この記事が気に入ったらシェアしよう!

ビタミンC誘導体の種類別で厳選したおすすめ商品 !選び方と副作用についても解説

ビタミンC誘導体の効果と種類とは?


ビタミンCはもともと安定性が悪くそのままではお肌に浸透しにくい成分でしたが、ビタミンCをリン酸と結合させ、誘導体化に成功したことで浸透力がアップしました。



化粧品に配合しやすくなったビタミンC誘導体ですが、美白化粧品などにも配合されており種類も多く選ぶ際には迷ってしまいますよね。ビタミンC誘導体の選び方や気になる副作用について紹介していきます。


短期間で吸収され即効性が高い「水溶性ビタミンC誘導体」


化粧水やローションタイプといった、さっぱりとした使用感の化粧品に配合されていることが多いのは、水溶性ビタミンC誘導体です。アスコルビルエチルや、アスコルビン酸グルコシドリン酸型ビタミンCと成分表に書かれていることがあります。


肌への刺激が少なく敏感肌にも効果的「油溶性ビタミンC誘導体」


とろみのある美容液や、こってりとしたクリームタイプのエイジングケア化粧品に含まれていることが多いのは、油溶性ビタミンC誘導体です。こちらはビタミンCに油を混ぜたもので、ステアリン酸アスコビルテトラヘキシルデカン酸アスコビルといわれることもあります。



ビタミンC誘導体の種類の違いは?


ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性がありますが、もう一つ、両方の特徴を持つものもあります。



アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS) FuncosC-IS (イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)と呼ばれ、浸透力が高いものです。それぞれの種類には特徴があるため、成分名を確認して化粧品を選ぶと良いでしょう。


「APPS」は敏感肌・乾燥肌の人におすすめ


新型のビタミンC誘導体で、美容皮膚科でも使われることが多いのがAPPSと呼ばれるビタミンC誘導体です。歴史が浅いのですが、油溶性のビタミンC誘導体よりも浸透力が高いとされており、ツッパリをあまり感じないといった使用感が特徴です。


比較的安く安定性があまりないものの認知度も上がってきています。


「FuncosC-IS」APPSよりも効果が期待できる


最新型のビタミンC誘導体でAPPSに比べお肌でビタミンCに変換しやすいのが特徴です。APPSではお肌でビタミンCに変換させるには2つの酵素を必要としましたが、FuncosC-ISは1つで変換させるため高い浸透性や、貯蓄性も期待できます。


そのため、値段も高めに設定されています。



ビタミンC誘導体の種類と選び方


肌質によって違うおすすめのビタミンC誘導体を効果的に取り入れて、理想のお肌を目指しましょう。



普通肌やオイリー肌ならビタミンC誘導体化粧水


ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールしたり、お肌のシミやくすみに作用する働きを持っていますが、保湿に優れた成分ではありません。そのため、脂性肌の人にはおすすめですが乾燥肌の人には、濃度を低く設定されたものを取り入れるのがおすすめです。


乾燥肌やインナードライ気味のお肌には、高濃度ビタミンC誘導体ではなく、1%〜3%程度の一般的なビタミンC誘導体濃度のものを選んでみましょう。


また、ローションパックのときにビタミンC誘導体化粧水を使うとより浸透しやすくなるためにおすすめです。イオン導入器をつかうと、より効果を期待できるので試してみてください。


肌が弱いなら油溶性ビタミンC誘導体配合の保湿クリームを


肌が弱いと感じている人は、ビタミンC誘導体を取り入れるのを躊躇してしまいますよね。ビタミンC誘導体は刺激が強いといわれていますので、心配な人は使用を控えた方が無難です。


お肌の強さに自信があまりないけど、ビタミンC誘導体を取り入れてみたいという人は、油溶性のビタミンC誘導体配合の保湿クリームがおすすめです。油溶性であればお肌も保湿することができるので、油溶性のビタミンC誘導体から試してみると良いでしょう。



副作用もある?ビタミンC誘導体の種類


ピリピリとお肌に刺激を感じたり、赤い発疹やかゆみを感じるといった副作用もあるのがビタミンC誘導体です。



ビタミンC誘導体は皮脂の分泌をコントロールするので肌が乾燥しがちになってしまうためビタミンC誘導体を使用するときには、しっかりと保湿をすることが大切です。



おすすめ!ビタミンC誘導体と種類


ビタミンC誘導体は厚生労働省により効果が認められている美白成分のひとつです。



シミやくすみが気になる人や、脂性肌の人におすすめできるビタミンC誘導体ですが、おすすめの商品や口コミについて紹介していきます。


ビタミンC誘導体を6%高配合「トゥヴェール 薬用ホワイトニングローションα」


シミやニキビが気になる人におすすめなのが「トゥヴェール 薬用ホワイトニングローションα」です。リン酸型ビタミンC配合で、本格的なシミ対策を考えている人におすすめです。





公式HP:http://www.tvert.jp/fs/tvert/219


美容液のような化粧水「ドクターシーラボ VC100エッセンスローション」


浸透性が高い浸透型ビタミンC誘導体(APPS)を高配合した化粧水。美白への効果とともに肌のキメや、保湿にも期待が持てます。爽やかな香りが印象的な商品で、乾燥が気になる人も使用していました。




公式HP:http://www.ci-labo.com/shopping/product/00033744/


持続性の高い油溶性ビタミンC誘導体「トゥヴェール オイル状ビタミンC100% VCH-100」


パラベン等の防腐剤や安定剤が無添加の肌に優しい美容オイルが、「トゥヴェール オイル状ビタミンC100% VCH-100」です。油溶性のビタミンC誘導体を含んでおり、保湿力も期待できます。


元々毛穴が詰まりやすい肌質をしていますが、それが緩和されているのはこれのおかげなのかなーと思っています。
ベタベタするとありますが、そこまでベタベタしている感じはありません。


参照元:http://www.cosme.net/tag/tag_id/26764/reviews

公式HP:http://www.tvert.jp/