この記事が気に入ったらシェアしよう!

48歳でも妊娠ってできる?知っておくべき高齢出産の可能性・リスク

48歳での妊娠、出産などの確率



晩婚化にともない、女性の出産年齢は大きく変化してきました。高齢出産という言葉もよく耳にするようになりましたが、「妊娠しづらい」程度にしかその情報は浸透していないのではないでしょうか。30代後半ともなると妊娠の確立がガクッと下がると言われています。


では、48歳の妊娠・出産の可能性はどのくらいあると思いますか?


48歳での妊娠確率は0.6%


日本産婦人科学会のデータによると、48歳での妊娠率はなんと0.6%。しかもこれは生殖補助医療(ART)を受けた人の妊娠率で、自然妊娠の確立ではありません。


生殖補助医療とは平たく言うと不妊治療のこと。また、妊娠率であって、実際の出生率ではない点にも注意が必要です。


流産率は40歳以降で40%


妊娠率は下がりますが、残念なことに流産率は加齢とともにどんどん高くなります。30代前半までの流産率は20%前後で推移していますが、35~36歳を境にその可能性がずっと高くなっていることが分かっています。

40代に入るとその可能性は40%を超え、48歳では70%近くにもなってしまいます。



48歳で妊娠しにくくなる理由



なぜ48歳では妊娠が難しくなるのでしょうか。それには当然個人差や様々な外的要因がありますが、大きな理由として次の2つが挙げられます。


卵子の老化


一人の女性が持っている卵子の数には限りがあります。体内で作られている精子と違って、卵子は新しく作られるということがありません。つまり、生まれた時から卵子の老化は始まり、排卵をするようになった瞬間から卵子は消費され続けてきているのです。


あまり知られていませんが、卵子の老化は妊娠をしにくくする大きな要因となっています。


閉経している可能性も


日本人女性が閉経する平均年齢は50歳前後と言われています。閉経とは永久に月経が停止した状態のことを言い、12カ月以上月経が無いかどうかが目安となります。


広く話される話題ではないのであまり知られていませんが、閉経は、ある日突然ピタッと生理が来なくなるというわけではありません。これまで月に一度だったものが2~3カ月に一度、半年に一度と次第にその間隔が広くなっていきます。


ただ、当然個人差があるもので、明確な分岐点もありません。気づいたら閉経を迎えていたという人や、閉経したと思っていたらまだだったという人、様々なケースがあります。


48歳での妊娠でダウン症や流産率上昇などのリスク



高齢妊娠となると20代や30代前半での妊娠以上に気になるのが、ダウン症や流産のリスクなど。20代や30代前半での妊娠と比べると、やはりその可能性は高くなっています。正しく理解し、出産前に出来る予防や対策、知識を身につけて妊娠生活や子育てに備えたいですね。


流産する確率が上がる


先にも書きましたが、48歳の流産率は70%近くとかなり高くなっています。その理由の一つが卵子の老化によるもの。卵子の老化は妊娠をしづらくさせるだけでなく、妊娠を維持させる力も弱くさせてしまいます。


「なら卵子が老化しないよう予防すればいいんじゃない?」そう思いますよね。しかし残念なことに、今のところそのメカニズムは解明されておらず、予防方法も分かっていません。


先天異常の発症率の上昇


流産の可能性とともにリスクを高めるのが先天異常の発症率です。人の体には染色体が46本あります。この染色体に何らかの異常がおきることで先天異常が発症すると考えられていますが、その要因の一つに卵子の老化があるのです。


卵子は卵母細胞という細胞がもとになっていることはご存知でしょうか。この卵母細胞が2回の細胞分裂を経て、卵子となり排卵がおこります。


卵母細胞は排卵周期が起きるまで、1回目の細胞分裂を終えた状態で待機しているのですが、加齢にともない1回目の細胞分裂がうまくできず、染色体不分離という異常が起きることが確認されています。


高齢出産でダウン症の子が生まれるリスクが高くなる理由には、こういった点があったのです。


妊娠高血圧症候群の発症しやすい


妊娠高血圧症候群は、かつては「妊娠中毒症」と呼ばれていました。


妊娠末期の3カ月頃に起こりやすく、妊娠の年齢が高いほうが発症率は高くなっています。妊娠28週頃からのむくみは妊娠高血圧症候群につながる可能性が高く、注意が必要です。悪化すると内臓がむくんでしまい、呼吸困難に陥ってしまうこともあるそう。


母体の具合が悪くなると、当然お腹の赤ちゃんにも窮屈な環境になってしまいます。発育不良や早産、最悪の場合は死産となるケースもあります。単なるむくみと軽視せず、初期の段階で病院に相談するなどして、しっかりと対処していきましょう。


48歳で妊娠したい!妊娠しやすい身体づくり



次は妊娠しやすい身体づくりの方法です。これまで48歳での妊娠の可能性やそのリスクに関してみてきましたが、実際に妊娠するためには何をしたら良いのか。具体的に気を付けたい点をみていきましょう。


身体を冷やさない!体を温めることを徹底


「冷えは万病のもと」といわれていますが、妊娠のしやすさにも影響します。平熱が36℃以下の人や、手足が冷えている人などは要注意。普段の生活から冷えの対策を心掛けましょう。


身体を温める食材を取り入れることはもちろんですが、要注意なのは水分のとりすぎです。「1日2ℓの水分を」などと言われていますが、これはしっかり排せつされることが前提。普段あまり汗をかかない人などには逆効果で、冷えにつながってしまいます。


冷たいものではなく、温かいものを飲むように気を付け、身体を冷やさないようにすることが大切です。


バランスの良い食生活


食事は身体つくりの資本です。バランスの良く、いろんな食材から栄養をとるよう心掛けていきたいです。しかし、身体に良い食材があれば避けたい食材もあります。その一つが「トランス脂肪酸」。耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。


アメリカでは、トランス脂肪酸は不妊につながるとの論文も発表されています。このトランス脂肪酸を多く含んでいるのが、マーガリンやショートニングといった植物性油脂です。菓子パンやスナック菓子、インスタント食品によく使用されています。


また、食事の内容だけでなく食べるタイミングにも注意が必要です。1日に2-3食、なるべく同じ時間帯に食事をするようにしましょう。


葉酸サプリ

厚生労働省は栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。妊活中に飲むなら、植物由来で天然のもので必要な栄養をバランスよく配合したサプリが良いですね。


葉酸サプリ

妊活中・妊娠中の女性に飲みやすいサプのLara Republicの『葉酸サプリ』は厚生労働省推奨「モノグルタミン酸型」葉酸を配合していて、香料、着色料、保存料無添加で安心して摂取できるのが大きなポイントです。

48歳 妊娠したい

また、国産にこだわった厳選野菜を使用していて、妊活中から妊娠したあとも普段の食事にプラスして摂取する必要がある栄養を重点的に配合しています。女性が特に必要な栄養なので、日常感覚でいただけるのもいいですね。


葉酸サプリ
様々なランキング1位を獲得!
・楽天アメリカヘルシー&ビューティウィークリーランキング1位
・楽天フランス栄養補助食品ウィークリーランキング1位
・楽天サプリメントデイリーランキング1位
・楽天マタニティ食品デイリーランキング1位

国産野菜のやさしい葉酸サプリ【Lara Republic(ララリパブリック)】 詳細



運動で健康な体に


適度な運動は血行を促進させることで生殖器官のはたらきを高めます。重要なのは激しいものではなく軽い運動で継続的に行うこと。激しい運動は酵素の消費量が多くまた活性酵素を作り出します。活性酵素は老化につながるといわれており、48歳の妊娠には大敵と言えます。


これまで運動をしてこなかった人でも手軽に始められるといえば、やっぱりウォーキングですね。慣れてきたら歩くスピードを速めたり、時間を長くしたりすることで簡単に運動量を調節できるのもウォーキングの良い点です。


まずは散歩程度から、気持ち良いと感じられる程度から始めてみてはいかがでしょうか。


睡眠の改善で女性ホルモンを整える


激しい運動だけでなく、睡眠不足も活性酵素を作り出してしまう原因の1つです。また、人の身体は寝ている間にホルモンバランスを調整し、身体の調子を整えます。


メラトニン」というホルモンをご存知でしょうか。メラトニンは体内時計を整えるはたらきをしており、卵巣の細胞に多く含まれている重要なホルモンでもあります。また、メラトニンには抗酸化作用があり、身体の老化や酸化を抑制するはたらきをもっています。


メラトニンは日光によってその分泌が抑制され、14~16時間後に再び分泌が始まります。日中に太陽の光を浴び、夜はしっかりと睡眠をとって妊娠しやすい身体つくりをしていきましょう。



48歳以上で妊娠、出産した芸能人




妊娠しにくいと言われていても実際に妊娠している人はいます。芸能人だとニュースに取り上げられることもあるので、知っている人も多いのではないでしょうか。


坂上みき


平成24年7月、坂上みき(さかじょうみき)さんが妊娠していることを発表し大きな話題となりました。当時なんと53歳で初産とのこと。40代から不妊治療を始め、周りには「半分あきらめています」と言いながらも、どうしても諦めきれずに続けてきたそう。


妊娠するまでの毎日は辛く、たくさん泣いたと話していますが、現在は子育てと仕事を両立し、日々の生活を楽しんでいるようです。


野田聖子


野田聖子さんも50歳で妊娠したことで話題になりました。野田さんが不妊治療を始めたのは40歳。なんと14回も体外受精に挑戦したそうです。10年間にわたり漢方薬を服用したり、排卵誘発剤を打ったりするなど、あらゆる方法を試したようです。


特に排卵誘発剤は、注射を打ってから10数時間後にしないといけないため、パートナーに「今夜は…」と話す必要があります。このことが原因で何度もケンカしてしまったりと、妊娠がうまくいかないだけでなく、別の面でもストレスが溜まってしまうことも多かったそう。


それでも「家族が欲しかった」この思いで10年間続けてきたとのことです。


坂上さんも野田さんもすぐに妊娠はできませんでしたが、諦めずに続けてきた末の妊娠だったようですね。高齢出産だったことから色んな葛藤や周りからの声もあったようですが、今は子どもを授かり大変ながらも毎日充実した日々を過ごしているようです。


48歳の妊娠への道のりは短いものではなさそうですが、諦めないことが重要です。今できることから一つずつ、コツコツ続けて妊娠につなげていきましょう!


話題の妊活サポートサプリメント

※愛媛県松山市で有名「道後はり灸接骨院」の治療実績と患者の声から作られたサプリです。

kodakara


  • 有胞子性乳酸菌など3種類の成分を配合し胃腸の働きを活性化
  • 13種類のマカ・葉酸・冬虫夏草・亜鉛・タンポポなどの栄養素
  • 現役鍼灸師として平成20年に旭日双光章を叙勲した池田啓二氏がプロデュース
  • 飲みやすい小粒タイプ