この記事が気に入ったらシェアしよう!

股ずれの黒ずみはどうするべき?原因と治し方・これからできる対策

黒ずみになってしまう股ずれが起きる原因


歩いたり階段を上ったりすると太ももが擦れることがありますよね。これは股ずれともいわれますが、摩擦を放っておいたり激しく太ももを擦り合わせたりしていると股付近の黒ずみに繋がります。



滅多に他人に見せない場所ですが、黒ずみは放っておくと消えなくなってしまいます。


股ずれで黒ずみが起きる原因とターンオーバーに関係なく消えない理由


股ずれによる黒ずみは日焼けなどと違いターンオーバーでは消えにくいシミです。日焼けは主に肌の表皮にメラニンが溜まってしまい黒いシミとなって現れますが、股ずれが原因で起こる黒ずみは表皮よりも下の真皮部分に黒ずみが定着してしまうので消えにくいのです。


そのためターンオーバーの働きでそのうち消えると期待し、放置しておくといつになっても消えないシミとして股付近に黒ずみが定着してしまうのです。


黒ずみは股ずれの刺激で起こる「摩擦黒皮症」


股ずれの摩擦刺激により黒ずみができる、黒ずみが定着することを医学的に「摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)」といいます。これは色素沈着の一つで、色素沈着とはメラニン色素が肌内部にとどまってしまうという意味を持ちます。


つまり摩擦によって皮膚が黒くなる症状と考えれば簡単ですね。他にも肘や脇、膝などの部位に起こる可能性があります。摩擦黒皮症は摩擦を受けやすい身体の部位に起こりやすい症状なのです。


ターンオーバーで消えない股ずれの黒ずみ


股ずれによる黒ずみである摩擦黒皮症は皮膚の深い部分にメラニン色素が沈着してしまうのでなかなか治りにくいのが特徴です。シミの一種と思い、日焼け同様に放置しているといつまで経っても消えない黒ずみとして残ってしまいます。


もし黒ずみが残ったままで水着や短パンなどを着てしまうとどうなるでしょう?人の股付近をじろじろ見てくる人なんて滅多にいないと思いますが、黒ずみがあると思われるのも女性にとっては嫌ですよね。


この黒ずみは肌のターンオーバーでは改善しにくいため、日頃から摩擦を与えないように気をつけたり専用クリームで対処することが大切です。


強く擦ると症状が悪化


摩擦黒皮症は摩擦による黒ずみです。黒ずみが気になるからといってゴシゴシ擦って消そうとするのは逆効果で黒ずみを悪化させてしまう行為なので絶対にやらないようにしましょう。


身体をきれいにしようとゴシゴシ擦るのもやめましょう。ナイロンタオルよりも柔らかいタオルで身体を撫でるように洗うと、皮膚への摩擦を軽減することができます。



股ずれで黒ずみができた時の治し方①皮膚科で薬をもらう


股ずれでできてしまった黒ずみは皮膚科で炎症を抑える薬や黒ずみを治す薬を処方してもらい塗ることで改善することができます。しかし、肌が弱い場合は塗り薬によりただれやかぶれなどの症状が起こる可能性があります。



または美容皮膚科でレーザー治療をしてもらい黒ずみを除去してもらうこともできます。しかし美容皮膚科での黒ずみ除去は、1万円以上は掛かります。お金をあまりかけられないなら皮膚科で薬を貰うようにしましょう。



股ずれで黒ずみができた時の治し方②色素沈着には専用のクリームを塗る


黒ずみは放置していても改善しません。自ら行動を起こさなければ、黒ずみを解消することができないのです。黒ずみは色素沈着が原因なので色素沈着ケア効果のあるクリームなどの塗り薬で治すようにしましょう。


クリームでほうれい線

よく使われるのはハイドロキノンが含まれている塗り薬で、ハイドロキノンはシミをできにくくしてくれます。またトレチノインもおすすめです。トレチノインはビタミンA誘導体の一種なので肌のターンオーバーを促進しシミを薄くする効果が期待できます。


ただどちらも妊娠中に使用することは控えてください。どちらも胎児への影響や母体への影響が心配される成分であるため、妊娠中は黒ずみ除去よりも胎児の成長を守る行動をとるようにしましょう。


黒ずみには美白成分の入ったクリームを!


黒ずみは色素沈着が原因なので、シミ同様ビタミンCトラネキサム酸などの美白成分が配合されているクリームで対処すると良いでしょう。


ビタミンCはメラニンの生成を防ぐ効果や肌のターンオーバーを促す効果があり、アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は肌の炎症を抑える効果を持っています。


トラネキサム酸は本来じんましんや湿疹などの症状に対し効果を発揮しますが、1979年に肝斑への効果があることが報告されてからはシミやそばかすを治す薬に使われています。


ヴィエルホワイト


ヴィエルホワイトはジェル状の黒ずみケア商品です。主成分はトラネキサム酸、トリプルヒアルロン酸、グリチルリチン酸などです。値段は9960円(税抜き)ですが、初回なら5000円以下で試すことができます。


特にビキニラインは気にならない程に効果が出ています

引用元:http://www.sept-inc.jp/lp/vlw-a1/


少しずつ色が薄くなってきました。納得いくまでお付き合いしていこうと思います

引用元:http://www.sept-inc.jp/lp/vlw-a1/


効果を感じやすくなるのは使い始めて3~4か月後という口コミが多かったです。


アットベリー


トリプルサンド方式ケアで、気になる部分の黒ずみを解消へと導いてくれる「アットベリー」は、5つの美容成分の他に6種類の保湿成分が配合されています。主な成分はヒアルロン酸、コラーゲン、グリチルリチン酸2K、セラミドなどです。


値段は5440円(税抜き)ですが、初回のみ2980円(税抜き)で試すことができます。


毎晩塗っていましたら黒ずみやぶつぶつが薄くなり今では前より気にならなくなりました

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10048056/review/505310130


みずみずしいテクスチャーで、肌にスーッとなじみ、しっかり保湿してくれる感じです。1週間ほど使わせていただきましたが、黒ずみが少し薄くなってきた気がします。

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10048056/review/505035689


アットベリーは香りも良く、効果も表れやすいので人気の高いクリームです。



股ずれで黒ずみができた時の治し方③服装に気を付ける


股ずれは着る洋服で予防することができますし、逆に洋服次第で黒ずみを悪化させてしまいます。股ずれによる黒ずみを防止するには普段から着る洋服を気をつけなければいけません。



以下の服装に気をつけ黒ずみを悪化させないようにしましょう。


蒸れやすい素材は股ずれを悪化させる


蒸れやすい素材であるナイロン製のズボンを履くのは避けた方が良いです。ズボンの中が蒸れてしまうと股ずれによる黒ずみが発生しやすくなり、すでにできてしまっている黒ずみも悪化してしまいます。通気性の良い綿やシルク素材のズボンを選んで着用するようにしましょう。


直接太もも同士が触れない対策


直接太もも同士が触れないようにスパッツやボクサーパンツを履くことも効果的です。つるつると滑る素材でできているスパッツなら摩擦も少ないので黒ずみができてしまうのを防いだり、悪化を防ぐ効果が期待できます。


太ももあたりまで覆うようなボクサーパンツも、太もも同士が擦れてしまうのを防ぐことができます。



股ずれによる黒ずみストップ!太ももに摩擦を与えない対策


服装以外にも股ずれを防ぐ方法はあります。それは太ももの部分痩せです。太ももが痩せれば太もも同士がぶつかり合うことも少なくなり黒ずみにストップをかけることができます。



太ももの内側を痩せさせるためにはストレッチが効果的です。自分のできる範囲でストレッチを続けてみましょう。


太ももの部分痩せ


太ももの部分痩せにはお風呂上りのストレッチがおすすめです。お風呂上りなら身体も適度に温まっていて、代謝がアップしやすく脂肪が燃えやすいからです。


太ももの内側に効くストレッチですが、まずは横になり下にある手で頭を支えます。上側になる手は前の床に伸ばしておきましょう。次に上側の脚を下側の脚の膝の前に出します。


上側の脚を前に出したら下側の脚を上にあげ、そのまま10秒キープしてください。降ろすときはゆっくりと下ろし、左右の脚を3セットずつ繰り返します。ストレッチはこれでおしまいです。


動画を見ながらのストレッチもおすすめです。動画ならやり方をまねるだけなので、分かりやすいですね。以下の動画がご紹介したストレッチと同様のものになるので、是非参考にしてみてください。




引き締め効果のあるスパッツやストッキング


履くだけで太ももを引き締める効果のあるスパッツやストッキングを履くことも効果的です。着圧素材でできているため太もも同士があたらないようにすることができます。


ただし、素材が肌に合わず炎症が起きてしまうと、着圧生地が蒸れやすくなってしまい黒ずみの悪化につながるので注意しましょう。


ワセリンなどのクリームで皮膚を保護


ワセリンなどで皮膚を保護することも忘れずに行いましょう。クリームを塗ることで摩擦による肌への刺激を軽減することができます。ワセリンがない場合はボディクリームでも代用可能です。


肌に炎症を起こしているときはクリームで保護するよりも、炎症を治してからの方が黒ずみ予防になるので、肌の炎症には気をつけるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする