この記事が気に入ったらシェアしよう!

【口コミ付き】ライトシェアデュエットってどうなの?効果や痛みも調査!

脱毛効果は高い?ライトシェアデュエットの効果


ライトシェアデュエットは脱毛効果が高いと言われていますが、一体なぜでしょうか。それは、ライトシェアデュエットのパルス幅が長いことが関係しています。パルス幅とは、レーザーが1ショットあたりに照射される時間のことです。



ライトシェアデュエットの場合、パルス幅が最大400msと長めです。パルス幅が長ければ長いほど、毛根の周辺組織への破壊力が高まって、完全な永久脱毛に近づくのです。


そして、ライトシェアデュエットではパルス幅の調節が可能です。細い毛・太い毛など毛の状態に合わせて最適なパルス幅(5〜400ms)を選んで施術することができます。脱毛効果が高いと言われている理由はこれらのことが関係しているのですね。


そんな脱毛効果の高いライトシェアデュエットにはどんな特徴があるのか、さっそく見ていきましょう。


吸引&冷却して痛み軽減


ライトシェアデュエットの大きな特徴の一つは、肌を吸引&冷却しながら脱毛することです。肌を吸引して冷却する方法は、脱毛による痛みを軽減する効果があります。


痛みが起こるのは、皮膚内にある毛根以外のメラニン色素にレーザーが反応するからです。肌を吸引して引き伸ばしながらレーザーをあてていけば、レーザーが毛根を狙いやすくなるので皮膚内のメラニン色素に反応しにくくなります。


そして、同時に冷却していくと、レーザーの熱でダメージを受けた皮膚を瞬時に冷却して守ってくれます。脱毛後に、冷やす時間を設けている脱毛サロンが多いですが、熱の刺激が加わった直後に冷却するライトシェアデュエットの方が皮膚への負担も減るので肌にも優しいです。


日焼けした後でも照射できる


ライトシェアデュエットは、日焼けした後でも照射できます。日焼けしている状態というのは、紫外線の影響で肌にメラニン色素が蓄積されている状態です。


レーザーは皮膚内のメラニン色素に反応してしまうので、通常日焼けしていると脱毛が受けられないことが多いのです。しかし、ライトシェアデュエットはレーザーの波長が長め(810nm)で、肌のメラニン色素に反応しにくいので、日焼けした後でも照射が可能です。


また、先ほども紹介しましたが、肌を吸引&冷却しながらレーザーを当てていくので、毛根を効果的に狙って脱毛できます。レーザーが皮膚内のメラニン色素に反応しにくいので、日焼け後も脱毛して良いのですね。


照射ムラが起きにくい


照射ムラが起きにくいのもライトシェアデュエットの特徴です。照射ムラが起きやすいか起きにくいかは、照射ヘッドの形が大きく関係しています。


ライトシェアデュエットの照射ヘッドは「四角形」です。他の脱毛機種を比べてみると、ジェントルレーズの場合は「円形」の照射ヘッドです。


円形の照射ヘッドよりも、四角形の照射ヘッドの方が照射ムラが起きにくいです。円形だと、1ショットごとの隙間が大きく、照射ムラになりやすいです。照射ムラをなくすには、隙間部分の照射をするときにすでに照射した部分が重複照射になってしまいます。


ライトシェアデュエットの場合は四角形の照射ヘッドなので、1ショットごとの隙間ができないのでムラがありません。重複照射の必要もないので、円形より効率もよく肌に負担もかかりません。



ライトシェアデュエットに向く人・向かない人


ライトシェアデュエットはエステサロンにある脱毛機とは違い、医療用のレーザー脱毛機です。医療脱毛をしている医院での施術が必要になります。医療機関での脱毛なので安全性も効果も高くおすすめの脱毛です。



ライトシェアデュエットには多くの利点がありますが、全ての人に向いているわけではありません。脱毛機にもいろいろな種類があるので、人によってはライトシェアデュエットではなく違う機種を使用した方がいい場合もあります。


「ライトシェアデュエット」に向いている人・向いていない人を紹介します。


冷却ジェルでの冷却処置が不要なので寒さが苦手な人におすすめ


寒さが苦手な人はライトシェアデュエットがおすすめです。脱毛した後に、冷却ジェルで数分間照射箇所を冷やす作業がありますが、あれってとても寒いですよね。


冷却ジェルは、部分脱毛なら我慢できても全身脱毛のときには全身から体温を奪っていきます。長時間の施術による痛みと寒さで脱毛を苦痛に感じてしまうこともあります。


ライトシェアデュエットは、照射と同時に冷却を行うので冷却処置が必要ありません。冷却ジェルで冷やすのが寒くて苦手と感じている人・冷え性の人はライトシェアデュエットが向いています。


産毛・細毛・軟毛を脱毛したい人におすすめ


産毛や細毛、軟毛を脱毛したい人にも、ライトシェアデュエットはおすすめです。他の脱毛機の場合、太い毛の毛根にはしっかり反応するけれど、細い毛は反応しにくいので見逃してしまう機種が多いです。


例えば、アレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズ」は、産毛・細毛には適していない機種です。ライトシェアデュエットは、従来のレーザーと違い産毛・細毛・軟毛にも反応するので、細い毛を脱毛したい人はライトシェアデュエットを選ぶと良いです。


なぜ細毛に対応できるのかと言うと、ライトシェアデュエットには照射ヘッドを調整することができる機能があるからです。細毛や産毛などがある背中の毛や顔周りの脱毛には、小さいサイズの照射ヘッドを使ってしっかり脱毛します。


また、以前エステなどで脱毛したことがある人は毛が細くなっているので、そのような人にもライトシェアデュエットは向いています。


完全無痛ではないので痛みに極端に弱い人は注意


医療脱毛はエステ脱毛よりも効果がある代わりに、痛みを感じます。ライトシェアデュエットは痛みを感じにくい機種ですが、完全無痛ではありません。痛みに極端に弱い人は、ライトシェアデュエットの痛みにも耐えられない可能性があります。


契約前に体験などで痛みがどのくらいあるのかテストしておくと良いです。痛みがつらいようでしたら、ライトシェアデュエットではなく医療脱毛以外で脱毛する方が向いています。


また、痛みを軽減するために、事前に麻酔クリームを塗ってから施術をしてくれるクリニックもありますので、痛みを不安に感じたらクリニックで相談してみるといいでしょう。


頑固な剛毛を脱毛したい人は違うレーザーが合うことも


頑固な剛毛を脱毛したい人はライトシェアデュエット以外の機種が向いている場合もあります。ライトシェアデュエットは、太い毛にも細い毛にも反応するバランスが良い機種なので、濃いムダ毛もしっかり脱毛できます。


毛深いからライトシェアデュエットでは効果がないかもと心配に感じるかもしれませんが、一般的な女性の毛深い程度ならライトシェアデュエットで充分です。


ですが、男性のヒゲなど極端に濃い箇所の場合はライトシェアデュエットよりも出力が強い機種の方が適しているケースもあるのです。


ただし、ライトシェアデュエットは痛みを感じにくいように最小限の出力で脱毛していますが、他の機種だと出力が強い分痛みも強いので、その点は注意してくださいね。



ライトシェアデュエット脱毛の期間と頻度


ライトシェアデュエット脱毛で永久脱毛の状態になるまでには、どれくらいの期間と頻度で通う必要があるのでしょうか。



永久脱毛できて効果も高いからといって、期間が長すぎたり通う頻度が多すぎると続けるのも大変ですよね。気になる脱毛の期間と頻度について見ていきましょう。


通う期間は約1年~1年半が目安


まずは脱毛期間についてです。ライトシェアデュエット脱毛で永久脱毛するには、約1年~1年半通う必要があります。一見長く感じますが、エステ脱毛の場合は2~3年もかかるので、2年かからずに永久脱毛効果を得られるのはとても早いのです。


ライトシェアデュエット脱毛は医療脱毛なので、毛根組織(毛根・毛乳頭)を破壊して脱毛します。それに対して、エステ脱毛は毛根にダメージを与えて毛の成長を一時的に減毛する制毛処理を行っています。毛根組織を破壊する行為は、医療脱毛でしか行えません。


また、エステ脱毛よりもレーザーの出力が強いので、1回あたりの施術の効果も高いです。これらのことが、エステ脱毛よりも期間が短くなる理由です。ですが、脱毛する部位やその人それぞれの毛の濃さが違うので個人差も大きいです。


1年半を越えたら全員が脱毛を終了できるわけではないことも頭に入れておくといいでしょう。


頻度は1~2ヵ月おきに5~6回


次に脱毛の頻度についてですが、通う頻度は1~2ヵ月おきに5~6回なので、とても少ないです。1~2ヵ月あけて次の照射をするのは、1回あたりの脱毛効果を高めるためです。


毛には毛周期があって、将来ムダ毛となる予備軍が皮膚下に眠っています。その毛根が成長してきた段階でレーザーを照射した方が、効果的に脱毛ができます。5~6回照射すればほぼ全部の毛にレーザーがあたるので、毛が生えてこなくなります。


エステ脱毛では、1~2ヵ月おきで20回前後も照射しなければいけないので、5~6回は通う頻度も少なくて続けられそうですね。


通う期間が短いので費用も低く抑えられる可能性が


ライトシェアデュエットは医療脱毛なので、エステ脱毛に比べて料金が高いと思うかもしれませんが、実は医療脱毛の方がトータルの料金が安い場合も多いのです。


エステ脱毛で1回あたりの料金が安いとしても、通う期間も長いし頻度も多いので費用がどんどん増えていきます。一方、医療脱毛は1回あたりの金額が高くても、通う期間も短く頻度も少ないです。


エステ脱毛でなかなか効果が出なくて何年も通うよりも、医療脱毛で短い期間で脱毛を終わらせた方が、結果的に費用も安く抑えられる可能性が高いのでおすすめです。



ライトシェアデュエットの痛みは?vioに向いてる?


ライトシェアデュエットは痛みを感じにくい機種であると説明しましたが、痛みを不安に感じる人も多いです。痛みを感じるけれど、脱毛したい時はどうしたらいいのでしょうか。


ハイジニーナ脱毛

また、ライトシェアデュエットがvioや顔などの細かい部分に向いている理由についても紹介します。


ミニサイズの照射ヘッドで細かな部分にも対応


ライトシェアデュエットは本来、大きなヘッド(35mm×22mm)で広範囲を照射していきます。ですが、これではvioや顔などの細かい部分に照射するのは難しいですよね。ライトシェアデュエットが細かな部位にも対応できるのは、照射ヘッドが調整できるからです。


なんと、大きなヘッドだけでなくミニサイズ(9mm×9mm)の照射ヘッドを使うことも可能なのです。細かい施術をする時には、ミニサイズのヘッドに変えることで細かい箇所にも、しっかりレーザーを当てることができます。


ちなみに、ライトシェアデュエットのデュエットという名前の由来は、大小両方のヘッドが使用できるという意味が込められているのです。名前にも使用されているのでこれは、ライトシェアデュエット特有の大きな利点だということがわかりますね。


心配なら痛み止めの麻酔に対応しているクリニックを選ぶ


ライトシェアデュエットは吸引&冷却しながら脱毛していくので痛みは軽減されることはわかりましたね。また、照射する光の中でもダイオードレーザーという光の種類は痛みが少ないのです。


それでも痛みが心配なのであれば、痛み止めの麻酔に対応しているクリニックを選ぶことをおすすめします。麻酔すればさらに痛みを感じにくくなるので、ほとんど痛くない状態で脱毛することができます。



ライトシェアデュエット口コミ!おすすめクリニックも


ライトシェアデュエットを実際に使用した人の口コミを見れば、ライトシェアデュエットの脱毛効果もよりわかります。



使用感・痛み・効果・費用・期間などの口コミと、おすすめの脱毛クリニックを紹介します。


効果があった?なかった?口コミまとめ


ライトシェアデュエット口コミを見ると、痛くない・痛みは少しちくっとする程度・つるつるになった・効果が高い・照射もれがない・施術が早い、などの意見が多いので、高い効果が期待できます。


痛みもあまりなく、施術も早くて効果も高いので一度試してみてはいかがでしょうか。


https://twitter.com/piano1731/status/744478497721065473

https://twitter.com/ComTunes/status/689694827617738752

https://twitter.com/Radiotom14/status/468706068365725697

https://twitter.com/underhairlabo/status/382450248339030017


おすすめクリニック紹介


おすすめの脱毛クリニックとして、「リゼクリニック」と「アリシアクリニック」を紹介します。まずは、「リゼクリニック」です。


リゼクリニックは予約キャンセル料、剃毛料、カウンセリング料、肌トラブル保証、コース解約料などが全て無料なのが特徴です。


脱毛は料金が高いので、脱毛以外に追加料金がかからないという点はとても大きなメリットです。料金設定も明確なので、脱毛料金のみ払えば他はお金の心配をしなくて済みます。


脱毛クリニックの中には、脱毛料金ではリゼクリニックより安くても、キャンセル料やカウンセリング料、などでどんどん追加費用がかかって高額になってしまうクリニックもあります。リゼクリニックは明確な料金設定と優秀なスタッフの施術で人気を得ているクリニックです。


次に、「アリシアクリニック」です。アリシアクリニックもリゼクリニックと同じで、キャンセル料・解約手数料・カウンセリング料などが無料です。


さらに月額プランがあるので、分割で支払いが可能です。一括でまとまったお金を用意するのが難しい人でも、月ごとに返済できるプランであれば、すぐに脱毛を開始することができます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする