ムクナ豆の効果や副作用について!脚むずむず症候群の改善や疲労回復にも! |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ムクナ豆の効果や副作用について!脚むずむず症候群の改善や疲労回復にも!

ムクナ豆は脳に効く!?その成分や効果をご紹介!


ムクナ豆はネパールが原産地で、とても生命力の強いマメ科の植物です。



薬草として古代からアーユルヴェーダにも使われるなど、健康維持のための植物として親しまれてきました。日本でも江戸時代には栽培されていた記録があって、八升豆と呼ばれることもあります。


ムクナ豆はその成分が、病気の予防や改善に効果があるとして再び注目されています。ムクナ豆は天然の植物だし、古代から人々が使っていたと思うと安心ですよね。


ムクナ豆とは?


ムクナ豆は、Ⅼドーパという成分が豊富に含まれているので、食べるとドーパミンという脳内ホルモンを分泌させる働きがあるんです。Lドーパはドーパミンの原料というわけなんですね。


また、鉄分や必須アミノ酸もバランスよく含まれていているので、食事の栄養バランスに不安がある人や疲労回復にもおすすめなんです。


ドーパミンって何?


三大神経物質であるドーパミンとは、脳から分泌されるホルモンの一つで、やる気や集中力を持たせたり、幸福感を感じたりする機能があるんです。また、脳からの命令を体に伝える運動調節機能とも深いかかわりがあります。


天然のLドーパ


ムクナ豆には天然のLドーパが含まれていてドーパミンの原料となるので、ドーパミンの不足からくる病の改善に効果が期待されているんですよ。天然のLドーパが含まれている食べ物は珍しいため、ムクナ豆は健康食品として注目されているんですね。



パーキンソン病にはムクナ豆が効果的?神経伝達に必要な必須アミノ酸も豊富!


パーキンソン病の患者さんも、ムクナ豆の効果に注目している人が多いんです。



神経伝達の原料になる必須アミノ酸も豊富なムクナ豆は、食品なので副作用がないため健康維持や病気の改善にと食べられているんですね。


パーキンソン病とは?


パーキンソン病という病気は、脳内物質であるドーパミンの分泌が減ってしまうことで運動機能調節に障害を抱えてしまう病気です。


脳からの指令が体に上手く伝わらなくなるので、筋肉が上手く使えなくなって歩くのが難しくなったり食べ物がうまく飲み込めないといった症状が出ます。


ムクナ豆は天然の薬


パーキンソンの治療薬にはLドーパ製剤が使用されているのですが、ムクナ豆に含まれている成分と似ているので同じような効果が期待できるんです。体験談によると、薬と違って長く使っていても効きにくくならないという人もいるくらいです。


Lドーパ製剤を飲んでいる人は、医師と相談しながら自分に合うムクナ豆の量を見つけて食べるとより安心ですね。


イソロイシン

ムクナ豆には必須アミノ酸も多く含まれています。その一つであるイソロイシンは神経伝達に効果が期待されているためパーキンソン病にはムクナ豆が効果的であると期待されていることを書いてください。

ムクナ豆はマメ科の植物なので、必須アミノ酸も豊富に含まれています。必須アミノ酸の一つであるイソロイシンは、神経の働きも助けてくれるんですよ。



脚むずむず症候群はドーパミンが関係している?ムクナ豆が効果的!


脚むずむず症候群という病気がどうして発症するのかはまだはっきりと解明されていないものの、ドーパミンが関係しているのではないかといわれているんです。


足がセクシー

脚むずむず症候群


脚むずむず症候群ってあまり聞きなれない病気ですよね。症状は体の末端に慢性的な違和感を感じたり、痛みを感じてしまうという病気なんです。寝る前に足がむずむずして気持ち悪く寝れないという不快感を訴える人が多いんです。


ドーパミンの機能障害


脚むずむず症候群は、脚という名前がついているものの脚自体に問題があるのではなく、ドーパミンがうまく働かないせいで体の末端に違和感を感じるのではないかと考えられています。


放っておくとうつになる!?


脚に不快感を感じて寝れないという症状はつらいですよね。睡眠不足や病状の辛さから、放っておくとうつ病を発症してしまう可能性もあるんですよ。治療法がある病気なので、もし脚に不快感を感じるといった自覚症状がある人は脳神経科を受診してみましょう。



ムクナ豆の効果的な摂取方法はこちら!


天然のLドーパが豊富に含まれていることから、パーキンソン病の患者さんにも注目されているムクナ豆ですが、どうやって食べると良いのでしょうか?



正しい摂取方法を知って、生活にうまく取り入れてみましょう。


煮る・炒める


ムクナ豆は固くてアクがあるので、煮るか炒めるといった加熱調理をしてから食べてください。煮汁にもLドーパが含まれているのでスープにするのもいいですし、炒ってから粉末にして料理に加えるという食べ方もできますね。


生では食べないこと!


ムクナ豆は生や半生状態で食べてしまうと胃腸を刺激して下痢や腹痛を起こす危険があります。食べる時は必ず火を通してアクを取って調理してください。


ムクナ豆のたっぷく本舗


自分で調理するのは手間がかかるし、ムクナ豆が手に入らないという人は通信販売を利用してみましょう。ムクナ豆のたっぷく本舗では、焙煎したムクナ豆や粉末になったムクナ豆を取り扱っていて、気軽にムクナ豆が食べられるようになっています。


ムクナ豆の栽培の様子や工場も紹介してあるので、安心して口にすることができますね。食べやすい焙煎粉末のムクナ豆お試し用50gの価格は、税込2,675円となっています。


公式HP:http://tappuk.com/


この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする