この記事が気に入ったらシェアしよう!

シミを消すための石鹸ランキング!選び方や洗顔方法まで解説

石鹸でシミを消す?そもそもシミの原因とは?


コンシーラーで何とか隠しているけど、実は年々シミが増えてきている・・・なんてお悩みを抱えてはいませんか?そして「お化粧でごまかすしかない」「年だからシミは仕方が無い」と諦めてはいませんか?


シミケア

そんなあなたに、最近話題になっているシミを消すことが出来る石鹸をご紹介します。まずはシミの原因とメカニズムを追っていきましょう。


日焼けによるメラニンの色素沈着


お肌のシミは紫外線が原因なのは有名ですね。紫外線を浴びるとお肌を紫外線から守ろうとして、色素を作り出す細胞(メラノサイト)から色素(メラニン)が分泌されます。


通常メラニンで色が付いた皮膚は、新しく皮膚が生まれ変わる過程で剥がれ落ちていきます。メラノサイトが様々な刺激により傷ついて活性化したままになると、色素が肌に残ったままとなってしまい、シミとなるのです。


乾燥肌


また、乾燥によりターンオーバーが乱れてしまうのもシミの原因の一つとなります。


特にコラーゲン不足によってお肌の真皮細胞から乾燥している「インナードライ」の状態は危険。新しい皮膚細胞を生み出す力が弱まってしまうので、色素が長期間お肌に留まり続けてしまうのです。


間違ったスキンケア


メラノサイトがダメージを受ける原因は紫外線だけではありません。お肌に合わないスキンケア用品でお肌が荒れた状態になっていたり、擦りすぎる等の間違ったケアで皮膚のバリア機能が低下している場合も要注意です。


お肌の状態が悪いと、よりダメージを受けやすくなる悪循環に陥ってしまいます。DNA自体にダメージを受けたメラノサイトはメラニンを分泌し続ける状態となり、常に色素が皮膚上にある状態となってしまいます。


ストレスやタバコ


ターンオーバーの乱れは乾燥や年齢だけが原因ではありません。食生活の乱れやストレスタバコによって食物からせっかく摂取した栄養素を浪費してしまうと、体全体の代謝が落ち、お肌のターンオーバーも乱れてしまうのです。


ターンオーバーが正常に働かないと、残存メラニンがシミとなり、いつまでもお肌の上に留まってしまいます。



シミを普段のスキンケアで消すのは可能なの?その効果とは?


シミを消すことが出来ると謳う化粧品には厚生労働省に認可されている成分が配合されている事が多いです。厚生労働省認可の美白成分は現在20種類以上あり、代表的なものでは「アルブチン」「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」が有名です。



「アルブチン」はメラニン合成を阻害する成分、「ビタミンC誘導体」は抗酸化作用の強いビタミンCを、お肌に吸収されやすいよう加工した成分、「トラネキサム酸」は肝斑の原因であるプラスミンという成分の働きを抑える作用があります。


有効成分はかなり高い効果が認められており、人によっては数週間で効果がでる事も。しかし、多用しすぎると今度はお肌の色がまばらに白くなる「白斑」という症状が現れる事がありますので、様子を見ながら使用してくださいね。



シミを消すための石鹸の選び方を紹介!


美白化粧品は原因別に様々な有効成分が配合されていることが分かりましたね。



石鹸ではどうなのでしょうか。シミ対策用の石鹸を選ぶ基準を細かく見ていきましょう。


汚れが落ちる石鹸を選ぼう


どんなお肌の悩みでも、石鹸を選ぶときに大切にしたいのが汚れがきちんと落ちること。潤いを適度に残しつつ、古い角質や皮脂汚れをきちんと取り除いてくれる石鹸を選びましょう。


年齢を重ねたお肌は、古い角質を排出する能力が衰えてきてしまっています。洗顔できちんと汚れを取り除くことで、正しいターンオーバーを保ち、新たなシミを防ぐことができるのです。


悩みに合った石鹸


シミといっても、原因は様々。前述のとおりターンオーバーの乱れが原因のシミ、乾燥が原因のシミなど、原因別に洗顔を選ぶことが重要になってきます。今のお肌の状態と良く相談して、美白石鹸を選んでみましょう。



美白効果も期待できる?人気のシミを消す石鹸をランキングで紹介!


それでは、巷で人気のシミを消すことができる石鹸をランキング形式でご紹介していきます。




1位 然 よかせっけん


ターンオーバーの乱れからシミが消えないという方は、この「然 よかせっけん(1,800円/88g)」を試してみましょう。火山灰のミネラル成分がたっぷり詰まった超微細シリカパウダー配合で、泡が余分な皮脂や古い角質を吸着して、一緒に流れてくれます。


洗い流した時に、水玉が素肌の上をコロコロと滑って落ちて行くんです!お肌が水を弾いてくれるのは、肌表面のバリア機能が正常なバランスに保たれているからこそ。

http://www.chojyu.com/cosme/soap/

泡立ちしやすく、たっぷりの泡で洗うことができます。毛穴汚れの掃除、そして角質ケアがしっかりできたおかげか、肌の色が明るくなってきました。美白にもいい石鹸です。肌トラブルもなく、しっとりした状態にしてくれるのでその後もケアしやすいです。

http://www.cosme.net/product/product_id/10007219/review/505052498

2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ


敏感肌で「ゆらぎ」やすく、刺激や摩擦がシミになっている方におすすめなのが「どろ豆乳石鹸 どろあわわ(2,980円/110g)」です。


海底ミネラルをたっぷり含んだ泥が汚れを吸着すると同時に、豆乳発酵液のイソフラボンが高い保湿効果を発揮、キメを乱すことなく洗い上げます。


肌の色が白くなりびっくりしました!毎日使っています。モコモコの泡で顔をマッサージするように洗うだけ!肌荒れやヒリヒリするなどもなく優しいので気に入って5年も使い続けています。

http://www.cosme.net/product/product_id/10013662/review/505979674

お肌にそのキメ細かいふわふわの泡を乗せると、ぴたっと密着して、汚れを吸い取ってくれるのが実感できます。洗い流した後に鏡を見ると、ワントーン明るくなっていて…。「これが、沖縄の泥の吸着パワーなんだなあ」と感心しています。

http://www.kenkoucorp.com/goods/doroawawa/

3位 VCO マイルドソープ


乾燥肌のあなたには「VCO マイルドソープ(2,847円/85g)」がおすすめ。母乳と同じ脂肪分、ラウリン酸を含むヴァージンココナッツオイル(VCO)は洗顔料に使われる脂肪酸の中でも特に分子が小さく、濃密な泡を作ってくれます。


またラウリン酸は母乳と同じ成分なので、皮脂にもよく似ています。少ない刺激で潤いを与えつつ、細かい泡が汚れをしっかり落としてくれるのです。


肌に優しくて潤いが残るのも乾燥肌の私には嬉しいところ。毛穴の汚れ落ちもいいです。繰り返し使っているうちにくすみが取れてきた感じがします。

http://www.cosme.net/product/product_id/2955699/review/503794830

こちらの洗顔をつかい始めて1ヶ月がすぎましたが、長年悩みだったくすみが改善されてきたような気がします。私自身はかなりのドライスキンで敏感肌(アトピー)の為、季節の変わり目などは皮膚科で保湿クリームを処方してもらうらいなんですが、洗いあがりもすっきりさっぱりなのに、つっぱり感もなくしばらく化粧水塗るの忘れてしまうくらいです。

http://www.cosme.net/product/product_id/2955699/review/501643672


シミを消す石鹸の効果は?口コミから分析!


「シミが消える」「美白効果抜群」と評判の石鹸をご紹介しました。



分析すると「汚れがしっかり落ちる」「濃密泡で洗うときに刺激が少ない」事が共通点として挙げられます。汚れの吸着成分は石鹸により異なるので、お肌のタイプに合わせて選んでみてくださいね。



敏感肌の方も必見!シミを消す石鹸の洗顔方法はこちら!


せっかく良い石鹸を使っていても、シミを招く洗い方をしていると逆効果になってしまうことも。



シミを消す石鹸の効果を最大限に発揮できる洗い方をご紹介します。


シミケアは吸着力が大事


ご紹介した石鹸はいずれも「洗顔ネット」がセットで付いてきます。指先ほどの石鹸の量で、両手に収まらないくらいの濃密泡を作ることができるのですが、ここが大きなポイント!


きめ細かい泡は汚れや古い角質を吸着する力がアップし、最小限の摩擦でお肌をきれいにしてくれるのです。10円玉を乗せても沈まないくらいのテクスチャーを目安に泡立ててから洗顔するようにしましょう。


ゴシゴシしない!


洗い方も重要です。シミの大敵「刺激」「摩擦」を最大限減らすように、泡でお肌を撫でるように洗ってあげましょう。手が顔の皮膚に触れない強さで、1分前後で済ませるのが目安。洗顔料を長時間乗せすぎると、乾燥を招くので注意です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする