この記事が気に入ったらシェアしよう!

更年期から中性脂肪高くなった人必見!サポニンで血液サラサラ&肥満解消

サポニンとは?身近な食品からとるサポニン

高麗美人 最安値 お得


更年期を迎えると中性脂肪がなにかと気になってきますよね。血液の流れは体調を整えるのにとても大事ですが、どうしたら血液の流れをよくしてだぶだぶにならずに済むんでしょう?カギはサポニンにあります!


そもそもサポニンってなに?大豆サポニンとの違いは?


サポニン 高麗人参

サポニンって何でしょうか?あまりよく聞く名前ではありませんが、実はけっこう身近な存在なんです。よく茶を飲んだりコーヒーを飲んだりすると苦みを感じますよね?実はこの苦みとか渋さを感じさせる物質、それがサポニンなんです。


でもこうしてみるとサポニンって役に立つものに思えませんが、それでも健康維持に役立つ素材として注目されています。ところでサポニンと一口にいっても実はいろいろなサポニンがあります。


有名なところでいくと高麗ニンジンに多く含まれていますし、大豆に含まれているサポニンもあります。大豆にあるサポニンは抗酸化作用に優れていると言われていて、一方ニンジンに含まれているものには血流を改善する作用があります。


安全なサポニンと摂りすぎると危険なサポニン


ちなみにこのサポニンですが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言う通り、摂りすぎると良くない場合があります。特定のサポニンには溶血作用があります。もし大量に摂取してしまうと消化器系の臓器に悪い作用が出るケースがあります。


下痢が発症したり吐き気を催したりします。溶血作用によって赤血球が破壊されたり細胞膜にダメージも出ますので、サプリなどで摂取する時は必ず摂取量を指示通り守るようにしましょう。きちんと守っていれば副作用をそれほど心配することはありません。


高麗人参から摂るサポニンとは?


サポニンを摂取するのに好都合の食材は高麗ニンジンと言われています。高麗ニンジンにあるサポニンには血流を改善したり、コレステロール値や中性脂肪を低くしてくれたり、血糖値上昇を防いだり肥満防止効果があったりと男性にも女性にもうれしい効果がたくさんあります。


上のほうで書いたようにサポニンには摂りすぎるとデメリットがあるので摂取量に気をつける必要がありますが、このサポニンの含有率というのは当たり前ながら食材ごとに異なります。


そして実は高麗ニンジンに含まれているサポニンにはさきほどの毒性につながるように種類のサポニンの心配があまりありません。ですから安全にサポニンを摂取するうえで高麗ニンジンは都合の良い食材なのです。


サポニンとEPAどっちが良いの?


血流改善の効果があるとしてやはり人気の素材としてEPAという成分もあります。EPAは血液中で血栓をつくらせないようにすることで血の巡りをよくする効果があり、これによって動脈硬化とか高血圧の対策をすることができます。


中性脂肪の濃度があがったり、コレステロール値が高くなりすぎたり、血糖値があがってしまうと血液はサラサラではなくドロドロしてしまいます。


それを防ぐ役割があるのでEPAというわけですね。サポニンと比べてどちらが良いというわけではありませんが、両者を同時に摂ることも可能です。


これにはメリットもあります。例えばEPAにある不飽和脂肪酸には体の酸化を引き起こす働きがあるとされていますが、ここに抗酸化作用のある成分、例えばサポニンを組み合わせることでそれを防ぐことが可能になります。



サポニンの効果で血流改善やダイエット効果も


ダイエット中コンビニのメニュー

血液がサラサラになる?!


血液サラサラ

サポニンの効果についてもう少し詳しく見てみましょう。サポニンを摂取するとなぜ血流が改善するのかと言うと、サポニンには赤血球や血小板が集まって血の粘度があがったり固まってしまうのを防ぐ役割があるからです。


脳梗塞や心筋梗塞といった症状は血液の流れの問題によって引き起こされます。いろいろドロドロしたものやゴミがつまって流れが悪くなった水道管をイメージしてもらえれば分かりますが、流れが悪くなれば水道管が破裂してしまったりと問題が起きやすくなります。


同じように血液の流れに支障が出るとそれが原因で血管が詰まりこうした病気になりやすくなるのです。ですからサポニンによって血の粘度が低くなる、つまりサラサラすると血液系の問題を未然に防ぎやすくなります。


免疫力高める


高麗美人の効果

サポニンには免疫力を高める効果もあります。体はウイルスや雑菌が侵入すると体を守るためにナチュラルキラー細胞などによって防衛モードに入りますが、サポニンはこのナチュラルキラー細胞を活性化してくれます。


さらに女性ホルモンの分泌を促す作用もあるので、エストロゲンが一気に下がる更年期のいやな症状の緩和にも効果が期待されています。


肥満解消!中性脂肪やコレステロール下げる


サポニンは肥満解消効果もあります。つまりダイエットにも効果的と言う事です。どうして肥満に良いかと言うと、中性脂肪を減少してくれるからです。


中性脂肪高い

中性脂肪はエネルギーになりますが、たくさん摂ると体脂肪としてためられるので肥満の原因になります。また中性脂肪が多くなると善玉コレステロールが減って悪玉コレステロールが多くなり、動脈硬化などの原因になってしまいます。


高麗美人の口コミは?


サポニンを含む食材の中でとりわけ多く含んでいるのが高麗ニンジンです。高麗ニンジンのサポニン量は大豆よりも約7.7倍も多いと言われています。そんなサポニンを豊富に含む高麗ニンジンですが、それをサプリにしたものとして「高麗美人」という商品があります。


高麗美人 通販

こちらは中年の女性に愛飲されているサプリですが、口コミを見ると「冷え症に効果があった」という声が少なくありません。また「肌のくすみが改善した気がする」「しっとりしてきた」など美肌効果を感じる人もいました。


高麗美人はサポニンだけでなく鉄分やカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB群など98種類の栄養素が含まれているので、体の中と外両方に働きかけてくれます。


一方「自分には合わなかった」という声もいくつかあるので、人によって効果の実感に差があることもある程度は事実です。いずれにしろ効果を実感している人はたくさんいますので、まずは試してみるのも手ですね。



サポニンをサプリで摂る効果は?




食品で摂るサポニン(1日の必要な摂取量)


サポニンを摂取する方法として食品とサプリがありますが、食材としてはすでに出てきた大豆や高麗ニンジンに加えて、ブドウの皮や茶葉、高野豆腐、こんにゃくなどにあります。一日あたり100㎎~200㎎の摂取を目安にしておくと良いでしょう。


サプリで摂るサポニンのメリットとデメリット


ただなかなか食材からサポニンをとるにしてもよく含有量が分からないものです。そんな時はサプリを利用するのもありです。サプリなら含有量の調整がしやすいですし、さっと摂れるので楽です。


ただ肥満効果があるといった理由でサポニンを摂り始めて、ついついサプリなので大量に摂取してしまうと意味がないので気をつけましょう。


サポニンの毒性って?理想的な摂り方


すでに書いたようにサポニンはいろいろな食材に含まれています。高麗ニンジンや大豆やゴボウなどが有名ですが、場合によっては溶血作用があって危険だという事も学びました。


ただサプリメントに関して言えば、基本的には容量や用法を守っている限りは大きな問題はないと考えて良いでしょう。サプリに含まれているサポニンは安全性が確認されて販売されているはずですから、毒性を心配する以上の大きなメリットがあります。


とはいってもサプリだけに頼るのも良くないので、手に入りやすい大豆などの食材で適度にサポニンを摂りつつ、高麗ニンジンなど普段食卓にはあがらない食材のサポニンはサプリで摂るという使い分けをしてみましょう。


高麗美人 最安値 お得

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする