この記事が気に入ったらシェアしよう!

女性の薄毛対策や育毛に効果大!頭皮マッサージ方法をご紹介!

女性の育毛を促進する 頭皮マッサージの効果とは


女性も男性と同じく加齢やホルモンバランスにより頭皮が薄くなったり、髪が弱くなっていくためそれに合わせて対策をしていかなければいけません。



育毛と聞くと女性にとっては恥ずかしいような気持ちにもなってしまいますが、頭皮マッサージなら家で行えるため誰かに育毛をしていることがバレてしまうという心配もありません。


マッサージに直接育毛効果があるわけではありませんが、健康な髪が生えやすいように頭皮の環境を整えてあげることも立派な育毛対策です。頭皮が薄いことに悩んでいる人はこれに合わせて育毛剤を使用するとさらに効果が期待できます。


頭皮マッサージはやり方を理解すれば誰でも行えるので、健康な髪を育てるためにも頭皮マッサージで頭皮の環境を整えてあげましょう。


頭皮の血行をよくする


頭にも当然ながらたくさんの血管が通っています。また頭皮の血管も他の部位と同じく血行が良くなったり悪くなったりするため、不調を感じる前に血行を良好に保ってあげた方が良いのです。


最近髪の生えが悪い、髪に元気がないと感じるのは頭皮の血行が悪い可能性があるため、頭皮の血行を良くするためにマッサージを行いましょう。マッサージは頭皮の血管を刺激して血行を良くしてくれます。


頭皮をやわらかくする


頭皮マッサージは血行を良くするだけでなく、頭皮をやわらかくしてくれます。頭皮がやわらかいと髪も抜けにくくなりますし、生えやすくなるので、頭皮が固いと感じているならマッサージしましょう。


頭皮がやわらかくなれば抜け毛対策にも役立ちますから、普段からマッサージをしておくと良いでしょう。


毛穴の汚れを押し出す


頭皮マッサージをすると毛穴に詰まっている汚れを押し出す効果もあるので、シャンプーをしながら行うと汚れを洗い流し頭皮がスッキリするでしょう。


頭皮が脂っこい、髪がベタベタする場合も皮脂が過剰になっている可能性があるためマッサージをして皮脂汚れを押し出しましょう。毛穴に汚れが詰まると髪の生え変わりも乱れてしまい健康な毛も生えにくくなってしまうため、毛穴の詰まりは早急に解消しましょう。


ストレスを解消する


マッサージは頭皮に良い刺激を与えることができるので、リラックス効果が得られストレスを解消できます。また頭皮がやわらかくなると頭皮のコリが解消され疲れも解消へと向かいます。


頭皮をマッサージすると、頭皮と繋がっている首や肩の筋肉のコリもほぐれやすくなるので、同時に行ってみましょう。



薄毛対策に 育毛マッサージの方法


育毛マッサージ、頭皮マッサージが直接育毛に効果があるわけではありませんが、マッサージをすることで育毛の補助をしてくれます。


頭皮環境よくする

マッサージは誰でも簡単にできます。やり方を覚えてお風呂に入りながら、テレビを観ながらやってみましょう。


  • 両てのひらを側頭部に当て、円を描くように回す

  • まず両てのひらを側頭部に当てて円を描くようにゆっくり回します。手の腹や指の腹を使って円を描くように回し、マッサージする準備をします。


  • こめかみをゆっくり5秒間押す

  • 次にこめかみあたりに指をあて、ゆっくり5秒ほど押します。強い力で押すよりも、少し痛いけど気持ちいいと感じるくらいの力で押します。


  • 親指の付け根を耳上に当て、引き上げるように指圧する

  • 親指の付け根を耳上に当てて、引き上げるように指で押していきます。こちらも強い力よりも適切な力でマッサージしましょう。


  • 頭皮を5本の指先でつかみ、弾みをつけて離し刺激する

  • 最後に頭皮を5本の指先でつかみ、弾みをつけながら離し刺激します。爪を立てると頭皮に傷がついてしまうので、指の腹で弾くように刺激しましょう。



おでこや生え際に効く 育毛マッサージの方法


おでこや生え際の産毛の頼りなさを気にしているならこちらのマッサージを試してみましょう。頭皮は一か所ではなく、全体的にマッサージした方が良いので、おでこや生え際だけでなく、後頭部も刺激するようにしましょう。



  • 耳上からおでこにそって両てのひらをおく

  • まず耳上からおでこにそって両てのひらをおきます。少し視界が手によって狭く感じるように、覆うようにおいてみましょう。


  • 縦・横・ななめと円を描くようにゆっくり動かす

  • 次に縦・横・ななめと円を描くようにゆっくりと動かしましょう。他のマッサージと同様に強い力を込めずに行います。


  • 斜め上を見ながら眉毛を思い切り上げ、5秒間キープする

  • 最後に斜め上をみながら眉毛を思い切り上げて5秒間そのままキープします。眉毛を上げ下げするイメージで行いましょう。



マッサージでおさえたい 育毛のツボ


頭皮マッサージをするなら育毛のツボも押してみましょう。



血行促進効果のあるツボを指の腹で3秒ほど抑えます。ツボを押すときも爪を立てないように気をつけ、痛気持ちいいくらいの強さで押しましょう。


頭頂にある「百会」


頭頂部のちょうど真ん中らへんにある「百会(ひゃくえ)」は抜け毛対策の他にも疲労回復やリラックス効果をもたらしてくれるとされています。百会を押すときは両手の人差し指と中指を重ねて3秒ほど押します。


他にも冷え性やめまいにも効果があるとされているので、お風呂に入りながらマッサージすると良いでしょう。


耳のすぐ上のへこんだ部分「角孫」


耳のすぐ上にへこんだ部分があります。そこを「角孫(かくそん)」といい、頭皮の血行を良くしてくれます。見つかりにくいときは耳の上の裏側を触ってみましょう。親指で角孫を押しながら他の指は頭全体を覆うようにおきツボを押していきます。


指が届くのであれば角孫を押しながら百会も刺激すると良いでしょう。


うなじの外側にある「天柱」


うなじの外側にある「天柱(てんちゅう)」も疲労回復や眼精疲労回復効果があるとされています。うなじの外側、後頭部の首筋の髪の生え際あたりに天柱があるので、そこを親指で押してみましょう。


首に近いところにあるので、頭皮だけでなく首筋のコリにも効き、首筋や肩の血行も良くしてくれます。



間違うと逆効果 育毛に効くマッサージの注意点


マッサージは正しいやり方で行わなければ逆効果となり抜け毛や薄毛を促進させてしまいます。やり過ぎも良くありませんし、強い力や爪で刺激するのも良くありません。マッサージやツボ押しは強い力よりも痛気持ちいいくらいの力を心掛け、ゆっくりと行いましょう。



慣れないうちは意識して行い、慣れてきたらながらマッサージもできるようになるので、育毛対策のためにも習慣化させましょう。


  • 長くても15分まで

  • 1回に行う時間は長くても15分までにしましょう。長い時間行うと、同じ力では物足りなくなってしまい強い力を込めてしまいます。長くても15分マッサージ・ツボ押しするだけに留めましょう。


  • 毎日深呼吸しながらする

  • マッサージ・ツボ押しをするときは毎日深呼吸しながら行います。深呼吸をすることでリラックスできるので、ムダな力を込めずにマッサージ・ツボ押しできます。1回押すごとにゆっくりと深呼吸しながら行いましょう。


  • 爪をたてない

  • 爪は絶対にたてないようにしましょう。爪をたててしまうと頭皮に傷がついてしまい炎症を引き起こします。炎症が起こると白髪も生えやすくなりますし、抜け毛や薄毛の原因になるため、指の腹を使ってマッサージ・ツボ押しするようにしましょう。


  • 強くたたかない

  • 指で頭皮を弾くときに強く叩くのも止めましょう。強く叩いてしまうと頭皮にダメージを与えてしまう可能性があるので、指の腹で軽くトントンと弾くようにして刺激します。


  • 首や肩のこりをほぐしてからおこなう

  • もし首や肩のコリがあるのであれば、それをほぐしてから行いましょう。コリがあるとそれに繋がっている筋肉もこっている(固まっている)ため効果が軽減してしまいます。その状態でマッサージをしても、固まった筋肉をやわらかくしただけになってしまうので血行促進効果まではなかなか届きません。


    効果を最大限に得るためにも首や肩のコリはほぐしておきましょう。



育毛マッサージにブラシは必要?


育毛マッサージのためにと専用のブラシも登場しています。これは必要なの?とマッサージをするときに心配になるかと思いますが、指先でのマッサージをきちんと行えているのであれば特に必要はありません



どうしても使いたいときはブラシの選び方に気をつけ、ブラシで頭皮を叩いたりしないようにし正しく使いましょう。


マッサージは指先で十分


基本的にマッサージは指先で十分行えるのでブラシは不要です。どうしても使いたい時にだけ使うようにしましょう。ブラシは広範囲を刺激できるので気持ちよさがありますが、使い方を少しでも間違えると頭皮が炎症だらけになってしまい白髪が増えます。


指先をケガしてしまった、上手く動かせないなどの状態でなければできるだけ指先でマッサージするようにしましょう。


ブラッシング用ブラシで叩くのは逆効果


ブラッシング用ブラシで叩くのは止めましょう。ブラッシング用のブラシはあくまでもブラッシング用なのでマッサージのために使うと頭皮を傷つけます。また叩いてしまうと頭皮にブラシの先が刺さり炎症の元となり良くありません。


頭皮の炎症は白髪を作り出すだけでなく、痒みや毛穴の詰まりにもつながるので気をつけましょう。


マッサージ用ブラシは先が柔らかいものを選ぼう


マッサージ用のブラシを選ぶときはブラシ先が柔らかいものを選びましょう。先が固いと少し刺激しただけでも頭皮に刺さったり、ダメージを与えてしまう可能性があります。ブラシはムダな刺激を与えないような柔らかいものにしましょう。


またブラシは清潔に保つようにしましょう。ブラシに汚れがついていると、ブラシで頭皮をマッサージしたときに頭皮に付着してしまい毛穴の詰まりにつながります。



頭皮マッサージで育毛効果を感じた口コミ


育毛効果だけでなく、美容効果も感じた!という声があるので、育毛対策でなくとも頭皮マッサージは習慣化した方が良いでしょう。






頭皮マッサージに美容オイルなどをプラスするとさらに効果を感じられるとのことなので試してみましょう!



薄毛対策や育毛促進にマッサージを習慣にしよう


薄毛対策や育毛対策にマッサージをすると、美容効果やリラックス効果も同時に得ることができます。しかし習慣化しなければ効果も表れにくいので、毎日決まった時間にマッサージできるように習慣化しましょう。



頭皮マッサージだけでなく、きれいを目指すのであれば、良いとされることを習慣化しましょう。なんでも付け焼き刃では効果が表面化しにくいですし、長続きしません。いつもきれいでいるためには、なんでも習慣化するクセをつけましょう!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする