抹茶パックでシミの悩みを解決!その効果と作り方を紹介 |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

抹茶パックでシミの悩みを解決!その効果と作り方を紹介

抹茶パックがシミに効く?知りたいその効果


年齢を感じさせてしまう肌悩みのナンバー1、シミ。



メイクで頑張って隠そうと思っても隠し切れず、老けて見えてしまうのが悩みのタネですよね。そんなシミには抹茶を使った手作りパックが効果的なんです!


カテキンの抗酸化作用で活性酸素除去


抹茶に豊富に含まれるカテキンには高い抗酸化作用があり、シミやシワの原因となる活性酸素を除去して若々しい肌を保ってくれます。また、紫外線を吸収する働きもあるので紫外線が肌の奥に侵入するのを防ぎ、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えます。


ビタミンCがターンオーバーを促進し、古い角質を除去


抹茶には美白ビタミンと呼ばれるビタミンCが多く含まれています。ビタミンCはメラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きがあるため、シミができるのを予防します。


また、ターンオーバーを正常化してくれるのでできてしまったシミを古い角質を共に外に排出するお手伝いも!ビタミンC自体もメラニン色素を無色化する作用があるため、すでにできてしまったシミにも高い効果を発揮するんです。


二つの相乗効果でシミやそばかすに効果を発揮


カテキンとビタミンCの相乗効果で日焼けや外からの刺激などによってできてしまうシミやそばかすを予防しながら改善に向かわせます。シミに対する効果だけでなく、肌自体も若く美しくしてくれる成分なのでアンチエイジング効果も抜群です。



手作り抹茶パックで美白に


抹茶パックは簡単に手作りが可能!



材料を混ぜるだけでできちゃうんです。


たった3つの材料を混ぜるだけ


【材料】

  • 抹茶:小さじ1(粉末状の緑茶でもOK)
  • 小麦粉:小さじ2
  • 水:適量


【作り方】
抹茶と小麦粉を混ぜてペースト状になるまで水を少しずつ足しながら混ぜるだけ!練れば練るほど粘りが出るので、肌に乗せて落ちないくらいの粘度になったらOKです。耳たぶくらいの柔らかさが目安です。


なるべく新鮮なもので作り置きするなら粉類だけ


抹茶パックは作り置きができません。時間が経ってしまうと成分が変化してしまうため、抹茶の効果がほぼなくなってしまいます。抹茶パックに使うために細かくした粉類は置いておいても大丈夫ですが、抹茶パック自体は作ってからすぐに使うよう心掛けましょう。


5-10分放置、長くても15分以内にはがす


綺麗に洗顔した清潔な肌にパックを塗っていきましょう。時間がある場合はパックをする前に温かい蒸しタオルなどを顔に乗せて毛穴を開いてから抹茶パックをするとより効果的です。


顔にパックを塗ったら5分~10分放置して、パックが完全に乾ききる前にぬるま湯で洗い流しましょう。パックが完全に乾いてしまうと肌に負担がかかりすぎるので15分以上は放置しないように!



抹茶パックにヨーグルトやはちみつで効果プラス


抹茶パックに美肌効果の高いヨーグルトやはちみつをプラスするアレンジでさらに高い効果を得られます!



乳清がターンオーバーを促しニキビ予防に


ヨーグルトに含まれる乳清は角質を柔らかくして余分な角質を取り除いてくれるため、ターンオーバーを促して美白効果を発揮します。抗炎症作用があるためニキビや肌荒れの予防効果も。


肌に浸透しやすく、より高い美肌・保湿効果


乳清はビタミン・ミネラル・タンパク質が豊富でとても肌に近い成分です。そのため、保湿力に優れていて成分の浸透を助けてくれるので、緑茶パックの効果を最大限に発揮します。


毛穴の黒ずみや汚れにも効く


はちみつには毛穴の黒ずみの原因となる角栓をケアするグルコン酸が含まれています。保湿効果も高く、はちみつを加えたパックをすると毛穴の黒ずみがなくなりふっくらとした肌になります。



小麦粉がだめなら抹茶パックはできない?


小麦粉アレルギーの人は通常のレシピでの抹茶パックに注意が必要!



小麦粉はつなぎとして使われているだけなので、小麦粉なしでも緑茶パックは作ることができます。安心してくださいね。


小麦粉の代わりにヨーグルトだけでも可能


小麦粉を使わず、抹茶と水だけでもつくれますがそれだと粘り気がなくて肌に塗りにくいです。そんなときは、ヨーグルトをつなぎとして使う方法がおすすめ。美肌効果も高くなり、一石二鳥です。


実践前に必ずパッチテストを行う


小麦粉にアレルギーがなかったとしても、元々肌の弱い人や何かしらアレルギーがある場合は必ずパッチテストを行ってください。腕の内側など肌の柔らかいところに緑茶パックを少量つけて10分ほどおいてみましょう。


これで赤みが出たり、刺激を感じるようであれば抹茶パックはやめておいたほうがいいです。


週1-2回目安で継続するほど効果を実感


抹茶パックは週に1~2回程度に抑えておきましょう。あまり頻繁に行うと肌に負担がかかりすぎてしまうので、逆効果になってしまう場合もあります。自分の肌の状態を見ながら多くても週に3回にしておきましょう。



抹茶パックで簡単美肌に


抹茶パックは肌にとって嬉しい効果がたくさん!



アンチエイジング効果が高く、シミやシワの予防はもちろん肌年齢自体を押し上げてくれます。ただ、肌に対する刺激は強めなので使用する前は必ずパッチテストを行うようにしてくださいね。アレルギーを持っている人も注意が必要です。


毎日のケアに抹茶パックをプラスして、若々しくハリのある肌に。抹茶は肌に塗るだけでなく、飲んでも体にいいので抹茶を上手に活用しながら、体の内側と外側から若さ溢れるパワーを引き出しましょう!