この記事が気に入ったらシェアしよう!

ニキビ跡の色素沈着・シミを消す方法!ニキビ跡の種類別に解説

炎症ニキビの色素沈着、ニキビ跡の肌状態


ニキビといえば肌トラブルの代名詞ともいえる存在ですね。



ニキビが消えても色素沈着凹凸などといった痕として残ってしまうことがあります。


ニキビで色素沈着した肌


ニキビによって肌が炎症を起こすと血の色がすけて見えるようになります。転んだ時にできるアザと同じものだと思えばよいでしょう。この状態で紫外線を多く浴びると、メラニンが炎症を起こしている部位を守ろうとすることで多く集まり、色素沈着してしまいます。


凸凹してしまった肌の状態


ニキビが悪化してコラーゲン組織が破壊されてしまうことで凸凹のあるクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。若いうちは目立たなくても年齢と共に肌のコラーゲンが減ると凹みが目立ちやすくなることがあります。



炎症・メラニン由来・ニキビ跡の色素沈着2パターン


ニキビ跡の色によって、できてしまった原因が分かります。



ニキビ跡の種類によって消すための治療法も変わってきますので、自分のニキビ跡の原因を理解することが大切です。


赤黒く変色したニキビ跡・炎症性色素沈着


ニキビによって肌がダメージを受けると毛細血管をたくさん形成します。大量の毛細血管に流れる血によってニキビが消えた後も肌に赤みが残ります。


軽度の場合は日が経つごとに薄くなっていきますが、深い方でダメージを受けている場合やニキビを触り過ぎてしまった時は赤黒く残ってしまうこともあります。


メラニン由来、ニキビ跡の茶色い色素沈着はシミの原因


炎症性色素沈着の状態で紫外線を多く浴びると、メラニンが沈着してしまいます。メラニン色素は外部刺激から肌を守るためにつくられますので、特に炎症を起こしている部位に多く発生しやすいです。


また、こうやって残ってしまった色素沈着は将来シミになってしまうこともあります。



茶色ニキビ跡の色素沈着にビタミンC化粧品と○でシミ予防


メラニンが原因となる茶色いニキビ跡の場合、美白効果のある成分を使うと改善することがあります。



また、シミの予防としての効果もあります。


美白成分(ビタミンC誘導体)で色素沈着を改善


ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、できてしまったシミを薄くする効果があるので美白ビタミンとも呼ばれています。また、抗酸化作用がありシミやシワなど肌の老化の原因といわれる活性酸素を抑えることができます。


ハイドロキノンで茶色シミを強力漂白


ハイドロキノンはシミの治療のために皮膚科でも使用されており、シミに有効と言われている成分の中でも最も高い効果を発揮する成分で肌の漂白剤と呼ばれています。


メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトそのものを減らすことでシミを根本から薄くしていきます。



海外発ニキビ跡や色素沈着のシミは「エイジスポット」で消す!?


ニキビ跡を消すために開発された化粧品も存在します。



それがアメリカの皮膚科医が皮膚の再生に使うという成分ビタミンKを配合したエイジスポットです。


エイジスポットとは?口コミなど


エイジスポットは肌の再生サイクルをサポートしてトラブルのもとに働きかけます。この効果によってそばかすやニキビ跡、シミのケアが出来ると人気を集めている商品です。

価格:¥2,850


・口コミ


若い頃から肌質に悩み、オイリー肌でニキビに悩みました。ニキビ跡自体はそんなに深くはないのですが、光の当たる角度で、ああやっぱり結構凸凹してるなという感じ。あとは、シミ。そして、数年前から酒さを患っています。5日位までは特に効果を感じなかったのですが、6日目の朝、プラセンタを始めてから日課の肌チェック。え?どした?顔にハリがあってつるっとして、全体的に顔が明るくてくすみが抜けたみたいに。もちろん他の効果もあるとは思いますが、急に劇的に変わった気がして、こちらの効果では・・と思っています。今まで鏡を見るのが苦痛な肌でしたが、楽しくなりました!

参照元:https://osakado.cc/product_reviews/rgr/OS05212


エイジスポットの入手方法や危険性


エイジスポットはアメリカ発の商品のため、通常日本での販売は行っていません。購入するためにはオオサカ堂やBUYMAなどのサイトをして利用個人輸入するしかないようです。


使用時には目に入らないよう、目の周りに塗らないように注意しましょう。また、人によっては肌に合わず赤くかぶれてしまうこともあります。特に肌の弱い人は使用前にしっかりとパッチテストを行ってから使うようにしてくださいね。



赤黒ニキビ跡や色素沈着に効果大ピーリングでターンオーバー促進!


ケミカルピーリングは古い角質を除去します。



これにより肌の表皮が生まれ変わり、ニキビ跡として残っている肌の赤みや色素沈着が目立たなくなります。


ケミカル(化学)ピーリングの種類


ケミカルピーリングには大きく分けて2つの種類があります。


・サリチル酸ピーリング
サリチル酸という酸性の液体を使って角質を剥がす効果のあるピーリングです。肌に浸透しないため、血液中にピーリング材が吸収される心配がなく、安全性の高いピーリング方法です。角質を剥がす作用が強いので、1か月に1度の施術でも効果を期待できます。


・グリコール酸ピーリング
サトウキビなどのフルーツ酸を使ったピーリングで、肌の調子に合わせて濃度を自由に調節することができます。角質剥離効果が低く、副作用を引き起こすこともあります。


ピーリングを受ける施設や、どの種類のものを受けるかによって値段は変わりますが平均して1~2万円ほどかかります。また、1度で改善するわけではありませんので6~10回ほどは通う必要があります。


ダイヤモンド(物理)ピーリングって?


ダイヤモンドピーリングとは、文字通りダイヤモンドを使って角質のケアを行う方法です。ケミカルピーリングは薬剤を使いますが、ダイヤモンドピーリングは細かいダイヤモンドの粒子がついた専用の器具を使うことで皮膚を削り、古い角質を除去していきます。


ダイヤモンドピーリングの大きな特徴は治療の直後から肌のなめらかさを実感できる点です。これにより、化粧ノリや肌ツヤが良くなりますので、肌トラブルが目立ちにくくなります。


自宅でできるように開発されたマシンもありますが、実際の肌の状態が分からないと最適な強さや深さが分かりません。間違った使用を行ってしまうと肌トラブルが起こることもありますので、知識をしっかりと持った専門の医療機関で治療を受けるようにしましょう。



赤黒・茶色ニキビ跡にレーザー治療で凸凹や色素沈着を改善


レーザーによって皮膚の組織にダメージを与えることでニキビ跡のある皮膚細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を促すのがレーザー治療です。



レーザーの種類と特徴


・フォトRF

値段:¥10,000~20,000

光エネルギーを肌に照射することで肌の赤みを破壊します。ダウンタイムはほとんどなく、施術後にメイクをして帰ることも可能。


施術時間は大体30分ほどで、5回ほど行うとしっかりとした効果を得られます。クレーター跡には効果がなく、赤みや色素沈着のニキビ跡のみに効きます。


・フラクショナルCO2

値段:¥20,000~80,000

高出力の炭酸ガスレーザーで肌に小さな穴をあけます。レーザーによってあけられた穴を修復するために肌の中の細胞の働きが活性化され、均一にあいた穴を同時に塞ぐので凹凸のないフラットな肌に生まれ変わります。ダウンタイムが1週間~1か月と長いのがデメリットです。


・フラクセル2

値段:¥80,000~150,000

真皮の奥深くまでレーザーを照射することができます。これによって生じる穴は本当に小さく、フラクショナルと違ってダウンタイムがほとんどないのが特徴です。肌の入れ替えができると言われているほど、高い効果を示すレーザーです。


受けられない方も・・


・妊娠中、妊娠の可能性がある人

レーザー治療の影響で胎児に悪影響を与えたという例はないようですが、妊娠中は非常に肌が過敏で、シミができやすい状態になっています。レーザーの光の影響で逆にシミが増えてしまうこともあります。


・光過敏症の人

光過敏症とは、日光アレルギーのことです。レーザーに使用するレーザー光に反応してしまいアレルギー反応が出る場合がありますので、おすすめできません。



ニキビ跡や色素沈着のそもそもの原因・白ニキビを予防


ニキビがニキビ跡として残ってしまうのは、ニキビの炎症がひどくなることが原因です。自分でニキビをつぶしてしまったり、同じ位置に何度もニキビができるということを繰り返していると炎症がひどくなり、ニキビ跡が残ってしまいます。



また、白ニキビや黒ニキビは皮膚の深部に炎症を起こしていない初期ニキビです。しかし、手で触り過ぎたりつぶしてしまうと炎症を引き起こしてしまい、ニキビ跡の原因となります。白ニキビなど初期ニキビをつぶしてしまうのは絶対にやめてください。


セルフケアの危険性


ニキビ跡には様々な種類のものが存在します。間違ったセルフケアをしてしまうと、症状が改善しないだけでなく悪化させてしまう恐れもあります。ニキビ跡をセルフケアで綺麗に治すというのはとても難しいので、本当にきれいにしたいと思う場合は皮膚科や美容皮膚科に相談するのが良いでしょう。


日常ケアでオススメのアイテム


ニキビ跡を完全に消すのは難しいですが、日々のケアによって目立たなくしたり悪化させないようにすることは可能です。


・日焼け止め
ニキビ跡がある状態で日焼けをしてしまうと、メラニン色素が集まってしまいシミの原因になります。外出するときはしっかりと日焼け対策を行うようにしましょう。


・ニキビ跡専用の洗顔料

ニキビやニキビ跡に悩む人に向けて開発された洗顔料が販売されています。それぞれのニキビ跡にあった洗顔料を使うことで症状が悪化することを防ぎます。


・赤みのあるニキビ跡→ピーリング成分が配合されている洗顔料
・色素沈着による茶色いニキビ跡→ビタミンC誘導体などメラニンに働きかける成分が配合されている洗顔料
・クレーター状のニキビ跡→肌の細胞を修復するコラーゲン、またはコラーゲンを修復するプラセンタが配合されている洗顔料
・ケロイド状のニキビ跡→炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている洗顔料


・保湿クリーム
肌を元気に保つためには保湿は欠かせません。洗顔料と同じように、それぞれのニキビ跡に効果的な成分を配合する化粧品や美容液を使用することで、悪化を防げます。


健康な肌を維持することはターンオーバーを促進させることにもつながりますので、ニキビ跡の改善も期待できます。