この記事が気に入ったらシェアしよう!

健康効果あり!?生蜂蜜のスゴイ効能と栄養とは?おすすめのレシピも!

生蜂蜜って何?


豊富な栄養で美容・健康に効果のある「生蜂蜜」を知っていますか。蜂蜜はスーパーでもよく見かけるから知っているけれど、生蜂蜜はあまり見かけないので知っている人はまだまだ少ないですが、栄養効果が蜂蜜よりも高く注目を集めている食品なのです。


生蜂蜜は、名前の通り「生の蜂蜜」のことで、生なので人工的な加熱処理がされていないものを指します。


ミツバチが完熟した蜂蜜を作るまでには時間がかかるので、われわれの食卓に多く流通しているはちみつは人工的に加熱処理をして生産性を高めたもので、生蜂蜜とは言えません。


生蜂蜜はとても希少であまり流通していないのですが、自然に作られた蜂蜜には加熱処理によって失われてしまう酵素やビタミン、ミネラル類なども含まれているので、蜂蜜以上に豊富な栄養が含まれています。


健康パワー目的で蜂蜜を摂るならば、ぜひ「生蜂蜜」を選ぶようにしたいものです。



生蜂蜜と普通の蜂蜜の違いは?


生蜂蜜と普通の蜂蜜の違いとして、一般的によく見かける蜂蜜は人工的に加熱処理がされているもので、生蜂蜜は加熱処理がされていないものだということはわかりましたが、その違いや入手困難な生蜂蜜を手にいれる方法など、もう少し詳しく見ていきましょう。


生蜂蜜は加工処理されていない


生蜂蜜と蜂蜜の違いは加熱処理してあるか・していないかです。


分かりやすい例で考えると、例えば同じ野菜でも自分で野菜を買ってミキサーで細かくして作った手作り野菜ジュースと、加熱殺菌された市販の紙パックの野菜ジュースとでは野菜が入っていても栄養効果は手作りのものの方が高いですよね。


また、生野菜と茹で野菜では栄養に差がでるということからも、同じ蜂蜜でも加熱調理をしたものとしていないものでは栄養効果が違うということが想像しやすいでしょう。


生蜂蜜の大きな特徴は「加熱処理されていない」ことですが、そもそもなぜ一般的な市販の蜂蜜には加熱処理が必要なのでしょうか。完熟になる前に早く収穫しても加熱せず生のまま販売してもいいような気もしますよね。


しかし、完熟していない蜂蜜は水分量が多く蜂蜜独特のトロトロ感がないのと、まだ甘みも少なく、さらに蜂蜜の中に不純物や蜂の子が混入してしまっていて、そのまま商品として出せません。そのため、加熱で甘みを出し殺菌して不純物を取り除きます。


一般的に遠心分離機に蜂の巣ごと入れて攪拌させて蜂蜜だけ取り出す作業が必要なのです。


蜂蜜を作っている企業は、生蜂蜜を作るには異物処理など時間がかかるので生産効率が悪いことから、完熟前に遠心分離機で蜂蜜を取り出して、まだ糖度も低く水っぽいので加熱殺菌して水分を飛ばし、そこに水あめなどで加糖し、とろっとした甘い蜂蜜を作っているというわけですね。


加糖しないでも加熱によって糖度はそれ以前より高くなるので、加糖していない蜂蜜も出回っていて、非加糖蜂蜜を生蜂蜜と誤解されていることも多いので商品を購入するときは注意してください。


生蜂蜜の場合は遠心分離機を使いません。一つ一つ職人さんの手作業で異物を取りながら蜂蜜を収穫するので大変な作業のため、値段も高いですが、蜂蜜の豊富な栄養素を最大限に摂取できるのです。


入手方法は?


日本で天然の生蜂蜜の生産量はなんとわずか0.08%以下で一般のスーパであまり見かけない希少な蜂蜜なので、入手するのが難しいです。


近所に養蜂業者やや蜂蜜専門店があれば直接買うことができますし、養蜂業者が近くにある場合は生蜂蜜をスーパーにも置いてあることがあるのでまずは自分の住んで居る地域に養蜂業者や蜂蜜専門店あるかないか調べてみるといいです。


直接買うメリットは生産者の顔が見えるので、本物の生蜂蜜を販売しているから安心ということです。生蜂蜜を謳って実はそうではなかったという商品もあるので直接買えるのが一番安心です。


ないという場合は、インターネット通販が便利です。国産の生蜂蜜から外国産のものまで幅広い商品が並んでいます。少し高いですが、やはり安全性を考えるのであれば最初は国内産の生蜂蜜が安全です。



生蜂蜜の栄養やその効能


生蜂蜜は非加熱処理で、蜂蜜は加熱処理をして作られているので、加熱することによって栄養素が減るということはわかりましたが、生蜂蜜と蜂蜜では具体的にどのような栄養素が違うのかも気になります。


生蜂蜜ならではの栄養と、それにより得られる生蜂蜜の身体に嬉しい効果について学習しましょう。


加熱処理していないから栄養素が壊れない


熱に弱い栄養素には、ビタミン、ミネラル、フラボノイド、天然の酸、酵素、などがあります。生蜂蜜にはこれらの栄養素が壊れずに生きたまま含まれています。


様々な栄養素の吸収率を上げる、代謝アップ、免疫力アップ、保湿効果、殺菌効果、など多くの効果があるので生蜂蜜の方が健康効果が多いです。


加熱処理た蜂蜜には加熱によってビタミン、ミネラル、酵素は壊れてしまうので、生蜂蜜の方が蜂蜜よりも多くの栄養素が入っているのです。


酵素や乳酸菌が生きている


加熱処理をしない生蜂蜜は、酵素や乳酸菌が生きて含まれています。酵素や乳酸菌は、健康を維持する上で摂取した方がいい栄養素として有名で、生野菜やフルーツ、ヨーグルト、納豆、キムチ、などの食品にも含まれていますね。


酵素や乳酸菌には、栄養の吸収率を上げる、抗菌、殺菌、腸内環境を整える、などの効果があるので生蜂蜜を摂ることで、口内炎や傷口を治す、胃腸を整えて便秘改善、などのメリットも得られます。


生蜂蜜のうれしい効果


生蜂蜜には、便秘解消、アレルギー改善、癌予防、火傷・口内炎改善、美肌効果、貧血予防、疲労回復効果、ダイエット効果、老化予防、喉を潤す、二日酔い防止など非常に多くの健康、美容効果があるので、全部は詳しく紹介できません。


その中でも特に蜂蜜よりも生蜂蜜だからこそ含まれているうれしい効果をいくつかを取り上げて紹介します。生蜂蜜は腸内環境を整えて、便秘解消、アレルギー改善、癌予防効果が得られます。


生蜂蜜には、腸内環境を整えるのに必要な「グルコン酸」「オリゴ糖」「乳酸菌」が含まれています。乳酸菌は腸内環境を整えますが熱に弱いので生蜂蜜で摂取しましょう。グルコン酸は大腸でビフィズス菌を増やし、悪玉菌が減るので腸内環境が整います。


酵素が含まれているので殺菌効果が期待できます。口内炎、やけど、擦り傷、切り傷などで負傷した傷口を消毒して、細菌感染を防ぎ新しい細胞を作り早く傷が回復するようになります。


ビタミン類が豊富なので美肌効果もあります。ビタミンB群は肌代謝を上げて古い角質を剥がし、新しい細胞を作り肌の生まれ変わりのサイクルを早めるので肌トラブルを早く治しいつも綺麗な肌を保ちます。


ビタミンCは美白、抗酸化作用があるので透き通る肌に導き、鉄分・葉酸が赤血球を作り肌の血色を良くして貧血も防いでくれます。



気になる生蜂蜜の味やカロリーは?



100%天然由来の生蜂蜜100gあたりのカロリーは、294kcalです。天然のものなので、蜂蜜の種類や収穫時期などによって多少のカロリーの誤差がありますがだいたいこのくらいです。


一般的な蜂蜜は水あめやブドウ糖を加えたものが多く、加糖蜂蜜の場合のカロリーは約330kcalです。これも、どのくらい加糖したかによりカロリーは変わりますが、加工処理をしていない天然の生はちみつよりの方が一般的な蜂蜜よりも低カロリーです。


加糖蜂蜜の場合、原価を抑えた低価格商品の中には蜂蜜が少ししか入っておらずそのほとんどを水あめが占めている商品も販売されているので、蜂蜜の健康効果を得たいならきちんと成分表示まで確認するクセをつけるといいでしょう。


ちなみに、砂糖の変わりに蜂蜜を使った方が低カロリーなのが有名ですが、砂糖は100gで387kcalです。生蜂蜜とは100gで約100kcalくらい違います。生蜂蜜→蜂蜜→砂糖の順にカロリーが上がるということを覚えておきましょう。


生蜂蜜の味は、口当たりがよく余計なものが入っていないので蜂蜜本来の優しい味です。くせもないので、いろいろな食材と合わせて食べても相性がいいです。また、香りも普通の蜂蜜よりも弱いので蜂蜜の香りが苦手でもおいしく食べられます。


加糖蜂蜜に食べ慣れていると最初は少し香りも味も淡白に感じるかもしれませんが、慣れてくると生蜂蜜本来の味がクセになってきます。



生蜂蜜の摂取量はどれぐらいがベスト?

ローヤルゼリー

おいしいからと言って、なんでも食べすぎはよくありませんよね。1日の目安摂取量は、スプーン1〜2杯程度を1日3回くらいです。1日にスプーン合計10杯にいかない程度に抑えておきます。


食べすぎて体調が悪くなったり病気になったりするわけではありませんが、蜂蜜はブドウ糖という糖質が豊富なのでとうぜんカロリーオーバーで中性脂肪が増えてしまいます。食べすぎに、注意して生蜂蜜の健康効果を上手に取り入れるようにしましょう。



生蜂蜜のおすすめの食べ方と注意点


生蜂蜜はスプーンにすくってそのままパクっと食べるのが簡単でそれだけでもおいしいのですが、毎日続けているとそれだけでは味に飽きてしまうことがあります。そんな時に、そのまま食べる以外の方法で生蜂蜜を効果的に食べる方法と注意点をご紹介します。


生蜂蜜のおすすめの食べ方


生蜂蜜のおすすめの食べ方は、生蜂蜜ヨーグルト、生蜂蜜トースト、生蜂蜜の野菜ジュース、生蜂蜜のハニードレッシング、など食材にちょい足しして食べる方法です。


ヨーグルトと生蜂蜜の相性は抜群で、乳酸菌が豊富に摂取できます。胃腸を整えて、代謝を高めるので美肌効果もあります。


生蜂蜜トーストは朝食に最適です。朝はエネルギーが必要なので、生蜂蜜に含まれるブドウ糖を炭水化物と一緒にとることで1日の始まりを元気にスタートできます。


同じように、野菜ジュースだけで甘さが欲しい時に生蜂蜜を加えて甘みを出したジュースや、野菜サラダにかけるドレッシングに生蜂蜜を足して味に深みを出すなどいろいろな方法でおいしく食べられます。


生蜂蜜を他の食材と合わせて食べる時に注意していただきたいのは、ビタミンやミネラル、酵素など、生蜂蜜だからこそ摂れる栄養素を取りたい場合は、加熱しないことがポイントです。


加熱してしまうと、普通の蜂蜜と同じ効果は得られますが、ビタミンなどは加熱によって壊れてしまいます。ですから、もちろん砂糖の変わりに使ってもいいのですが、その場合はそれとは別にスプーン数杯の生蜂蜜を加熱しない形で摂取するようにしましょう。


注意!1歳未満の乳児には絶対ダメ!


多くの健康効果のある生蜂蜜ですが、1歳未満の赤ちゃんに与えると乳児ボツリヌス症を発症することがあるので与えないで下さい。


これは蜂蜜にボツリヌス菌が含まれていると発症してしまい、症状としては食欲低下、便秘、元気がなくなる、よだれ、脱力、消化困難、呼吸困難などの症状があらわれます。ボツリヌス菌とは一体何か見ていきましょう。



生蜂蜜で毎日元気に♪


生蜂蜜は加熱処理されていない蜂蜜のことで、一般的な加熱処理してある蜂蜜以上の健康パワーが含まれていることがわかりました。入手するのは難しく価格も普通の蜂蜜よりお高めですが、生蜂蜜の効果を考えれば蜂蜜よりも生蜂蜜の方を選びたくなりますよね。


おいしいからと言ってカロリーオーバーになるので食べすぎないように気をつけることと、1歳未満の赤ちゃんには乳児ボツリヌス症の危険があるので与えないように気をつけて、いろいろな食べ方を工夫しておいしく生蜂蜜を食べて健康になりましょう。