グルテンは体に悪いって本当?脳や腸に与える影響と症状! |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

グルテンは体に悪いって本当?脳や腸に与える影響と症状!

グルテンは体に悪い?その理由とは?


最近、グルテンフリーという言葉をよく聞くようになりましたよね。



海外ではグルテンフリーの健康食品も増えてきていますが、グルテンが体に悪いというのは本当なのでしょうか?グルテンが体に良くないといわれている理由はいくつかあるのですが、まずはグルテンという成分について知っておきましょう。


グルテンとは?


グルテンは、小麦粉に含まれているタンパク質の一種です。詳しくいうと、グルテニングリアジンいうタンパク質が結びついてグルテンができます。加工食品にも使われていますが、日本ではまだグルテンの表示義務はありません。


小麦粉を使用した食品に多く含まれているグルテンですが、表示義務がないために知らないうちによく食べているなんてこともありえますよね。


食欲増進作用


小麦粉に含まれているグルテンには、食欲増進作用もあるんです。グルテンが多く含まれる食材を食べると、さらに食べ物が欲しくなるという悪循環が生まれやすいんです。


ご飯よりパンが好きで、たくさん食べてしまうという人は好みの問題かもしれませんが、ちょっと注意が必要ですね。


血糖を上昇させる


グルテンは血糖を上昇させてしまうために、食後血糖が高くなりやすいといった特徴もあります。血糖値が一気に上昇すると、インスリンがたくさん出てしまって脂肪が蓄積されやすく太りやすいんです。


血糖値が上がりやすいのは、パンに含まれている糖質だけではなかったんですね。



脳や腸にも影響を及ぼすグルテン・・・体に悪いその症状とは?


食欲増進作用や血糖値が上がりやすいといったグルテンの特徴は、体重を気にする女性にはあまり良くないものですよね。



グルテンが体に悪いといわれているのは、これらの特徴だけではありません。グルテンが脳や腸などへも悪影響を及ぼすと考えられているからです。


過敏性腸炎


グルテンをたくさん摂取すると腸の炎症を起こすことがあります。症状がひどい場合はセリアック病といわれる病気になることも。セリアック病は腹痛や下痢、便秘、ガスが溜まるといった症状を引き起こします。


グルテンに耐性がない人は、グルテンを食べることで腸が炎症を起こしてしまうこともあるんですね。


末梢神経障害


グルテンが体に合わない人は、末梢神経障害を起こす可能性もあります。グルテンが上手く分解できない人は、腸に炎症を起こしやすく脳に栄養がいきにくくなってしまいます。


発達障害や自閉症などの症状を持つ人のほとんどが、腸にトラブルを抱えているといった研究もあるほどです。


小麦中毒


グルテンがうまく分解できないと脳にアヘンを摂取したときと同じような作用が生まれ、脳内物質が正しく分泌されないということもあるんです。小麦には強い中毒性があるので、なかなか食べるのがやめられないといった性質も持っています。



パンが体に悪い?強力粉で作るパンにはグルテンが多く含まれている!


小麦粉に含まれているグルテンですが、小麦粉には薄力粉・中力粉・強力粉とたくさんの種類がありますよね。小麦粉の種類によってもグルテンが含まれている量は違うんです。



どの小麦粉にグルテンが多く含まれているのか知っておくと、グルテンの取り過ぎを防ぐことができますよね。


強力粉がカギ


小麦粉の中でも、パンによく使われている強力粉にはグルテンが豊富に含まれています。パンを作る時には、小麦粉に水を加えてよく捏ねますよね。小麦粉は水を加えてよく捏ねてしまうと、グリアジンとグルテニンが結びついてグルテンになるんです。


ふわふわのパンが危ない!


強力粉と薄力粉の違いを知っていますか?小麦粉の種類の違いは、グルテンの量に関係しているんです。強力粉はピザやパンに使われることが多い小麦粉です。強力粉はもっちりとした弾力を持たせることができるので、パンやピザ、餃子の皮にもよく使われます。


日本では強力粉を使用したふっくらモチモチのパンたくさん売られています。フランスパンなど、薄力粉を使用するパンもありますがほとんどはグルテンが多い強力粉を使っているんですね。



体に悪いグルテンを多く含む食品はこちら!


もしかしてグルテンが体に合っていないかもと思う人は、グルテンをしばらく控えて体調を観察してみるといいかも。



グルテンにアレルギーがあったとしても、すぐにアレルギーが出るわけではなく、数時間から数日後にアレルギー症状が出る人もいるんです。すぐに症状が出ないことから、グルテンが体に合っているのか合っていないのか分からない人も多いんですね。


もしグルテンを控えてみようと思ったら、どのような食品を避ければいいのでしょうか?グルテンを含んでいる食品を覚えておきましょう。


パン


強力粉や薄力粉を使用しているパンにはグルテンが含まれています。主食によくパンを食べているという人は、グルテンをたくさん食べているかもしれません。


ラーメン・うどん・焼きそば


お昼にぴったりの、麺類にもグルテンは含まれています。ラーメンや、うどん、焼きそばにパスタ、多くの麺類にグルテンが入っているんです。でも、そば粉100%のおそばにはグルテンが含まれていません。


つなぎにグルテンを使用しているそばもあるので、よくチェックしてみてください。


揚げ物全般


麺類やパンだけではなく、揚げ物にも小麦粉を使いますよね。小麦粉を素材につけたり、フライにするためにパン粉をまぶすので量はパンほどではないですが、揚げ物にもグルテンは含まれています。


外食をすると揚げ物がよく出てきますよね。グルテンを避けようと思ったら、自炊する方が成分を把握しやすくしっかりとグルテンを排除することができますね。


ビール


食べ物だけではなく、飲み物にもグルテンは含まれています。お酒が大好きな人は、ビールにもグルテンが含まれていることを覚えておきましょう。ビールの原料は大麦なので、やっぱりグルテンを含んでいるんですね。



体に悪いグルテンをフリーにするおススメ食材はこちら!


たくさんの食品にグルテンが含まれていて、どうやって食べないようにすればいいのか悩んでしまいますよね。



グルテンを避けるためには、どのような食事をとればいいのでしょうか?グルテンを避けやすい食事について考えてみましょう。


主食はお米に


朝、パンを主食にしているという人は、パンをお米に替えてみてください。アメリカの食事と比べると、日本食はグルテンが少ないんです。慣れるまではちょっと大変ですが、お米は腹持ちも良いのでおすすめです。


米粉


やっぱりどうしても朝はパンが食べたいという人や、パンが食べたくて仕方がなくなったときは、米粉を使用したパンを食べましょう。米粉は天ぷらをするときにも使えるので、小麦粉の代わりになります。


米粉を料理に取り入れると、小麦を使う機会を減らすことができるのでグルテンを避けることができますね。


大豆粉


今、健康志向の人の間で注目されているのが大豆粉です。その名の通り、大豆を粉にしたもので、グルテンフリーのパンや、ホットケーキに小麦粉の代わりに使われています。


栄養も豊富で食物繊維をたっぷり含んでいるので、グルテンを避ける目的じゃなくても利用していきたい食材です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする