この記事が気に入ったらシェアしよう!

今からでもはじめられる肌が若返る方法を大特集!

肌が若返る方法にはいろいろありますが、運動、食べ物、生活習慣が若返りと老化を左右する鍵を握っているといえるでしょう。実際に、これらのどのようなところに気をつけたらよいかご紹介します。



肌に良い食品!食べ物で若返る方法


肌が若返るには、食べ物に気をつける、内側からのケア方法が人気です。肌が若返る方法には、抗酸化物質が多い食品を積極的に摂ることが効果的です。抗酸化物質によって除去される活性酸素は、老化の元、万病の元と呼ばれています。


老化を防止してくれる抗酸化物質の含まれた食品


抗酸化物質の多い食品は、どのようなものがあるのでしょうか?ビタミンCの多いパプリカやキウイ、ビタミンEの多いアーモンド、ビタミンA又はベータカロテンの多いレバーやニンジン、カボチャなどがあります。他に植物に含まれる各種ポリフェノールがあります。


ネットで話題のスーパーフード


ネットではスーパーフードと呼ばれる、肌が若返るのにとても効果的な食べ物が話題になっています。


例えばローチョコレートは48度以下で作られるチョコレートで、普通のチョコレートよりもカカオの栄養素が壊れずに残っています。チアシードやマキベリーなどもスーパーフードとして知られています。


フルーツを毎日摂取しよう!


フルーツも抗酸化物質が多く、肌が若返る食べ物です。加熱せずに生で食べると酵素を摂れるので、美肌や健康によい効果があります。特にパイナップルやキウイには酵素がたっぷりです。ビタミンや酵素の補給に、フルーツを食べましょう。


イソフラボンは女性の味方!大豆製品を食べよう


女性ホルモンのような働きをするイソフラボンの多い大豆製品も、美肌の味方です。食べ過ぎは婦人科系の病気のリスクを高めますが、適量なら美容に効果的で更年期障害にも改善効果があります。大豆製品は、納豆きな粉を食べるのがいいですよ。


発酵していないものや、炒っていない種子類は、酵素抑制物質やフィチン酸塩、甲状腺腫の原因になるゴイドロゲン、反栄養などという成分が毒として残っています。


美容に効果的なたんぱく質の重要性


美容にはタンパク質も重要です。肌はタンパク質が分解してできるアミノ酸が材料になっています。タンパク質は、肉や卵や魚などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質に別れます。動物性タンパク質の方が、アミノ酸スコアが良いです。



若返る方法で運動は肌に重要


適度な運動は肌の若返りに効果的な方法です。細胞が活性化されたり、成長ホルモンが分泌されたりなどいろいろなメリットがあります。


体を動かすことで老廃物を排出する


運動は、デトックスに効果的です。運動して汗をかくと、汗から体内に溜まっていた老廃物が排出されます。脂肪燃焼によって、脂肪にくっついていた毒素も排出されるのです。


適度な運動で成長ホルモンが分泌される


成長ホルモンが分泌されるので、若返り効果があります。成長ホルモンは、有酸素運動よりも無酸素運動の筋肉トレーニングの方がよっぽど効率的に分泌されます。


血行を促進させ、細胞を活性化させる


血行も良くなり、細胞が活性化され新陳代謝がよくなります。新陳代謝がよくなると、新しい細胞が次々生成されてシミのメラニン色素などを押し出してくれるので美肌になります。



生活習慣で肌が若返る方法


生活習慣の見直しも、肌の若返りに効果的です。特に睡眠は肌や脳や心や健康にかなりの影響を与えています。


質の良い睡眠を取る


質の良い睡眠をとるには、寝入りにグーッと深い眠りに入ることが大切です。そのために、朝は日光を適度に浴びておきましょう。睡眠ホルモンが夜分泌されやすくなるので、良質な眠りが得られやすくなります。


睡眠時に内臓を休めるため、夕食は少なめに


睡眠時に胃に食べ物があると、質の良い睡眠が得られにくくなります。内臓を休ませるためにも、夕食は軽めに食べるか、寝る数時間前には終わらせておくようにしましょう。


早寝早起きが心身共に若返らせる


早寝早起きが体によいのは昔から言われていることですが、朝起きてから太陽の光を浴びるとメラトニンというホルモンが分泌されて、夜に質の良い睡眠が得られやすくなり生活リズムが整います。


睡眠不足の時はイライラしたりするように、しっかり睡眠をとると心にも良い影響を与えるのです。



肌が若返るためにやってはダメなことと方法


肌を老化させるNG行動ってどんなことがあるのでしょうか。


タバコ、お酒の過剰摂取


タバコやお酒の摂り過ぎは、活性酸素を発生させて老化を進ませて、病気のリスクも高めます。タバコなら肺、お酒なら肝臓が悪くなりやすいです。


夜更かし、夜食を食べる


夜更かしは、夜食を食べる原因になってしまいますね。夜は胃腸の働きが悪くなっているので、夜遅くに食べるときちんと消化吸収されずに、肌荒れしやすくなります。


ジャンクフードや油物の食べ過ぎ


ジャンクフードや油ものばかり食べると、皮脂分泌が過剰になりニキビができやすくなります。ジャンクフードは酸化した油を使っているかもしれません。オリーブオイルみたいな体によい油を適量料理に使い、摂るようにしましょう。


無理な運動、果物の食べ過ぎで体を冷やす


体が冷えると血行が悪くなり新陳代謝が鈍り、肌が老化しやすくなります。運動のしすぎは血液ドロドロになるし、果物の食べ過ぎは陰性食品過剰になり体が冷えやすくなります。