この記事が気に入ったらシェアしよう!

ハイドロキノンは色素沈着に効果あり?口コミや正しい使い方

ハイドロキノンは色素沈着に効果的!メラニンを強力美白


ハイドロキノンは、シミを予防する美白成分であるビタミンCやプラセンタなどの10~100倍の効果があると言われ、肌の漂白剤と呼ばれているほど美白効果が高い成分です。


シミにコラーゲン

ビタミンC誘導体などは、シミの原因となるメラニンを防ぐ役割があるのに対し、ハイドロキノンはすでにできたシミの成分に直接働きかけて薄くする効果が期待できるとして注目を集めています。


ハイドロキノンのシミへの効果


皮膚は紫外線を浴びるとメラノサイト内でチロシナーゼという酵素が働き、チロシンを酸化させてメラニン色素を生成しようとする働きがあります。


ハイドロキノンには、シミの原因となるメラニンを生成するチロジナーゼの働きを阻害する作用があるため、メラニン色素を生成するメラノサイトそのものに働きかけて減少させる効果を期待することができます。


つまり、ハイドロキノンはシミを予防するだけではなく、酸化を還元しメラニンの色を薄くする働きがあるため、すでにできているシミにも効果が期待できるのです。


ビタミンC誘導体のシミへの効果との違い


ビタミンCには、抗酸化作用や新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの生成促進などの優れた美肌効果があります。また、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する作用があります。


ビタミンCそのものは安定性が悪いため化粧品への配合が難しかったのですが、ビタミンCを誘導体化することで酸化しにくい安定型に変えることができ、皮膚にも浸透しやすくなりました。


ビタミンC誘導体も代謝を活性化させてシミを薄くする効果があるのですが、ハイドロキノンはシミに直接働きかける作用が強いため、ハイドロキノンの方が即効性があり美白効果に優れています


遺伝的な色素沈着はNG


ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類は、炎症後色素沈着、肝斑(かんぱん)、そばかす、老人性色素斑などがあります。


ただし、ハイドロキノンの効果が期待できるのは皮膚の表面にできてしまったものだけで、肌の真皮まで届いてしまった色素沈着には効果を期待することができません。また、生まれつきのアザやホクロ、太田母斑などの遺伝的な要素の色素沈着には効果がないと言われています。



ハイドロキノンの成分は?色素沈着が薄くなる期間


色素沈着に優れた効果をもつハイドロキノンの成分は、人が開発した人工成分だと思われがちですが、実は天然に含まれている成分なのです。



日本ではまだ歴史の浅いハイドロキノンですが、アメリカでは早くから化粧品に使用され、多くの女性に支持されてきました。


ハイドロキノンは天然成分


色素沈着に強い効果を発揮するハイドロキノンは、意外にもイチゴやーヒー、紅茶にも含まれている天然成分なのです。ハイドロキノンには酸化を抑える還元作用があり、ゴムの酸化防止剤としても使われてきました。


海外では昔から使われていた


アメリカではハイドロキノンが早くからシミや色素沈着の改善に化粧品に配合され、もっともポピュラーな美容成分として多くの女性に使用されてきました。アメリカで美白といえばハイドロキノンが主流となっています。


日本では管理の難しさから医師の管理の下でのみ、使用することが許されていた成分でしたが、2001年の薬事法の規制緩和により、化粧品にもハイドロキノンの使用が許されるようになりました。近年では日本でもハイドロキノンの美白効果が話題となっています。


早い人では2~3週間で効果を実感


ハイドロキノンは即効性が高く強力な美白効果があると言っても、つけてすぐに効果が現れるわけではありません。ハイドロキノンの効果が現れる期間は、一般的に2か月ほどかかると言われています。ですが、早い人では2~3週間で効果が実感できるようです。



色素沈着を撃退!ハイドロキノン配合化粧品


ハイドロキノンは、効果が高いぶん刺激が強いので、トライアルセットなどでパッチテストをしてから使用するのがおすすめです。



通販で買えて、ネットでの評判が良く成分的・コスパ的におすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介します。


皮膚の弱い人は注意


ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、間違った使い方をすると肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。ハイドロキノンを使用する際には、必ずパッチテストを行うように気を付けましょう。


パッチテストのやり方は次のとおりです。まず絆創膏にハイドロキノンクリームを塗り、二の腕などの皮膚の薄い部分に貼っておきます。24時間程度放置し、肌の様子を見てみましょう。問題が起こっていなければ大丈夫でしょう。


ただし、使用中に炎症などを起こした場合はすぐに使用を中止し、医師の指示を受けるようにしましょう。


肌になじみやすい「ビーグレン」


どんなに優れた化粧品も肌の奥にまで浸透しなければあまり意味がありません。ビーグレンは肌への浸透力に着目した、元カリフォルニア大学のケラー博士によって開発された化粧品です。肌なじみが良く、とにかく浸透力が高いのが特徴です。


「b.glen(ビーグレン) ホワイトケア トライアルセット」


紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌へ導く、ホワイトケアプログラムのトライアルセットです。


【セット内容】
・クレイウォッシュ 15g
・QuSomeローション 20ml
・Cセラム 5ml
・QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g


価格 1,800円


一言で言うと、肌に負担がないのに、変化を楽しめる化粧品です。初めて使う化粧品は肌に拒否感を感じますが、これは肌にスーッと馴染んでしっとりすべすべのストレスフリーでした。洗顔はしっかり汚れは落ちてるのにしっとりした洗い上がりで癒される。使い続けて一週間。何をしても無理だった青クマが薄くなったのにはビックリ。多分Cセラムのつけた瞬間温かいのが効いてる?肝斑やシミも薄くなってきました。くすみも改善されてきてます。職場で「若返った?なんか顔違う。」って言われてびっくり!早速商品購入して続けようと思いました。

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10102169/review/505606296


お試しのホワイトラインを使用して、思ったより効果があったので現品を購入し1本使い切ったところです。びっくりしたのはお試しで5-6日頃の時、鼻のてっぺんにあったホクロが他のそばかすなんかに紛れるくらいに薄くなったんです。何年も悩んでいた鼻のてっぺんにあるホクロ。レーザー行こうかどうしようか、本当に効くのかな、肌を傷めないかなと悩んで行けなかったけど、実はホクロではなくてシミだったようで、薄くなって本当に驚きました。なんでもっと早く始めなかったんだろうと反対にショックだったくらいです。今では夜のケアと、朝の洗顔がとても楽しくなりました。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10076844/review/505359312


どれほど良い成分が化粧品に使われていても、肌への浸透作用が弱ければ効果は半減してしまいます。ピーグレンは肌への浸透力が強いため、ハイドロキノンが効果的に作用し、肝斑やシミ、ホクロの改善に効果が現れたようですね。


ドクターズコスメブランド「アンプルール」


皮膚科の高瀬聡子医師が開発したアンプルールは、主成分にハイドロキノンを含むだけでなく、エイジングケアに欠かせない保湿のための有効成分がたっぷりと配合された化粧品で、シミを消すだけでなくシミのできにくい肌の土台づくりができます。


「アンプルール【ラグジュアリーホワイト】のトライアルセット」


トライアルセットは7日分のホワイトケアで、化粧水、美容液、乳液ゲルのすべてにハイドロキノンが配合されています。


価格 1,890円


この手の商品は、肌に合う、合わないが二分されると聞いていたので使う前は少し緊張しましたが、私は特に問題なく使い切りました。1週間分とありますが、化粧水で10日、その他のものは2週間位は使えました。テクスチャーはリッチですが、つけ終えたお肌はさらりとしていて快適でした。トライアルキットだけではしみが消えたなどの明確な効果は判りませんでしたが、シミが薄くなったような気がして肌のトーンが明るくなり、毛穴も目立たなくなりました。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10097580/review/505996841


全体的になめらかでしっとりとした使い心地で香りがよく「ラグジュアリー」っていうだけあるなと!目の下のシミが気になり、そこを中心に塗りこんでいました。完全に無くなったとまではいきませんでしたが、全て使ってみて肌色がワントーン明るくなったように感じました!

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10097580/review/505682373


アンプルールの化粧品はハイドロキノンによる美白効果だけでなく、エイジングケアにも配慮した保湿作用に優れているのも良い点ですね。


短期間で劇的な効果は無いようですが、継続することで徐々に効果を得られるところがポイントのようです。



トレチノインとハイドロキノンで色素沈着を綺麗に!注意点


トレチノインとはビタミンA誘導体のことで皮膚科でのシミの治療に使用される成分です。



トレチノインの効果は強力なのですが、皮膚が炎症を起こしたようになり、紫外線を避けなければいけないので使用には注意が必要です。


トレチノインでターンオーバーを促進


トレチノインとは、ビタミンAの約100~300倍の生理活性があるビタミンA誘導体のことで、シミやニキビの治療に使われています。


トレチノインは、ターンオーバーの作用が強いため、表皮内にあるメラニン色素を皮膚の外へ排出する効果があります。また、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成も促すため、肌にハリをもたせ小ジワの改善も期待できます。


日中は日焼け止め必須


トレチノインは色素沈着の改善に強力な効果がありますが、使用中はハイドロキノンと同様に、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。


そのため、紫外線のケアが悪いと かえってシミになったり、皮膚が炎症を起こしたりすることがあるので、日中は日焼け止めを必ず付けるように気を付けましょう。


家の中にいる時も、知らない間に紫外線を浴びているものです。外出の予定が無く家にいる時でも、日焼け止めを付けるようにしましょう。



色素沈着とメラニンはハイドロキノンで改善!口コミ


ハイドロキノン配合の商品はたくさんあります。



その中でも効果や価格・使用感・成分の安定性などについて、口コミで高評価を得ている商品をご紹介します。


4%の高配合「サンソリット 」


「サンソリット ホワイトHQクリーム」


ハイドロキノンを4%配合した多機能な透肌クリームです。


角質ケア成分AHA、BHAをはじめ、ビタミンA誘導体、VC-IPなど美容成分を贅沢に8種類配合し、しっとりした使い心地のクリームが、みずみずしく艶やかなハリのある肌に整えてくれます。


一般的にハイドロキノン配合の化粧品はポイントケアのものが多いのですが、ホワイトHQクリームは毎日顔全体に使用できる肌にやさしい処方のクリームなので、スキンケア感覚で使うことができます。


容量・価格
30g・7,000円


半信半疑で使い始めて少したったら 目の下のシミが薄くなってました。2本目を注文しました。

参照元:http://shopping.yahoo.co.jp/user_review/?yd=5tR4rC06erzdjYAvI8rPjKrkMH0kYLk-


色々な美白クリームを使用しましたが、1番効果を感じられた商品です。保存方法が要冷蔵なのと、コスパの点でマイナス1星にさせて頂きます。

参照元:http://shopping.yahoo.co.jp/user_review/?yd=nuWsM0k2b6vOYVzIfNXG9w–


口コミによると、効果が高い割には肌にあまり刺激を感じることなく使用できるところが好評のようですね。冷蔵保存しなければならないので取り扱いには注意が必要です。


トレチノイン配合「オバジ」


「オバジ トレチノインクリーム」


オバジ トレチノインクリームのビタミンA誘導体の力は、市販の美容クリーム等に含まれるビタミンA誘導体(レチノール)の50倍~100倍と言われています。


それだけ肌再生力に期待ができるのですが、その分肌に乾燥や赤み、かゆみなどの強い反応(リアクション)が出やすくなります。


しかし、トレチノインクリームは、継続使用していくと徐々に肌に耐性ができて、反応(リアクション)が治まっていくのが特徴です。


トレチノイン3本目です。ミラミックスに混ぜて夜のみ使用しています。赤みやムズムズ感のあと皮がむけはじめ、皮がむけたあとはつるんとした白肌になるので手放せません。これからも続けていきます♪

参照元:https://www.google.co.jp/shopping/product/4764202770857257281?q=%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%B8+%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%85%8D%E5%90%88&rlz=1C1NDCM_jaJP703JP706&espv=2&biw=1093&bih=510&bav=on.2,or.&ion=1&tch=1&ech=1&psi=qmzXWNvXN8eZ8gWVnY_gDg.1490513132909.5&prds=hsec:reviews&sa=X&ved=0ahUKEwjsopml0vPSAhUEebwKHTiGA10Q9AIIsAEwAA


肌刺激は強いようですが、それだけ得られる効果も高いようです。肌の弱い方は使用に注意が必要です。


手頃な価格「プラスナノHQ」


「プラスキレイ プラスナノHQ」


ハイドロキノンを4%配合したポイント集中ブライトングケア用のクリームです。ハイドロキノンをナノカプセル化し、肌の奥深くまで高濃度でのアプローチを実現しました。


使い続けることで明るく透明感のある肌に導いてくれます。


容量・本体価格
5g・3,000円


よくおばあちゃんの顔にあるような、形がくっきりしたTHE老人シミ!みたいなのが綺麗に消えました。みるみる育って直径1.5cm位になってしまった時に、さすがに嫌だと思い、レーザー治療等も視野に入れていた頃に、ネットで見て「レーザーやる前にこれで・・・」と思い試しに購入。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10054471/review/505986181


ハイドロキノンは配合の化粧品は高価なものが多いのですが、お手頃価格で手に入るのは嬉しいですね。シミの種類によっては、とても高い効果のある化粧品のようです。



ハイドロキノンで色素沈着を消すか、単に薄くしたいだけか?


ハイドロキノンはシミを薄くするのに強力な作用があるのですが、肌への刺激が強いため使用する時にはパッチテストが必要であり、紫外線対策にも気を付けなければなりません。



シミを単に薄くしたいという場合は、ハイドロキノンでなくても他の成分や一般の美容液でも十分有効な働きがありますし、生活改善によって効果を得ることも可能でしょう。


しかし、シミを消したいという場合には、強力な美白作用をもつハイドロキノンが必要です。紫外線に気を付け、使用法をしっかり守って色素沈着改善に役立てましょう。