この記事が気に入ったらシェアしよう!

炭酸水を飲むだけで簡単ダイエットができる!その効果的な方法とやってはいけない注意点も

痩せた人もいる?炭酸水ダイエットの効果


炭酸飲料はお腹に溜まりやすいことから「痩せやすい飲み物」としてさまざまなダイエット法に取り入れられている飲み物です。その中でも炭酸水ダイエットは炭酸水を飲むだけの簡単なダイエットです。



他のダイエットのように食事制限もなければ、無理な運動を強いる必要もありません。そのため長く続けやすいダイエットとして女性の間で人気があり、成功したという声も多いダイエット法なのです。


満腹感を得られることで食欲抑制、リバウンドや間食防止にも


炭酸水を飲むとお腹が膨れたような感覚になりますが、炭酸水ダイエットはこれを利用して食欲を抑制するので、リバウンドや間食防止効果があるといわれています。食事前に飲めば炭酸水が先にお腹で膨れてくれるので食べ過ぎが防げます。


少しお腹が空いた時も、炭酸水を飲めばお腹が膨れるので間食をせずに済みます。炭酸水は味が無くすっきりとしているので飲みやすく、水に置き換えるだけなので続けやすいと女性に人気です。


炭酸で血流促進、疲労回復、代謝アップ


炭酸水には血流促進、疲労回復、代謝アップなどの効果が期待できます。炭酸が血管内に入ることで、血管が酸欠状態となりそれを回復しようと血流が早くなることから血流促進効果があるといわれています。


他にも疲れの元となる「乳酸」を体外へ排出したり、血管が酸欠状態になることから運動をしているのと同等の効果があるともいわれていて、水を飲むよりも良いという説もあります。


炭酸は正しく飲めばこれらの効果を得られますが、間違った飲み方をすると別のところで悪影響が出てしまうので飲み方には気をつけましょう。



ダイエットで炭酸水を飲む量はどのくらい?


ダイエットで炭酸水を飲むのであれば、飲み方や量に気をつけましょう。ダイエットに良いといっても、少し飲むだけで効果が出るわけではありませんし、多く飲めば飲むほど良いというわけでもありません。正しい量でダイエットを成功させるようにしましょう!



  • 食前5-10分前500mlで食欲抑制

  • 食欲を抑えたいのであれば、食前5~10分前に500ml飲むようにしましょう。たくさん飲めば飲むほどお腹が膨れますが、それでは必要な栄養が摂れません。健康的に痩せるためにも食前は500mlまでにしましょう。


  • 一気にではなくゆっくりと 1日3-5回、1.5-2Lまで

  • 効果を最大限に発揮させたいのであれば1日に1.5~2ℓの炭酸水を飲むようにしましょう。しかしこの量を一度に一気に飲むのではなく、1日に3~5回に分けて飲みます。


    一度に多くの水分を摂ると水中毒のリスクが高まりますし、ダイエット効果である食欲抑制も発揮されません。


  • 寝る前と寝起きは便秘改善 食前以外は200mlを目安に

  • つらい便秘に悩んでいるのであれば、胃腸を動かすためにも寝る前と寝起きに炭酸水を飲むようにしましょう。炭酸ガスには胃腸を刺激する効果もあるので宿便を排出する手助けをしてくれます。


    また食前以外に飲むときは飲み過ぎに気をつけて200mlを目安に飲むようにしましょう。



炭酸水ダイエット・飲み方は常温が基本


炭酸水ダイエットの効果を最大限に発揮させたいなら炭酸は常温で飲むようにしましょう。



外が暑い時は冷たいものが飲みたくなりますが、ダイエットをするなら冷たい炭酸は避けるようにしましょう。身体が冷えると代謝も低下しますし、血行も悪くなるため炭酸水ダイエットの効果が半減してしまいます。


冷たい物は血流を悪くし逆効果に


炭酸水に限らず、冷たい食べ物や飲み物は身体を冷やすため血流を悪くしダイエット効果を半減させます。健康にも良くありません。暑い夏やお風呂上りは冷たいものを飲みたくなりますが、健康のためにもダイエットのためにも常温で飲むようにしましょう。


できれば硬水の天然炭酸水、必ず無糖で


炭酸水といっても種類はたくさんあります。その中でも飲むのであれば硬水の炭酸水がおすすめです。また加糖されているものは避けるようにしましょう。糖分を摂取してしまうとダイエット効果が薄れてしまいます。


硬水が手に入りにくいのであれば軟水の炭酸水で良いので、必ず無糖の炭酸水を飲みましょう。



寝る前の炭酸水もダイエットにつながる


炭酸水ダイエットは起きている間だけでなく、寝る前に飲むのもおすすめです。特に夜にお腹が空いてしまう、間食が多い、便秘がつらいなどの場合は寝る前に炭酸水を飲んでみましょう。



寝る前の食事は太る原因ですし、健康にも良くありません。改善するためにも、食べ物ではなく炭酸水を飲む習慣をつけましょう。


夜のつまみ食いを避けられる


炭酸水でお腹を膨らませれば夜のつまみ食いを避けられるようになります。どうしても味のあるものが欲しいのであればレモン汁やライムを加えて飲みましょう。


夜の間食は太る他、寝付けないなどの原因につながるため、炭酸水を飲む習慣をつけて夜につまみ食いしないようにしましょう。


血流促進で便秘改善効果も


炭酸水には血流促進効果の他にも胃腸を刺激する効果があるので便秘の改善も期待できます。つらい便秘に悩んでいるなら寝る前と起きたときに炭酸水を飲んで胃腸を刺激してあげましょう。



お風呂で炭酸水ダイエットもおすすめ


「お風呂で炭酸水ダイエット」も、肌をすべすべにしてくれるのでおすすめです。お風呂での炭酸水ダイエットはお風呂で炭酸水を飲むのではなく、お風呂で浸かるお湯を炭酸水に替える方法です。



炭酸入りの入浴剤や炭酸水をお風呂に入れる、重曹やクエン酸で簡単炭酸風呂など、お風呂のお湯に炭酸をプラスする方法はたくさんあるので試してみましょう!


血行促進と新陳代謝アップでお肌すべすべ


炭酸とお湯の効果で血行が良くなり新陳代謝がアップします。肌のコンディションも整いやすくなるのでお肌がすべすべになり美容効果が期待できます。顔だけでなく、全身から綺麗になるためにも炭酸風呂を試してみましょう! 


重曹とクエン酸で簡単炭酸風呂


炭酸風呂を作るには炭酸水1ℓをそのままお風呂にいれたり、炭酸ガスの出る入浴剤がおすすめですが、1個の値段が高いのがデメリットです。もしお金を掛けずに炭酸風呂を作りたいなら重曹とクエン酸がおすすめです。


38℃くらいのお湯160ℓに対し重曹390g:クエン酸300g(1.3:1の割合)を順番に混ぜていきます。泡が立ってきたら時間を空けずに入浴しましょう。時間が経つほど炭酸(気泡)は小さく、無くなってしまうので早めに浸かりましょう。


使う重曹やクエン酸は食用のものがおすすめです。工業用は安全面が食用よりも劣るため、肌に使うのであれば食用以上のものが良いでしょう。



炭酸水ダイエットのデメリット


炭酸水ダイエットは日常の中で食事制限もなく炭酸水を飲むだけの簡単なダイエット法ですが、デメリットも存在します。炭酸水を飲むと体内でガスが増えるため特にげっぷやおならが増えたりします。



人前でげっぷやおならが出てしまうと恥ずかしいですから、外で飲むときは炭酸水によるデメリットをよく理解しておきましょう。


  • げっぷやおならが増えたり、体が酸性化し疲れやすく

  • 炭酸水を飲むと体内でガスが増えるのでげっぷやおならが増えます。また体が酸性に近づいてしまうため疲れを感じやすくなってしまうなどのデメリットがあります。炭酸水を飲むと疲れを取ってくれる効果もありますが、飲みすぎると疲れやすくなるため注意が必要です。


  • 飲み過ぎるとむくみやすく 少なすぎは食欲増進

  • 炭酸水も水分です。そのため飲みすぎると身体に余分な水分が溜まってしまいむくみへと繋がります。また飲む量が少なすぎると食欲抑制効果を発揮せず、逆に食欲を増進させてしまいます。


    炭酸水ダイエットは多くてもだめ、少なすぎてもだめです。1日に適量といわれているのは1.5~2ℓですから、この量を飲むようにしましょう。


  • 歯が弱くなったり、お腹がゆるくなることも

  • 炭酸水の水素イオン濃度(PH)はほとんどが5.5以下といわれています。歯が溶け始めるのはPHが5.5以下とされているのため、唾液量が少ない寝起きに飲むと歯が溶けてしまったり弱くなる恐れがあります。


    また炭酸ガスが胃腸を刺激することからお腹がゆるくなる可能性もあるため、お腹の調子が悪いときには飲まない方が良いでしょう。


  • 逆流性胃腸炎の人は注意

  • 炭酸は上へ上へと上がってくるので、胃酸を空気と一緒に押し上げてしまいます。そのため喉がただれてしまったり、炎症を悪化させる恐れがあります。逆流性胃腸炎、逆流性食道炎を患っている場合には注意しましょう。




生理中でも大丈夫?炭酸水ダイエット


炭酸水ダイエットは生理中に行っても問題ないといわれています。人によっては炭酸水の効果により生理痛を緩和する効果も表れるため、生理痛がひどいと感じるときは試してみるのも良いでしょう。



妊娠中は通常時に比べるとストレスが溜まりやすいので、無理をしないようにしましょう。


血流改善で生理痛緩和とむくみ予防


炭酸ガスが血流を良くしてくれるので生理痛の緩和やむくみを予防してくれます。炭酸水は飲みすぎるとむくみの原因になりますが、適量であれば血流を良くしてくれるのでむくみを予防してくれます。


生理痛も同様に血流の滞りや冷えから起きる症状なので血流改善効果で痛みが緩和されます。


できれば排卵日からがベスト


排卵日とは生理が始まる約2週間前ですが、この排卵日から炭酸水ダイエットを始めると生理前のストレスによる食べ過ぎやむくみが予防できます。生理前はPMS症状から過食に走ってしまいますが、炭酸水でお腹を事前に膨らませることで食べ過ぎを防止できます。


正しい排卵日を知るためにも、生理周期や排卵予想を立てておくと便利です。



炭酸水ダイエットにレモンプラスで効果を増やす


炭酸水をただ飲むだけでは飽きてしまうし、物足りないと感じることもあるでしょう。そんな時にはレモンをプラスしてみましょう。レモンに含まれるビタミンやポリフェノール、ペクチンなどの成分が美容効果やデトックス効果をもたらしてくれます。



無味の炭酸水もレモンをプラスすることで味がすっきりとして飲みやすくなるので、効果を増やすためにもレモンをプラスして飲んでみましょう!


飲みやすくなり、デトックス効果


レモン炭酸水のメリットは、飲みやすいということだけではありません。レモンには食物繊維やペクチンが含まれているのでデトックス効果も期待できます。老廃物を排出しやすくするためにもレモンをプラスしてみましょう。


抗酸化作用で免疫力アップし、美肌効果も


レモンの皮には抗酸化作用のあるポリフェノールや美肌効果のあるビタミンCが含まれています。レモンは免疫力アップや美肌効果が高いといわれていますし、他の果物に比べると炭酸水に混ぜやすいです。


ダイエットをするなら綺麗も同時に目指したいのでレモンをプラスして綺麗を手に入れましょう!



いつもの水を炭酸水に変えて簡単ダイエット


いつも水を飲んでいるなら、その水を炭酸水に変えてみましょう。お金はかかってしまいますが、その代わりダイエットすることができます。



ダイエットを行っている人も、飲む水を炭酸水に変えるだけで効果がさらにアップしますから、水を飲むのであれば炭酸水に変えてダイエット効果を高めましょう!