この記事が気に入ったらシェアしよう!

飲み物だけダイエットって効果ある?成功するやり方と注意点

飲み物だけの断食ダイエットの効果とは?成功者の口コミ


断食ダイエットはいくつか種類がありますが、飲み物だけを摂取する断食もあります。



実際にやってみた方がいるので、口コミをいくつかみてみましょう。


豆乳や野菜ジュース、スムージーなどを取り入れて久しぶりに断食しましたが、体重と同じだけ体脂肪も減りました。 内蔵リセットには、たまには必要ですね…頭も冴えます。満腹は頭が働かない。空腹程度が頭が働きます。

引用元:https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/00042/kuchikomi/


2日間の断食終えました。野菜ジュース&酵素液を2~3時間おきに摂取、水分たっぷりめに。今日から回復食で、五分がゆにお味噌、梅干しをよく噛んで食べてました。体重3㎏減。断食は終わってからの回復食が大事だとのこと。

引用元:https://sportsclub.nifty.com/ft_diet/00042/kuchikomi/



https://twitter.com/suzu161704171/status/816804582009376768

朝だけのプチ断食でもお通じが良くなったという口コミが多いので、つらい便秘に悩んでいる・肌の調子が良くないなどの症状を感じているなら飲み物だけプチ断食ダイエットをしてみると良いでしょう。


ですが断食終了後にドカ食いや通常食を食べると反動として吐いてしまう人も多いので回復食はきちんと行う必要があります。



飲み物だけの断食ダイエット・メリットとは?


飲み物だけの断食ダイエットの口コミをみると、便秘解消や肌荒れ解消などの効果があることが分かりました。ですがそれだけの効果だけなら断食ダイエットにさほど魅力を感じないでしょう。



しかし!飲み物だけの断食ダイエットのメリットはそれだけではありません。断食ダイエットを行うと、いつも働かせてばかりいる胃腸を休ませたり胃腸の中をデトックスさせる効果もあるのです。


飲み物だけの断食ダイエットに挑戦する人が多いのは、特に以下のメリットを受けたいからでしょう。


胃を休めることができ免疫力アップ


断食を行うといつも働かせてばかりいる胃腸を休めることができるので免疫力がアップし、風邪や病気にかかりにくくなるので身体が健康を維持しやすい状態へと変化していきます。


なぜ断食で免疫力がアップするのかというと、ある研究で白血球は空腹時の方が活発化しやすいということがわかったからです。風邪などのウイルスに対し白血球はそれに戦おうと応戦しますが、満腹状態だと白血球の動きが鈍ってしまいます。


白血球は免疫システムの核だともいわれているため、この動きが鈍るほど風邪や病気にかかりやすく、身体も弱っていきます。しかし断食を行うことで胃の中を空にし、空腹状態になることで白血球の免疫システムを一度リセットさせます。


一度リセットされた免疫システムは再稼働をし始めるので、白血球も活発化して免疫力が上がっていくとされています。


デットクス効果


断食のメリットとして一番に取り上げられるのが「デトックス効果」です。胃腸の中を空にできるので、体内に溜まっている老廃物や毒素を排出する効果があります。体内に老廃物が溜まると肌荒れや病気に繋がりやすいので、溜まってしまった老廃物は外に出さなくてはなりません。


断食期間中は胃に入ってくるものが無いので、排出に専念しやすいので老廃物などの不要物を排出しやすいのです。


便秘の改善


断食は便秘の改善にとても効果的です。断食中は固形物を食べないので、消化するものがありません。そのため胃腸は吸収・消化よりも排出に専念するため胃腸の中を空にしようとします。


宿便も排出しやすくなるので、胃腸の中に溜まっている老廃物と化した便も外へ押し出してくれます。胃腸の中がきれいになれば肌荒れも改善していくので、肌荒れがなかなか改善しないという場合にも断食に挑戦すると良いでしょう。


断食後の食事量が減る


断食により食事を摂らないと、胃は自然と小さくなっていくので、断食後の食事量が減っていきます。断食後によくドカ食いをする人がいますが、胃が小さくなっている・何もない胃の中にいきなり多くの食べ物を突っ込んでしまうと胃が対応できなくなり吐き戻してしまいます。


また断食後の食事量が減っている状態を維持するためには以前と同じ量の食事をしないようにしましょう。断食前と同じ量の食事を摂ろうとするとリバウンドに繋がります。



飲み物だけの断食ダイエット・注意点は?


飲み物だけの断食ダイエットは残念ながらメリットばかりではありません。一時的な下痢やストレスを感じたり、栄養不足に陥りやすいので、飲み物でそれらを対処しなければいけません。断食ダイエット中に体調不良やストレスを溜めないためにも、注意点はよく理解しておきましょう。


大豆イソフラボン

飲み物だけのダイエットも注意点をきちんと知っておくと不安が解消されて断食に挑戦しやすいでしょう。


栄養不足の体調不良対策にビタミン類をとる


人は主に食事から栄養を摂取していますが、断食中は食事を摂らないので必要な栄養を摂取できません。そのため飲み物で体調不良対策をしなければいけないので、ビタミン類が含まれている飲み物を摂るようにしましょう。


飲み物だけ断食は水だけしか摂ってはいけないと思われがちですが、野菜ジュースや豆乳は飲んでも良いとされています。これらをうまく利用して飲み物だけ断食ダイエットを成功させましょう!


空腹からのストレス予防に温かい飲み物を


断食ダイエット中は空腹からストレスを感じやすくなるので、飲むもので予防をする必要があります。ストレス予防に役立つ飲み物は、冷たいものより温かい飲み物を飲むようにしましょう。


必要な栄養素が不足する断食ダイエット中は身体も冷えを感じやすいので、ストレス予防と共に温かい飲み物で身体を冷やさないようにしましょう。


下痢や一時的な便秘に・・


飲み物だけの断食ダイエットは飲み物しか飲めないので、空腹を紛らわそうと水分を多く摂取しがちですが、摂りすぎると便が柔らかくなってしまい下痢を起こす可能性があるので注意しましょう。


また好転反応として一時的に便秘になってしまう場合もありますが、しばらくすれば宿便が出るようになるのでその後体調が良好に変化していきます。飲み物だけの断食ダイエットをして便秘になったと慌てて食事を摂取したりしないで、少し様子をみると便秘も解消します。



健康に飲み物だけの断食ダイエットできるドリンクは?


断食ダイエットを健康的に実施するためには、期間中に飲むものに野菜ジュースや酵素ドリンクを取り入れましょう。水や炭酸水だけでは必要な栄養素が不足してしまい、健康を損なってしまいます。



体調を崩すために行うものではないので、飲み物で健康を維持しながら実施できるようにしましょう。


酵素ドリンク


酵素ドリンクとは食事以外の方法で植物酵素を摂取できるように開発された飲み物なので、断食ダイエット中に不足しがちな栄養素を補うことができます。植物酵素が不足すると太りやすくなったり、身体が冷えやすくなってしまうだけでなく、血液がドロドロに変化したり消化や吸収能力が低下して便秘が悪化するなどの悪影響を及ぼします。


通常であれば食事から摂取できる植物酵素も、断食ダイエット中は摂取できなくなるので、酵素ドリンクを飲んで酵素不足にならないようにしましょう。酵素ドリンクは主に薬局やネットスーパーなどで売られています。


残念ながらコンビニではあまり手に入らないので、ネットスーパーで酵素ドリンクを検索して買った方が早いでしょう。


おすすめの酵素ドリンクは


  • 毎日酵素 毎日酵素ドリンク 本体価格:720ml・6,647円
  • Nature Rhythm スーパーフードMIX健康酵素スムージー (フレッシュフルーツ味) 本体価格:200g・4,587円
  • シーボン. 酵素美人-黄 本体価格:720ml・2,400円
  • ナチュララボ 美味しい酵素プラセンタ60,000 本体価格:1袋・2,800円

  • などが口コミ評価の高い酵素ドリンクでした。もし酵素ドリンクを選ぶ際に迷ったらこれらの酵素ドリンクを試してみてください。※価格はショップなどによって異なります。


    野菜ジュース


    野菜ジュースで断食ダイエット中に不足しやすいビタミン類を補うことができるので、水や炭酸水の他に野菜ジュースを取り入れるようにしましょう。市販の野菜ジュースでも良いですが、生野菜を使って自分で作った方が植物酵素も摂れるのでおすすめです。


    ミキサーに野菜や果物を入れるだけなのでミキサーやジューサーさえあれば簡単に作れます。また市販の野菜ジュースは加糖されているものが多いのに対し、自作野菜ジュースは果糖のみなので余分な糖分を摂取する心配もありません。


    ただ最近は野菜も価格が高騰傾向にあるので、自作する場合はある程度の出費が必要です。


    スムージー


    スムージーとは本来は凍らせた野菜や果物をミキサーにかけてドロドロにした飲み物の総称ですが、断食ダイエット中はこのスムージーも栄養補給に役立ってくれます。今では粉末タイプも売られていますし、コンビニでもスムージードリンクが売られているので手軽に飲める飲み物として人気があります。


    野菜ジュースと違うところは、スムージーは皮や種ごとミキサーにかけるので野菜ジュースに比べて栄養素が豊富です。自宅で作れば熱で失われやすいビタミン類や酵素を生きたまま摂取できるので、余裕があれば自宅で作るようにしましょう。


    おすすめのスムージーはグリーンスムージーで、ほうれん草などの緑の野菜を中心に果物などを加えて作ります。市販でも売られているので、断食ダイエット中に飲んでみると良いでしょう。



    飲み物だけの断食ダイエットは短期間で!おすすめのやり方


    健康を維持しながら飲み物だけで断食ダイエットを行うためには、飲み物の他にも正しい方法で行うようにしましょう。間違った方法で行ってしまうと、ダイエット効果はおろか逆に体調不良に陥ります。



    安全に、そして効果的に断食するためにも以下の方法を守って正しく断食ダイエットを行いましょう。


    おすすめ期間は2~3日!


    飲み物だけ断食ダイエットは短期間で行いましょう。おすすめの期間は2日~3日です。大切なのは無理をしないことなので、2日~3日かけて断食ダイエットを行います。初日は準備日として食事量をだんだんと減らしていき、消化の良い食事を心がけましょう。


    2日目は本断食日として一日中飲み物だけで過ごします。水分不足に気をつけて水や炭酸水、野菜ジュース、酵素ドリンク、スムージーなどを飲んで過ごします。イライラする前に温かいドリンクを飲むことも忘れないようにしましょう。


    3日目は回復食になるので、いきなり脂っこい食事や量の多い食事は摂らないようにします。我慢してたからとつい好きなものを食べてしまう人が多いですが、それだと胃腸に大きな負担を掛けてしまい、吐き戻してしまう可能性があるので止めましょう。必ず回復食を設けてください。


    安全に効果的に断食ダイエットを成功させるために、そしてリバウンドしない為に正しい方法で行いましょう。


    1日に摂取する水分量は


    酵素ドリンクや野菜ジュースが断食ダイエットにおすすめだからといって、何杯でも飲んでも良いというわけではありません。酵素ドリンクは1回120ml以下の量を守り、野菜ジュースは一日を通して500ml以下にしましょう。


    飲み過ぎると下痢や一時的な便秘に繋がりやすくなってしまうので、他に水や炭酸水を飲むようにします。また酵素ドリンクや野菜ジュースの他に炭酸水を1日2L飲むようにすると、空腹も紛れやすく、胃腸に良い刺激を与えることができます。


    逆に胃に負担が掛かりやすいコーヒーやアルコール、砂糖の多いジュースなどは飲まないようにしましょう。


    ダイエット後の食事方法


    断食ダイエット後の食事を回復食といいますが、いきなり食べたいものを好きなだけ食べるような真似はしないようにしましょう。胃の中が空っぽになっているので、通常食や脂っこいものを食べてしまうと胃に負担がかかり胃痛や腹痛、吐き戻しなどの症状が引き起こされる恐れがあります。


    断食後はおかゆなどの消化の良い物を少量から食べるようにし、だんだんと通常食へ戻していきましょう。断食ダイエットを成功させるためには回復食はとても重要です。断食ダイエットで成功したからと油断して食べたいものばかり食べていると体調不良やリバウンドに繋がってしまいます。


    断食後はリバウンドしないような食生活を心掛けるようにしましょう。