この記事が気に入ったらシェアしよう!

意外と多い!女性の尿漏れの原因と対策!早めに知ることで即効改善

女性の尿漏れ、30代 40代 50代年代別の原因


立ち上がった時やくしゃみをしたとき、「あっ!」と思うことが増えてしまった女性は意外と多いことでしょう。最近は30代から尿漏れの症状を感じる方も少なくないようです。



年代別の原因、自分でできる対策をご紹介しますので、改善に向けて今日から努力を始めましょう!


30代→妊娠・出産の影響で始まる尿漏れが多い


30代で尿漏れに悩む人の多くは妊娠中・出産後である事が多いです。特に妊娠後期には大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、頻尿や尿漏れに悩む方が多いと言われています。


また出産に備えて黄体ホルモンが増加し、骨盤周りの筋肉や靭帯が柔らかくなるのも一つの原因。出産後に元に戻る方も多いのですが、なかなか骨盤周りの筋力が戻らず、尿のコントロールが難しくなる人もいます。


40代→くしゃみ・咳などお腹に圧力が加わった時に漏れてしまう


40代で尿漏れに悩み始める方は、骨盤周りの筋肉が衰えて、他の筋肉の圧力に負けることで尿漏れしてしまっている事が多いです。くしゃみや咳で尿漏れしてしまう「腹圧性尿失禁」は、40代以上の日本人女性のうち約4割に上ると言われています。


50代→自律神経の乱れによる切迫性失禁の可能性も

※尿意を感じたら、あまり我慢できない、ホルモンのバランスの崩れなどによって尿を溜めるスペースが少なくなり、強い尿意を感じる

50代の尿漏れは筋肉のコントロールが弱まる事が大きく関係しています。ホルモンバランスの乱れにより自律神経が乱れ、筋肉の収縮が思い通りにいかなくなってくる50代。


「尿意を感じたときに我慢できない」「膀胱が収縮しがちで強い尿意を感じる」症状が見られれば、切迫性失禁という診断をされる場合があります。



女性の尿漏れの臭いはパットで対策!


「たまにだし」「少ししか漏れていないし」と何も対策をしていない方は要注意!尿漏れで怖いのは、臭い成分のアンモニア。特に、水分をあまり摂らない人は尿が濃くなり臭いが酷くなる傾向にあります。



通常の選択や消臭剤ではなかなか分解されない成分なので、恥ずかしがらずに専用パッドで対策しましょう。


尿漏れパットは高分子ポリマーで尿を吸収して臭いを閉じ込める!


尿漏れパッドは生理用品と似ていますが、尿漏れ対策には尿漏れパッドを使用したほうが良いでしょう。水分を吸収してくれる「高分子ポリマー」の量が生理用品よりも格段に多いので、多少漏れすぎてしまってもサラサラな状態を保ってくれます。


また商品によってはアンモニアを分解してくれる消臭剤を配合している商品も多いので、周囲への臭いも気にならず、日中を快適に過ごすことができるでしょう。


普段から尿漏れがある場合は消臭剤・消臭スプレーの併用も


尿漏れの頻度が多い、または予測できない人は、普段から尿漏れパッドを付けておきましょう。長時間お手洗いに行けない時は、あらかじめ消臭スプレーを下着や衣類の腰回りにかけておくと安心です。


消臭スプレーは、ユーカリが消臭成分として使われているものがおすすめ。ユーカリはアンモニアを分解する作用があり、香りも爽やかなので、気分も上がること間違いなしです。



排尿後の尿漏れは女性には少ない?


男性の尿漏れで多いのが「排尿後動いた際に、尿道に残った尿が出てきてしまう」症状ですが、女性は尿道が短いため、ほとんどこの症状は見られないそうです。



女性で似た症状が見られる場合は、排尿する筋肉が弱まり、排尿しきれていない可能性の方が高いでしょう。後述のエクササイズを参考に、骨盤周りの筋肉を鍛えてみてくださいね。



お風呂上がりの女性の尿漏れは?


お風呂上り、下着を着けた際に「漏れた!」と感じる方は、もしかしたら尿漏れではないかもしれません。日中に尿漏れの症状を感じず、お風呂上りにだけ漏れを感じる方は、膣に入り込んだお湯が出てきているだけの可能性があります。



ただ、膣にお湯が入り込むのは骨盤周りの筋肉が弱まっている証拠。将来尿漏れになってしまう可能性もあるので、意識して筋肉を鍛えていきましょう。


対策→洗い場でしゃがんで強く2〜3回せき払いをする


膣からの「お湯漏れ」を防ぐには、まず湯船から上がった時に洗い場でお湯を出してあげることが大切です。洗い場にしゃがんで、強く咳払いをしてあげると、膣に圧力がかかりやすいですよ。


膣の内部には常在菌が住んでいるので、出た水は少し臭いがあるかもしれません。ヨーグルトのような酸っぱい臭いの場合は正常なので気にしなくても大丈夫です。色がついていたり、生臭い臭いのある場合は、一度婦人科を受診しましょう。


対策→バスタオルを両足の間にはさみギュッと締め付ける


産後間もない場合や、デスクワークが多い人は、膣の筋肉が衰えている傾向にあります。特に、経産婦の方は膣口が広がってお湯が入りやすいようなので、意識して鍛えてあげましょう。


お風呂上りに、バスタオルをふとももの間に挟み、ぎゅっと締め付けるエクササイズは手軽にできておすすめです。「お湯漏れ」がある人は、海やプールでも水が入り込みやすい状態なので、バスタオルを手に持ったらふとももに挟むというくらい、習慣にしてしまいましょう。



ジャンプや運動をしたら尿漏れが!女性尿漏れ防止の筋トレ


排尿や排便のコントロールをしているのは「骨盤底筋」といって、骨盤の底にハンモックのように掛かっている筋肉です。走ったり、ジャンプした拍子に漏れてしまう人は、骨盤底筋の筋力が弱まっているのかもしれません。



出産や加齢によって衰えてしまいがちな骨盤底筋を普段から意識して鍛える事で、尿漏れの症状を改善できるかもしれませんよ!


自宅でできる!仰向けトレーニング


https://www.youtube.com/watch?v=xxbRpjI7b_M

他の筋肉に負担が少なく、無理せず骨盤底筋を鍛えられる筋トレです。動画のとおり、仰向けの態勢で足裏を床に着け、膝を90度に曲げて立てます。その状態で肛門と膣を体内に引き込むように力を入れ、キープしたままゆっくり呼吸を繰り返しましょう。


仰向けトレーニングより強度が強い!ヒップリフト


https://www.youtube.com/watch?v=Cw3BHySRxUM

骨盤底筋だけでなく、ヒップアップや背中の筋肉も鍛えられる筋トレです。仰向けで足裏を床に着け、膝を立てたら、床からお尻を浮かせて背中が1直線になるまで持ち上げます。膣や肛門の筋肉を締めるのを意識しながら息を吸って、5秒間ほどかけてゆっくり吐きます。


5秒間×5回を1セットとして、1日1回実践したいところです。動画のように、息を吐き切ったらその都度お尻を床に着けてリラックスしてくださいね。



女性の尿漏れは病院で治療できる


もしも「尿漏れが周囲にバレていないか心配」「尿漏れが気になって、まともに生活が送れない」場合は病院で相談するのも一つの手です。



尿漏れのみの相談であれば、産婦人科や泌尿器科にかかるのが良いでしょう。尿検査を始め、エコー検査や内診、治療には磁気や電気での治療、ホルモン治療、投薬治療など個人に合った検査や治療をしてもらえますよ。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする