この記事が気に入ったらシェアしよう!

女性は50代からは体型維持・体型カバーが重要!崩れる原因と維持する方法とは?

50代女性今と昔の理想体型

一昔前と比較するとアンチエイジングに興味を持つ中年女性が増えてきたことにより、体型の理想が変化してきています。


50代 キレイでいたい

本来女性の身体は50代にもなると自然と上半身を中心に丸くなるものですが、昨今の50代女性はメリハリのある体型を維持している人が多くなってきています。


世代別:50代女性に多い体形の悩み

加齢と共に変化する身体の仕組みですが、その中でも最も多いのが体型に関する悩みです。若い頃と比較すると体重が落ちにくくなった、身体全体がたるんできた、下半身に脂肪がつくようになった、二の腕が太くなったということに対し大きな悩みを抱えている女性が多いです。


女性の体型の曲がり角は人生に3度来る

女性の体型の変化は人生に3回やってくるということをご存知でしょうか。



1度目は16歳から18歳頃です。女性ホルモンの分泌量が増え、はっきりとした女性らしい身体つきになってきます。2度目は24歳から26歳頃です。大人の女性への身体の変化が完成を迎えます。3度目は37歳から39歳頃です。


この頃の体型の変化は最も大きく、バストやヒップも急激に変化します。だんだんと重力に逆らえなくなり、身体全体がたるんでくる傾向にあります。


体型勝ち組の女の共通点とは?


50代になっても若い頃と変わらない体型を維持している人は多くいます。そんな人はどんなことを実践しているかというと、規則正しい食事と生活リズムを続け、良い姿勢や歩き方に気をつけていて、常に代謝をよくすることを心がけています。


また、身体をよく動かし、下着もその都度自分に合ったものを選んでいます。勿論それだけではなく、運動や筋トレなどの努力もしています。


体型を維持するのって大変…そのようなイメージがありますが、体型維持を目指すのであればまずは下半身を細くする努力をすることが大切です。下半身ダイエットとして有名なのがスクワットですね。


これは一見脚だけを鍛えているように見えますが、実は全身を鍛えることの出来る運動なのです。下半身には代謝の活発な筋肉が多いので、身体全体の基礎代謝をあげてくれます。これを続けることにより、太りにくい体質になることが出来るのです。



50代女性の体型崩れは老化だけが原因ではない

50代になってきて、体型が崩れてきた…きっと年のせいね、と思っておられると思います。しかし原因はそれだけではありません。


代謝の低下

50代ともなると、女性は更年期の真っ只中です。そのため身体全体の筋肉量が低下し、基礎代謝が落ちてきます。そうなることでエネルギーの燃焼効率が悪くなり、痩せにくい体質となっていきます。


筋肉の衰え

身体全体の筋肉量が落ちることで体型の変化に多くの影響を及ぼします。それはまず、身体がたるむ大きな原因となります。例としては、骨盤周りの筋力の低下により、お腹周りに脂肪がつきやすくなり、下半身全体のたるみへと繋がるということがあります。


骨格と姿勢

骨格の変化と姿勢の悪さも体型崩れの要因の一つです。姿勢が悪いことにより代謝が悪くなり、余計な脂肪が付きやすくなってしまいます。


食事のバランス

基礎代謝が落ちているのに若い頃と同じ食事バランスのままでは体型が崩れていくのは当たり前のことです。20代の頃には何もしなくても消費出来ていたカロリーも、50代になってからは消費出来なくなってきているということを念頭においておくべきですね。



女性の体型維持は50代からでも出来る

身体もたるんでしまったし、もういいや…と諦めてはいませんか?これからでも全く遅くありません。少しのことを気をつけるだけで体型は変わります。またそれだけではなく、健康的な身体の維持にも繋がってきますので是非出来ることから実践してみましょう。


適度な有酸素運動の継続

適度な有酸素運動は体型維持と健康の為にはとても効果的です。しかし50代に適切な運動方法は、無理なく長期的に続けるということです。毎日続けられるものを短時間からで良いので始めましょう。


例としては水泳はウォーキングが有効的です。一人ではなかなか続かないという場合は家族や友人と楽しくお喋りをしながら運動するとあっという間に時間が経過しますよ。


体幹を鍛え良い姿勢を保つ

体幹とは頭部と手足以外の部分、つまり胴体のことをさします。この体幹を鍛えることで太りにくくなり、姿勢も良くなります。


逆に体幹が衰えることは、腹部周りの筋肉の低下を促し、ウエスト周りにゆるみが生じてしまう結果になります。重力に逆らうことが出来ずに内蔵が垂れ下がり、下腹がぽっこり出ている体型になってしまうのです。


体質に合わせたバランスの良い食事

痩せたいからといって過度な食事制限はいけません。三食きちんと取るのが基本ですが、食べ過ぎは一番良くないので、腹6-8分を目指して本当に空腹のときに食べるのが重要です。


また、朝食または昼食で最も多くの種類を取ることが効果的です。昼間の活動でそのカロリーは消費されるので太る原因にはなりません。野菜は多めにして、食べる量は腹7分目くらいにしてください。


夜はその後睡眠を取るので、エネルギーの消耗が出来ずにそのまま脂肪として蓄積してしまうからです。年齢とともに消化機能も衰えてきているので、物足りないと思うくらいで丁度良いです。


野菜を多く摂取することで、健康な身体作りの為のビタミンやミネラルを補給することが出来ます。


脂肪燃焼サプリも利用してみよう


50代女性でダイエットを成功させた人の中には、脂肪燃焼サプリを利用して割と楽に痩せれたという人が結構います。ただ、飲めば痩せるというような飲み方では成功はしにくいですが、内臓脂肪や皮下脂肪が落ちやすくなるサプリがあるので、利用してみるといいですね

脂肪燃焼サプリ,ダイエット,

シボヘールは、お腹の脂肪を減らすのを助ける機能性表示食品で、体重(BMI)・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)・ウエスト周囲系を減らす機能性がある葛の花由来イソフラボンを関与成分としたダイエット用のサプリメント。


実際に被験者97人が試してみて、もともと肥満気味で全員がBMI25-30であり、ウエストもかなりぽっこり気味だったのが12週間試したところ平均お腹周りが20センチもサイズダウンしたという優れもののサプリメント。


シボヘール

機能性表示食品と認可された成分なので、安全性も確かで、飲んで具合が悪くなるという心配もないのが始めやすいところ。さらに定期購入なら初回が980円で安く購入できるのも人気の理由ですね。また定期購入特有のしばりもなくネットでやめたいときもやめられるというのも始めやすく口コミでも人気というところでしょう。

肥満対策に!内臓脂肪と皮下脂肪に効くサプリ 詳細はこちら



上手な体型カバーで50代でも魅力的に見える女性

誰しも加齢には逆らえません。若い頃と比較すると体型が変化していくのは、当たり前のことです。しかしコーディネート次第ではうまく体型をカバーすることが出来ます。


ラインとシルエットを制覇して着やせ効果

ぽっこりお腹をカバーしたいからといって、ふんわりした形の洋服ばかり選んでいませんか?隠したい部分を隠しているつもりでも、逆効果となってしまっている場合があります。


視覚効果でほっそり見えるコーディネートは、Xライン、Aライン、Iラインを作ることです。Xラインは体型をカバーして適度なメリハリラインをつくることができます。


おなかやヒップが気になる人はAラインのワンピースがおすすめですよ。縦長でほっそり見せることができるのがIラインです。Iラインは縦長長方形にシルエットを作るので、パンツならセンタープレス、スキニーやストレートのパンツに長めの丈のトップスがおすすめです。


隠そうとすればするほど気になる部分が目立ってしまうので、小物もうまく取り入れながら着やせ効果を狙いましょう。


おしゃれ>隠すの意識でメリハリカラーコーデ

お洒落なコーディネートの基本は色のバランスです。基本的に使用するカラーは三色までとします。基本のイメージとなるベースの色を決めたら、反対色のアイテムを使用して全体的なイメージにメリハリをつけましょう。


そうすることにより隠したい部分に目がいくことなく、おしゃれ上級者のコーディネートを作ることが出来ますよ。



まだまだこれからの50代!キレイに女性年齢を重ねて上手に体型維持を


年を取るということは決してマイナスなことではありません。女性には、年齢を重ねるからこそ出てくる輝きがあります。それは決して若い人には真似出来ないことです。


健康的なライフスタイルで心も身体も若々しく、充実した毎日を送りましょう!


ゼリー1本食べるだけで脂肪や糖を抑える

ベジファス