この記事が気に入ったらシェアしよう!

脇汗が多いのはなんで?病気?気になる原因・対策

脇汗が多いのは病気?汗腺のエクリン腺とアポクリン腺の違いとは?


あなたは「脇汗」で困ったことはありませんか?



においや汗じみなど、脇汗で困った体験をしたという人が多いと思います。脇汗のことを理解し、エチケットとして脇汗のケアをしっかりとしていきましょう!


腋窩(えきか)多汗症という病気


脇の下は汗腺が多く、ストレスなどの精神的な刺激と気候などの温熱刺激の両方で発汗が促進されるため、汗をかきやすい部位ではあります。Tシャツに滲む、Tシャツが黄ばむなど日常生活に支障が出るほどの脇汗をかく場合腋窩多汗症の可能性があります。


腋窩多汗症の治療としては下記が挙げられますので、どうしても気になる場合はクリニックに相談に行くのも良いでしょう。


・塗り薬(塩化アルミニウム配合薬など)
・注射薬(ボツリヌス療法)
・飲み薬(抗コリン薬や漢方薬)
・手術(神経切断手術など)
・その他(レーザー療法、心理療法など)


エクリン腺はほとんど無臭


人間の皮膚には、エクリン腺アポクリン腺の二種類の汗腺があります。エクリン腺は全身に存在し、分泌される汗は健常な状態なら99%が水分でサラサラしており、臭いはほぼありません


アポクリン腺が臭いの原因


一方アポクリン腺は脇や陰部、耳の中などに存在し、分泌される汗はたんぱく質や脂質などを含むため白っぽく粘性を持ちます。また、独特なにおいがするため、ワキガなどのにおいもこのアポクリン腺から分泌される汗によるものです。



脇汗が多いのは手術で治る?アポクリン腺が多い人の保険適用


脇汗が多くにおいが気になっている・・・



そんな場合は保険適応の手術が受けられるケースもあります。


アポクリン腺を取り除く手術


多汗症やワキガで手術をする場合には保険適応となることがあり、悪臭の原因となるアポクリン腺を取り除く手術となります。皮膚を切開し、直接汗腺を取り除いていきます


ワキガや多汗症の方が適応


全ての人が保険適応となるのではなく、問診によって症状が重度とみなされた場合に適応されます。


術式によって保険適応となることがある


手術の方法によっては保険適応にならない場合もあります。(美容外科などで保険を取り扱っていない場合や、特殊な器具を使う場合など)主治医とよく相談し、予算や自分に合った治療法を選ぶことが大切です。



緊張やストレスなど自律神経の乱れが脇汗が多い原因!その対策は?


緊張やストレスなど自律神経の乱れによって、脇汗が多くなっている場合もあります。



緊張やストレスがエクリン腺を刺激


極度に緊張をする場面で、一気に汗をかいた・・・そんな体験はありませんか?このように精神的な発汗の場合は、サラサラとしたエクリン腺からの発汗であることが多いです。


すぐふき取ること


サラサラとした臭いのない汗だからといって、そのまま放置するのは要注意です!エクリン腺からの汗でも、皮膚に存在する常在菌と混ざり臭いが発生することがあるため、すぐに拭き取ることが大切です。


思い込みが原因になることも


精神的な自律神経の乱れで汗の量は多くなるとご紹介しましたが、「自分の汗は臭いのでは・・・」こんな思い込みによって脇汗が多くなっているパターンもあります。明らかな臭いや周囲に指摘されていない限り、過度に気にしないようにしましょう。



脇汗が多い原因は更年期のホルモンバランスの低下も関係!?


更年期など、ホルモンバランスによって脇汗が多くなるというケースもあります。


自律神経失調症

エストロゲン低下が原因


あなたは「ホットフラッシュ」という言葉を聞いたことがありますか?これは主に更年期に起こる症状で、エストロゲンの低下により自律神経が乱れることで汗が噴き出す現象です。


アンモニアを含み臭いがきついのが特徴


ホットフラッシュでかく汗は、アンモニアを多く含むため、まとわりつくような粘りと独特な臭いが強いと言われています。こまめに汗を拭きとることが必要となります。


更年期障害の治療をしっかり!


ホットフラッシュによる脇汗は、更年期障害の治療をしっかり行うことで改善されていきます。ホルモン補充療法、生活指導、漢方療法など様々な治療方法がありますので、気になる場合は婦人科へ相談に行くことをおすすめします。



辛い食べ物が好きな人は臭いが強い脇汗をかく?!


近年では、激辛料理や辛いものを扱うお店が増えてきています。



なんと辛い食べ物を多く食べる人は臭いが強い汗をかくことが多いとも言われています!


香辛料のカプサイシンが汗腺を刺激


唐辛子など辛いものには辛味成分である「カプサイシン」が含まれていることが多いです。
カプサイシンは、アポクリン腺などの汗腺を刺激しより多くの発汗を促します


脂質やたんぱく質を含んだ汗


辛いものに含まれるカプサイシンにより、アポクリン腺が刺激され脂質やたんぱく質を多く含んだ独特な臭いの汗が多く出ることになります。その結果、ワキガや気になる脇汗の臭いを助長してしまうのです。



多い脇汗を止めたい!人気の脇汗デオドラントの口コミを紹介!


自宅で気軽に脇汗や臭いをケアできる商品も多く販売されています



口コミや店頭の商品を参考に、自分にあったケア方法を探すのも良いですね。


AHCセンシティブ


初めて脇に塗った日が10/04。その日から3日連続で脇に塗ったのですが、10/11現在、脇サラ男です。最後に塗ったのが10/06の夜なので、そこから一切のケアをしてないのに、5日間継続して脇汗を抑えています。

参照元:http://wakimen-happylife.com/keep_ahc/


寝る前に汗が気になる部位に塗る商品で、無料サンプルの取り扱いもあります。

参考価格:30ml/3980円


オドレミン(日邦薬品)


これに出会ってから制汗剤いらずになりました。汗ジミ気にならなくなりました。白シャツの脇に黄ばみができなくなりました。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/309863/reviews


多汗症の治療でも使われる塩化アルミニウムを含み、汗腺を塞ぐことで汗の分泌を抑えるのに役立ちます。

参考価格:25ml/1080円


汗ブロックロールオン プレミアムラベル(Ban)


スティックタイプで直にぬれるのがとても良い。1日とは言えませんが、午前中は持ちます。持ち歩いて、定期的に塗るほうが効果的です。

参照元:http://www.cosme.net/product/product_id/10107963/review/506059512


ナノイオン制汗成分が汗の出口にフタをし、脇汗が出る前にブロックをします。

参考価格:40ml/700円前後(オープン価格)

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする