この記事が気に入ったらシェアしよう!

筋膜リリース注射ってどんなもの?その効果や治療内容とは?

様々な痛みの原因のトリガーポイントって?筋膜リリース注射で解消しよう!



肩・腰・膝などが長年痛むという慢性痛の原因の7割近くは、痛みを感じる場所とは別の場所に存在するのです。肩こり・腰痛など様々な痛みにはトリガーポイントと呼ばれる痛みの原因があります。トリガーポイントという言葉を知っていますか。


「トリガー」をそのまま訳すと「引き金」という意味です。トリガーポイントは痛みを感じる引き金になる場所のことで、トリガーポイントを押すと、押した部分とは別の箇所が痛みます。


拳銃の引き金を引くと、銃弾が離れた場所に飛ぶように、トリガーポイントも離れた場所が痛むというイメージです。トリガーポイントを治療しなければ身体の痛みはとれないのに、痛いと感じるところを治療してしまい、慢性的な痛みに苦しむ人も多いのです。


これを改善する方法として、筋膜リリース注射がありますがどのような効果があるのか気になりますね。トリガーポイントとは何か、痛みの解消法にはどんなものがあるのか、筋膜リリース注射とは、など紹介します。


硬いしこり


慢性的な痛みを感じている場合、トリガーポイントがどこにあるかわかるといいですよね。肩や腰を押してみてください。少しずつ場所をずらしながら押していくとコリコリをした硬いしこりのようなものを感じることがあります。


ここが、痛みの引き金であるトリガーポイントです。このトリガーポイントをほぐしてあげることで、長い間悩まされ続けた痛みが解消する可能性があります。


トリガーポイントがなかなか見つからないという場合も多いのですが、それはトリガーポイントが痛みを感じる場所から離れたところにあるからです。腰や肩が痛くても、トリガーポイントが首や腕周辺にあることもあります。


押すと痛い


トリガーポイントである硬いしこりは、押すと響くような鈍い痛みを感じることがあります。これは筋肉が収縮してこわばっている状態です。この痛みを感じたら、そのまま放置せずに治療する必要があります。


そのまま放置してしまうと、やがてトリガーポイントは全身に広がり続けて、身体のあちこちが痛いという状況を作り出してしまいます。そうならないうちに、痛みの原因を適切な治療で取り除いてあげるのが大切です。


マッサージでは解消しきれないことも・・


トリガーポイントをほすぐ方法として、マッサージが思い浮かびますが、残念ながらマッサージでは筋肉のコリは完治しません。場合によっては、マッサージで余計に筋肉が硬くなってしまって、こりを悪化させてしまう可能性もあります。


トリガーポイントのコリを解消するには、筋膜リリース注射が効果的です。筋膜とは、筋肉を覆っている薄い膜のことで、筋肉を束ねて、内臓など身体の臓器の位置を正しく保っています。


リリースはそのまま訳すと、「戻す」という意味ですから、筋膜リリースは筋膜を正しい状態に戻すということになります。長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が悪かったりなど様々な原因によって身体にゆがみ、ねじれ、筋肉が固まる、という現象が生じます。


筋膜を刺激することで、筋肉が正しい位置に戻ります。筋膜リリースの方法には、ストレッチで筋肉を伸ばすのが一般的ですが、強い痛みには「筋膜リリース注射」でダイレクトに筋膜に働きかけるのが効果的です。



効果テキメン?筋膜リリース注射の効果とは?


慢性的な身体の痛みのもとであるトリガーポイントのコリを解消するには、筋膜リリース注射がおすすめです。効果が高いと言われる理由はどこにあるのでしょうか。ここからは、筋膜リリース注射の驚くべき効果について探っていきましょう。


筋膜を剥がし痛みを取る

トリガーポイントは筋肉が凝り固まってできています。注射で直接薬液を注入し筋膜の癒着を剥がすことでコリや痛みを解消する方法であることを書いてください。

トリガーポイントの箇所では筋肉はどのような状態なのでしょうか。コリコリとした硬いしこりは、筋肉が凝り固まっている状態です。


筋膜がコリ固まっていると、筋肉も収縮してスムーズに動きませんし、関節の可動域も狭まってしまいます。筋膜を柔らかくほぐして筋肉の動きをよくするのが筋膜リリースですが、注射でも筋膜リリースができます。


コリを解消するのは、筋膜を剥がして痛みを取ることがポイントとわかりました。筋膜リリース注射では、筋膜に直接薬を注入して、筋膜の癒着・委縮を剥がして正常な状態にもどします。その結果、コリや痛みがとれてコリコリしたしこりがなくなるのです。


痛みをピンポイントで治療できる


筋膜リリース注射は、極小針を使用して直接注射していきます。そのため、痛みを感じる場所をピンポイントで治療できるというメリットがあります。


注射直後すぐに効果を実感!


痛みを感じる場所に直接注射するので、筋膜リリースの方法の中ではストレッチなどよりも即効性が期待できます。注射をした直後から痛みが引いていくのを実感できるので、我慢ができないほどの痛みが強く出ている場合にはとてもおすすめの方法です。


例えば筋膜のコリが原因で腕が回らないという症状の場合、筋膜リリース注射をした直後には、腕がぐるぐる回るようになるなど、驚異的な即効性があるのです。



筋膜リリース注射に使われる生理食塩水って何?その成分とは?


筋膜リリースには、注射針を使用して体内に直接薬剤を注入すると説明しましたね。この時使用する薬剤成分は、「生理食塩水」です。この生理食塩水とは一体何なのか気になりますよね。身体に直接入れるものですし、副作用や安全性も知りたいものです。


そこでここからは、筋膜リリース注射に使用されている「生理食塩水」とはどんなものなのか、副作用や危険性はあるのか、など気になるところを解説していきます。


体液とほぼ同じ塩分濃度の水溶液


「生理食塩水」は、人の体液とほとんど同じ塩分濃度の塩化ナトリウム水溶液です。熱中症の水分補給として、生理食塩水は飲用されています。


また、医療現場では点滴として用いられることもあり、点滴や鼻洗浄などにも使われています。薬剤を混ぜる際にも使われていて、注射や点滴で複数の薬剤を入れる時に役立っています。人間の体液とほぼ等張なので浸透力が高いです。


合併症がほとんどない!


生理食塩水は、人の体液と似ているので、体内に注入しても安全です。刺激も少なく、痛みや炎症などの合併症がほとんどありません。目や鼻に直接いれても大丈夫なものなので、副作用もなく、筋膜リリース注射はとても安全ということがわかりますね。



肩こりや腰痛は筋膜リリース注射で治療できる!その方法とは?


肩こり、腰痛、膝痛、などは筋肉リリース注射が効果的ということがわかりましたが、筋膜リリース注射の具体的な方法も知りたいですよね。


どこで注射ができるのか、どのようなやり方でトリガーポイントを見つけて注射をするのか、注射をする適切な頻度はどのくらいか、値段はいくらか、など気になるポイントがたくさんあります。筋肉リリース注射について知りたいことを、それぞれ順に見ていきましょう。


医療機関での治療


筋膜リリース注射を受ける場合は、医療機関で治療することができます。トリガーポイントを探し、筋膜に直接注射していくので専門的な知識が必要になる医療行為です。筋膜リリース注射の専門外来がありますから、受診することになります。


いくつか専門外来を紹介します。


目黒通りハートクリニック 東京都目黒区鷹番1-10-2

参照:http://meguro-heartclinic.com/kinmakurelease/


木村ペインクリニック 群馬県前橋市西片貝町3丁目379-1

参照:http://www.kimura-painclinic.com/interfascial-injection.html


自由が丘クリニック 東京都目黒区八雲3-12-10

参照:https://jiyugaokaclinic.com/medical/エコーガイド下筋膜リリース注射/


トリガーポイントに直接注射


筋膜リリース注射は、医師の診断でトリガーポイントに直接注射をしていきます。トリガーポイントは、エコーで探していきます。昔は、手探りでトリガーポイントを探していたのですが、近年はエコー画像で筋膜を確認して、ピンポイントに直接注射できるようになりました。


そのため1回注射するだけでも効果があり、注射の直後から腕が上がりやすくなったり、首が回りやすくなったり、と効果を実感できます。


手順としては、医師が最初に問診をします。この問診で、痛む場所、普段の姿勢、生活習慣、などから複合的に判断をして痛みの元のトリガーポイントを大きく予測します。


次に、予測した筋膜が癒着していそうな部分を中心に、エコー画像で筋膜のコリを探します。エコーを見て白い束が筋膜が癒着している部分です。


筋膜の確認ができたら、エコーを見ながら筋膜に生理食塩水を直接注射していきます。症状がひどい場合は、複数注射します。注射をすると、エコーですぐに筋膜がはがされていくのが確認できます。エコーでは、白い束がはがれて黒くなるので、簡単に確認することができるのです。


一度に複数箇所治療も可能


身体の痛む箇所が1箇所ではない場合、その箇所ごとに何回も病院に行かなければいけないのは大変ですよね。クリニックによっては、一度に複数箇所治療が可能なところも多いです。


痛みの場所や、前回筋膜リリース注射との頻度など、問診結果から複数箇所の治療ができる場合もあるので医師に相談するといいでしょう。


保険適用外


筋膜リリース注射は保険適応外ですので、全額負担となることを書いてください。医療機関によって異なるとは思いますが相場の金額も紹介してください。

筋膜リリース注射は保険適用外です。そのため、3割負担ではなく全額負担になります。1箇所あたりの料金相場は、クリニックによって異なりますが、だいたい20000円くらいです。


1箇所毎に料金がかかってくるので、複数箇所治療する人が高額になるので注意してくださいね。また、初回お試しの場合は、料金がやすく設定されているところもあるので一度試してみるといいですね。


コラーゲンが筋膜を柔らかくする?


コラーゲン接種の変化

コラーゲンはタンパク質の一種で、私たちの体を構成している大事な成分です。どれだけ含まれてるかというと、体重比でみると約60%が水分にあたり、約20%がタンパク質で、約15%が脂肪、残りが無機質という構成です。そして、この約20%占めているタンパク質のうち、その約30%がコラーゲンなのです。


コラーゲンの働きは、細胞同士を結び付けたり、支えたり、といった役割を担っていますが、皮膚や骨、軟骨を構成している成分でもあります。コラーゲンが劣化することで、皮膚の衰えや、骨や軟骨の動き、働きなどが鈍くなってしまうので、常に新しく補給していきたい成分です。


サプリメントで摂るコラーゲン


ニッピコラーゲン100

サプリメントで摂るコラーゲンは、せっかく摂取しても分解されてしまい、アミノ酸として吸収されてしまうので、食品でないと効果が弱いのでは?といわれてきたことがありました。


ニッピコラーゲン 接種

しかし、コラーゲン接種による研究発表ではコラーゲンペプチドが体内に吸収され、効果が出ているという発表がありました。コラーゲン非接種の状態より、コラーゲン接種の状態のほうが良好になっているのが研究により発表されています。


※コラーゲンペプチドとは、コラーゲンを酵素分解し、分子量を小さくすることで作られたものです。主に、魚や牛、豚から作られることが多い。


コラーゲンペプチドで筋膜をほぐす


ニッピコラーゲン100

ニッピコラーゲンって知っていますか?

粉末タイプの手軽に摂れるコラーゲンで、ニッピという会社が1932年よりゼラチン研究をはじめ、1960年にやっとできあがった技術で作られたコラーゲンサプリです。


それまで不可能とされていたコラーゲンなのですが、とうとうこのときにコラーゲンを水に溶かす技術を確立し、ニッピが申請し、その技術の特許も出願されたのがきっかけでコラーゲンが広く応用されることになったんですね。


ニッピのコラーゲンのクオリティには、知る人ぞ知るという感じで、根強いファンが結構いるということですが、このニッピコラーゲンを代表とする粉末コラーゲンは、体内への吸収にこだわったニッピのコラーゲンペプチド分解方法で作られています。


ニッピコラーゲン100初回お試し 詳細はこちら



ニッピコラーゲン100

純度100%のコラーゲンが1日スプーン1杯で5,000mg(5g)も配合されています。無味無臭で熱にも強く、冷たいものでもさっと溶けるので、コーヒーに入れても、お味噌汁に入れてもOK。ペットボトルのお茶や水でもOKです。


毎日スプーン1杯5gとっても、約17kcalなので、太る心配もありません。有名人では、体操で金メダリストになった人のお母さん「内村周子さん」も愛用中ということです。


毎日、定期的に摂れるので、自然に関節痛や肩こり、腰痛を治したい人にもおすすめです。お試し約20日分999円(税込)なので、気軽に試せるのがいいですね。


ニッピコラーゲン100初回お試し 詳細はこちら




この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする