この記事が気に入ったらシェアしよう!

生姜紅茶ダイエットの効果とは?効果的なやり方と作り方解説!

「痩せた!」口コミ多数の生姜紅茶ダイエットとは?


生姜紅茶ダイエットとは…すりおろした生姜を紅茶の中にいれて1日2~6杯飲むだけのダイエット法です。



それだけで?と思うかもしれませんが、この生姜紅茶を飲んで痩せた!という口コミも多く、作り方もやり方も簡単なので今人気なんです。そんな、生姜紅茶ダイエットにどんないいことがあるのか気になりますよね。



生姜紅茶ダイエットで得られる効果は?


肥満の原因が「低体温」にある場合が多く、血行が悪いと代謝も悪く、不要なものがなかなか外に出すことができずため込んでしまい太りやすい体質になっている可能性があります。



体温が1℃低いと代謝が12%も落ちてしまうと言われてるように、体温が低いと代謝が落ちダイエットを始めても思うように痩せないんです!


基本は体温を上げて冷えを改善する事


冷え性の人に何故いい働きをしてくれるのかというと…生姜を食べた時体がポカポカしますよね。それは、辛みのもとになるジンゲロールと生姜の匂いのもとになるガラノラクトンが含まれているからです。この二つの成分が体内にはいり吸収されることで、血管にこれらの成分が浸透していきます。更に、血管を広げてくれる効果があり、血管が広がることで沢山の血液が身体中に巡るため体の冷えを改善してくれます。また、生姜は保温効果が高く、一度飲むと3時間ほどは効果が持続します。


生姜にはジンゲロール、ショウガオールという辛味成分が多く含まれています。この成分による効果としては、血行促進が期待できます。血液の循環が良くなると、身体の末端にまで血液が届き体温が上がります。すると胃腸が活性化され、消化機能の働きが活発になります。それにより便秘を改善させて便通を良くしたり、胆汁の排泄を促進させコレステロール値を下げます。また、体温が上がれば脂肪を燃焼しやすくなると言えます。さらにジンゲロールは、「フィトケミカル」という、強力な抗酸化物質の一種でもあります。抗酸化物質は、身体のサビつきを抑えてくれます。肥満と並んで、“身体のサビつき”も老化の原因となります。つまり生姜はダイエットだけでなく、エイジングケアにもとても良いのです。しかしダイエットやエイジングケアというよりは、生姜で代謝を上げることで冷えを防いだりするという目的で摂取する場合もたくさんあります。また生姜をとり入れる方法として、料理に加えるだけでなく、お茶などのドリンクとしてとり入れる方法も主流になってきました。

参照元:http://sp.skincare-univ.com/article/006026/

生姜で血行促進・代謝をアップ!


生姜にはショウガオールという血行を促進し、代謝を上げる働きがある成分があるのと、もうひとつジンゲロンという成分も血行を促進する働きがあります。この二つの成分のおかげで、代謝がよくなって脂肪の燃焼効率も上がるので、痩せやすい体質になれるんです。


そして生姜の辛味成分ジンゲロールには血行促進発汗効果利尿作用があり、ダイエットの時にこの成分がとても重要になってきます。


利尿作用で水太りを改善


ジンゲロールには利尿作用がある事も伝えましたが、水太り解消にも一役買ってくれます!肥満にはリンゴ型(固太り)と洋梨型(下半身太り)と二つの型があります。


現代人には圧倒的に洋梨型=下半身太りの人が多く、その中でも水太りで肥満になっているので、この生姜紅茶の利尿作用により、1日のおしっこの回数が増えて体の中の余分な水分を排出される事で、痩せる事ができます!


紅茶は脂肪の吸収を抑え燃焼させる!


紅茶にもとっても良い効果があります。紅茶は茶葉を発酵させた食品でテアフラビンという成分が含まれていて代謝を高めて、抗酸化作用脂肪吸収の抑制身体を温める効果があります。


更に紅茶の持つポリフェノールやカフェインの効果が重なることで、よりダイエット効果が高まるんです。カフェインには脂肪を燃焼する働きがあり、一方のポリフェノールには脂肪の吸収を抑える働きがあるので、生姜と合わせて飲むと、よりダイエットに効果的という事です!


毎日飲むだけで、脂肪吸収の抑制・燃焼をしてくれるなんて、有難いですよね。



生姜紅茶ダイエットの効果的なやり方は?


生姜紅茶ダイエット、やるからにはやり方をしっかり知ってやれた方が良いですよね。



どう飲めばいいのか、決まりがあるのか、適当に飲んでいいのか、一度に一気に飲めばいいのか、効果的な飲み方があるのか。この生姜紅茶の効果をよりあげる飲み方があるんです。


まずは朝に一杯!体を温め代謝をあげる


朝飲むことで代謝を上げて一日を元気にに過ごすことができます!特に秋から冬にかけては冷えも酷くなるので、生姜紅茶を一杯飲めば、通勤や通学時にいつもより体もあったまり脂肪も燃えてくれるので一石二鳥です。


靴下を何枚も重ねばきしたり、中着を足したりしなくても、体の中から温まっているので、洗濯物も減ります。


入浴前に飲めば発汗作用でデトックス!


もうひとつ効果をあげる時間は、夜入浴前です!入浴中は、体温が高くなり代謝が良くなるので、水分や老廃物の排泄や脂肪の燃焼効果が促進されるんです。なので、入浴前に生姜紅茶を飲んで代謝を上げる事でより良い効果があります。


後は好きな時間にわけて飲むべし


このダイエットのいいところ…それは、朝と入浴前に飲むことを守れば、後は自由に飲んで良いという事です!ダイエットの難しいところは、守らなくちゃいけない事が多い事ですよね。


こうしなきゃとかああしなきゃとかやる事が多いと挫けやすくもなりますが、生姜紅茶は守らなきゃいけないのは朝と入浴の2点だけなので、ずぼらさんや時間のない方でも無理なく続ける事ができます。


例えば、仕事中や学校での水分補給に水筒やタンブラーに入れて飲んだり、休憩中や昼食時に飲んだりと自分の好きな時間飲みたい時に飲める気軽さが良いですよね。後は、運動前に飲むとエネルギー消費もしてくれますが、筋肉痛緩和もしてくれるので、おすすめです。



生姜紅茶ダイエットはこれだけでOK!生姜紅茶の作り方



1:紅茶を作る(葉から作っても市販のティーパックを使ってもOK)

お湯を沸かして紅茶を淹れます。濃さは、自分の好みで良いです。市販のティーパックを使って作っても大丈夫です。


2:すりおろし生姜またはチューブの生姜をティースプーン1~2杯入れる

使用量の目安は、チューブ状のしょうがの場合はティーカップ1杯に対して2cmくらい。粉末状の場合は小さじ半分~一杯くらいをいれて混ぜます。すりおろした生姜であれば小さじ1~2杯。しょうが汁の場合はティーカップ1杯に対して3CC程度入れてください。

便秘解消効果をより高めるなら、すりおろし生姜がオススメです。


3:甘さが欲しい場合は蜂蜜・黒砂糖・甜菜糖で(白砂糖はNG)

ダイエットに甘さは禁物と考えてしまいますが、黒砂糖かはちみつであれば鉄分・ミネラル・ビタミンが含まれているので、生姜紅茶の作用をより高めてくれるます!なので、甘みを感じるくらいにいれると飽きもこなく美味しく飲めるます。

ただし、大量はダメです。黒砂糖の場合は多めに入れても太る心配はないため好みでいれてください。ですが、こちらも同じく過剰に入れないようにしてください。



生姜紅茶ダイエットの注意点は?


生姜紅茶、良いところが沢山ありますが、やっぱり注意しなければいけない点、成功するために守らなければいけない事があります。



向き不向きや正しい分量注意事項があります。ですが、難しいことではないです。


生姜を大量に入れすぎない!


生姜に含まれるジンゲロールという成分は、粘膜を強く刺激するため、1度に大量に摂取すると腹痛や下痢がおきる可能性があります。


生姜が体に合わない人は、下痢・腹痛が起きる方が多く、まずは1杯飲んでみて合う合わないを確認してください。体の水分が不足している人は合わないです。少量でもきちんと効果はありあすので、入れすぎず小さじ1〜2杯を守って飲んでください。


体温が高い人やひどい汗かきには向かない


生の生姜は急激に体温を上げる効果があります。汗を一気にかいて、それがすぐに冷えるため、身体に熱がこもりやすい人や、汗をかきにくい人向けなのがこのダイエットです。


次のような人は、生姜を控えた方が良いです。

  • 体温が38.0度以上ある
  • 体温が高めでいつもほてっている
  • 皮膚の赤みが強い
  • 汗かき
  • 皮膚の乾燥がひどい
  • 脱水症状血便がある


利尿作用があるのでトイレに行けない時は飲まない


生姜にはショウガオールやジンゲロンといった血液の流れを良くする成分が含まれています。血行が良くなると、利尿効果を高めることになります。更に、紅茶のカフェインにも利尿作用があるため、トイレに行く回数が増えます。


なので、大事な会議の前や好きな歌手のコンサートや映画等すぐにトイレに行ける状態ではない時に飲むのは控えてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする