老眼の本当の原因!スマホを見過ぎると老眼になるの? |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

老眼の本当の原因!スマホを見過ぎると老眼になるの?

老眼の原因とは?目の筋肉の老化?


老眼とは45歳前後から始まる目の老化現象をいいます。小さな文字や近くが見えにくくなったり、明るいところでは見えても薄暗くなると見えにくいのも特徴です。



目には水晶体というカメラでいうとレンズにあたるものがあり、この水晶体が近くを見るときは厚く、遠くを見るときは薄くなるようにピント調節を行ってものを見ることができます。


加齢により老眼になると、水晶体が硬くなるので弾力性を失います。ピント調節の機能が衰え、ピントがうまく合わなくなるので近くが見えにくくなります。


目の筋肉の衰えも原因に


水晶体を支えている網様体という筋肉は、伸縮して水晶体の厚みを変化させる機能があるのですが、加齢により毛様体筋が衰えてくると近くを見るために水晶体を厚くするのが困難になり近くが見えにくくなります


目を酷使すると老眼に似た症状も


老眼になるような年齢でなくても目を酷使すると、ピントを合わせるため毛様体筋に負担がかかり目のピント調節力が低下します。特に目を使うことが多い仕事、長時間パソコンやスマホの画面を見る方は老眼に似た症状が出ますので注意が必要です。



スマホで老眼になる?その原因


スマホを長時間使用し、目を酷使し続けると夕方ごろ老眼と同じような症状になるスマホ老眼の人が近年増えています。この症状のほとんどが一時的なものですが、繰り返すうちに症状が重くなったり老眼を早める危険があるともわれています。



普段からスマホを使う時間のルールを決めたり、目から少し離して見るなど、なるべく目に負担がかからないような心がけが大切ですね。


スマホ老眼の原因は毛様体の使い過ぎ


スマホ老眼は医学的には調節緊張と呼ばれ、近くを見続けたために一時的に老眼のような症状が現れることです。


スマホを見続けると、毛様体筋が近くにピントを合わせたままになり、元に戻りにくくなります。スマホから顔を上げたとき、遠くがぼやけたり見づらいと感じてうまくピント調整できないときは、目の筋肉が緊張して負担がかかっている状態なのです。


近くが見えにくい以外の症状も


スマホを見続けて同じピントに合わせているとピントが固定されたままになり、老眼の若年化を招きます。他にも目のかすみ・ドライアイ・薄暗いと見えにくい・今まで感じなかった眩しさを感じる・肩こり・頭痛などの症状が現れる場合もあります。


このようにスマホ老眼を放置するとさまざまな悪影響があるので改善が必要です。



近視の人も老眼に注意!老眼の原因


近視とはもともと近くにピントが合っている状態なので、水晶体が近くを見るために厚さを変える必要がありません。



近くが見えて老眼を自覚しにくい状態といえるので、近視の人は老眼にならないとか、なりにくいなどいわれることもあります。しかし、水晶体の老化は全ての人に平等に起こっているので、個人差はありますが近視の人も老眼になります



老眼の原因に負けない!予防と対策


老眼の症状が現れると毎日の生活が何かと不便に感じるようになります。



少しでも老眼の症状を予防、回復させるために簡単にできる目のトレーニングを生活習慣に取り入れてみましょう。


老眼回復のトレーニング「遠近トレーニング」


近くと遠くを交互にみるトレーニングをすると毛様体筋を鍛えると同時に、凝り固まった毛様体筋のストレッチににもなります。腹式呼吸を意識して、吸うときに近くを、吐くときに遠くを見ましょう。


※腹式呼吸を意識して、吸うときに近くを、吐くときに遠くを見ます。

1.鉛筆やボールペン(なければ指)を目の前15㎝ぐらいの位置に立てます。

2.目の前の鉛筆とその延長線(一直線上)にある、できるだけ遠くの木や建物などにピントをあわせて交互に見ます。

3.近くと遠くを30往復(約1分)ぐらい行ってください。


「ピンホールメガネ」で老眼改善


ピンホールメガネとは、メガネのレンズの部分に無数の小さな穴が開いていて、その穴から外を見ると遠くのものがくっきりと見えるというトレーニングメガネです。100円ショップでも購入できます。


このメガネをかけて、小さな穴からテレビを観たり読書をしてみましょう。疲労している毛様体筋がほぐれて、老眼の症状を緩和させてくれます。



老眼は治療できる!?原因を取り除こう


加齢の影響でほとんどの人が老眼になってしまいますが、前記したように老眼になる前から予防を行えば進行を遅らせることができます。



また近年では老眼を治す最新の治療もありますので、参考にしてみてくださいね。


老眼治療用レンズ「レインドロップ」


「raindrop」という名前の老眼治療用レンズを角膜内に挿入する手術で、このレンズによって近くのものが見やすくなります。但し、まれに視力が安定しないことがあるので、その場合はレンズを摘出します。


光の屈折力を調整「レーシック」


レーシックとは、レーザーを使用して眼球の外側にある透明の膜(角膜)を薄く削って光の屈折力を調整して近視・乱視・遠視の視力を回復させる手術です。しかし老眼は水晶体や毛様体筋の機能低下で引き起こる症状なので、通常のレーシック手術で老眼を治すことはできません。


老眼を改善するのに、老眼矯正レーシック(モノビジョンレーシック)というものがあります。片方の目は近くを、もう片方を遠くを見るように角膜を調節し、近くも遠くも見えるようにする手術です。両目で見ると遠近両用となるので老眼を改善できます。


但し、長時間パソコンや読書などをする方には適さない場合もありますので、主治医としっかり相談してから受けるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする