この記事が気に入ったらシェアしよう!

【注意】ボディソープで洗顔してもいいの?シャンプーは?

ボディソープで洗顔するのは基本NG!その理由は?




ボディーソープで顔を洗うのはNGです。体も顔も同じ皮膚ですからボディソープで顔を洗っても問題ないような気もしますが、ボディソープと洗顔フォームでは洗浄力が違います。


ボディーソープの場合、角質が溜まる足や皮脂の多い背中などを洗う必要があるので強い洗浄力でしっかり汚れを落とします。一方洗顔フォームは必要な皮脂・角質を取ってしまわないように洗浄力が弱めに配合されています。


ですからボディーソープで顔を洗ってしまうと肌に必要な皮脂・角質も落ちてしまいます。


余分な皮脂・角質は毛穴が詰まってニキビになるなど肌トラブルを引き起こすので洗い流した方がいいですが、必要な皮脂・角質まで落としてしまうと乾燥肌や肌あれなどの原因にもなるので、洗いすぎもよくないのです。


洗顔フォームは必要な皮脂・角質は残して余分な皮脂・角質だけを落とすように脱脂力を抑えて作られています。ですから、基本的にはボディーソープで顔を洗うのはやめた方がいいです。



ボディソープはNGならシャンプーでの洗顔は?




シャンプーでの洗顔も基本的には避けた方がいいです。シャンプーは髪についている汚れを落とすためにボディソープよりもさらに高い洗浄成分が含まれています。必要以上に皮脂を洗い落としてしまい肌への刺激が強いので肌トラブルも引き起こしやすいです。


市販されているシャンプーの多くには「シリコン」と呼ばれる、髪の絡まりを防ぎ髪をさらさらにしたり潤い感を出したりする作用があります。これは髪をコーティングしてくれる成分なのですが、肌の毛穴を詰まらせてしまいます。


そしてシャンプーの洗浄成分である合成界面活性剤の中には、肌に残って肌が傷ついてしまう可能性もあるので洗顔として使うことはおすすめできません。



洗顔フォームとボディソープ、シャンプーの違いはどこ?





洗顔フォームの役割と成分


洗顔料に期待できる主な効果としては、「お肌を洗う」、「古い角質を除去する」が挙げられます。洗浄成分としては、植物由来のものや動物由来のもの、化学合成されたものなど様々ですが、そのすべてに界面活性剤が含まれています。

角質を除去する成分としては、クエン酸や乳酸などがあげられ、タンパク質を分解したり柔らかくして古い角質をはがしやすくし、除去します。

含まれる成分により効果の強さも質も違ってきますが、効果が強すぎても弱すぎても、お肌によくありません。特に、洗浄力の強すぎるものは避けた方が無難です。

参照元:http://www.skincare-univ.com/article/000143/

洗顔フォームの成分は、高級脂肪酸+強アルカリ=セッケンがメインです。セッケンは強いアルカリ性ですが肌は弱酸性なので、敏感肌の人はアミノ酸系の成分が入った洗顔フォームを使っている人が多いです。


ボディソープの役割と成分


ボディソープの役割は体の汚れを落とすことです。ボディソープはの主成分は脂肪酸+水酸化カリウムです。脂肪酸と水酸化カリウムの化学反応で水に溶けやすい石けんができ、それが液体ボディソープになります。


シャンプーの役割と成分


シャンプーの役割は、単に髪の毛についている汚れやホコリを落とすだけではありません。実は人間の頭皮には、顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺が存在しているのです。毛穴がふさがり、肌トラブルを起こしかねません。シャンプーの一番の役割は、健康な頭皮の状態を保つため、頭皮についた皮脂を落としてあげることだと言えるでしょう。

参照元:http://www.skincare-univ.com/article/000202/


シャンプーの中身は水と洗浄成分が90%を占めています。洗浄成分である「界面活性剤」には、ラウル硫酸Na・ラウレスーロ硫酸Naなどアニオン活性剤を配合したものが主流です。



洗顔NGのボディソープ・ビオレなら大丈夫!


参照:https://www.instagram.com/p/BPr4bJmj-EX/?tagged=%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%ACu


ビオレuは素肌とおなじ弱酸性のボディソープです。赤ちゃんから大人まで使える肌に優しい洗浄成分の配合がされているので、洗顔に使っても問題ありません。


アルカリ性の洗顔料が多いのに対し、ビオレuは肌と同じ弱酸性のボディソープなので敏感肌の人でも使用できる全身用ボディソープです。不要な汚れは落として潤いは守るので、肌あれや肌が乾燥する心配もありません。


うるおいを守る「SPT」と呼ばれる洗浄成分は、肌の汚れや汗を浮かせて落とします。肌の角質に浸透しにくいので、肌の角質にあるコラーゲンやヒアルロン酸などの潤い成分が洗い流されずに残りますから、潤ったままです。


ボディソープで洗顔をしても肌がつっぱったような感じもないので、顔・体両方に使える商品です。



洗顔NGのボディソープ・ココイルなら大丈夫!


参照:https://www.instagram.com/p/2-uQ72MQ94/?tagged=%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%AB


「ココオイル」はボディソープですが洗顔としても使用できます。ココイルはアミノ酸由来の肌に優しいボディソープなので乾燥肌や敏感肌の人も安心です。


成分はラウレス-5カルボン酸Naが主で、グルタミン酸界面活性剤も含まれているアミノ酸原料の酸性セッケンです。


アルカリ性のセッケンは弱酸性である肌へ負担がかかり肌を弱めてしまいます。ココオイルは酸性セッケンなので肌にも低刺激で、顔にも使用できて、洗った後も肌がつっぱらないので化粧水いらずでつるすべ肌になります。



自然派化粧品ラッシュのボディソープなら洗顔しても大丈夫?




自然派化粧品ラッシュのボディソープは女心をくすぐる香りとポップでカラフルな見た目から若い女性を中心に人気の商品です。


そんなラッシュのボディソープは、洗顔に使っても良いのでしょうか。実は、だめな商品もあれば良い商品もあるので、洗顔として使用する際には注意が必要です。どれが良くてどれがだめなのか早速チェックしていきましょう。


ボディソープには着色料が入っているものも


基本的にラッシュのボディソープは、洗顔用に作られておらず、洗顔石けんや洗顔フォームとは区別されて販売されています。ですから、ボディソープで洗顔するのは肌トラブルを引き起こす可能性があるのでおすすめできません。


また、アイスクリームのようなポップでかわいい派手なカラー展開はラッシュの売りの一つですが、合成着色料がふんだんに使われているので、自然派化粧品とはいえど色をつけるために着色料は添加物が使用されています。


もちろん、合成着色料の使用量は安全を考慮した配合量になっているので危険性は少ないですが、肌に使う用には計算して配合されていないので、自然派化粧品だから洗顔をしてもOKと言うわけにはなりません。


洗顔には洗顔用のソープがおすすめ


ボディソープは顔に使用しないようにと明記されているわけではないですが、体用に作られているので洗顔は洗顔専用の石鹸が販売されていますからそれを使用した方が肌のためにも良いです。


なかにはボディソープを洗顔に使っている人もいますが、洗顔として使用するには脱脂力が強いですから、必要な皮脂や角質まで落としてしまい、肌が弱い方はとくに肌あれを引き起こしやすいです。


そして、洗顔用にテストをして作っているわけではないので、肌トラブルが起こる可能性もあります。


洗顔用のソープには、ニキビ肌用の「フレッシュフレンド」や乾燥肌用の「みつばちマーチ」、など悩みを解決する商品があるので、洗顔用のソープを使用した方が肌のためにはいいですよ。


ボディと顔両方使いたいならスクラブ


もしもボディにも洗顔にも同じ商品を使いたいのであれば、フェイシャル&ボディ用と明記されているスクラブを使用してください。


スクラブとは、毛穴の詰まり・汚れ・古い角質層、が気になる時に使用します。研磨剤と呼ぶ細かい粒子が肌表面にある毛穴や角質などを取り除いて肌の肌理を整えてくれます。研磨剤は、砂・石・粘土粉末・果物の種子・樹脂粒子、などいろいろな種類があります。


スクラブ洗顔のメリットとして洗顔でニキビができにくい肌になる、肌表面がつるつるでなめらかになる、化粧ノリがよくなる、などがあります。デメリットとしては、肌が弱い人が使用すると刺激が強く肌を傷つけてしまうので肌の調子が悪い時は使用を控えた方がいいです。


ボディと洗顔に使えるラッシュの人気商品は爽やかな香りの「ヴィーナス誕生」「ヴィーナス誕生SP」。スクラブはミネラル豊富なシーソルトを使用しています。顔になじませてマッサージすると肌を肌を心地良く刺激して汚れを落とし、くすみのない透明肌に近づきます。



無添加にこだわっているミヨシのボディソープなら洗顔しても大丈夫?




ミヨシのボディソープは肌への負担が少なく全身洗浄できる商品なので、洗顔に使用しても問題ありません。


無添加・無着色・香料不使用で添加物を使用していないので、体に嬉しいです。無添加石鹸のボディソープの成分は水とせっけんだけのシンプルな作りで不必要なものは一切いれていない安全な商品です。


ですが、洗顔に使用する際には注意していただいたいポイントがあります。それではミヨシのボディソープを洗顔として使用する際の注意点を学習しましょう。


入っている成分は同じでも組成や濃度が違う


ミヨシのボディソープを洗顔として使用する場合、ホームページでは使用量を調節すれば使用できると書かれています。それぞれの商品の1本あたりの内容量はボディソープ500ml、洗顔石鹸200mlでボディソープは洗顔石鹸の約2倍くらいです。


成分はどちらも石けんと水なのでそのまま洗顔に使用してもいいと感じますが、成分は同じでも洗う肌の部位や汚れの種類にあわせて石けんの原料となる油脂の種類・配合の割合・泡立ち・石けん濃度が違います。


ボディソープを洗顔として使用する際は、精製水で半分くらいに薄めて使うといいです。


用途に合った商品を使うことがおすすめ


使用量を自分で調節するのは結構大変で、手間もかかりますし自分ではちょうどよく配合できたと思っても、実際は濃すぎたり薄すぎたりしてしまうこともあります。


ですから、ボディソープを買って使用量を調節して洗顔をするよりも、ボディ用と洗顔用で別のものを買った方が手軽で使用量を守って使えるので良いです。



ボディソープを洗顔に使う時の正しい洗顔方法と注意点




ボディソープは本来体用に作られているので、顔に使用するのは控えた方がいいのですが、それでもボディソープで洗顔まで済ませたいという人もいるでしょう。


ボディソープ洗顔に使いたいという人のために、ボディソープで洗顔する際の洗顔方法と洗顔時の注意点を見ていきましょう。


ボディソープを使った洗顔方法


洗顔方法はボディソープをお湯でたっぷり泡立てて泡で優しく洗ってください。通常の洗顔よりもこすらないように気をつけ、なるべく短い時間で洗い流します。洗い残しは肌に刺激を与えて肌トラブルが起こるので、洗い残しのないようにしっかり洗います。


そして、洗顔後はすぐに保湿するようにしてください。


一般的に洗顔フォームは肌に刺激を与えすぎないように汚れは落として潤いは残るように保湿成分がちょうどよく配合されてマイルドな洗い上がりになりますが、ボディソープはしっかり洗うように洗浄力が強いので洗顔するとつっぱる感じがします。


ですから、保湿して肌に潤いを与えてあげる必要があります。


洗顔にボディソープを使う時の注意点


ボディソープを洗顔に使いたい場合の注意点は、皮脂をとりすぎないことです。ボディソープは界面活性剤が入っていて脱脂力が強いので、じっくり洗顔してしまうと必要な皮脂をとりすぎて皮膚のバリア機能が低下してニキビや老化、日焼けの原因になります。


また、洗った後に肌がつっぱる場合は必要な皮脂も落ちてしまっているので洗う時間を短くしてみてもつっぱりが強い場合は、刺激が強いので使用をやめましょう。そして、肌が弱い人は肌に負担がかかるので洗顔フォームを使った方がいいです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする