この記事が気に入ったらシェアしよう!

メラノサイトを活性化して白髪を減らす方法とは?

白髪はメラノサイトの減少が関係


年々増えていく白髪にお悩みではありませんか?



染めずに放っておくと周囲に疲れた印象や老けた印象を与えてしまう厄介な白髪。白髪の増えるメカニズムを知って、できるだけ白髪が増えるのを食い止めましょう!


白髪のメカニズム


日本人の髪の毛はダークブラウン~黒の色味です。これは毛根で黒い色素(メラニン)を作り出して、髪の毛に着色しているからです。しかし、加齢やホルモンバランスの乱れが原因でメラニンが正常に作られなくなると色素がない白髪が生えてくるのです。


白髪を増やす原因


メラニンを作っているのが毛根の毛母細胞にあるメラノサイトという細胞です。このメラノサイトはストレスや体内の変化に極端に弱く、加齢やホルモンバランスの乱れ、疲労やストレスで簡単に壊れてしまいます。


白髪とメラニンの関係


急激なストレスで一気に白髪が増えてしまった場合、ストレスの原因を取り除くことによって再びメラニンが作られるようになります。毛先は白髪なのに、毛根は黒いという髪の毛が多ければ一時的な白髪でしょう。


しかし、一度メラニンが作られなくなった毛母細胞はほとんどの場合復活しません。休止している毛根から生えてくる髪の毛が白くならないように、なるべくメラノサイトを守る生活を心がけましょう。



メラノサイトを増やす・黒髪の復活には内側の改善がキー


前述のとおり、白髪を予防するには体内環境を整えることが一番です。


白髪 生え際

実は、体が飢餓状態になったときに一番不要な部分と判断されるのは髪の毛で、体調が悪くなるとすぐに白髪や抜け毛が増えてしまうと言われているんです。


髪の素は血液


白髪の原因の一つが血行不良です。髪の毛のもととなるたんぱく質や、メラノサイトが活発に活動するための栄養はすべて血液に乗って運ばれます。


頭皮が固く、毛細血管の血液量が減少したり、栄養分が不足しているとあっという間に白髪になってしまいます。バランスのいい食事を規則正しく食べる事で、血中の栄養素を一定に保つことができますよ。


白髪が増えやすいタイミング


メラノサイトがダメージを受けるのは、体がストレスを感じた時です。「季節の変わり目」「更年期などのホルモンバランスが変化するとき」「不規則な生活で疲れが溜まっている時」は要注意。意識して休息を取って、ストレス解消に努めましょう。



メラノサイトを活性化する習慣・刺激ホルモンを・・


それでは、具体的に白髪対策のために習慣づけたい事をご紹介します。


睡眠 熟睡

どれも簡単な事なので、できる事から始めていきましょう。


ストレスを溜めない


意外と難しい事なのですが、一番重要なのがストレスを溜めないことです。ストレス解消にお勧めなのがヨガやアロマなど、リラックス効果の高いものです。激しい運動やお酒はかえって活性酸素を増やし、メラノサイトを攻撃してしまいます。


質の高い睡眠をとる


ストレス解消や疲労回復に一番効果的なのは質のいい睡眠です。成長ホルモンが活発に分泌され、疲労回復効果が高いのが22時~翌2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間です。この時間を含めた6~8時間眠るようにしましょう。


質のいい睡眠は新しい細胞を活発に作り出します。白髪を予防するだけでなく、健康な髪の毛がどんどん作られるようになりますので欠かさないようにしましょう。


適度な運動をする


息が切れるほどの激しい運動や激しい筋肉痛に襲われるほどのトレーニングは体にとってストレスになってしまいますが、おしゃべりができるくらいのジョギングやウォーキングは血行を促進し、白髪予防に効果的です。


1日30分~1時間を目安に日常生活にプラスする程度で大丈夫なので、少しの距離なら歩く、のように運動量を増やしてみましょう。


タバコを減らす


タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させてしまう作用があります。もちろん頭皮の毛細血管も収縮してしまい、髪の毛に必要な血液が届かなくなってしまいます。体内の酸素量も減少し、疲れやすくなってしまいますので、可能な限り減らすようにしましょう。


白髪に湯シャンがおすすめ


シャンプーに含まれる洗浄剤が頭皮へのダメージとなっている人は意外と多いと言われています。スーパーでも買えるシャンプーの多くは洗浄力が強すぎて頭皮の乾燥を招いてしまいます。


何日かに一度は整髪料をお休みし、お湯だけで汚れを落とす「湯シャン」を試してみるのもおすすめです。お風呂の前にしっかりブラッシングし、5分~10分じっくりお湯で流すだけですが、頭皮のうるおいを守りつつ汚れを落とすことができますよ。


刺激ホルモンを抑えることも大事


他にも白髪にとって良くない習慣がたくさんあります。紫外線や栄養不足、怒りや悲しみなどの情緒不安定さもメラノサイトを刺激する刺激ホルモンを分泌してしまう原因となります。なるべくポジティブでいられるように心がけましょう。



メラノサイトを改善する食事とサプリ・チロシナーゼを・・


メラノサイトがメラニンを作り出すのにはチロシナーゼという酵素が欠かせません。



このチロシナーゼも栄養不足やストレスであっという間に減ってしまうと言われているので注意が必要です。


チロシナーゼを働かせ白髪改善


チロシナーゼを活性化するには「銅」「亜鉛」が欠かせません。またメラノサイトを活性化する「ビタミンB群(B12、葉酸)」「ヨード」やメラニンの原料のひとつである「チロシン」も不足しないように心がけたい栄養素です。


白髪に良い栄養と食べ物


健康な髪の毛には海藻、と言われるのは海藻類にヨードが多く含まれるからです。ビタミンB群、チロシン、銅がバランスよく含まれる大豆製品も積極的に摂りたいところです。


白髪に必要な栄養素が含まれる食品は意外と幅広く、肉類、野菜類、魚介類、乳製品など多岐に渡ります。極端に偏った食事をしなければ大丈夫なので、満遍なく食材を食べるよう心がけましょう。


白髪におすすめのサプリ


「白髪 サプリ」で検索するとたくさんのサプリメントが出てきます。チロシンがメインのもの、亜鉛や銅がメインのもの、アンチエイジング効果を狙ったものなど様々ですが、注意したいポイントは総合的に栄養素が補えるかどうかです。


栄養素をきちんと働かせるにはそれぞれ補助酵素が欠かせません。白髪を改善するためには「この栄養素だけ取っていれば安心」ということはないので、なるべくたくさんの栄養素が入ったサプリを選びましょう。


避けるべき食べ物


亜鉛の吸収を阻害するコーヒーや、血管を収縮させてしまう白砂糖を多く使ったお菓子、血中コレステロールや中性脂肪を上昇させ、血流を滞らせてしまう揚げ物は白髪の原因となってしまいます。全く食べないようにする必要はありませんが、なるべく避けるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする