この記事が気に入ったらシェアしよう!

【黒ずみケア】デリケートゾーン用石鹸の正しい選び方・使い方とおすすめランキング!

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸で解消!


黒ずみの悩みで、あまり人に相談できないのがデリケートゾーンです。デリケートゾーンに関するトラブルはなかなか人に相談しづらく、他人とも比較しづらい場所です。



デリケートゾーンの黒ずみは、顔などにできるシミと同じようにメラニンが原因です。加齢・ホルモンバランスの変化などでメラニンが沈着して黒ずみになってしまうのです。


また、下着や衣類の摩擦、ナプキンによるかぶれや炎症などの刺激も黒ずみの原因となります。下着のサイズがきつめだったり、締め付けの強いものなど、肌に強く当たるところが黒ずんできてしまいます。自分に合った下着のサイズや形状、そして素材を見直してみましょう。


黒ずみへの対策として、デリケートゾーンを清潔に保つことです。お風呂で丁寧に洗うことを心がけましょう。お風呂で洗うときは、ボディソープを使うのは避けたほうが無難です。


デリケートゾーンに洗浄力が高すぎるものを使うと、汚れと共に膣内の環境を保つための善玉菌まで殺菌する可能性があり、刺激になりやすいのです。洗浄にはデリケートゾーン専用の石鹸をおすすめします。自然派の原料や合成添加物などが無添加で安心して毎日使用できます。


成分は弱酸性


石鹸を選ぶときは、消臭清潔感・美容成分・低刺激の3つのポイントを考えて選択します。特にデリケートゾーン専用の石鹸と一般の石鹸の違いは、弱酸性かアルカリ性かの違いです。


通常、身体や顔を洗う場合に使用する石鹸はアルカリ性が多いのですが、デリケートゾーン専用の石鹸のほとんどが弱酸性です。低刺激ですので、お肌の敏感な方でもパッチテスト不要で使用できます。


また、デリケートゾーン専用の石鹸は、臭いや黒ずみ解消に有効な天然植物由来の洗浄成分を配合している商品が多いのも特徴です。


黒ずみをとる石鹸の期待すべき成分


デリケートゾーンの黒ずみを防ぐために、清潔な状態を保つのを心がけましょう。デリケートゾーン専用の石鹸を使って毎日洗浄することで、皮膚のターンオーバーを正常な状態に近づけ、メラニンの合成を予防します。


しかし石鹸には速効性はありませんので、どうしても気になる方は美容皮膚科・美容外科クリニックなどで、ハイドロキノンやレチノイン酸配合クリームなど、メラニンの合成を抑えるものを処方してもらい美白ケアをする方法もあります。



匂いも改善!デリケートゾーンの黒ずみ石鹸


普段からデリケートゾーンは、おりもの・尿などのアルカリ性物質に常に触れているような状況です。そこに、一般的なアルカリ性の石鹸やボディソープを使うと、必要な常駐菌まで洗い流してしまいます


すると臭いが悪化するだけでなく、肌へ強い負担がかかってしまいます。それが黒ずみの悪化にもつながるのです。



デリケートゾーン専用石鹸は、弱酸性の状態を守りながら洗えるため、洗浄中の「しみる」感覚や洗浄後に「乾燥する」といった症状をおさえます。


肌を守る菌を残しつつ洗浄できるので、特にニオイには効果を実感できるでしょう。黒ずみも乾燥を予防することで徐々に解消していくことが期待できます。


洗いすぎも匂いの原因に


石鹸やボディソープなど、抗菌・殺菌作用が強いものが結構多いですが、匂いの元となる菌を殺しすぎるのも実はあまりよくありません。


そもそも、膣から分泌される体液自体に殺菌効果、抗菌のバリアーの作用あります。また、菌が適度に発生していることによって、他の雑菌の繁殖を押さえているという側面もあるからです。


抗菌・殺菌作用が強すぎると、更に強い菌が繁殖してしまう場合もあります。それによって、ニオイがさらにきつくなったと感じることもあるのです。


生理の日の匂いにも


デリケートゾーンには、アポクリン腺という汗腺が多く存在します。汗腺からは皮脂やアンモニアなど、雑菌の栄養分を豊富に含んだ汗が分泌されているのです。またデリケートゾーンは高温多湿という雑菌の繁殖しやすい環境でもあります。


特に生理中はナプキンで高温多湿の状態になり、まさに雑菌が繁殖しやすい環境なので、自分のニオイが気になったり、他人を気にするようになったりと、気持ちが暗くなることもあります。


デリケートゾーン専用石鹸で、生理の日もケアをしてきちんと汚れを落としましょう。清潔を保つことで、生理の日のニオイも解消できます。


また、デリケートゾーン専用石鹸は、一般的な石鹸のように強い香りでごまかすのではなく、臭いの原因菌だけを殺菌するので、気になる生理中のニオイやかゆみも抑えます。



デリケートゾーン黒ずみ石鹸の成分・選び方は?


デリケートゾーン専用石鹸には、ミョウバン・ジャムウ・アロエなど、特有の気になる臭いやかゆみを抑制する成分や、黒ずみ対策の成分が配合されています。


ハイジニーナ脱毛

デリケートゾーン専用石鹸によっては、香りでごまかすだけのものや、黒ずみ対策の成分が全く配合されていない石鹸も中にはありますので、購入時に石鹸の成分は必ずチェックしましょう。


チェックするポイントは、求める効果に合った成分配合がされているかが重要となり、大きく以下の3つに分かれます。

ニオイ対策:消臭成分やニオイの原因菌を殺菌する成分
かゆみ対策:炎症を抑制する成分
黒ずみ対策:メラニンを抑制する成分


菌の繁殖を抑制し色素沈着を防ぐ「ジャムウ」


ジャムウとは特定の成分や植物を指すわけではなく、インドネシアでハーブ、生薬など昔から漢方として使用されてきた植物由来成分を指します。そういう広い意味合いで使われている言葉で、殺菌作用や色素沈着に効果的な天然成分です。


同じジャムウソープという名前でも、メーカーやブランドが違えば、使われているハーブや植物エキスなどは全然違います。自分に合ったものを選びましょう。


人の肌には、部位を問わず常在菌が存在しています。その中でも表皮ブドウ球菌は、肌にとって必要な菌であり、肌を守るバリアの役割を果たしています。


一般的な石鹸やボディソープは、これらの表皮ブドウ菌まで洗い流してしまうのですが、ジャムウが配合されたデリケートゾーン専用石鹸は、肌に必要な菌を残して不必要な雑菌だけを洗い流すことができ、清潔さを保ちます。


美白成分が配合されたものも


デリケートゾーン専用石鹸の中には、植物由来原料の美白成分、ホワイト377が配合された石鹸もあります。この美白成分は刺激が少なく、敏感肌の方でも使用でき、副作用がない安全な成分と注目を集めています。


天然成分のものがおすすめ


デリケートゾーン専用石鹸の成分は、無着色、防腐剤、安定剤、合成界面活性剤など化学添加物を使用していないものを選びましょう。植物の持つ自然なちからで黒ずみやニオイケアできるもの、自然派の石鹸がおすすめです。



石鹸を正しく使ってデリケートゾーンの黒ずみを解消


デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いので、基本的に優しく洗います。



石鹸を直接塗るのではなく、デリケートゾーン専用の石鹸を泡立てネットで泡を作り、優しく洗います。絶対にゴシゴシとこするような洗い方はやめましょう。


毎日丁寧に洗おう


デリケートゾーンは複雑に入り組んだ構造なので、おりものなどの分泌物や、尿などで汚れやすくなっています。また汗腺も多く分布しているので、ワキと同じように放っておくとニオイが気になります。


毎日丁寧に洗い、雑菌の繁殖を防ぎましょう。清潔を保てば、汚れによる黒ずみやニオイも解消できます。


前から後ろへ向かって洗う


デリケートゾーン専用の石鹸を手や泡立てネットなどで泡をたっぷり作ってから、前から順番に肛門に向かってやさしく洗います。指の腹を使い、こすりすぎないように洗いましょう。最後にしっかりシャワーで石鹸を洗い流します


3分間の泡パックが効果的


黒ずみやニオイが気になる部分には泡をたっぷりつけて3分間そのままの状態で泡パックをします。時間がきたら水やお湯でしっかり洗い流しましょう。気になる黒ずみやニオイがスッキリします。



ジャムウ・ハードバブルでデリケートゾーンの黒ずみを撃退!ランキングと石鹸の口コミ


多種類あるデリケートゾーン専用石鹸の中でも、特に人気があるもの、おすすめしたいものをまとめました。



価格や成分の特徴など、自分に合った商品選びの参考にしてみてください。


3位 ムダ毛対策までできる「シークレットレディ・ジャムウソープ」


税込価格 1,955 (100g)


ニオイケア、黒ずみ解消、ムダ毛ケア、引き締め、フェロモンなどオールインワンのデリケートゾーン専用石鹸です。


ニオイや黒ずみ対策成分が豊富に配合されているだけでなく、パパイン酵素などのムダ毛抑制成分も配合されていて、デリケートゾーンの悩みを全て対策できる石鹸です。


また、泡立ちや香りも非常に良いので、使い心地も気持ちがよく、さらにコスパもよいので、間違いなくおすすめできる製品です。


30代女性
年齢を重ねるにつれて、早いうちからニオイケアをしておこうと思いこちらを購入しました。この泡がとっても濃密で気持ち良いんです。贅沢に全身に使っています。この価格でこの効果は本当にお得です!

参照元:http://kirei-plus.net/archives/21926


2位 植物エキスを濃縮「ジャムウ・ハーバルソープ」


税込価格 \2,047 (64g)


シリーズ累計213万個を販売している、エルシーラブコスメティックのジャムウハーバルソープです。他製品と違う点は、無香料という点です。


ジャムウを中心とした黒ずみとニオイ対策成分が含まれており、無香料の石鹸がお好みの方に向いています。天然成分で安全性も高く、リピート率も高い商品です。



1位 黒ずみ集中ケア「ジャムウ・ハードバブル」


税込価格 ¥2,551 (75g)


「ジャムウ・ハーバルソープ」の黒ずみ集中ケアバージョン「ジャムウ・ハードバブル」で、定番のハーバルソープよりももっちりとした泡が特徴の商品です。ジャムウのハーブに加えて「パパイア果実エキス」と「オリーブオイル」が配合されています。


特に気になる部分に、たっぷり濃厚な泡を乗せて3分間パックします。素肌の汚れをサッパリと洗い流してくれると同時に、洗い上がりはしっとりします。汚れによる気になる黒ずみを、すっきりと洗い流します。


女性48歳 敏感肌

今まで、普通の?ジャムウハーバルソープを使っていましたが、黒ずみにはこちらの方が効くみたいなので、購入してみました。主にデリケートゾーンに使っています。まず、ハーバルソープで洗って、その次に、ハードバブルでパック。2週間くらい使用して、黒ずみが薄くなったのがわかります。こんなにわかりやすく効果が出るのなら、もっと早く使っておけばよかったなぁ。泡立ちについては、ネットを使っているので、そんなに気になりません

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/2891758/review/504378478

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする