この記事が気に入ったらシェアしよう!

手作り米ぬかパックでスキンケアしよう!期待できる美白効果と作り方

米ぬかパックのすごい効果とは?


参照:https://www.instagram.com/p/58K4z7DeQs/?tagged=%E7%B1%B3%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF


米ぬかは昔から美容に良いと聞いていたけど顔パックにすることですごい効果を発揮してくれるって知っていましたか?


米ぬかにはアミノ酸やビタミンがたくさん含まれているので美白効果や保湿効果といった肌にとって嬉しい効果がたくさんあるんです。また毛穴の黒ずみの除去や角質除去にも役立つので肌トラブルになやんでいる人は是非試した方がいいですよ!


美容成分がたっぷりつまっている米ぬかには魅力がいっぱいあります。ではどんな魅力があるのかご紹介しますね。


米肌~まいはだ~14日間トライアル1500円 こちら



米ぬかに含まれる栄養成分


米ぬかを知らない人はいないと思いますが、米ぬかとは玄米を精米した時に出てくる茶色い粉のこと。お家で漬物を漬けたりしない家庭では捨ててしまうこともあるかもしれませんね。


米ぬかにはミネラルやビタミン類、食物繊維が豊富に含まれています。また「マンガン」「マグネシウム」「ナイアシン」といった成分も含まれていて、捨てるにはもったいない食品なんです。


美白効果の高い成分が豊富に含まれている


米ぬかには栄養成分の他にたくさんの美容効果のある成分が含まれています。特にセラミド、γ-オリザノール、ビタミン類がとても豊富で美白効果をもたらしてくれるんです。


この中でもγ-オリザノールは抗酸化作用がとても強いので肌の老化を防いでくれるだけでなく、メラニン色素が増えるのを抑止してくれるのでシミを防いでくれる成分なんです。


また米ぬかに含まれるオリザブランやセラミドには保湿効果もありますし、ビタミン類は健康でハリのある肌を保つために必要な成分です。他にも米ぬかには魅力的な成分が含まれているのですが、これだけ見ても米ぬかのすごい美容効果がわかりますよね。


こうした美容に良い成分ばかり含まれている米ぬかをパックにして使用することで、肌の黒ずみを除去したり肌の老化を防ぎ若々しい健康な肌を作り上げることが出来るんですよ。


米ぬかセラミドには保湿効果もあり


セラミドの役割は外部から与えられる刺激から肌を守るバリア機能にあります。セラミドが不足すると肌が傷つきしわやシミが出来たり、肌の水分が失われてハリを無くしてしまいます。


米ぬかに豊富に含まれるセラミドが肌のバリア機能を正常にし、美白効果や保湿効果をもたらしてくれます。


セラミドを含む米ぬかパックをすることで、肌に直接美容成分を浸透させることができます。セラミドなどの美容成分が体内で不足し始めると肌荒れや乾燥などの肌トラブルを引きおこすので、こうした美容成分は毎日取り入れていきたい成分になっています。


セラミドも他の成分同様に年齢を重ねるにつれて体内で生産される数が減ってしまうので、外部からの摂取が一番良いとされています。食事からも摂取できますが、献立を考えたりバランスを考える手間を思うと、米ぬかパックは手軽に出来るのでおすすめですよ。


フィチン酸、フェルラ酸で角質も除去


フィチン酸やフェルラ酸も美白効果の高い成分ですが、この二つがどういう成分か知っていますか?なかなか聞かない名前だと思いますが、フィチン酸もフェルラ酸も角質を柔らかくして落としやすくしてくれる働きを持っています。


食べて取り込むよりも、肌に直接使用することで黒ずみが気になる肌が白さを取り戻すようになります。


またフィチン酸はほどんどの植物類に含まれる天然成分で、抗酸化作用が強く活性酸素を抑え込んでくれます。またフェルラ酸も同様の働きを持っているので、米ぬかには体内の活性酸素を抑え込む力に優れているといえます。


活性酸素が体内に多く存在してしまうと身体にとって害となります。


活性酸素は体内に入り込んできた細菌などを撃退してくれる働きを持っていますが、体内に多く蓄積してしまうと身体や肌の老化を早めてしまったり、細菌を撃退するはずが病気に罹ってしまうことだってあります。最悪の場合がんの原因になることも。


米ぬかには抗酸化作用を持つ「フィチン酸」「フェルラ酸」「γ-オリザノール」といった成分が多く含まれているので、米ぬかはまさに美と健康の味方ともいえます。


なかには合わない人も・・


身体や肌にとって良い成分がたくさん含まれている米ぬかでも、人によっては肌質に合わないこともあるので注意が必要です。


早速試してみようと思った人もいるかと思いますが、敏感肌の人や肌が弱い人、お米やイネなどのアレルギーを持っている人は使用を避けた方が良いでしょう。


肌に合わないと、ニキビが出来てしまったり、肌が赤くなるほか湿疹が出てしまい痒くなることもあります。アレルギー持ちの人は使用する前にかかりつけ医と相談するか、まず使用をしないようにしましょう。自己判断で使用して大事にでもなったら大変です。


敏感肌や肌質が弱い人はもちろんですが、初めて米ぬかパックをする人は顔に使用する前に必ずパッチテストするようにしましょう。腕や手に試して大丈夫だったとしても顔に使用したら刺激が強すぎた、ということもあるので注意しましょう。


米ぬかパックの作り方


参照:https://www.instagram.com/p/hw195UIgVJ/?tagged=%E7%B1%B3%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF


米ぬかにはたくさんの魅力があることがわかったので、早速米ぬかパックをしてみたい!と思った人もいるのではないでしょうか?ではそんな人のために米ぬかパックの作り方や使い方といったノウハウをお教えしちゃいます!


簡単!米ぬかパックの作り方


米ぬかパックを作るには米ぬか大さじ2、小麦粉大さじ1、ぬるま湯適量が必要になります。これだけの材料でいいの?と思うかもしれませんが、米ぬかパックはとっても簡単に作れるお手軽美容法なんです!


これらの材料を混ぜるわけですが、まず初めに米ぬかと小麦粉をよく混ぜます。そのあとにぬるま湯を少量ずつ足していき、とろみがつくぐらいで完成です。あまり水分が多いとパックとして機能しなくなってしまうのでぬるま湯の量には気を付けましょう。


また小麦粉とぬるま湯の代わりにはちみつやヨーグルトを使ってみると、保湿効果がさらにプラスされたりしますので、肌に合うようでしたら試してみてください。


米ぬかパックの使い方


米ぬかパックが出来たらさっそく使っていきましょう。まずはいつものようにメイクを落として洗顔料で洗い残しがないようにきれいに洗います。軽く水分をふき取ったら米ぬかパックを顔全体か気になるところに塗っていきます。


このときに擦りながら塗ってしまうと肌を傷つけてしまうので優しく塗りましょう。米ぬかは粒が粗いのでスクラブ代わりにもなるのですが、米ぬかパックは美白や美容効果を目的としているのでここは擦らずに塗りましょう。


塗り終わったら10分ほど放置します。この間に湯船に浸かって身体を温めると、血行が良くなりお肌にも身体にも良いですよ。時間を置いたらきれいに洗い流します。洗い流すときも擦らないようにしましょう。米ぬかパックのあとはいつものようにスキンケアをして終了です。


使用頻度や保存期限、保存方法について


米ぬかパックの使用頻度は週に1~2回にしましょう。肌にはターンオーバーというものがありますので、そのサイクルを崩さないためにも毎日パックをするのは止めましょう。美容に良いのは確かなんですが、使用しすぎは肌に負担をかけることになります。


米ぬかパックの保存期限は密封容器できちんと保管した状態で1~2週間が目安ですが、なるべく早く使い切るようにします。


粉末状の米ぬかであれば封をきちんとして保管すれば保存期限などは特にありませんので、使い切るか分からない人や質が心配な人は毎回作るようにした方が良いかもしれませんね。


米ぬかに水などを入れて加工してしまうと季節によっては傷んでしまうことがあるので保存には密封容器を使用して必ず冷蔵保管してください。粉末状の米ぬかは常温保管でもかまいません。


ちょっと応用♪米ぬか&酒粕MIXで最強美白パック




作り方が少し手間ですが、普通の米ぬかパックよりも高い効果が期待できるのが酒粕を入れた米ぬかパックです。酒粕にはフェルラ酸やアルブチンが含まれているので高い美白効果をプラスしてくれます。


まず材料を揃えますが、必要なモノは米ぬか、酒粕、水、鍋です。火を使いますので扱いには注意しましょう。作り方は酒粕を鍋にちぎって入れます。水を酒粕が隠れる程度に足して火にかけます。


この時に水の量が多いと仕上がりがパックというよりも甘酒のようになり顔に塗れなくなってしまいます。


酒粕の塊、ダマが無くなったら米ぬかを少量ずつ加えていき、ペースト状になったら火を止めて冷めるのを待ちます。完全に冷めたら米ぬか&酒粕パックの出来上がりです。使用方法と保存方法は米ぬかパックと同様ですが、こちらもなるべく早く使い切るようにしましょう。



米ぬかパックの材料はどこで買える?


白米を購入する人であれば米ぬかってどこで買えるの?と思いますよね。米ぬかはスーパーなどでも売られている身近な食品です。なかなか大々的に売られているモノではないんですが、漬け物や野菜コーナーを覗けばあると思いますよ。


ただし漬け物用の米ぬかは他の食材がブレンドされている場合もあるので、米ぬかを購入するのであれば精米店で購入することをお勧めします。


酒粕はスーパーなどでも売られています。甘酒を作る人なら馴染みがあると思いますが、価格は安いもので200円前後です。米ぬかは500gでおおよそ50円~200円前後です。価格を見てもお手軽に出来る美容パックですね。


米ぬかを購入する際の注意点ですが、米ぬかは残留農薬が残りやすい部分なので無農薬のモノを選ぶようにしてください。



パックして良し、食べて良し。毎日米ぬかでもっちり美肌




米ぬかが食べれることも知らなかったし、美容にも健康にも良いなんて!と驚いた人も多いはず。実際、私も米ぬかは捨てるか漬け物に使うしかないと思っていました。


しかし、このように米ぬかの魅力を知ってしまうと使わない手はないですよね。米ぬかを食べるとしてもヨーグルトに混ぜるだけで簡単に摂れるので調理は…と気後れすることなく使用できます。使用方法などさえ気を付ければ米ぬかはまさに美容の味方です。


米ぬかを毎日食事に取り入れたり、米ぬかパックで週に1~2回スペシャルケアすることで毎日米ぬかの効果を取り入れることだって可能ですので、興味を持たれた人は是非米ぬかパックを始めてみてくださいね。


ヴァーナル 素肌つるつるセット 詳細はこちら