この記事が気に入ったらシェアしよう!

断食中に吐き気が!そんな時の原因と対処法

今、ダイエット・美容・健康面など幅広い分野で注目されている断食ですが、断食を開始すると体に異変が・・・。なんと吐き気や頭痛などの症状を訴える人が多いのです。断食を行ってからの吐き気や頭痛で不安などから断食の継続を悩む方もいると思います。



しかし、この吐き気や頭痛は好転反応と言われていて断食を成功させるためには誰もが通る道なのを皆さんご存じでしたか?


  • 吐き気や頭痛はどうしておきるの?

  • 上記でもお話しした通り吐き気や頭痛は好転反応というのですが、なぜこの症状が出るのでしょうか?断食を始めると今までの不摂生・生活の乱れなどから蓄積されていった老廃物・毒素を血液中に追い出そうとする動きがあります。


    血液中に老廃物や毒素が流れ出し全身を巡ることによりことにより一時的に吐き気や頭痛などの症状が出てくるのです。しかし、老廃物や毒素が全身を巡るということはデトックスが行われているのです。


  • 吐き気がしたら断食は中断するべき?

  • 吐き気や頭痛が出てくると辛くて続けることを悩んでしまうと思います。でも、その吐き気や頭痛はまさにダイエット成功の兆しなのです。



    断食中に吐き気が・・・その原因は?


    断食を行っていると吐き気に襲われることが多くなりますが、その原因は何故なのか知っていますか?実は私たちの身体には老廃物が溜まっているのですが、それが崩壊を始めたり、汚れた血が全身を巡っているからなんです。



    一見すると悪い原因ばかりじゃないか!と思うかもしれませんが、実はこの現象が起きているということは身体の老廃物が体外へ排出されようとしている現れなのです。


    断食中に吐き気に襲われても慌てないために、きちんと吐き気が起こる原因や理由を知って正しい対処ができるようにしましょう。


    溜まった老廃物が崩壊


    断食をするとそれまで体内に溜まっていた老廃物や毒素が崩壊し始めます。これにより吐き気や頭痛、めまいなどの症状を引き起こす人が多いのですが、これは好転症状と呼ばれるものです。


    吐き気や頭痛などの体調不良が起きると人は慌てて断食を止めたり、病院へ行こうかと悩みますが、実は断食中の吐き気や頭痛などの症状は断食が成功している証ともいえます。


    溜まっていた老廃物や毒素を排出しようと血液に流れ込む現象により引き起こされるので、この吐き気に耐えることができればデトックスは成功するといわれています。


    しかし中には慌ててしまい、身体に良くないと認識し断食を中断してしまう人もいます。このような場合は断食もデトックスも成功できなくなるので、断食中に吐き気に襲われたとしても、途中で断食を止めるなどの行為はしないようにしましょう。


    汚れた血が巡っている


    吐き気や頭痛が起きるのは汚れた血が全身を巡っているからと考えられています。しかし、老廃物や毒素が血液で流れれば、体外へ排出させられるので、実際は吐き気や頭痛が現れていてもデトックスは成功しているのです。


    老廃物や毒素が全て排出されれば血液も元に戻りますから、吐き気は成功している証と自分に言い聞かせて耐える・対処法を取るなどして断食を成功させましょう。


    ですが、成功しているからといってさらに身体に鞭を打つような真似はせずに、吐き気や頭痛、めまいなどの症状が現れた場合には休むなどの対処法で乗り切るようにしましょう。



    断食中に吐き気が起こったら中止した方が良いの?


    断食中に吐き気が起こったら中止した方が良いのか迷うところですが、実は吐き気が起ったからと中断するのはもったいない行為です。



    断食中に吐き気が引き起こされるのは断食が成功しているという証拠。ここで止めてしまえば断食は失敗してしまいます。吐き気が起こっても断食を中止せずに、なんとか乗り切るようにしましょう。


    吐き気は好転症状


    断食中に吐き気や頭痛などの症状が現れるのは、デトックス効果が得られているという証、好転症状だといわれています。断食を正しく行えている場合に多く引き起こされる症状なので、成功しているかしていないかの判断材料としての目安にできます。


    例えば3日間の断食を行っている場合、この好転症状が現れるのは1日目~2日目です。これは入ってくる食べ物が無いため、胃腸が排出に専念しようとしているからです。


    体内の老廃物や毒素を排出しようと血液に流れ込むので、主に排出に専念し始める1日目や2日目に多く現れます。そのため断食は週末やリラックスできる日に行う方が良いのです。


    人によっては吐き気や頭痛などの好転症状がひどい場合もあるため、仕事がはかどらない・集中できないなどでミスをする恐れもあります。断食はこういった症状が現れるリスクがあるということを念頭に行うようにしましょう。


    安心して継続を!


    断食中に吐き気が起こったからといって断食を止める必要はありません。好転症状である吐き気は必ず治まるものなので、身体のどこかが悪くなっているなどの心配は無用です。


    ここで断食を中止してしまうとすべてが泡となって台無しになってしまうので、継続して行うようにしましょう。


    突然の吐き気に襲われると混乱すると思いますが、このような原因さえ知っていればきちんと対応できるので、断食を始め、デトックス効果のあるダイエットなどをする場合は始める前に起こりうるリスクや注意点をよく理解しておきましょう。



    断食で起こる吐き気への対処法とは?


    断食中に引き起こされる吐き気に慌てないためにも、吐き気への対処法は断食を始めるまえに知っておきましょう。この対処法を知っているか知っていないかで断食やデトックスを成功させられるかも変わってきます。



    吐き気の原因や対処法さえきちんと知っていれば断食を中止する必要もなくなるので、断食中に吐き気に襲われた場合は以下の対処法を試してみましょう。


    体を温める


    吐き気が起こったらまず体を温めてみましょう。体を温めることで血の巡りが良くなり、吐き気などの症状緩和に繋がります。また血の巡りが良いほど、老廃物や毒素などを排出しやすくなるので、体は冷やさないようにしましょう。


    少し厚手の服を着たり、手足を冷やさないように靴下や手袋を装着します。夏に断食を行う場合はクーラーの効きすぎに注意しましょう。また暑すぎても吐き気を悪化させる可能性があるので、暑い夏の日などは断食中に炎天下で運動するなどの行為は止めるようにしましょう。


    軽い運動


    断食中の吐き気には軽い運動も効果的です。ウォーキングなどの軽い運動をするだけでも血流を促す効果が期待できますし、気分転換もできるので吐き気を一時的に忘れられます。家に籠っていても吐き気が治まらない場合には外の空気を吸いにいくと良いでしょう。


    しかし体を冷やすような服装や炎天下での運動は避けましょう。


    入浴


    入浴も全身の血の巡りを良くしてくれるので症状緩和に繋がります。気分転換に入浴剤を入れても良いと思いますが、気分が悪くなる可能性もあるため、香りの強いものは止めておきましょう。


    40℃くらいのぬるま湯に浸かり全身を温めるようにします。少し長めに入れば汗でもデトックスが可能なので、体調に気をつけながら入浴するようにしてください。



    断食中に吐き気が起きないのは失敗しているかも?


    断食中に吐き気や頭痛が全く起こらない場合もあるでしょう。その場合、体内のデトックスが正しく行われていない可能性があります。多くの人の場合、断食を行うと吐き気などの好転症状が起こります。



    もし断食中に何事もなく過ごせる場合は、一度断食を中止し日を改めて再チャレンジした方が良いでしょう。効果が全くない、というわけではありませんが、好転症状が現れないとなると、成功しているとは断言できないからです。