この記事が気に入ったらシェアしよう!

難消化性デキストリンのおならがひどい…原因・対策と気になる危険性とは?

難消化性デキストリンとは?血糖値の上昇抑制・副作用でおならも


青汁などに含まれている成分に、難消化性デキストリンがあります。食物繊維の摂取不足を補うために作られたもので、糖や脂肪の吸収のスピードを緩やかにし、血糖値の急激な上昇を抑えます。



とうもろこしなど天然のでんぷんから作られているので安全性は高く、特保(特定保健用食品)に指定されています。


副作用はあるの?


難消化性デキストリンの副作用として、おならがたくさん出てしまうことがあります。また、難消化性デキストリンをたくさんを摂りすぎると、お腹がゆるくなります。



水溶性食物繊維の一種難消化性デキストリン・臭いおならが出る原因


難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で、その働きも同じです。


すそわきが 臭い

難消化性デキストリンを摂取することで、大腸内で細菌が活発に働き、ガスが発生しやすくなります。便秘対策で摂取した場合、元々腸内環境が良くないので、腐敗ガスもたくさん発生していて、それがいっきに体の外に排出されるので臭いおならが出てしまいます。


そもそも水溶性食物繊維とは


食物繊維は体内で吸収・消化されずに排出される成分で、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類に分けられます。水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、便を柔らかくして便通をスムーズにします。主に果実や海藻に多く含まれます。


水に溶けず、便の量を増やす働きがあるのは不溶性食物繊維で、野菜やイモ類、豆類に豊富に含まれています。


難消化性デキストリンでおならが出る原因


難消化性デキストリンには整腸作用があり、善玉菌の運動を活発にしてくれます。善玉菌が活発になると発酵作用が起こり、ガスが発生します。元々便秘で腸内環境が悪い場合、悪玉菌によって既に腐敗ガスがたくさん発生しています。


難消化性デキストリンを摂取することで、善玉菌が活発になり、たまっていた腐敗ガスもいっきに体外へ排出されるので、おならがたくさん出るのです。



難消化性デキストリンの副作用おなら等への対策


難消化性デキストリンを摂取することでおならがたくさん出るのは、今までたまっていた腐敗ガスを出しきっているからです。



元々便秘だった場合、最初は臭いおならが出ることもありますが、特に対策をしなくても、便秘が解消されてお通じがスムーズになると、臭いおならも出なくなります。おならは、難消化性デキストリンが原因というよりも、過剰摂取によるものです。


過剰摂取していませんか?


特保の規定では、難消化性デキストリンの1日の摂取目安量は、3~8g程と言われています。整腸作用には個人差があるので、自分に合った量をみつけることが大事ですが、効果を期待するあまり多く摂取するのはやめましょう。


過剰摂取で悪玉菌が活性化


難消化性デキストリンは整腸作用があり、善玉菌を活発にしてくれますが、同時に悪玉菌にも作用するので、元々腸内環境が悪く善玉菌が少ない状態で過剰摂取すると、悪玉菌ばかり増えてしまうことがあります。


悪玉菌が増えすぎると、便がガチガチになり臭いも増すことになってしまうので、注意が必要です。


用法用量を守りましょう


体に負担が少ない難消化性デキストリンですが、分量を守って摂取することで、効果も得られやすく安全です。1日の摂取目安量を参考にして、摂りすぎにならないようにしましょう。



難消化性デキストリン入り青汁!おならを防いで快便に


青汁には元々食物繊維が豊富含まれています。さらに難消化性デキストリンを加えるメリットは、青汁の栄養素の他に、普段の食事では不足しがちな食物繊維を、少しでも多く摂れることです。口コミで評判の難消化性デキストリン入りの青汁をみてみましょう。



ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(大正製薬)は、血糖値の上昇を抑えるために作られました。抹茶や緑茶を配合しているのでお茶のように飲みやすく、食物繊維の他に、葉酸や鉄分などをしっかり摂ることができる、栄養価の高い特保の青汁です。


オーガランドの濃い青汁(オーガランド)は、主な原料が大麦若葉のみとシンプルで、食物繊維が豊富な他にカルシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルやビタミン類、アミノ酸がバランス良く含まれています。ほんのり甘味がある、薄い抹茶のような味です。


ふるさと青汁(マイケア)には、明日葉の「根・茎・葉」の栄養がまるごと入っています。カルコンという血液やリンパの流れをよくすることで注目されている成分が、根の部分に最も多く入っているので、明日葉の良さを最大限に活かした青汁です。


難消化性デキストリン入り青汁の選び方


青汁は毎日飲むものなので、安全なものを選びたいです。産地が明らかで、着色料、保存料、安定剤、香料などの食品添加物が入っていないものを選びましょう。


青汁には難消化性デキストリン入りのものと、デキストリン入りのものがありますので、表示を間違えないようにしてください。



難消化性デキストリンで便秘対策する危険性!おならの他にも


難消化性デキストリンを過剰に摂取すると、おならだけではなく便秘になってしまうことがあります。



また、血糖値を下げようとして過剰に摂取してしまうと、低血糖が原因でめまいを起こす可能性があります。難消化性デキストリンの血糖値の下降は、糖の吸収のスピードをゆるやかにすることで安全に作用するので、過剰摂取をしなければ危険性はありません。


大量摂取で逆に


難消化性デキストリンを大量に摂取すると、便秘になってしまうことがあります。


整腸作用がある難消化性デキストリンは、腸内で便を柔らかくして排出しやすくしてくれるのですが、水分が少ないと腸内の水分を必要以上に吸収してしまうので、せっかく便がやわらかくなっても、すべりが悪くなり排出しにくくなってしまうのです。


遺伝子組み換え


難消化性デキストリンはとうもろこしのでんぷんから作られています。日本は、とうもろこしのほとんどを輸入に頼っているので、アメリカのとうもろこしもたくさくん使われています。


アメリカでは、普通に遺伝子組み換えのとうもろこしが食べられているので、難消化性デキストリン入りの青汁を飲むときは、原産国まで確認した方が良いでしょう。


遺伝子組み換え食品の被害報告が特にあるわけではありませんが、健康のために飲むのですから、きちんと確認した方が安心ですね。



難消化性デキストリン・おなら(欠点)についてまとめ


難消化性デキストリン入りの青汁は、非常に健康に良いものです。おならが多くなるという可能性もありますが、おならが原因で飲むことをやめてしまうのはもったいないです。



難消化性デキストリンの摂取というよりも、過剰摂取が原因なので、用法容量をを守って安心して健康効果を高めてください。難消化性デキストリンにはとうもろこしが使われているので、遺伝子組み換えの危険性を避けるためにも、原産地には気を付けましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする