記事が気に入ったらシェア!

40代からのホットフラッシュ!顔がほてる、のぼせるのは更年期のせい?

40代のあなたなら、「ホットフラッシュ」という言葉を既に知っているでしょうか?ホットフラッシュは日本語で言うと「ほてり」とか「のぼせ」、「発汗」などの症状全般のことをいいますが、特に40代以降の更年期を迎えた女性にこの症状が多いんです。



hoteri011

40代にはいってから、理由もなく顔がほてる、のぼせるといった症状になっていませんか?


40才過ぎて50代に入る前くらいより、女性のホルモン分泌が大きく変わってくる年齢のために、この時期、ホットフラッシュのような初期症状をはじめ更年期障害が多くみられるようになります。


中年女性特有のホットフラッシュになる原因や症状について特徴などをまとめたので参考にしてみてください。


40代以降の女性の、「顔がほてる、のぼせる」ってどんな症状?

お風呂から出てきたあとに「顔がほてる(火照った)、のぼせる(逆上せる)」といったセリフはよく聞きますが、40代からの女性が感じるほてりやのぼせの症状はちょっと違います。


お風呂上りのほてり

寒い時期なのにホットフラッシュになったり、激しい運動をしたわけでもないのに突然大量の汗がどっと出てきたり、顔が赤くなったり(紅潮)します。


環境とか場所とか意識とかとは関係なく症状が出てしまうんです。ホットフラッシュの頻度は、人それぞれで1日に何度も起こる人もいれば、1週間に何回かという人もいます。期間も数か月~1年くらいという人や、10年くらい続く人もいますし、数十年続くという人もいます。


40代からのほてりやのぼせは更年期障害の代表的な症状!?


動悸や息切れ

ほてりやのぼせがでたらすぐに更年期障害とは決めつけられませんが、更年期障害の症状の中で一番多い症状の1つです。


40代以降の女性が感じるホットフラッシュは、更年期と大いに関係があります。一つの症状だけがずっと続く人もいれば、いろいろな症状が出て合併症のようになることもあります。1回では終わらず、一度発症した症状は数日もするとまたぶり返すのが、更年期障害のホットフラッシュの特徴です。


更年期障害ってどんな症状があるのでしょうか?もしかしたら自分は更年期かも・・・と感じている人はチェックしてみましょう。


こんな症状があったら更年期障害かも・・・
  • 月経が不順になった
  • のぼせやほてりがある
  • 汗をかきやすい
  • 息切れ、動悸がする
  • 手足が冷える
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 怒りやすく、イライラする
  • くよくよしたり、憂鬱になる
  • 頭痛やめまいや吐き気がある

今まできちんときていた月経が乱れてくると、もしかしたら更年期かも・・・と感じる人は多いですね。月経不順は、月経の周期が乱れて、早く来たり遅れたりします。


更年期 イライラ

月経の持続日数も短くなったり、長くなったりします。月経血の量も減る人もいれば増える人もいます。つまり月経不順は人それぞれ症状が違うということなんですね。


月経不順になってから閉経するまでの期間も人それぞれですが、平均的に2~3年という人が多いです。つまり月経不順に気づいたら更年期になったと思って間違いありませんね。


これらの症状は、40代、50代になって女性ホルモン「エストロゲン」が急激に減ることで引き起こされる自律神経失調症で、更年期障害の特徴的な急性症状です。


女性ホルモンが減少すると、脳内の「脳視床下部」という部位がうまく働かなくなります。脳視床下部は自律神経をコントロールする場所で、自律神経は血管を収縮させたり拡張したりする働きがあります。


自律神経失調症でうまく働かないと、不自然に血流が増加して体温があがっって、ほてりやのぼせが起こってしまい、体を冷やすために発汗もするというわけなんですね。


更年期とほてりの関係性については、女性ホルモンの減少と、自律神経の不具合が原因です。ほてりの症状に似ていても実際には別の病気という可能性(甲状腺の問題や脳腫瘍、脊髄や脊椎の異常)もあるので、心配な時は婦人科を受診すれば、簡単な検査で更年期障害かどうか判断できますよ。


40代以降の女性が感じるほてり対策とは?

更年期が原因でほてりやのぼせがあるという人は、自律神経を整えたり、エストロゲンの減少を少しでも少なくすることが大切です。


ほてり対策に有効な方法
  • 女性ホルモン補充療法
  • サプリ摂取

女性ホルモン補充療法

減少した女性ホルモンを薬によって補充する方法です。

女性ホルモン補充療法でどのくらい症状が改善した?
  • 改善した・・・・・・・・・・・29.4%
  • やや改善した・・・・・・・・・41.6%
  • あまり改善しなかった・・・・・17.2%
  • 全く改善しなかった・・・・・・5.2%
  • わからない・覚えていない・・・6.6%

効果がある人なら、1週間ちょっとでホットフラッシュが改善するそうですよ。でも薬をやめると再発するので、有効だけど短期的な対策ですね。


サプリ摂取

大豆イソフラボン」や「プラセンタ」などの成分をサプリで摂取する方法です。大豆イソフラボン(別名:植物性エストロゲン)は、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするので症状がやわらぎます。プラセンタは自律神経を整える働きがあるので、ホットフラッシュ対策として注目されています。


40代くらいから更年期をむかえる女性にとって、ホットフラッシュは不快な症状ですよね。真冬であろうとどこにいようと突然起きるので、普段からウェットティッシュを持ち歩いたり、運動してストレスをなくしたり、辛い食べ物を避けたりして体温の調節をするようにしましょう。

加えてホルモン補充療法や各種のサプリを摂取することも有効な対策なので、自分の症状に合わせて更年期障害と上手につきあっていきましょうね。