この記事が気に入ったらシェアしよう!

白髪が生えるのは何歳から?年齢ごとに考えられる原因と対処法

女性・男性の白髪が生える平均年齢とは?


年齢を重ねると、どうしても出てきてしまう白髪。個人差はあるようですが、平均では男性で30代前半、女性では30代後半から生え始めると言われています。



60代になっても全く生えなかったり、中には10代や20代の頃から悩んでいる方もいたりしますが、どのような違いがあるのでしょうか。年代別の白髪対策をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。


白髪が生える年齢は遺伝で決まる?


白髪の量は遺伝子の影響が大きいと言われています。一般的には男性は母親女性は父親の髪質を受け継ぐ事が多く、父親が若いうちから白髪が生えていたら影響を受ける可能性が高いと言われています。


いったん白髪が生えたら黒髪は復活しない?

※病気やストレスなどで一時的に白髪が増えていた人が、原因を取り除いた後、黒髪に戻ったケースも多くあるので、白髪が生えていた毛穴から再び黒髪が生えてくることは、それほど珍しいことではない

加齢や遺伝による白髪は残念ながら黒髪に戻る可能性は低いと言われています。しかし、一時的なストレスで短期間で白髪が増えてしまった方は、ストレス元が取り除かれることによって黒髪に戻るケースが多いようです。



20代の白髪対策!年齢別対処法


「まだ20代なのに白髪染め・・・」と悩んでいませんか?


ダイエット中コンビニのメニュー

10代、20代の若いころから白髪が生えている場合は遺伝的要素のほかに、生活の変化等の様々な原因が考えられます。


妊娠・出産後のホルモンバランスの乱れ


まず「一気に白髪が増えた!」と言う方が多いのが妊娠・出産による体の変化。妊娠・出産では体内のホルモンバランスが大きく変化するため、黒髪の色素(メラニン)を作るメラノサイトが身体的ストレスにより働かなくなってしまうのです。


出産後数か月で改善する方が多いですが、中には育児のストレス授乳での栄養不足で白髪や薄毛が悪化してしまう方もいるそうです。


過酷なダイエットによる栄養不足


最近の若い世代で多い原因が無理なダイエットによる栄養不足。健やかな髪の毛に必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足が原因で白髪や抜け毛が増えてしまう事があります。


実は私たちの体が飢餓状態に陥った時、髪の毛は体が不要だと判断してしまい、一番最初に影響を受けてしまうのです。無理なダイエットではなく、バランスの良いダイエットを心がけましょう。


20代白髪対策は「生活習慣の見直し」がポイント


20代までの若い世代の白髪の改善ポイントは生活習慣の見直しです。遺伝だから、と諦めずにこれ以上白髪を増やさないような生活を送りましょう。食生活はもちろん、規則的な睡眠を取ったり頭皮マッサージしたりして頭皮をリラックスさせてあげましょうね。



30代の白髪対策!年齢別対処法


代謝が落ちたり、疲れが取れなくなったりと、少しずつ体の変化を感じ始める30代。



そんな30代の白髪の原因は多岐に渡るようです。


貧血気味・冷え性・低血圧・胃弱などの慢性的な疲労状態


まず考えられるのは体が弱っている状態。きちんとした食事を取り、規則正しい生活を送っていたとしても「低血圧」「貧血」「冷え症」等の慢性的な疲労状態にあると新陳代謝が活発に行われません


なんとなく調子が悪いな、という状態を放置してしまうとあっという間に白髪が増えてしまいます。身体が疲れているな、と感じたら体質改善を心がけましょう。


人間関係でのストレスが増えたこと


30代になると、仕事や家庭での責任が増えてきます。どのコミュニティでも「中間管理職」のような状態にある方が多く、知らず知らずのうちにストレスを抱えている方が多いと言われています。


30代白髪対策は「ストレスの緩和」がポイント


30代の白髪を改善する為にはストレスを溜めない事がポイント。ストレスにより発生した活性酸素が毛穴にダメージを与えてしまうので、なるべく除去するような生活を心がけることが大切です。


抗酸化作用のある食事を摂るのも大切ですが、ゆっくり休んだり軽く運動するのもオススメ。またタバコやアルコールが増えてしまっている方は、白髪の大敵なので控えるようにしましょう。



40代の白髪対策!年齢別対処法


40代になり白髪が気になりだした方は、遺伝要素よりも加齢によるホルモンバランスの乱れが原因であることが多いと言われています。


自律神経失調症

精神的にもストレスを抱えやすい年代ですので、体調の変化を穏やかに整えることが重要となってきます。


更年期障害が原因の場合は急激に白髪が増えるのが特徴


卵巣からの排卵が定期的に行われなくなり、エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少していく40代。急激なホルモンバランスの変化で身体のほてりやイライラ、動けなくなるほどのだるさ等を感じている方は「更年期障害」と診断されます。


このエストロゲンはお肌にうるおいを与えたり、新陳代謝を活発にするホルモンなのですが、更年期で減少してしまう事によって、新しい髪の毛が作られにくくなったり、急に白髪が増えてしまったりします。


白髪と同時に抜け毛も多い場合は頭皮の状態が悪くなっている


シャンプー haru


40代の白髪の特徴としては、白髪のほかに髪の毛自体が弱々しくなったり、抜け毛が増えたりすること。お肌の水分量が減少してしまうことによって、頭皮が固くなり髪の毛に栄養素が行きわたりにくくなっている可能性があります。


なるべく髪の毛の状態を悪化させないために、年齢を重ねた方向けのヘアケア商品を選びましょう。また、シャンプー前のブラッシングや頭皮マッサージ等のスカルプケアも意識してみて下さい。


毎日しっかりスカルプケアできるシャンプーです。

100%天然由来シャンプーHARUの詳細はこちら



40代の白髪には「更年期や白髪に効果のある食べ物を食べる」のがポイント


40代の白髪にはホルモンバランスを整える事が大切。エストロゲンと似た働きのあるイソフラボンを含む大豆製品、モロヘイヤやパセリに多く含まれ、代謝を向上させる葉酸、自律神経を整えるビタミンB12等を積極的にチョイスするようにしましょう。



50代の白髪対策!年齢別対処法


50代の方は9割が白髪染めが必要なくらいの白髪量だと言われています。



原因は加齢によるものがほとんどですが、「仕方がないから」と髪の毛に気を配らないと、さらに髪の毛の状態が悪化してしまう可能性があるので要注意です!


女性ホルモンの減少により薄毛の悩みもでてくる


50代ともなると、白髪に加えてボリューム不足に悩んでいる方も多いですよね。これは加齢により女性ホルモンの分泌量が減ることで、代謝が落ちてしまうのです。


白髪染めや白髪用トリートメントを上手く利用する


50代女性のほとんどが「白髪染め」を利用しているかと思いますが、セルフカラーや頻繁に美容院で白髪染めをしている方は髪の毛や頭皮に大ダメージを与えてしまっています。特にかぶれやトラブルが無くても、毛根にダメージがあると健康な髪の毛が作られません。


利尻 白髪染め


将来の髪の毛の事を考えるならなるべく優しい白髪染めを心がけましょう。自宅で気が付いたときに染められる「ヘアカラートリートメント」や、100%自然由来の「ヘナ」での白髪染めがおすすめです。


自宅で簡単に白髪染めができるトリートメントです。

利尻昆布 ヘアカラートリートメントの詳細はこちら


50代は「白髪をこれ以上ふやさない対策」がポイント


加齢によりどんどん白髪が増えてしまう可能性がある50代。なるべく健康な髪の毛を維持する事が最大の対策となります。


髪の毛を作る栄養素(タンパク質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂取する事はもちろん、髪の毛を成長させる成長ホルモンを分泌させるために、1日6時間~8時間の睡眠を取ることも大切です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする