この記事が気に入ったらシェアしよう!

50代女性の結婚式での髪型はどうすべき?おすすめヘアスタイルと選び方

50代お呼ばれで知らないと赤っ恥!?結婚式の髪型のルール


ジューンブライドに向けて、結婚式の招待状がたくさん届く季節になりましたね。出席したいけど、ファッションはどうしよう・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか。



せっかくならいつもと違うヘアスタイルで華やかにキメてみませんか?好印象の髪型からタブーまで、一気にご紹介していきましょう。まずは、注意したい点からおさらいです。


主役に配慮して


いくら素敵な髪型でも、あまり派手になりすぎるのは良くありません。あくまで主役は花嫁。花嫁よりも華やかになりすぎないボリュームの髪型を意識しましょう。


NGなへアアクセサリー


ヘアアクセサリーにも配慮が必要です。花嫁とかぶってしまう可能性がある「ティアラ」「ジュエリーがたくさんついた華美なアクセサリー」「大ぶりの花がついたコサージュ」はもちろん花嫁より目立ってしまうのでNG。


また、目立たないものでも


  • 革製品やファーのもの(殺生をイメージさせる)
  • カジュアル感のある普段使いのもの
  • 夏にベロア、冬にシーモチーフ等の季節はずれのもの

等は避けましょう。


周りに配慮しない髪型はNG


出席する結婚式の「他のゲスト」にも配慮しましましょう。特に、自分より目上の方が多いと予想される結婚式では控えめな髪型を意識しましょう。一緒に出席する知り合いがいる場合は事前に打ち合わせておくのも良いでしょう。


親族はゲストよりも配慮して


また、親族として出席する場合は「おもてなしする側」の立場となります。相手方の親族からの印象も考慮して、上品で清楚な雰囲気を演出できる髪型を意識しましょう。


ロングのダウンは悪印象


いくら髪の毛の美しさに自信があったとしても、ロングヘアをそのまま下ろして出席するのは余程の理由がない限りNG。お辞儀のたびに髪の毛がバサバサと揺れてしまったり、髪の毛を掻き上げるしぐさが清潔感に欠けてしまいます原則アップスタイルで出席しましょう。



目的別(雰囲気別)50代の髪型・結婚式


それでは、上記の注意点を考慮しつつ、私たち50代女性にオススメの髪型をご紹介していきましょう。



自分でセットできる髪型もあるので、チャレンジしてみてくださいね。


きちんと感+気品アップスタイル


上品できちんとした印象を与えたいなら、すっきりとしたアップスタイルにアレンジしましょう。髪の毛が短い人は編みこみやカーラーで普段の髪型に華やかさをプラスすると適度な華やかさが出るでしょう。


ロングヘアの人は思い切って夜会巻きに挑戦してみてはいかがでしょうか?洋装でも和装でも似合う髪型で、崩れにくいのが特徴です。夜会巻きコームを使うとあっという間に自分でアレンジできますよ。


大人可愛い印象を+ハーフアップ


全部アップにするのはフェイスラインや首元が気になる・・・というあなたは、エレガントでかわいい女性を演出できるハーフアップにしてみてはいかがでしょうか。首元に残した髪の毛は、清潔感を与えるためにもぜひ巻いてみてください。


編みこみくるりんぱでバックスタイルに変化をつけやすいハーフアップですが、白髪が目立ちやすいのが難点。白髪染めをしている人は、式直前に染め直しておきましょう。



親族にもゲストにも50代ロングにはアップスタイルがオススメ(結婚式の髪型)


普段あまりしない、というあなたも結婚式ではぜひアップスタイルに挑戦してみてください。



どんな立場で出席したとしても「両家の親族」「ゲスト」「新郎新婦」等、万人ウケして失敗も少ないスタイルがアップスタイルなんですよ。


アップスタイルですっきりと


アップスタイルはボリュームの調整によって全身のバランスを取りやすいスタイルです。顔を小さく見せたい人はスッキリとしたアレンジに、スタイルを良く見せたいあなたは少しボリュームを持たせてアップにすると全身がすらりとして見えますよ。


小物でアレンジ


ハーフアップに比べて、小物を多めに使っても華美になりすぎないアップスタイル。夜会巻きコームを華やかなものにしたり、散らした毛先を止めるのにパールのピンをいくつも使っても素敵ですね。



結婚式でミディアムにぴったりな50代の髪型


アップスタイルにするには少し短いけれど、下ろしたままだと清潔感に欠ける・・・そんなミディアムヘアのあなたにおすすめのアレンジをご紹介します。



カールでニュアンスをつける


ミディアムヘアの人はそのままだとボリューム感が無くなりがち。あまり得意ではない方も、ヘアアイロンでの巻き髪に挑戦してみてください。


全体を巻くのが難しい人はトップをカーラーでざっくり巻いてドライヤー、毛先だけヘアアイロンでランダムに巻くだけで華やかな髪型になりますよ。


ポンパドールで華やかに


普段前髪を下ろしている人は、思い切って前髪を上げてみるのもおすすめです。特におでこの生え際からボリュームを持たせてまとめるポンパドールは、大人の雰囲気も残してくれる万能スタイル。バックスタイルがシンプルでも、ぐっと表情が明るく見えますよ。


顔の輪郭が気になる人は、サイドの前髪を少しだけ残しておいたり、顔回りの髪の毛を細かくブロッキングし、ヘアアイロンで巻くとカモフラージュできます。



50代結婚式の髪型、ボブでもアレンジ次第で華やかに


頭頂部から毛先にかけて、段が入らず一定の長さのボブ。スタリングしやすく、白髪やダメージヘアも目立たない髪型で人気ですが、結婚式のアレンジは地味になってしまいがちですね。



髪の毛に自信のある人は丁寧にブローするだけで素敵にきまりますが、パサつきが気になっていたり、天候によってコンディションが変わる人は編みこみや「アメピン」で細かく固定してアップスタイルにすると安心です。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする