この記事が気に入ったらシェアしよう!

断食ダイエットは飲み物が決め手!効果的な飲み物と飲み方

飲み物で断食する時に守るべき事


本格的な断食ダイエットは、ダイエットの中でも厳しい食事制限が特徴です。



妊婦さんや、成長期の子どもはこのダイエットは向いていません。また健康状態が良くない人も、このダイエットに挑戦しない方が良いでしょう。デドックスとして、数日挑戦するのは良いですが、長期間にわたる場合は必ず医師の指示に従う必要があります。


もしダイエット中に、調子が悪いと感じたらすぐに中断しましょう。


飲んでも良い物と悪い物を見極める


固形物を控え、水分を多めに摂るのが断食ダイエットですが飲み物には注意が必要です。食事を控えることで、内臓を休ませることができる断食ダイエット。その最中は体がとても敏感になっています。


身体に負担のかからない飲み物を選ぶことで、よりデトックス効果を高めていきましょう。


水分補給は通常の2倍を目指す


断食中は水分補給を多めにするのがポイントです。実は、普段私たちの体は食事からも水分を摂取しています。その食事を控えているのですから断食中は、知らないうちに水分不足の状態に陥ってしまうことも。1日に成人が必要な水分は1.5リットルと言われています。


水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後・途中、入浴の前後、飲酒中あるいはその後等に水分を摂ることが重要とされており、枕元に水分をおいて就寝することも重要です。水分の摂取量は多くの方では不足気味であり、平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます。
その際、砂糖や塩分などの濃度が高いと、吸収までの時間が長くなる点に注意が必要です。また、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は、尿の量を増やし体内の水分を排せつしてしまうので、水分補給としては適しません。
なお、腎臓、心臓等の疾患の治療中で、医師に水分の摂取について指示されている場合は、この指示に従う必要があります。

参照元:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html


仕事をしていると水分不足に気がつきにくいですよね。断食ダイエット中は特に水分不足に気をつけましょう。普段必要な水分の2倍は、水分補給するようにしてください


食事の置き換えに何を飲むかが大事


断食ダイエットには、水分補給としての飲み物と、置き換えとしての飲み物があります。食事の代用としてなにを選ぶかはとても重要です。



断食にいい飲み物がコンビニの野菜ジュース?


断食中には手軽に取れるコンビニの野菜ジュースを活用しましょう。



野菜ジュースが断食に向いている理由と選ぶ際の注意点について紹介します。


酵素ドリンクの代わりに


コンビニの野菜ジュースは、酵素ドリンクの代わりとしても使えます。酵素ドリンクと比べると酵素の量は少ないですが、食物繊維やミネラルといった栄養素がたくさん入っており、甘みも感じるのでダイエットにぴったりです。


グリーンスムージーも手軽な酵素ドリンク


最近では、コンビニでも本格的なグリーンスムージーが簡単に手に入るようになりました。ケールや小松菜など、スムージーとして必要な栄養素がしっかりと入っているものも多く、手軽な酵素ドリンクとして活用できます。


糖分、塩分不使用の野菜ジュースもOK


野菜ジュースは、飲みやすくするために糖分や塩分が含まれている場合もあります。そこで、糖分や塩分不使用の野菜ジュースを活用するのもおすすめです。しっかりと原材料が書いてありますので、自分でカロリーは必要な栄養素を知って選んでみるのもおすすめです。


種類が豊富なコンビニだからこそ、自分に合った野菜ジュースをしっかりと選ぶことができます。



コーヒーは断食に適さない飲み物


コーヒーは利尿作用があるため、水分が不足しがちな断食ダイエットにはあまり適しません。



また、コーヒーに含まれるカフェインは、胃腸への刺激が強いので断食中は控えたい飲み物です。


カフェインの主な機能
・覚醒作用
・血管拡張作用
・交感神経刺激(基礎代謝促進)
・胃酸分泌促進作用
・利尿作用

参照元:http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine


コーヒーには素晴らしい作用が多くありますが、断食ダイエット中は胃酸を多く分泌してしまうと胃腸に負担をかけてしまうので注意が必要です。炭酸飲料も刺激が強いので控えた方が良いでしょう。


アルコールやカフェインの多い物は避ける


カフェインのほかにもアルコールを摂取するのは控えましょう。お酒などのアルコールも、内臓を休めている断食ダイエット中には刺激が強い飲み物です。またお茶の中にも玉露などカフェインが多く含まれているものもありますので、そういったものは控えた方が無難でしょう。


糖分や添加物の多い物も逆効果


断食ダイエット中は、内臓を休めている途中ですので、糖分や添加物の多い飲み物は選ばないようにしましょう。食べ物の味がしっかりと分かるようになるのが断食ダイエットですが、食べ物が少ない分、糖分や添加物も吸収されやすくなっています。


野菜ジュースなどの表示をしっかりと確認し、糖分や添加物が控えめなものを選ぶようにしてください。



断食中にココアは飲んでも良い飲み物?


いつも飲んでいるカフェインがないと、辛いときもありますよね。そんな時は、ココアを飲んでみてはどうでしょうか。



ココアはコーヒーと比べるとカフェインが少し少なめです。また、ココアには食物繊維が多く含まれています。そのため、満腹感を得ることができ、腸内環境を改善してくれます。


そのほかにも、ポリフェノールや鉄分といった女性に優しい成分が含まれているのでココアはおすすめです。


純ココアを選ぶ


ココアを飲むときは、お砂糖や乳成分の入っていない純ココアを選びましょう。ココアの粉末には最初から乳成分や砂糖が多く含まれているものがあるので注意してください。また、内臓を冷やさないようにホットで飲むのがおすすめです。温かい飲み物は代謝も上がります。


牛乳ではなく豆乳で甘みをプラス


いつもは牛乳でココアを飲んでいるという人も、豆乳を加えてみるとダイエットには効果的です。豆乳にはイソフラボンも含まれていますし、牛乳と比べると比較的低カロリーです。


ココアだけでは甘みを感じませんが、豆乳の豆に含まれている自然の甘みをプラスすれば飲みやすくなります。



正しい飲み物と飲み方で断食ダイエット


断食ダイエットとなると難しく考えてしまいますが、食べ過ぎた翌朝などに取り入れてみるのもおすすめです。


更年期 食べ物

野菜ジュースは栄養バランスが良く、血糖値が上がりにくいので食事の代わりとして身体に負担になりにくいのです。普段、野菜不足の人も気軽に挑戦できる断食ダイエット。


本格的なものは医師の指示が必要ですが、体をリセットする目的で、食べ過ぎたときは食事を野菜ジュースに置き換えてみるのもいいですね。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

フォローする