この記事が気に入ったらシェアしよう!

難消化性デキストリンの効果と飲み方は?その副作用や口コミ付き

様々な効果があると言われている難消化性デキストリンとは?


難消化性デキストリンとはとうもろこしやじゃかいもから作られている水溶性食物繊維です。難消化性デキストリンには3つの作用があることから消費者庁により特定健康用食品(トクホ)に認定されています。



松谷化学工業が製造販売している難消化性デキストリンは、今現在売られている特定健康用食品の約3割に使われています。名前の通り消化しにくいでんぷんなので、ダイエット効果があると、最近注目を集めています。


難消化性デキストリンの効果①食後の血糖値を抑える


難消化性デキストリンは糖の吸収を遅くしてくれるので、食後の急激な血糖値上昇及び内臓脂肪を溜め込む原因であるインスリンの分泌を抑制してくれます。



食事後に急激に血糖値が上がってしまうと太りやすくなりますが、難消化性デキストリンを摂取することで糖の吸収を抑制=血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。そのため難消化性デキストリンは痩せる薬とも噂されています。


しかし痩せる薬であるとは断言・実証されていないので、本当に痩せる薬だと勘違いしないようにしましょう。



難消化性デキストリンの効果②腸の働きを整えてくれる


難消化性デキストリンには血糖値の上昇を抑えるだけでなく整腸効果もあるとされています。難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種なので、腸内で留まって水分を含み保持する働きを持っています。



この働きにより便をかさ増ししたり、柔らかくしてくれるので便秘が改善・解消されます。



難消化性デキストリンの効果③ミネラルの吸収を促す


難消化性デキストリンはカルシウムや亜鉛、マグネシウム、鉄の4種類のミネラルの吸収を促すことが動物実験により分かっています。ミネラルは体内で合成できない栄養素なので外から補う必要があります。



この体内で合成できない栄養素の吸収を助けてくれるのも、難消化性デキストリンの効果のひとつです。



効果の多い水溶性食物繊維・難消化性デキストリンの特徴


難消化性デキストリンは水溶性食物繊維に分類されますが、水溶性食物繊維の働きとはいったい何でしょう?


甘みが低い


難消化性デキストリンは甘みが低いので加工性に優れています。そのため色々な料理やジュースなどに混ぜて摂取できます。難消化性デキストリンは顆粒で売られているものもあるので色々な料理に混ぜて使えます。


熱に強い


難消化性デキストリンは熱にも強いので熱い汁物や温かい飲み物に入れて飲んでもその効果を失いにくいです。顆粒で売られているものを使えば温かい・熱い料理に使って日常的に摂取することが可能です。


酸に強い


難消化性デキストリンは酸にも強いのでオレンジジュースなどの柑橘系ジュースに混ぜて飲んでも効果が失われにくいという特徴があります。休憩時のジュースに混ぜて飲むようにすれば不足しがちな食物繊維を日常的に摂取できるのでおすすめです。


ミネラルの吸収をジャマしない


難消化性デキストリンはミネラルの吸収を促す効果を持っているのでその吸収をジャマしません。そのため体内で合成できないミネラルを効果的に吸収できるようにしてくれます。



ダイエットに◎な難消化性デキストリン・効果があった人の口コミ


難消化性デキストリンは便秘解消にとても効果があり、血糖値の上昇を抑えてくれるので太りづらくなることからダイエットにも効果があるといわれています。



そこで本当に難消化性デキストリンでダイエットができたのか、実際に利用してダイエットを行った人たちは果たして効果があったのでしょうか?


体重の減少は副産物で、体重自体はこれだけではそんなに減らなかったです。ただ、長年の高血圧が改善されたこと(これは一番驚きました)と、血糖値が下っていたことは嬉しい誤算でした。

引用元:http://www.diet-cafe.jp/2015/12/post-4392_star5.html


3食前に5グラム溶かしてグラスに一杯3ヵ月くらいから痩せ始めてて11か月で16キロ痩せました。もちろん運動も取り入れましたが食事量は変えてません。きっと便秘が解消されたのでしょうか。

引用元:http://www.diet-cafe.jp/2015/12/post-4392_star5.html


飲み物混ぜて飲んでいますが、お茶やコーヒーの味が変わらずに使いやすいです。また、お通じがかなり良くなりスッキリ感はハンパないです。ちょっとですが腹持ちも良い感じがして、ひと月で2kgほど落ちました。

引用元:http://www.diet-cafe.jp/2015/12/post-4392_star5.html



このほかにも効果があったという口コミは多数ありましたが、実際に多かった意見は「便秘解消効果が高い」というものでした。つらい便秘解消に役立つので少なくとも溜まっていた分の体重は落ちるようです。



難消化性デキストリンの効果的な飲み方は?時間・量・期間など


難消化性デキストリンは間違った飲み方をしてしまうと下痢やお腹が張って苦しくなるなどの症状を引き起こしてしまいます。また過剰摂取しても効果をさらに上乗せして得られるわけではありません。



難消化性デキストリンは1日の摂取量が決められているので、正しい飲み方・摂取量は必ず守るようにしましょう。


食事と一緒に


難消化性デキストリンは何も食べないときに飲んでもその効果を発揮してくれません。難消化性デキストリンは食事と一緒に摂ることで糖の吸収を抑えてくれたり、ミネラルの吸収を促してくれます。


必ず食事をするときに料理に混ぜたり、飲み物に溶かして飲むようにしましょう。


1日10g


難消化性デキストリンは1日に摂取しても良いとされている量は5g~10gです。この量を上回ってしまうとお腹を下したり、お腹の張りが強くなり苦しく感じてしまいます。1回につき、ではなく1日のトータルで10gまでなので間違えないようにしましょう。


また初めて摂取する際は少量から始めるようにします。いきなり10gから摂取してしまうと体調を壊してしまう恐れがあります。


どの位続けると効果が現れる?


難消化性デキストリンを摂取したからといってすぐに効果が現れるわけではありません。口コミからも見て分かるように、早い人でも約2か月で効果を感じ始めるほどです。毎日コツコツと続けることで効果を実感できるようになるので、すぐに効果が現れないからといって諦めないようにしましょう。


毎日料理やジュースに混ぜていれば飽きずに続けられるはずです。効果がすぐに現れないことを理解してダイエットを行うようにしましょう。



難消化性デキストリンには効果以外に副作用は?


難消化性デキストリンは副作用がなく安全といわれています。しかし過剰摂取や初めて使用するときは下痢を引き起こしやすいので注意しましょう。下痢を引き起こさないためには少量から料理や飲み物に混ぜるようにしましょう。



またなるべくトイレに駆け込めるような環境で飲むようにしましょう。



ダイエットには難消化性デキストリンよりシクロデキストリンが効果◎


シクロデキストリンは難消化性デキストリン同様にとうもろこしやじゃがいもから作られています。シクロデキストリンは他にサイクロデキストリンや環状オリゴ糖ともいわれています。



シクロデキストリンは他の成分を包み込んで取り込む「包接」という働きを持っていて、食品分野や医薬品分野、化粧品分野で活躍している成分です。難消化性デキストリンにはない脂質の吸収を抑えてくれる効果があるとされているので、ダイエットをするなら難消化性デキストリンより効果的であるといわれています。


副作用や毒性も難消化性デキストリン同様無いのですが、やはり過剰摂取をすると下痢を引き起こしてしまうので注意しましょう。



エネルギー補給の効果なら難消化性デキストリンよりマルトデキストリン


体作りをしたいときなどに役立つのがマルトデキストリンです。マルトデキストリンは炭水化物と同じエネルギー源として働いてくれます。マルトデキストリンは他にミネラルなどの成分を含んでいない純粋な糖質です。そのため食事よりも効率的に糖質(エネルギー源)を摂取できます。