クエン酸の美肌・疲労回復効果とは?正しい摂取方法も解説 |

この記事が気に入ったらシェアしよう!

クエン酸の美肌・疲労回復効果とは?正しい摂取方法も解説

健康や美肌に良いってホント?クエン酸の効果とは?


クエン酸と聞くと「酸っぱい」というイメージがありますよね。しかしこのクエン酸は疲れを癒し、美肌効果があるって知っていましたか?



クエン酸は梅干しやレモンなどに含まれています。クエン酸は梅干しや柑橘系の酸味成分ですが、この酸味成分が凄い効果を持っているんです!酸っぱいのが苦手でも、クエン酸の効果を知れば摂りたくなりますよ!


疲労回復


人は、運動や仕事などで疲れると乳酸が分泌されます。クエン酸にはこの疲労物質である乳酸を分解する働きがあるのです。


クエン酸が乳酸を炭酸ガスとして尿で排出するよう促すので、疲労を感じている時には梅干しやレモンなどを積極的に食べると良いでしょう。また乳酸は筋肉痛を引き起こすので、予防として筋トレ前にクエン酸を摂ると筋肉痛の抑制に効果が期待できます。


美肌効果


クエンには、肌を滑らかにする働きがあります。クエン酸は血流を改善させ、カルシウムやカリウムなどのミネラルの吸収を良くします。また日焼け後の肌のダメージを改善する効果もあるといわれています。


クエン酸は食べ物からも摂取できますが、美肌にはクエン酸を用いた洗顔やクエン酸入浴がおすすめです。クエン酸洗顔では洗顔料にクエン酸を混ぜてピーリング剤を作ることで毛穴汚れや古い角質を落とすのに役立ちます


ただし、やり過ぎると肌が荒れる原因になるので週1のスペシャルケアとして利用しましょう。クエン酸入浴は浴槽にお湯を溜めたあとにクエン酸を大さじ3杯程度入れるだけの簡単入浴法です。


体臭を予防できるので、汗などの体臭が気になる場合には試してみると良いでしょう。ただし、クエン酸の含有量が多ければ多いほど効果が上がるという訳ではないので注意しましょう!


血流改善


血流が悪くなるのは、単に冷えだけの問題と思っていませんか?血流が悪くなる原因に「血液がドロドロの状態」があります。この血液がドロドロとした状態は体内が酸性に傾いている証拠で、このまま放っておくと高血圧や動脈硬化などを引き起こす恐れがあります。


それを改善するためにも、クエン酸を取りましょう。クエン酸は酸性になった血液を弱アルカリ性へと変えてくれる働きを持ちます。そうなると血液がサラサラの状態になり、血流が良くなり冷え性の改善や美肌、ターンオーバーの促進などの効果につながっていきます。


抗酸化作用


クエン酸にはキレート作用というミネラルの吸収を促す作用があります。またキレート作用には体内の金属ミネラルに働きかけ、細胞の酸化を防ぐ役割もあります。


これによって活性酸素による細胞の酸化を防ぐので、クエン酸には抗酸化作用があるのです。活性酸素は増えすぎると身体を錆びさせ老化を早めるとされているほか、癌などの病気をも引き起こす厄介者です。


これを抑制するためにもクエン酸を摂り、キレート作用で細胞を酸化から守りましょう!



疲労回復にはクエン酸とアミノ酸の同時摂取が効果的?


クエン酸の他にも疲労を回復する物質があります。それがアミノ酸です。



アミノ酸とは私たちの身体を作っている大事な成分の一つです。アミノ酸といっても、タンパク質を構成する必須アミノ酸・非必須アミノ酸合わせて20種類とそれ以外のアミノ酸があります。ひと口にアミノ酸といっても、さまざまな種類があるんですね。


このアミノ酸は私たちが生きていくうえでとても大切な成分。それをクエン酸といっしょに摂取することで、より高い疲労回復効果が見込めます。


アミノ酸も疲労回復効果


アミノ酸はタンパク質を構成していますが、アミノ酸もタンパク質の一つです。アミノ酸は傷ついた細胞を修復する効果があるといわれているので、クエン酸といっしょに摂ると疲労回復効果がより上がるとされています。


アミノ酸は筋肉の修復もする成分です。筋トレ後にアルギニンやグルタミン酸を摂ると良いといわれているのは、これらのアミノ酸が傷ついた筋肉を修復して回復させるからです。


普段から疲れを感じている人や、筋トレをしている人はクエン酸とアミノ酸を同時摂取して、疲れと筋肉を癒してあげましょう。


脳の疲れも取れる!


アミノ酸の一つであるトリプトファンという成分を摂取すれば、脳の疲れを取ることができます。このトリプトファンは睡眠ホルモンの原料であるセロトニンを分泌させるための材料になるので、トリプトファンを十分に摂ることで不眠も改善するのです


アミノ酸といっても複数種あるので、身体と脳に効果的なアミノ酸を摂取して疲れを癒すようにしましょう。


過剰摂取は禁物!


クエン酸やアミノ酸は疲労回復効果がありますが、多く摂れば良いというものではありません。効果を期待しすぎて過剰摂取すると、胃痛や口内炎を引き起こす恐れがあります。


クエン酸やアミノ酸を摂取するときは容量をよく守るようにしましょう。クエン酸は1日2~5g、アミノ酸は1日50~60gが目安です。


またサプリメントやドリンクで補っている場合には、よく含まれている成分量を計算して飲むようにしましょう。特にサプリメントは少しの量で多くのクエン酸・アミノ酸の摂取が可能です。そのため簡単に過剰摂取してしまいがちなので注意しましょう。



クエン酸は飲むと効果的!自宅で作れるレシピを紹介!


クエン酸は梅干しやレモンといった食べ物に多く含まれていますが、効率よく摂取するならドリンクとして飲むのが効果的です。



作り方はとても簡単で、ドラッグストアで購入できるクエン酸粉末2gを水250mlで溶かすだけです。飲みづらいときはハチミツなどをいっしょに溶かすと飲みやすくなるので、量を調節しながら入れてみましょう。


またクエン酸には食用とそうでないものがあります。100均などに売られているクエン酸は主に掃除目的で売られているものなので、よく説明書きを確認してから購入するようにしましょう。



手軽に効果を感じたい!おススメクエン酸ドリンクはこちら!


クエン酸ドリンクは自作できるとしても、やはりおいしいものが飲みたいですよね。



クエン酸はドリンクとして各メーカーから発売されています。コンビニで入手できるものや季節によって販売数が異なるものもありますが、見かけたら購入すると良いでしょう。どれも安価で手にしやすい商品です。


キレートレモン炭酸入り(ポッカサッポロ)


レモン果汁が15%も含まれている炭酸飲料です。500mlのペットボトルになんとクエン酸が3000㎎も含まれています!


レモンの健康成分に加え、酸っぱい味と炭酸が気分をリフレッシュしてくれます。販売価格は140円前後です。緑と黄いろのパッケージなので目につきやすく、瓶タイプのキレートレモンを知っているならすぐに見つけられます。


キレートレモン紹介HP⇒https://www.pokkasapporo-fb.jp/products/lemon/kire-to/HR84.html


梅よろし(ダイドー)


梅果汁と梅エキスのWのコンボで梅の味だけでなく香りをも感じられるドリンクです。果汁は10%未満ですが、しっかりとした梅の味が楽しめます。容量は350mlで、クエン酸は310mg含まれています。


酸っぱい味が強くなく、すっきりとした甘さがあるのでレモンなどの酸味の強い柑橘系が苦手なら飲んでみることをおすすめします。他にも黒酢やビタミンCなど身体に嬉しいものが含まれています。販売価格は115円前後です。


梅よろし紹介HP⇒https://www.dydo.co.jp/products/detail/616


グリーンレモン(三ツ矢)


酸っぱいといったらこのドリンクです!特に夏の季節に多く出回り、これ1本でクエン酸が1290mg摂取できます。


とにかく酸っぱいドリンクが飲みたいといったらこのグリーンレモンをおすすめします。炭酸・酸味が強いので、好みが分かれる味ですが、フレッシュしたい!といったときに飲むと強烈な酸味が気分を一新してくれます。販売価格は140円前後です。


グリーンレモン紹介HP⇒https://www.asahiinryo.co.jp/products/carbonated/green_lemon/