この記事が気に入ったらシェアしよう!

肌が弱い人の原因と対策!敏感肌が改善するポイントを徹底解説

肌が弱い?敏感肌の主な症状


敏感肌とは、文字通り肌が敏感に様々な刺激に反応してしまう肌が弱い状態のことを言います。



肌に合わない洗顔料や化粧品を使ったときに赤みや吹き出物が出てしまったり、衣類の素材やタグにも反応してしまいます。


肌が弱い人・敏感肌の原因を解説!


敏感肌になってしまう原因は様々ですが、原因によって改善の方法も異なるためなぜ自分の肌が弱いのかをしっかりと理解しておくことが大切です。



肌の乾燥でバリア機能が低下している


肌が乾燥した状態は角層が荒れてしまいバリア機能がとても低くなっています。そのため、外からの刺激を受けやすく化粧水や髪の毛が肌にあたるだけで赤みが出たりかゆくなったりしてしまいます。


スキンケア方法や化粧品選びを間違えている


元々は肌が弱くなかったのに、最近肌が弱くなってしまったという人はスキンケア方法を間違えている場合があります。肌に合わないスキンケア商品をつかっていたり、すすぎ不足で髪に残ってしまったシャンプーが肌に触れて敏感肌になってしまうこともあります。


また、クレンジングや洗顔のし過ぎで皮脂膜を完全に取り切ってしまうと肌が乾燥するようになってしまい、刺激を受けやすく肌が弱い状態になってしまいます。


食生活や生活習慣の乱れ


日ごろの食生活も肌を健康に保つためにとても重要です。食生活が乱れることで栄養不足になると肌の表面を覆い角質をつなぎとめているセラミドがしっかりと作られなくなり、異物が入り込みやすくなるため肌が過敏になります。


女性ホルモンの乱れ


女性の体には2種類の女性ホルモンがありますが、これらのホルモンバランスが崩れてしまうことで肌のバリア機能が低くなり、皮脂の分泌が多くなってしまいます。生理中などに肌が過敏になってしまうのも女性ホルモンが関係しています。


体質の関係


もともと何かしらのアレルギーを持っている人は体質的に敏感肌になりやすいです。自分の持っているアレルギーが肌を過敏にする原因となっていることも多いです。



肌が弱い人の敏感肌の改善:ターンオーバーを整える!


敏感肌を改善するためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常化させる必要があります。



ターンオーバーを正常化するためには、体の内側からケアしてあげることが大切です。


睡眠をしっかりとる


寝ている間は体と脳の活動が弱まり、皮膚や内臓への栄養補給や様々な細胞の補修が行われます。また、ターンオーバーに欠かせない成長ホルモンが分泌されるのも睡眠中です。ターンオーバーは6時間かけて行われるといわれているため、最低でも6時間は寝るようにしましょう。


ストレス発散や軽い運動


ストレスは体に様々な不調をもたらします。肌も例外ではなく、ストレスをためるだけでターンオーバーが乱れることもあります。ストレスをため過ぎないように気分転換をすることや、軽い運動を行うことがとても大切です。


冷えや血行不良の改善


ターンオーバーを正常化するためには血液の流れを良くすることが大切です。軽い運動や、フェイスマッサージなどで血行を促したり、体が冷えないようにすることも効果的です。


バリア機能やターンオーバを促す食材の摂取


体が栄養不足になると肌のバリア機能が低下します。皮膚の元になるタンパク質や保湿効果の高いアミノ酸などを意識して取り入れるようにしましょう。バランスよく色々な食材をとることが大切です。


便秘の改善


便秘の女性は多くいますが、腸の中に長い時間いる便は腐敗が進み悪玉菌が大量発生します。悪玉菌から発生した有害物質が腸の中から血液中に溶け込み、体中を回ることで肌はダメージを受け、調子が悪くなります。便秘を解消することはきれいな肌への第一歩です。



肌が弱い敏感肌の洗顔の注意ポイント


間違った洗顔は敏感肌の症状をさらに加速させます。



正しい洗顔を行うことがとても大切です。


洗顔フォームや洗顔石鹸の選び方


敏感肌の人は刺激の強い洗顔石鹸を使ってはいけません。大人になってからの敏感肌の原因の多くは洗いすぎです。肌の皮膜を洗い流してしまう洗顔料は、さらに肌を乾燥させ症状がひどくなってしまいます。


敏感肌には固形石鹸を使うのがおすすめです。チューブ型の洗顔フォームや泡タイプのものと違い、肌に負担をかけてしまう原因である添加物や防腐剤を使用していないので、とても肌に優しいです。


洗顔のときの水の温度


洗顔する時に一番肌に優しい温度は32度といわれています。手で触ってみて少し冷たいと感じる程度の温度ですね。肌の余計な皮脂を取りつつ、必要な皮脂を残すことができる温度ですので洗いすぎて皮脂不足となってしまってる敏感肌の人におすすめです。



肌が弱い敏感肌は化粧品の選び方やスキンケア方法が大切!


肌が弱く、刺激を受けやすい敏感肌の人は普段から使っているスキンケア用品や化粧品についても注意が必要です。



刺激物を含まない製品を選ぶようにしましょう。


刺激成分の配合は避ける


人によって刺激を感じる成分は違います。敏感肌の人の場合、配合成分の少ないシンプルな化粧水を使用することが大切です。


保湿成分の配合を選ぶ


敏感肌の人は肌が乾燥することでバリア機能が弱まり刺激を受けやすい状態となっています。そのため、セラミドやコラーゲンなど保湿成分をたっぷりと含むスキンケア商品を選ぶようにしましょう。


ファンデーション選びに注意


ファンデーションはリキッドやクリームタイプよりもパウダータイプを選ぶようにすると良いでしょう。リキッドやクリームタイプのファンデーションは界面活性剤を多く使っているため、肌に対する刺激が強すぎることがあります。


敏感肌のスキンケア方法


敏感肌の方にとって一番大切なのは保湿です。化粧水や美容液を塗ってもすぐに乾燥してしまうという人は正しい保湿ができておらず、肌を乾燥させている可能性があります。正しい保湿とは、肌にしっかりと水分を届けて、その水分を蒸発しないようにすることです。


敏感肌の人が保湿ケアを行うベストなタイミングはお風呂に入ったあとです。お風呂上りは肌が無防備な状態となっており、すぐに肌表面の水分が蒸発してカサカサとした状態になってしまいます。


お風呂から出てすぐに化粧水を塗り、乳液やクリームなどで水分を肌にとどめるようにしましょう。化粧水を塗る際はコットンなどを使用すると皮膚への刺激になることもありますので、手のひらを使って優しくなじませるようにしましょう。


手のぬくもりで肌への浸透率もアップします。



肌が弱い敏感肌におすすめの化粧水


敏感肌の人におすすめの成分がセラミドです。セラミドをたっぷりと含んだ化粧水を紹介します。



アヤナス ローション コンセントレート


125ml/¥5,000
http://www.decencia.co.jp/g/gk048/


とろみのあるテクスチャで肌全体をうるおいが満たす高保湿ローションです。肌に塗った瞬間にすーっと浸透。細胞に働きかけ、ふっくらとハリのある肌へと導きます。


ヒフミド エッセンスローション


120ml/¥3,000・180ml/¥4,300
http://lp.kobayashi.co.jp/seihin/lt/dt/hifmid/7/?xadid=22577&device=c


肌にうるおいと豊かなハリを与えるこう保湿化粧水。3種類のヒト型セラミドを配合し、角質層のすみずみにまでうるおいを与えます。肌にしっかりとうるおいを与えることで乾燥を防ぎ、奥から弾むようなハリのある肌へ。


つつむローションセラム E


120ml/¥3,400
http://www.decencia.co.jp/g/gk024/


美容液のまろやかさと浸透力の高いローションの効果を実現した高保湿化粧水です。独自のシステムを採用し、セラミドナノスフィアやアミノ酸複合体などの保湿成分を配合しています。水分の蒸発を防ぎ、肌本来の保水機能を高めます。


セラミドスキンケア モイスチャライジングローション


150ml/¥3,200
http://etvos.com/fs/etvos/cd-006


肌にうるおいを与えながら水分をキープします。水分を抱え込む保湿成分であるグルコシルセラミドやヒアルロン酸など保水成分をたっぷりと含みます。シリコン、界面活性剤、、パラベン、着色料など肌に刺激を与える成分は一切配合していません。


TUNEMAKERS 原液保湿水


120ml/¥2,000
https://www.tunemakers.net/top/detail/asp/detail.asp?gcode=0200590


セラミド、ヒアルロン酸、はちみつ、コラーゲン、ローヤルゼリーの原液を独自のうるおい比率で調合したシンプルな化粧水です。肌の奥まで浸透し、しっとりとしたうるおいを与えやわらかな肌へと導きます。



肌の弱い人が敏感肌を改善させた方法


スキンケア方法を変えて改善されたという口コミが大半でした。



どうしても治らない場合、敏感肌に精通している病院での治療を受けてみるのもよいかもしれませんね。



https://twitter.com/maid_ema/status/869472732454334464




自分の肌に合った基礎化粧品を見つけることが大切です。



肌が弱い敏感肌のまとめ


敏感肌の症状を良くするためには、まずしっかりと保湿をして肌を健康な状態に導くことが大切です。肌のうるおいが保たれた状態で規則正しい生活を送るとターンオーバーが正常化され、健康的な肌に近づきます。



また、スキンケアはやりすぎないことも大切。皮膚の表面についた汚れを取るだけ、くらいの気持ちで洗顔を行いましょう。クレンジング剤は刺激が強いので、普段から薄化粧を心掛けるのもよいでしょう。


規則正しい生活と肌をいたわるスキンケアで敏感肌は治せます。日々意識して過ごすようにしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする