この記事が気に入ったらシェアしよう!

コラーゲンドリンクの効果でやせちゃう!効率よくダイエットができる飲み方

ダイエットに効果的のコラーゲンドリンク


コラーゲンは、食事から摂取するのが難しいといわれていますが、効果的に摂れるのがコラーゲンドリンクです。美容に良いだけではなく、ダイエット効果もあります。


コラーゲンは肌に潤いを与えるだけでなく、身体の細胞を結びつける役割があるので身体作りに欠かせない栄養です。コラーゲンが効果的に摂れるコラーゲンドリンクがなぜダイエットに効果があるのでしょうか。


新陳代謝の活発で痩せる!


新陳代謝ターンオーバーとは、簡単に言うと古くなった細胞や傷ついた細胞が新しい細胞へと生まれ変わることです。新陳代謝が衰えると肌トラブル、体の不調や老化など生活に影響があります。


正常な新陳代謝のサイクルを崩さないためにもコラーゲンは必要な栄養です。コラーゲンは細胞の新陳代謝のサイクルを正常にして活発にすることで体の細胞や皮膚が新しく生まれ変わります。


サイクルが乱れると脂肪を燃焼しづらくなったり筋力が衰えて体が弱るので、コラーゲンは痩せる体を維持するためにも必要です。


排泄を促して便秘解消!


腸内のコラーゲンが減少すると便秘気味になります。コラーゲンドリンクで腸内のコラーゲン量を維持することで便秘が改善される効果もあります。


でもコラーゲンだけ摂取していれば良いわけではありません。コラーゲンが腸内の水分を引き寄せて腸内の水分が不足してしまうので、日頃からきちんと水分を摂っていないと逆効果となるので注意しましょう。


腸の蠕動運動が低下してしまうと便秘が悪化するので、コラーゲンだけでなく水分もきちんと摂ることが重要です。コラーゲンで便秘を解消したいなら、凝縮型のコラーゲンドリンクではなく、お茶やジュースタイプのコラーゲンドリンクがいいですね。


脂肪の燃焼を促す効果も


コラーゲンに含まれるアミノ酸で脂肪燃焼に役立つのが「プロリン」というアミノ酸です。


タンパク質やアミノ酸をコラーゲンに合成するサポートの働きを持っているほかに、脂肪を燃焼させる時に必要な「リパーゼ」という酵素の分泌を促進させ、脂肪を燃やしやすくさせる働きを持っているのです。


コラーゲンに含まれるプロリンを摂ることで、脂肪を燃やしダイエット効果があります。ただ飲むだけでなく運動と組み合わせることが重要ですので、くれぐれもコラーゲンの成分に頼るだけにならないようにしましょう。



ためしてガッテンでも紹介!コラーゲンドリンクの効果

シミにコラーゲン

コラーゲンドリンクは、有名な番組「ためしてガッテン」でも紹介され、スーパーやコンビニでも売られていますね。コラーゲンドリンクが効果的にコラーゲンを摂ることができるのは、含まれている成分に理由があります。


コラーゲンを摂ることで得られる効果をよく理解して、さらに美肌とダイエットに有効活用しましょう。


顔のシワやシミの改善


コラーゲンで肌がプルプルなるのは有名ですが、シワやシミの改善にも効果があります。人の肌は真皮と表皮に分かれていて、何かトラブルが起こるとシワやシミ、そばかすになります。シミの原因はメラニン色素の沈着によって起こります。


正常な肌ならターンオーバーでアカとなって剥がれ落ちていますが、紫外線を浴びすぎてコラーゲンの生成が追い付かなくなったり、肌に刺激を与えすぎているとサイクルが狂い、ターンオーバーが正常に作動しなくなりシミになります。


シワの原因は大きく分けると、表皮の機能低下でできるのが小ジワ、真皮の機能低下でできるのが深いシワです。小ジワの原因は主に肌の水分不足です。


角質層の水分が不足すると乾燥肌となり、肌がかさつき肌荒れの原因になり、皮膚の皮紋が不規則な網状になりシワとなって現れます。深いシワの原因は加齢や紫外線の影響でで、コラーゲンやエラスチンが不足すると細胞の活力が弱まり弾力性がなくなってできます。


コラーゲンは皮膚の中にまで重要な役割を持っています。


保湿効果でもちもち肌に


コラーゲンは肌に潤いも与える成分です。コラーゲンで肌がもちもちぷるぷるになりますが、保湿効果で肌が水分を逃すまいとしてみずみずしい弾力を保っているからです。


コラーゲンは肌の土台とも言われるので、土台が脆くなると当然老けて見え、肌がたるんだりする原因になります。


コラーゲンが肌の一番下でバネのような働きをしているからこそ、肌に弾力が生まれます。コラーゲンが減少するとバネの機能が失われて肌の弾力も無くなります。肌の水分や正常なバネ機能を維持するためにもコラーゲンは必要です。


細胞の活性化で傷の治りが早くなる


コラーゲンは綺麗な肌を保つためには欠かせない成分ですが、不足すると傷の治りも遅くなります。繊維芽細胞と呼ばれる細胞の活性が弱まるとコラーゲン生成などのバランスを崩してしまい、傷が治りにくくなります。


細胞内のコラーゲンが低下することで細胞が正常に働かなくなり、傷を修復しようとする力が弱まります。傷の治りが遅いなと感じたら、コラーゲンが不足していることが原因かもと疑って、意識的にコラーゲンを摂ってみてください。


コラーゲンドリンクの主な成分


コラーゲンドリンクといってもさまざまな商品が出回っていますが、主な成分はコラーゲンプラセンタビタミンCです。他に葉酸ヒアルロン酸が含まれる商品もあります。


コラーゲンとは肌を若々しく保つ成分だけではなく、身体の細胞同士をくっつける働きや、アミノ酸となって脂肪を燃やしやすくさせる働き、丈夫な体を作るのに必要です。


プラセンタは抗酸化作用を持っているので、体のサビの原因となる活性酵素を除去してシミやシワを改善します。


ビタミンCは風邪にかかりにくくなるだけではなく、肌をきれいにするほかコラーゲンと一緒に摂ることでコラーゲンの生成・合成を助けます。ヒアルロン酸は皮膚の保湿や保水成分に欠かせない成分なので、一緒に摂れるならさらに効果があります。


お手軽価格の物は、やはり含まれる成分が少し少ないですが、高い効果を得たいならコラーゲン・プラセンタ・ビタミンC・ヒアルロン酸が含まれているコラーゲンドリンクを飲みましょう。


コラーゲンドリンクは、コラーゲンを効率よく吸収できるようにそれぞれの成分が合わさって入っている方が、一度に効率よく体に摂れます。



コラーゲンドリンクを飲む適した時間

寝る前が効果的♪

コラーゲンドリンクは薬ではないのでいつ飲んでも良いのですが、効果をより得たいなら就寝前に飲むといいですよ。人は寝ている間に成長ホルモンを分泌するので、その時間に合わせて摂ると高い吸収性があります。


特に夜の10時~2時までは細胞が活性化し成長ホルモンが分泌するゴールデンタイムです。細胞が活発化している時間に吸収されれば代謝アップに繋がり、正常なターンオーバーを保つことができます。寝る前に習慣化すれば飲み忘れることもないし、無理なく続けられますね。



コラーゲンドリンクの有効な飲み方と注意点


身体に良いものだからといっても摂り過ぎはダメです。コラーゲンは体を作るのにとても大切な成分ですが、摂り過ぎは逆に効果を発揮しない原因になったり、体に毒を与えてしまうことになります。


効果を最大限に発揮するには、どのようにコラーゲンドリンクを飲めばいいのか、飲む時の注意点も紹介します。


一緒に飲むと効果が上がる栄養素


コラーゲンをより効率よく摂るにはビタミンCと一緒に摂るのが一番です。コラーゲンの生成にはビタミンCが必要不可欠です。


いくらコラーゲンをたくさん摂っても、ビタミンCが不足していると生成・合成が間に合わず、外から摂っているだけになってやがて限界が訪れます。体に必要なコラーゲンの生成・合成が間に合わないので、細胞や組織が脆くなり傷が治りにくくなります。


人間の体はビタミンを作り出すことができないので、意識してビタミンCを摂るようにしないと正常なコラーゲンが作り出せない他、コラーゲンの効果が失われるので、ビタミンCと一緒に摂ることで体の老化を防ぐ役割があります。


効果を下げてしまう食べ物


糖分を含んでいる食べ物はコラーゲンの効果を下げるので、ケーキや甘いお菓子と一緒に摂るのは止めましょう。糖分はコラーゲンの働きを抑え、タンパク質に変えてしまういます。


甘いものを食べながらコラーゲンもという軽い気持ちでやっていることが、実は逆効果になっています。


高脂肪のものも一緒に摂ってしまうと効果がでません。コラーゲンを摂っても高脂肪な食事を続けていると、内臓脂肪が増え善玉菌が減少して、コラーゲンの合成が悪くなります。高脂肪食の摂りすぎは健康に悪いだけでなく、肌への影響もあるので普段から気をつけましょうね。


コラーゲンドリンクの飲み過ぎは逆効果


コラーゲンを手軽に摂れるからといって、コラーゲンドリンクの飲み過ぎは逆効果です。
コラーゲンは体内に入ると消化吸収される途中でアミノ酸に変化します。


アミノ酸がそれぞれ肌や骨などに作用しますが、コラーゲンを摂りすぎると消化できないコラーゲンが体内に残って、ニキビの原因になります。消化しきれなかったアミノ酸(コラーゲン)はセルライトの原因にもなります。


体に良いものも過剰に摂ると害になるので、コラーゲンドリンクを飲むときはきちんと1日の分量を守り、飲み過ぎないようにしましょう。



タンパク質とコラーゲンの関係性


コラーゲンとはタンパク質の一種で、体を形成するのに欠かせない成分です。


体のタンパク質と呼ばれる3分の1がコラーゲンなので、少なくなると体の調子を壊すだけでなく老化を早めることにもなるので、特に女性コラーゲンの摂取に気を付けないと年齢の割に老けて見えることになってしまいます。


コラーゲンは繊維状タンパク質に分類され体の中でさまざまな働きをしています。骨や皮膚を作ったり、組織の柔軟性を高めたりと体の至る所で活躍しています。コラーゲンが失われることは、体の作りに支障をきたしてしまうことになります。



コナミスポーツが販売しているコラーゲンドリンク


コラーゲンクリスタルオッティモ

コナミスポーツが販売しているコラーゲンドリンクは、コラーゲンが通常のコラーゲンドリンクに含まれているものより分子が小さいフィッシュコラーゲンを使用しているので、体内に入った時の分解時間が短く非常に高い吸収性を持っているのが特徴です。


大きいコラーゲン分子だとそれだけ分解に時間がかかってしまい、吸収可能な大きさになるまでは吸収されません。低分子コラーゲンなら、初めから吸収されやすい大きさになっているので、通常のコラーゲンドリンクより早く吸収されます。


コラーゲンクリスタルリッチ

低分子コラーゲン3,000mg・ヒアルロン酸60mgをはじめ、栄養成分が15種類も入っています。お客様の声をもとに開発されているので、欲しい成分がギュッと詰め込まれているコラーゲンドリンクになっています。