


黒ずみが気になる間はプラセンタクリームを使用するだけでなく、脱毛する頻度を減らしたり、自己処理ではなくエステで脱毛したりするように気をつけると肌に刺激を与える回数が減るのでそれだけ早く治りやすくなります。



陰部とデリケートゾーンの黒ずみ・たるみにもプラセンタ!


陰部やデリケートゾーンは黒ずみやたるみに悩んでいても、なかなか友人や親に相談しにくい部分ですし、どうやって治したらいいのかわからなくて困っていませんか。


陰部もデリケートゾーンもとても皮膚が薄いので刺激を受けてしまうと他の部分より比較的早く色素沈着を起こしてしまいます。デリケートゾーンと陰部の黒ずみにもプラセンタ配合クリームが効果があるので、どのように効くのかと使用の際の注意点を見ていきましょう。


陰部の悩みには


陰部は皮膚の角質層が薄いデリケートな部分です。下着の擦れ、ナプキンによる摩擦、脱毛の影響、などが原因で刺激を受けてしまて、黒ずみが起こりやすい部分です。


陰部の中でも「大陰唇」「小陰唇」の部分は黒ずみが発生しやすく、特に摩擦や刺激を受けやすい「小陰唇」は黒ずやすいので悩んでいる女性は多いです。


外部からの刺激の他にも加齢、ホルモンバランスの乱れ、なども影響してメラニン色素が沈着すると黒ずんでしまうので、プラセンタ配合のクリームを選ぶ際もこれらの原因をとりのぞくものを選んであげるといいですね。


まず選ぶ時に注目してほしいのが、陰部は皮膚が弱い部分なので肌に優しい低刺激のものや高品質の美白プラセンタを選ぶということです。


植物性プラセンタよりも動物性プラセンタの方が、繊維芽細胞を活性化させる成長因子が含まれているので、コラーゲンやヒアルロン酸を生成して乾燥を防ぎ潤って陰部のたるみも防いで黒ずみも治してくれるのでおすすめです。


効果はあるけれど刺激の強いものは、脇や股には影響なく使えても陰部では少ししみたり、ピリピリしたりするものもあるのであまり余計な成分が入っていない、純粋なプラセンタクリームを選ぶ方がいいです。


刺激に弱い部分であるということに注意して自分の肌にあうものを選んでください。


デリケートゾーンの悩みには


デリケートゾーンはきつめの下着や服の摩擦、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛の刺激、ホルモンバランスの変化、乾燥による刺激などで黒ずみやすい部分です。


プラセンタは陰部同様、低刺激で美白効果のあるクリームを選ぶと良いです。デリケートゾーンはその名の通り、皮膚が弱い部分なので刺激を受けやすく乾燥しがちなので、保湿効果のあるプラセンタクリームを粘膜部分以外のデリケートゾーンに塗ってしっかり保湿しましょう。


プラセンタを塗ることで保湿と同時に肌のターンオーバーのサイクルを早めて黒ずみの蓄積を防ぎます。美白効果のあるプラセンタクリームがおすすめですが、海外製のものは日本人の肌には合わずヒリヒリしてしまうことが多いので、日本製のものを試してみた方が安全です。


また、デリケートゾーンは臭いがきになるからといって強く洗いすぎる傾向がありこれでは刺激が強くて黒ずみが増すので気にしていなかったという場合は意識して優しく洗いましょう。